紀伊郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
京都府紀伊郡の位置(水色:後に他郡に編入された区域)

紀伊郡(きいぐん)は、京都府山城国)にあった

郡域[編集]

1879年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 京都市
    • 東山区の一部(福稲各町)
    • 伏見区の大部分(久我各町・羽束師各町・醍醐各町・日野各町・石田各町・小栗栖各町・淀美豆町・淀際目町・淀生津町・淀樋爪町・淀木津町・淀川顔町・淀新町・淀下津町・淀池上町・淀本町を除く)
    • 南区の一部(東九条各町・上鳥羽各町・吉祥院各町・西九条南田町・西九条菅田町・西九条大国町・西九条豊田町・西九条高畠町・西九条唐戸町)
  • 宇治市の一部(六地蔵

歴史[編集]

古代[編集]

[編集]

和名類聚抄』に記される郡内の。括弧内は訓読み

  • 岡田郷(乎加多)
  • 大里郷
  • 紀伊郷
  • 鳥羽郷(度波)
  • 石原郷
  • 拝志郷(波以之)
  • 深草郷(不加久佐)
  • 石井郷

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
紀伊郡 8座(大3座・小5座)
御諸神社 ミモロノ 合祀:伏見稲荷大社 京都府京都市伏見区深草藪之内町
稲荷神社 三座 イナリノ 並名神大 月次新嘗 伏見稲荷大社 京都府京都市伏見区深草藪之内町 [1]
大椋神社 オホクラノ
オホタテノ
(不明)
飛鳥田神社 アスカタノ 一名柿本社 (論)田中神社 京都府京都市伏見区横大路天王後
(論)飛鳥田神社 京都府京都市伏見区横大路柿ノ木町
(論)飛鳥田神社 京都府京都市伏見区下鳥羽城ノ越町
真幡寸神社 二座 マハタキノ 真幡木神社 京都府京都市伏見区下鳥羽中島宮後町 城南宮境内摂社
凡例を表示

近代[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。幕府領1は代官小堀数馬が、幕府領2は伏見奉行所がそれぞれ管轄。伏見町(伏見奉行所管轄)・納所町(地子免除地)は無高のため記載なし。(2町32村)
  • 慶応4年
  • 明治初年 - 領知替えにより納所村・水垂村・大下津村のうち上表で●の区域が淀藩領となる。
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年) - 毛利治部村が景勝村に合併。(2町31村)
  • 明治6年(1873年) - 四谷村が向島村に合併。(2町30村)
  • 明治7年(1874年)(2町23村)
    • 島村・石原村が合併して石島村となる。
    • 西庄村・中河原村が合併して西中村となる。
    • 稲荷村・東福寺門前が合併して福稲村となる。
    • 富森村が横大路村に、芹川村・上三栖村が下鳥羽村に、新田村が吉祥院村にそれぞれ合併。
  • 明治12年(1879年4月10日 - 郡区町村編制法の京都府での施行により、行政区画としての紀伊郡が発足。郡役所が伏見町(伏見板橋二丁目)に設置。
  • 明治14年(1881年) - 景勝村が伏見町に合併して伏見景勝村となる。(2町22村)

町村制以降の沿革[編集]

1.伏見町 2.向島村 3.堀内村 4.深草村 5.柳原町 6.東九条村 7.竹田村 8.吉祥院村 9.上鳥羽村 10.下鳥羽村 11.横大路村 12.納所村(紫:京都市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。(2町9村)
  • 大正7年(1918年)4月1日(1町9村)
    • 柳原町および東九条村の一部・上鳥羽村の一部(上鳥羽の一部[6])・深草村の一部(福稲の一部[7])が京都市に編入。下京区の一部となる。
    • 東九条村の残部が上鳥羽村に編入。
  • 大正11年(1922年10月1日 - 深草村が町制施行して深草町となる。(2町8村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年5月1日 - 伏見町が市制施行して伏見市となり、郡より離脱。(1町8村)
  • 昭和6年(1931年)4月1日 - 以下の変更により紀伊郡消滅。京都府内では郡区町村編制法の施行以来初の郡消滅となった。
    • 吉祥院村・上鳥羽村が京都市に編入。下京区の一部となる。
    • 下鳥羽村・横大路村・納所村・深草町・堀内村・向島村・竹田村が京都市に編入。同日発足した伏見区の一部となる。

変遷表[編集]

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1879年)4月10日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

  1. ^ 記載は東福寺村。
  2. ^ 深草村・深草山新開に分かれて記載。深草山新開は幕府領。
  3. ^ 伏見南新町、伏見京町南八丁目、伏見京町北八丁目、伏見京町八丁目横町、伏見京町九丁目、伏見京町十丁目、伏見両替町十一丁目、伏見両替町十二丁目、伏見両替町十三丁目、伏見両替町十四丁目、伏見両替町十五丁目、伏見新町十一丁目、伏見新町十二丁目、伏見新町十三丁目、伏見新町十四丁目、伏見勘助町、伏見東住吉町、伏見中之町、伏見上板橋町、伏見堀詰新町、伏見津知橋町、伏見西鍵屋町、伏見大和町、伏見小豆屋町、伏見越前町、伏見桝屋町、伏見清水町、伏見丹後橋町、伏見奈良屋町、伏見菱屋町、伏見黒茶屋町、伏見等安町、伏見朱雀二丁目、伏見白銀町、伏見雁金町、伏見加賀屋町、伏見鳥羽町、伏見上神泉苑町、伏見下神泉苑町、伏見菊屋町、伏見樽屋七丁目、伏見朱雀四丁目、伏見榎町、伏見鍛冶屋町、伏見米屋町、伏見東大文字町、伏見北海老屋町、伏見南海老屋町、伏見東大黒町、伏見西大黒町、伏見東八丁目、伏見西住吉町、伏見京町北七丁目、伏見京町南七丁目、伏見京町四丁目、伏見京町五丁目、伏見観音寺町、伏見新七町、伏見御香宮門前町、伏見銀座一丁目、伏見銀座二丁目、伏見銀座三丁目、伏見京町大黒町、伏見銀座四丁目、伏見両替町九丁目、伏見両替町十丁目、伏見新町五丁目、伏見新町六丁目、伏見新町七丁目、伏見新町八丁目、伏見新町九丁目、伏見新町十丁目、伏見石屋町、伏見紙子屋町、伏見竹中町、伏見指物町、伏見今町、伏見新大黒町、伏見備後町、伏見板橋二丁目、伏見東町東組、伏見京町六丁目、伏見東町、伏見御駕籠町、伏見紺屋町、伏見上風呂屋町、伏見下風呂屋町、伏見下大手町、伏見南裏町、伏見片原町、伏見肥後町、伏見土橋町、伏見東菱屋町、伏見西町、伏見桝形町、伏見東堺町、伏見呉服町、伏見南尼ヶ崎町、伏見北尼ヶ崎町、伏見大宮六丁目、伏見聚楽町、伏見聚楽一丁目、伏見聚楽二丁目、伏見城通町、伏見成ル町、伏見松屋町、伏見西堺町、伏見大津町、伏見西塩屋町、伏見革屋町、伏見過書町、伏見帯屋町、伏見南恵美酒町、伏見東尼ヶ崎町、伏見西尼ヶ崎町、伏見西菱屋町、伏見鷹匠町、伏見上南部町、伏見下南部町、伏見西大文字町、伏見北久米町、伏見南久米町、伏見鐘木町、伏見上油掛町、伏見中油掛町、伏見下油掛町、伏見伯耆町、伏見平野町、伏見京橋塩屋町、伏見南浜町、伏見車町、伏見京橋町、伏見周防町、伏見地方山崎町、伏見丹波町、伏見村上町、伏見表町、伏見上北浜町、伏見下北浜町、伏見上中町、伏見下中町、伏見新中町、伏見東浜南町、伏見三栖向町、伏見西浜町、伏見山崎町、伏見杉本町、伏見八幡町、伏見三栖一丁目、伏見三栖二丁目、伏見三栖三丁目、伏見三栖四丁目、伏見三栖五丁目、伏見三栖半町、伏見帯刀町、伏見中書島東柳町、伏見中書島西柳町、伏見鍋島町、伏見常盤町、伏見玄蕃町、伏見豊後橋町、伏見道阿弥町、伏見讃岐町、伏見京町一丁目、伏見京町二丁目、伏見京町三丁目、伏見魚屋町、伏見両替町一丁目、伏見両替町二丁目、伏見両替町三丁目、伏見両替町四丁目、伏見新町一丁目、伏見新町二丁目、伏見新町三丁目、伏見新町四丁目、伏見御堂前町、伏見大阪町、伏見丹後町、伏見本材木町、伏見柿木浜町、伏見弾正町、伏見平戸町、伏見七軒町、伏見墨染横町、伏見西桝屋町、伏見鑓屋町、伏見堀ノ上町、伏見北恵美酒町、伏見景勝村。
  4. ^ 伏見向島橋詰町、伏見向島中之町、伏見向島下之町。
  5. ^ 伏見稲荷榎木橋町、伏見稲荷中之町、伏見稲荷御前町、伏見直違橋十一丁目、伏見直違橋十丁目、伏見直違橋九丁目、伏見直違橋八丁目、伏見直違橋七丁目、伏見直違橋六丁目、伏見直違橋五丁目、伏見直違橋四丁目、伏見直違橋三丁目、伏見直違橋二丁目、伏見直違橋北一丁目、伏見直違橋南一丁目、伏見直違橋片町、伏見十九軒町、伏見藤森玄蕃町、伏見鳥居崎町、伏見北新町、伏見極楽町、伏見飯食町、伏見寺内町、伏見七瀬川町、伏見北蓮池町、伏見南蓮池町、伏見北鍵屋町、伏見山村町。
  6. ^ 後の南区西九条南田町・西九条菅田町・西九条大国町・西九条豊田町・西九条高畠町・西九条唐戸町。
  7. ^ 後の東山区福稲各町。

参考文献[編集]

関連項目[編集]