西成郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪府西成郡の位置

西成郡(にしなりぐん)は、大阪府摂津国)にあった

郡域[編集]

1897年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね下記の区域にあたる[1]

上町台地の上の西半分、および上町台地より西側・北側の淀川河口の三角州の島々にあたる。神崎川を北限とする。

歴史[編集]

古代[編集]

日本書紀」に、大阪湾の中央に南北に突き出した上町台地の東部(河内湖沿い)を「難波大郡」(なにわのおおごおり)、西部(大阪湾沿い)を「難波小郡」(なにわのこごおり)と称したことが記載されている。大郡・小郡とは大化の改新の制度で、五十戸を「里」とし三里で「小郡」、四里~三十里で「中郡」、四十里以上で「大郡」となる。つまり外海に面しているわりには西側のほうが小さな集落だった。

713年和銅6年)に郡・郷の名称が公式に定められ、東部の難波大郡を東生郡(後に東成郡)、西部の難波小郡を西生郡と称するようになった。西生の「生」は「生る」に由来し、「上町台地の西側に新たに生まれた集落」という意味であった。

上町台地西側は難波津があり、難波長柄豊崎宮などたびたび首都や副都が置かれ、大陸や西日本各地との交易拠点となった。難波京が廃れてからは一時ほど重要ではなくなった。

中世には渡辺津が繁栄を極める。室町時代、摂津国のうち神崎川以南の西生・東生・住吉の3郡は「欠郡」(かけのこおり)と総称され、分郡守護が置かれた。

その後石山本願寺大坂城などが上町台地の突端に置かれるようになって周囲に町が発達した。特に豊臣秀吉は上町台地西側に新しい都市、大坂の町割を行い全国から商人を集めた。大坂の陣でこの地を接収した江戸幕府も引き続き大坂の整備と特権を認めて天下の台所と呼ばれるまでの商工業都市となった。

一方、淀川や大和川が流してくる土砂は上町台地のはるか西の沖合いまで、いくつもの支流と小島を作って海を埋め尽くすようになった。この土砂は通行路である河川を浅くしてしまい、洪水や氾濫の原因にもなる厄介なものだったが、次第にこれらの新しい島も新田開発が進められるようになった。

中世以降「西生」と「西成」の表記が混在するようになり、江戸時代中期以降はほとんど「西成」と表記されている。

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
西成郡 1座(大)
坐摩神社 サカスリノ
ヰカスリ
月次新嘗 坐摩神社 大阪府大阪市中央区久太郎町 [1]
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領[3] 2町104村 西高津村[4]、吉右衛門肝煎地、●難波村[5]、津守新田、木津村、庄左衛門新田、勝間村、中在家村、今在家村、西側町、七瀬新地、●今宮村、安井九兵衛請所、桜井新田、九条村、西野新田、難波島村[6]、炭屋新田、湊屋新田、三軒屋村[7]、平尾新田、今木新田、中口新田、上田新田、三軒屋町[8]、千島新田、恩加島新田、市岡新田、池山新田、材木置場、泉尾新田、小林新田、岩崎新田、千歳新田、岡田新田、春日出新田、島屋新田、四貫島村、恩貴島新田、六軒屋新田、南新田、木屋新田、北福崎新田[9]、南福崎新田、池田新田、石田新田、田中新田、八幡屋新田、国分寺村、南浜村、北野村、光立寺村、下三番村、小島新田、小島古堤新田、成小路村、塚本村、浦江村、曽根崎村、大仁村、海老江村、野田村、上福島村、下福島村、川崎村、浜村、南方村、西村、山口村、十八条村、三番村、天王寺庄村、橋寺村、江口村、川口新家村、小島村、新家村、下新庄村、今里村、新在家村、三津屋村、加島村[10]、御幣島村、野里村、稗島村、大和田村、佃村、伝法村[11]、本酉島新田、秀野新田、申村、福村、大野村、百島新田、助太夫開、西島新田、矢倉新田、出来島新田、酉洲新田、中島新田、南酉島新田、常吉新田、北酉島新田、蒲島新田、布屋新田、前田屋新田[12]
田安徳川家 8村 南長柄村、本庄村、薬師堂村、南方新家村、蒲田村、淡路村、柴島村、川口村
旗本領 3村 北宮原村、南大道村、西大道村
幕府領・田安徳川家 1村 北長柄村[13]
幕府領・旗本領 2村 木寺村[14]、野中村
藩領 下総古河藩 4村 北大道村、上新庄村、堀村、宮原新家村
幕府領・藩領 幕府領・古河藩 1村 小松村[15]
その他 宮家閑院宮家領・旗本領 1村 南宮原村
宮家閑院宮家領 1村 堀上村
  • 慶応4年
    • 2月 - 幕府領・旗本領が大坂裁判所司農局の管轄となる。
    • 5月2日1868年6月21日) - 大坂裁判所司農局の管轄地域が大阪府司農局の管轄となる。
    • 6月8日(1868年7月27日) - 大阪府司農局の管轄地域が大阪府北司農局の管轄となる。
    • 6月 - 戊辰戦争後の処分により小田原藩が減封となり、本郡内の領地が消滅。
  • 明治2年
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年) - 庄左衛門新田・桜井新田の所属郡が住吉郡に変更。(3町123村)
  • 明治7年(1874年) - 吉右衛門肝煎地が東成郡中道村の一部(字清水谷)を編入。
  • 明治8年(1875年4月30日 - 大区小区制の大阪府での施行により、大坂四大組の区域を除く西成郡が第6大区となる。
  • 明治10年(1877年) - 伝法村が分割して北伝法村・南伝法村となる。(3町124村)
  • 明治12年(1879年2月10日 - 郡区町村編制法の大阪府での施行により、行政区画としての西成郡が発足。郡役所が上福島村に設置。第1 - 4大区(旧・大坂四大組)の区域に東区南区西区北区が設置され、郡より離脱。同時に第3大区10町(藻刈町・野上町・霧島町・菜摘町・千里町・入江町・穂波町・洲先町・栄町・七瀬町)を本郡に編入。(13町124村)
  • 明治15年(1882年)(14町123村)
    • 吉右衛門肝煎地が改称して清堀村となる。
    • 安井九兵衛請所が改称して安井村となる。
    • 難波島村が改称して難波島町となる。
  • 明治16年(1883年)(14町122村)
    • 南宮原村の一部が分立して東宮原村となる。
    • 助太夫開が大野村に合併。
    • 木寺村・川口新家村が合併して木川村となる。
  • 明治17年(1884年) - 上田新田が千島新田に合併。(14町121村)
  • 明治19年(1886年) - 中在家村・今在家村が合併して粉浜村となる。(14町120村)
  • 明治20年(1887年) - 藻刈町・野上町・霧島町・菜摘町・千里町・入江町・穂波町・洲先町・栄町・七瀬町が合併して西浜町となる。(5町120村)
  • 明治21年(1888年) - 新家村が改称して菅原村となる。

町村制以降の沿革[編集]

1.曽根崎村 2.上福島村 3.下福島村 4.北野村 5.川崎村 6.野田村 7.天保町 8.九条村 9.三軒家村 10.西浜町 11.難波村 12.伝法村 13.鷺洲村 14.中津村 15.豊崎村 16.勝間村 17.粉浜村 18.木津村 19.川南村 20.今宮村 21.西中島村 22.豊里村 23.大道村 24.中島村 25.新庄村 26.北中島村 27.神津村 28.歌島村 29.千船村 30.稗島村 31.福村 32.川北村(紫:大阪市 *は発足時の大阪市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の町村が発足。全域が現・大阪市。(2町30村)
    • 曽根崎村(単独村制。現・北区)
    • 上福島村(単独村制。現・福島区)
    • 下福島村 ← 下福島村、安井村(現・福島区)
    • 北野村(単独村制。現・北区)
    • 川崎村(単独村制。現・北区)
    • 野田村(単独村制。現・福島区、此花区)
    • 天保町(単独町制。現・港区)
    • 九条村 ← 九条村[西九条を除く]、岩崎新田(現・西区)
    • 三軒家村 ← 三軒家村、三軒家町(現・大正区)
    • 西浜町(単独町制。現・浪速区)
    • 難波村 ← 難波村、西側町、材木置場(現・浪速区)、西高津村[字髭剃](現・中央区)
    • 伝法村 ← 北伝法村、南伝法村、申村(現・此花区)
    • 鷺洲村 ← 海老江村、浦江村(現・福島区)、塚本村(現・淀川区)、大仁村(現・北区)
    • 中津村 ← 光立寺村、下三番村、小島新田、小島古堤新田(現・北区)、成小路村(現・淀川区)
    • 豊崎村 ← 南長柄村、国分寺村、北長柄村、本庄村、南浜村(現・北区)
    • 勝間村(単独村制。現・西成区)
    • 粉浜村(単独村制。現・住之江区)
    • 木津村(単独村制。現・西成区、浪速区)
    • 川南村 ← 津守新田(現・西成区)、難波島町、中口新田、今木新田、千島新田、南恩加島新田、平尾新田、炭屋新田、泉尾新田、小林新田、岡田新田、北恩加島新田、千歳新田(現・大正区)、石田新田、田中新田、木屋新田、湊屋新田、八幡屋新田、市岡新田、池山新田、前田屋新田、池田新田、北福崎新田、南福崎新田(現・港区)
    • 今宮村(単独村制。現・西成区)
    • 西中島村 ← 柴島村、薬師堂村、南方新家村(現・東淀川区)、川口村(現・淀川区)、浜村、淡路村、南方村、山口村、西村(現・東淀川区、淀川区)
    • 豊里村 ← 菅原村、三番村、天王寺庄、橋寺村(現・東淀川区)
    • 大道村 ← 北大道村、南大道村、西大道村(現・東淀川区)
    • 中島村 ← 江口村、小松村(現・東淀川区)
    • 新庄村 ← 上新庄村、下新庄村(現・東淀川区)
    • 北中島村 ← 蒲田村、北宮原村、南宮原村、宮原新家村、東宮原村、十八条村(現・淀川区)
    • 神津村 ← 三津屋村、野中村、新在家村、堀村、今里村、小島村、木川村、堀上村(現・淀川区)
    • 歌島村 ← 加島村(現・淀川区)、野里村、御幣島村(現・西淀川区)
    • 千船村 ← 大和田村、大野村、百島新田、佃村、蒲島新田(現・西淀川区)
    • 稗島村(単独村制。現・西淀川区、此花区)
    • 福村 ← 福村、南酉島新田(現・西淀川区)
    • 川北村 ← 春日出新田、南新田、四貫島村、六軒屋新田、秀野新田、恩貴島新田、島屋新田、本酉島新田、常吉新田、西野新田、九条村[西九条](現・此花区)、北酉島新田、西島新田、矢倉新田、中島新田、布屋新田、出来島新田、酉洲新田(現・西淀川区)
    • 清堀村が東成郡清堀村となる(単独村制)。
  • 明治30年(1897年4月1日 - 下記の区域が大阪市に編入。(20村)
    • 西区 ← 三軒家村、九条村、難波村、天保町、伝法村[北伝法・南伝法の各一部[17]]、川北村[秀野新田の一部を除く[18]]、川南村[津守新田を除く[19]
    • 北区 ← 上福島村、下福島村、北野村、曽根崎村、野田村[中津川以東]、川崎村[一部[20]]、豊崎村[国分寺および南浜・本庄の各一部[21]
    • 南区 ← 西浜町、木津村[一部[22]]、今宮村[一部[23]
    • 木津村の残部が今宮村、野田村の残部(中津川以西)・川北村の残部(秀野新田の一部)が伝法村、川崎村の残部が豊崎村にそれぞれ編入。
    • 川南村の残部(津守新田)より津守村が発足。
  • 明治36年(1903年11月5日 - 伝法村が町制施行して伝法町となる。(1町19村)
  • 明治44年(1911年2月1日(3町17村)
    • 鷺洲村が町制施行して鷺洲町となる。
    • 中津村が町制施行して中津町となる。
  • 明治45年(1912年1月1日 - 豊崎村が町制施行して豊崎町となる。(4町16村)
  • 大正4年(1915年11月10日 - 勝間村が町制施行・改称して玉出町となる。(5町15村)
  • 大正6年(1917年9月1日 - 今宮村が町制施行して今宮町となる。(6町14村)
  • 大正11年(1922年)1月1日(9町11村)
    • 神津村が町制施行して神津町となる。
    • 千船村が町制施行して千船町となる。
    • 稗島村が町制施行して稗島町となる。
  • 大正12年(1923年6月1日 - 西中島村が町制施行して西中島町となる。(10町10村)
  • 大正14年(1925年)4月1日 - 全域が大阪市に編入され、下記の3区が発足。同日西成郡廃止。大阪府では1896年の郡の再編以来、東成郡と共に初の郡消滅となった。
    • 西淀川区 ← 伝法町、鷺洲町、歌島村、千船町、稗島町、福村、川北村
    • 東淀川区 ← 中津町、豊崎町、西中島町、豊里村、大道村、中島村、新庄村、北中島村、神津町
    • 西成区 ← 玉出町、粉浜村、津守村、今宮町

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 町名変更区域の境界は不詳。大阪市では鉄道・街路・河川等を境界に行政区を再編しているため、旧町村と一致しない区域が多い。
  2. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  3. ^ 下記のほか福島屋備前屋請取が記載されているが、町地の西高津新地に属するため、本項では触れない。
  4. ^ 西高津村・塩町口野畑に分かれて記載。
  5. ^ ●難波村・難波村新田に分かれて記載。
  6. ^ 記載は難波島地子。
  7. ^ 三軒屋村・三軒屋村新田に分かれて記載。
  8. ^ 記載は三軒屋町地子。
  9. ^ 記載は福崎新田。
  10. ^ 加島村・加島村新田に分かれて記載。
  11. ^ 伝法村・五左衛門開・弥右衛門開に分かれて記載。
  12. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  13. ^ 北長柄村(田安徳川家領)・北長柄村新田(幕府領)に分かれて記載。
  14. ^ 木寺村(旗本領)・木寺村添作(幕府領)に分かれて記載。
  15. ^ 小松村(古河藩領)・小松村新田(幕府領)に分かれて記載。
  16. ^ 大坂三郷天満組付属地だったため、「旧高旧領取調帳」に記載なし。
  17. ^ 大字北伝法の内字東明石島、及び大字南伝法の内字南十ノ割堤防敷地及其以西。
  18. ^ 伝法川以南。
  19. ^ 木津川以西。
  20. ^ 字西流山悪水路右岸以南。
  21. ^ 大字国分寺、大字本庄の内字東流山1051番地以南、字東流山と字猿楽の間を通ずる悪水路の右岸以南、字浮田824番地の北より字上中野476番地の北に通ずる道路の北端以南、字南中野405番地以南、字三昧の側291番地乃至293番地以南、大字南浜の内字蘆原、蓮田及び石橋を通ずる悪水路の右岸以南
  22. ^ 勝間街道より西は字高畑、字東開の北を通ずる道路南端以北、字開キ東ノ樋より開キ大樋に達する井路以北、勝間街道より東は大阪鉄道線路敷地南端以北。
  23. ^ 大阪鉄道線路敷地南端以北。
  24. ^ 旧川南村域は尻無川を境に右岸側は港区に残り、左岸側は大正区に移行。
  25. ^ 旧西中島村域のうち、東海道本線以西の地域のみ淀川区に移行

参考文献[編集]

関連項目[編集]