山名隆豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
山名隆豊
時代 江戸時代中期
生誕 寛文9年6月23日1669年7月20日
死没 享保3年7月17日1718年8月13日
改名 福島正盛(初名)、山名隆豊
別名 兵之丞、主税(通称)
戒名 覚圓院殿観山道立大居士
墓所 兵庫県美方郡香美町村岡区村岡の法雲寺(坪谷御廟)
官位 従五位下弾正忠
幕府 江戸幕府 交代寄合
主君 徳川綱吉
但馬村岡領
氏族 福島氏山名氏
父母 福島正長山名矩豊
兄弟 福島正勝隆豊
豊就
テンプレートを表示

山名 隆豊(やまな たかとよ)は、江戸時代中期の交代寄合

略歴[編集]

福島正長福島忠勝の子)の次男で、福島正則の曾孫にあたる。

元禄7年(1694年)10月、山名矩豊の養子となった。子女なく、元禄14年(1701年)、分家の山名義豊の三男の山名豊就を養子とした。宝永元年(1704年)、隠居し豊就が家督を継いだ。


系譜[編集]