山名義済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
山名 義済
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保7年2月21日1836年4月6日
死没 明治4年2月20日1871年4月9日
戒名 普門院殿白菅義問大居士
墓所 兵庫県美方郡香美町村岡区村岡の御殿山御廟
官位 従五位下、因幡
幕府 江戸幕府
但馬村岡藩
氏族 山名氏
父母 父:山名義問、母:寛子(信濃須坂藩堀直寛の娘)
兄弟 義済、喬子(須坂藩主堀直明室)
正室:縁子(須坂藩主堀直格の娘)
義路、快子(二條秀源室)、忻子

山名 義済(やまな よしなり)は、但馬村岡藩の初代藩主。

安政6年(1859年)7月28日、父義問の隠居により交代寄合である山名氏の家督を継ぐ。幕末期の動乱の中で、義済は早くから尊王論者として官軍側に協力していたため、慶応4年(1868年)6月20日、かねてから請願していた維新立藩(新規取立て)が認められて所領を1万1,000石とされ、翌明治2年(1869年)には藩主に取り立てられて諸侯に列し、ここに村岡藩が成立した。明治3年(1870年)6月23日には知藩事となるが、翌明治4年(1871年)2月11日、長男の義路に家督を譲って隠居した。

家族・親族[編集]