磐城郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福島県磐城郡の範囲

磐城郡(いわきぐん)は福島県陸奥国磐城国)にあった

郡域[編集]

1878年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、いわき市の一部(四倉町小川町の各町および各町のうち夏井川以北)である。

歴史[編集]

近代以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 8村 福岡村、柴原村、上平村、上小川村、四ツ倉村、塩木村、原高野村、白岩村
藩領 常陸笠間藩 27村 上神谷村、下片寄村、名木村、大森村、玉山村、薬王寺村、山田小湊村、上仁井田村、狐塚村、長友村、戸田村、水品村、北神谷村、下仁井田村、山小屋村、八茎村、駒込村、関場村、泉崎村、上片寄村、中島村、細谷村、馬目村、中神谷村、上柳生村、下柳生村、絹谷村
陸奥磐城平藩 11村 中平窪村、上平窪村、西平窪村、下平窪村、塩村、幕ノ内村、中塩村、鯨岡村、四ツ波村、大室村、鎌田村
陸奥棚倉藩 2村 下小川村、赤井村
磐城平藩・笠間藩 1村 下神谷村
1.四ツ倉町 2.平窪村 3.神谷村 4.草野村 5.大浦村 6.大野村 7.上小川村 8.下小川村 (紫:明治29年成立の石城郡 11 - 28は磐前郡 31 - 43は菊多郡 51は楢葉郡川前村)
  • 明治12年(1879年1月27日
    • 郡区町村編制法の福島県での施行により行政区画としての磐城郡が発足。「菊多磐前磐城郡役所」が磐前郡平町に設置され、菊多郡・磐前郡とともに管轄。
    • 赤井村の所属郡が磐前郡に変更。(48村)
  • 明治15年(1882年) - 西平窪村が下平窪村に合併。(47村)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により以下の町村が発足。全域が現・いわき市。(1町7村)
    • 四ツ倉町(四ツ倉村が単独町制)
    • 平窪村 ← 上平窪村、中平窪村、下平窪村、四ツ波村、中塩村、幕ノ内村、鯨岡村、大室村
    • 神谷村 ← 鎌田村、塩村、上神谷村、中神谷村、上片寄村、下片寄村
    • 草野村 ← 下神谷村、原高野村、泉崎村、絹谷村、馬目村、水品村、北神谷村
    • 大浦村 ← 大森村、細谷村、狐塚村、名木村、長友村、上仁井田村、下仁井田村、塩木村
    • 大野村 ← 戸田村、白岩村、玉山村、中島村、上柳生村、下柳生村、山田小湊村、薬王寺村、駒込村、八茎村、山小屋村
    • 上小川村 ← 上小川村、福岡村
    • 下小川村 ← 下小川村、柴原村、関場村、上平村
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 菊多郡・磐前郡・磐城郡および楢葉郡の一部(川前村)の区域をもって石城郡が発足。同日磐城郡廃止。


変遷表[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 明治15年(1882年)、下平窪村に編入。

関連項目[編集]

先代:
石城郡(第1次)
行政区の変遷
1180年頃 - 1896年
次代:
石城郡(第2次)