能勢郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪府能勢郡の位置

能勢郡(のせぐん)は、大阪府摂津国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

和銅6年(713年)、摂津国河辺郡より割置。

[編集]

和名類聚抄』に記される郡内の

  • 枳根郷
  • 能勢郷
  • 雄村郷

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
能勢郡 3座(並小)
岐尼神社 キネノ 岐尼神社 大阪府豊能郡能勢町森上
久佐佐神社 クササ 久佐々神社 大阪府豊能郡能勢町宿野
野間神社 ノマノ 野間神社 大阪府豊能郡能勢町地黄
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 19村 ●平野村、●稲地村、●上杉村、●垂水村、●天王村、●山田村、吉野村、山内村、川尻村、余野村、野間口村、●倉垣村、●木代村、●吉川村、●下田村、●柏原村、●片山村、●平通村、●宿野村
旗本領 6村 野間村[3]、地黄村、切畑村[4]、上田尻村、下田尻村、杉原村
藩領 上総飯野藩 4村 森上村、今西村、●大里村、長谷村
武蔵岡部藩 3村 神山村、山辺村、栗栖村
21.吉川村 22.東能勢村 23.東郷村 24.歌垣村 25.田尻村 26.西郷村 27.枳根荘村(橙:豊能町 黄:能勢町 1 - 16は豊島郡)
  • 慶応4年
  • 明治2年
  • 明治3年(1870年
    • 10月14日1870年11月7日) - 飯野藩領が兵庫県の管轄となる。
    • 12月 - 高槻藩預地が兵庫県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年) - 切畑村が分割して大円村・中野西村・中野東村・西野村となる。(35村)
  • 明治8年(1875年4月30日 - 大区小区制の大阪府での施行により、能勢郡が第11大区となる。
  • 明治9年(1876年) - 大円村・中野西村・中野東村・西野村が合併して切畑村となる。(32村)
  • 明治12年(1879年2月10日 - 郡区町村編制法の大阪府での施行により、行政区画としての能勢郡が発足。郡役所が地黄村に設置。
  • 明治14年(1881年1月6日 - 郡役所が豊島郡池田村の豊島郡役所に統合。豊島郡役所が改称して「豊島能勢郡役所」となる。
  • 明治16年(1883年) - 野間村が分割して野間中村・野間稲地村・野間出野村・野間西山村・野間大原村となる。(36村)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足。(7村)
    • 吉川村 ← 吉川村、兵庫県川辺郡横路村[一部](現・豊能郡豊能町)
    • 東能勢村 ← 余野村、川尻村、木代村、切畑村、野間口村(現・豊能郡豊能町)
    • 東郷村 ← 野間中村、地黄村、野間稲地村、野間出野村、野間西山村、野間大原村(現・豊能郡能勢町)
    • 歌垣村 ← 倉垣村、杉原村、吉野村、山内村(現・豊能郡能勢町)
    • 田尻村 ← 上田尻村、下田尻村(現・豊能郡能勢町)
    • 西郷村 ← 宿野村、柏原村、下田村、大里村、片山村、平通村、栗栖村(現・豊能郡能勢町)
    • 枳根荘村 ← 今西村、山辺村、天王村、山田村、森上村、長谷村、平野村、垂水村、稲地村、上杉村、神山村(現・豊能郡能勢町)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「豊島能勢郡役所」が管轄する各郡の区域をもって豊能郡が発足。同日能勢郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 高山は三島郡、牧・寺田は京都府南桑田郡、吉川村だった一部地域は兵庫県川辺郡横地村より編入。
  2. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  3. ^ 記載は「野間村内・中村」・「野間村内・稲地村」・「野間村内・出野村」・「野間村内・西山村」・「野間村内・大原村」。
  4. ^ 記載は「切畑村ノ内・大円村」・「切畑村ノ内・中野西村」・「切畑村ノ内・中野東村」・「切畑村ノ内・西野村」。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
河辺郡
行政区の変遷
713年 - 1896年
次代:
豊能郡