南郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大阪府南郡の範囲

南郡(みなみぐん)は、かつて和泉国堺県大阪府にあった

郡域[編集]

1880年(明治13年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

  • 岸和田市埋立地および内畑町、大沢町を除く)
  • 貝塚市(埋立地および脇浜、新町、加治、神前、加神、畠中、石才、橋本、王子、地蔵堂、堤、窪田、浦田、澤を除く)

歴史[編集]

  • 13世紀頃、和泉郡10郷のうち八木、山直、掃守、木島の4郷が分割されて成立した。

近代以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。○は寺社等の除地(領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が存在。(3町71村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領(岸和田藩預地 4村 今木村、○田治米村、三ケ山新田、○新在家村
幕府領(屋代増之助支配所) 3村 ○三田村、○摩湯村、○包近村
幕府領(内海多次郎支配所) 3村 ○稲葉村、○中村(現・岸和田市)、○積川村
幕府領(大坂町奉行朱印地 1町 ○貝塚町[1]
京都守護職役知 4村 ○箕土路村、○西大路村、○大町村、○東大路村
藩領 和泉岸和田藩 2町
54村
○磯上村、○吉井村、○中井村、○春木村、○池尻村、額原村、○尾生村、岸和田浜町、岸和田町[2]、○岸和田村、○野村、○沼村、○西之内村、○加守村、○別所村、○藤井村、○上松村、○下松村、○土生村、○作才村、○流木村、○阿間河滝村、○土生滝村、○八田村、極楽寺村、○真上新田、○畑村、○神須屋村、○三ケ山村、○神於村、○河合村、○塔原村、○白原村、○相川村、津田村、久保村、永吉村[3]、小瀬村、○堀村[4]、○海塚村[5]、島村、福田村、○鳥羽村、○中村(現・貝塚市)、○半田村、新井村、○名越村、○清児村、○水間村、○森村、○三ツ松村、○秬谷村、○大川村、○蕎原村、○馬場村、○木積村
山城淀藩 3村 ○荒木村、○下池田村、○小松里村
その他 寺社除地 0村 粂田村[6]
  • 1868年(慶応4年)
    • 1月22日 - 新政府が大坂町奉行の管轄地域に大坂鎮台を設置。幕府領・旗本領などを管轄。
    • 1月27日 - 大坂鎮台を大坂裁判所に改称。
    • 5月2日 - 大坂裁判所が廃止され、大阪府の管轄となる。
    • 6月22日 - 大阪府のうち和泉国の管轄地域が分立し、堺県が発足。
    • 7月 - 京都守護職役知を堺県に移管。
  • 1870年(明治3年)
    • 2月 - 岸和田藩預地が堺県に移管[7]
  • 1871年(明治4年)
  • 1872年(明治5年)(5町71村)
    • 堀村のうち貝塚新町が堀新町として分立。
    • 海塚村のうち貝塚新町が海塚新町として分立。
  • 1874年(明治7年)1月22日 - 大区小区制の堺県での施行により、和泉国第2大区・和泉国第3大区となる。
  • 1880年(明治13年)4月15日 - 郡区町村編制法の堺県での施行により、行政区画としての南郡が発足。岸和田村の岸和田城内に「岸和田郡役所」が設置され、日根郡とともに管轄したが、まもなく「南日根郡役所」に改称。
  • 1881年(明治14年)2月7日 - 第2次府県統合により大阪府の管轄となる。
  • 1884年(明治17年) - 2ヶ所あった中村がそれぞれ山直中村(現・岸和田市)、麻生中村(現・貝塚市)に改称。
1.山直上村 2.山直下村 3.南掃守村 4.八木村 5.北掃守村 6.岸和田町 7.岸和田浜町 8.岸和田村 9.沼野村 10.土生郷村 11.有真香村 12.東葛城村 13.西葛城村 14.麻生郷村 15.島村 16.木島村 17.貝塚町 (紫:岸和田市 桃:貝塚市。21 - 46は日根郡)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は現・岸和田市。(3町14村)
    • 山直上村 ← 稲葉村、積川村、山直中村、包近村
    • 山直下村 ← 田治米村、三田村、摩湯村、今木村、東大路村、新在家村
    • 南掃守村 ← 下松村、加守村、西之内村、上松村、尾生村、三ケ山新田
    • 八木村 ← 大町村、池尻村、西大路村、箕土路村、荒木村、下池田村、小松里村、額原村、中井村
    • 北掃守村 ← 春木村、磯上村、吉井村
    • 岸和田町 ← 岸和田北町、岸和田並松町、岸和田魚屋町、岸和田堺町、岸和田本町、岸和田南町
    • 岸和田浜町(単独町制)
    • 岸和田村(単独村制)
    • 沼野村 ← 沼村、野村、藤井村、別所村
    • 土生郷村 ← 土生村、作才村、畑村、極楽寺村、流木村
    • 有真香村 ← 八田村、神須屋村、真上新田、土生滝村、阿間河滝村
    • 東葛城村 ← 河合村、神於村、白原村、相川村、塔原村
    • 西葛城村 ← 木積村、馬場村、秬谷村、大川村、蕎原村、三ケ山村(現・貝塚市)
    • 麻生郷村 ← 小瀬村、津田村、永吉村、久保村、堀村、堀新町、海塚村、海塚新町、麻生中村、鳥羽村、新井村、半田村、福田村(現・貝塚市)
    • 島村(単独村制。現・貝塚市)
    • 木島村 ← 森村、三ツ松村、水間村、名越村、清児村(現・貝塚市)
    • 貝塚町 ← 貝塚西之町、貝塚北之町、貝塚南之町、貝塚近木之町、貝塚中之町(現・貝塚市)
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 郡制の施行により、南郡・日根郡の区域をもって泉南郡を設置。同日南郡廃止。

式内社[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 貝塚5町の総称。ここでは便宜的に1町と数える。
  2. ^ 岸和田6町の総称。ここでは便宜的に1町と数える。
  3. ^ 久保村・永吉村が1村として記載。寺社除地が所在。
  4. ^ 記載は堀村貝塚新町。
  5. ^ 記載は海塚村貝塚新町。
  6. ^ 池尻村、田治米村、大町村、箕土路村、下池田村、小松里村、荒木村、加守村、西大路村、中井村、吉井村、春木村の12村の立合地の総称。ここでは村数に数えない。
  7. ^ 「角川日本地名大辞典」では堺県に移管とあるが、「旧高旧領取調帳」では岸和田県と記載されている。

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
泉南郡