船井郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都府船井郡の位置(緑:京丹波町 水色:後に他郡から編入した区域)

船井郡(ふないぐん)は、京都府丹波国)の

人口13,877人、面積303.09km²、人口密度45.8人/km²。(2017年5月1日、推計人口

以下の1町を含む。

郡域[編集]

1897年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記1町のほか、概ね下記の区域にあたる。

  • 南丹市の一部(美山町各町・八木町神吉を除く)
  • 亀岡市の一部(東本梅町各町)

歴史[編集]

古代[編集]

郡内の八木町屋賀、北屋賀[1]は、丹波国国府推定地の一つである[2]

[編集]

和名類聚抄』に記される郡内の

  • 刑部郷
  • 志麻郷
  • 船井郷
  • 出鹿郷
  • 田原郷
  • 余戸郷
  • 城崎郷
  • 野口郷
  • 須知郷
  • 皷打郷
  • 木前郷

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
船井郡 10座(大1座・小9座)
船井神社 フナヰノ 船井神社 京都府南丹市八木町船枝
志多非神社 シタヒ 薮田神社 京都府南丹市園部町南大谷
出石鹿いそ部神社[注 1] イツシノカノイソヘノ 何鹿神社 京都府船井郡京丹波町曽根竿代
島物部神社 (論)荒井神社 京都府南丹市八木町美里
幡日佐神社 ハタヒサノ 幡日佐神社 京都府南丹市八木町氷所
志波加神社 シハカノ 志波加神社 京都府南丹市日吉町志和賀
弁奈貴神社 -キノ 岩山神社 京都府船井郡京丹波町塩田谷岩山
麻気神社 マケノ 名神大 摩氣神社 京都府南丹市園部町竹井 [2]
酒沼志神社 サカチシノ
スヂシ
酒治志神社 京都府船井郡京丹波町三ノ宮
多沼神社 タヌマノ 多治神社 京都府南丹市日吉町田原
凡例を表示
  1. ^ 「いそ」は「山偏に石」。

近世以降の沿革[編集]

  • 慶応4年
  • 明治2年6月19日1869年7月27日) - 丹波亀山藩が任知藩事にともない改称して亀岡藩となる。
  • 明治4年
  • 明治初年 - 以下の村の統合が行われる。(204村)
    • 木崎村 ← 上木崎村、下木崎村
    • 天引村 ← 下天引村、上天引村
  • 時期不明 - 新町村が須知村に、諸内村が橋爪村にそれぞれ合併[23]。(202村)
  • 明治4年(1871年) - 大戸村(現・南丹市日吉町上胡麻)が上胡麻村に合併。(201村)
  • 明治5年(1872年) - 奥村が升谷村に合併。(200村)
  • 明治6年(1873年) - 以下の村の統合が行われる。(194村)
    • 田原村 ← 片野村、新村、和田村(現・南丹市)、殿村
    • 四ツ谷村 ← 吉野部村、北大谷村、海老谷村、東谷村
  • 明治7年(1874年) - 以下の村の統合が行われる。(184村)
    • 志和賀村 ← 下志和賀村、山口村、西谷村、上志和賀村
    • 富田村 ← 高屋村(現・京丹波町)、坪井村
    • 下山村 ← 黒瀬村、知野部村、尾長野村、蕨村、白土村
    • 質美村 ← 質美下村、質美上村、北久保村
  • 明治9年(1876年) - 以下の村の統合が行われる。(149村)
  • 保野田村 ← 久保村、上野村(現・南丹市)、家田村
  • 豊田村 ← 新宮村、紅井村、谷村
  • 生畑村 ← 上稗生村、下稗生村、安鳥村、上小畑村、下小畑村
  • 諸畑村 ← 畑中村、諸木村
  • 横田村 ← 南横田村、下横田村、上横田村
  • 内林村 ← 垣内村、今林村
  • 竹井村 ← 上新江村、摩気村、篠田村
  • 大西村 ← 西山村、大坪村
  • 半田村 ← 東半田村、西半田村、南半田村
  • 胡麻村 ← 胡麻中村、角本村、下胡麻村
  • 畑郷村 ← 畑村、下草井原村、上草井原村
  • 船岡村 ← 藁無村、松尾村、上河内村
  • 天若村 ← 宮村、上世木村、世木林村
  • 中世木村 ← 牧山村、下谷村、上谷村
  • 高岡村 ← 下村、鎌倉村、中村(現・京丹波町高岡)、西階村
  • 口八田村 ← 笹尾村、辻村、中畑村
  • 木住村 ← 上木住村、下木住村
  • 口人村 ← 下口人村、中口人村
  • 口司村 ← 絹掛村、上口人村


  • 明治12年(1879年4月10日 - 郡区町村編制法の京都府での施行により、行政区画としての船井郡が発足。郡役所が園部村に設置。
  • 明治15年(1882年) - 屋賀村の一部が分立して北屋賀村となる。(150村)

町村制以降の沿革[編集]

1.園部町 2.園部村 3.吉富村 4.八木村 5.富庄村 6.本荘村 7.新庄村 8.川辺村 9.世木村 10.胡麻郷村 11.五ヶ荘村 12.桐ノ庄村 13.摩気村 14.西本梅村 15.東本梅村 16.竹野村 17.須知村 18.高原村 19.質美村 20.檜山村 21.梅田村 22.三ノ宮村 23.上和知村 24.下和知村(紫:亀岡市 桃:南丹市 赤:京丹波町)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の町村が発足。(1町23村)
    • 園部町(園部村のうち町分[24]が分立して町制施行。現・南丹市)
    • 園部村 ← 園部村、小山村、大村、横田村、黒田村(現・南丹市)
    • 吉富村 ← 鳥羽村、南広瀬村、大藪村、八木島村、玉ノ井村、池ノ内村、神田村、雀部村、室河原村、広垣内村、木原村(現・南丹市)
    • 八木村 ← 八木村、柴山村(現・南丹市)
    • 富庄村 ← 北広瀬村、日置村、氷所村、刑部村(現・南丹市)
    • 本荘村 ← 青戸村、西田村、観音寺村、屋賀村、北屋賀村(現・南丹市)
    • 新庄村 ← 船枝村、山室村、室橋村、野条村、諸畑村、池上村(現・南丹市)
    • 川辺村 ← 高屋村、大戸村、佐切村、熊原村、越方村、船岡村(現・南丹市)
    • 世木村 ← 殿田村、天若村、中村、中世木村、生畑村、木住村(現・南丹市)
    • 胡麻郷村 ← 胡麻村、上胡麻村、保野田村、志和賀村、畑郷村(現・南丹市)
    • 五ヶ荘村 ← 四ツ谷村、田原村、佐々江村(現・南丹市)
    • 桐ノ庄村 ← 内林村、曽我谷村、瓜生野村、熊崎村、新堂村、千妻村、岡田村、木崎村(現・南丹市)
    • 摩気村 ← 宍人村、口司村、口人村、半田村、大西村、船阪村、下新江村、竹井村(現・南丹市)
    • 西本梅村 ← 埴生村、天引村、大河内村、法京村、南八田村、殿谷村(現・南丹市)
    • 東本梅村 ← 南大谷村、若森村(現・亀岡市、南丹市)、赤熊村、大内村、中野村、松熊村(現・亀岡市)
    • 竹野村 ← 高岡村、口八田村、新水戸村、水戸村(現・京丹波町)
    • 須知村 ← 須知村、市森村、上野村、蒲生村、曽根村、院内村、森村、塩田谷村、安井村(現・京丹波町)
    • 高原村 ← 富田村、実勢村、豊田村、下山村(現・京丹波町)
    • 質美村(単独村制。現・京丹波町)
    • 檜山村 ← 橋爪村、大朴村、中台村、和田村、井脇村、小野村、井尻村、八田村(現・京丹波町)
    • 梅田村 ← 水原村、上大久保村、下大久保村、坂井村、鎌谷中村、鎌谷下村、鎌谷奥村、東又村(現・京丹波町)
    • 三ノ宮村 ← 三ノ宮村、戸津川村、質志村、妙楽寺村、猪鼻村、水呑村、粟野村、保井谷村(現・京丹波町)
    • 上和知村 ← 篠原村、西河内村、上乙見村、仏主村、細谷村、升谷村、市場村、中山村、上粟野村、大迫村、下乙見村、長瀬村、下粟野村、塩谷村、大倉村(現・京丹波町)
    • 下和知村 ← 小畑村、本庄村、坂原村、角村、広瀬村、才原村、広野村、稲次村、出野村、大簾村、中村、安栖里村(現・京丹波町)
  • 明治27年(1894年10月10日 - 富庄村・本荘村が合併して富本村が発足。(1町22村)
  • 明治32年(1899年7月1日 - 郡制を施行。
  • 明治34年(1901年7月19日 - 須知村が町制施行して須知町となる。(2町21村)
  • 大正4年(1915年1月1日 - 八木村が町制施行して八木町となる。(3町20村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年)4月1日 - 園部町・園部村・桐ノ庄村が合併し、改めて園部町が発足。(3町18村)
  • 昭和26年(1951年)4月1日(3町10村)
    • 吉富村・富本村・新庄村が八木町に編入。
    • 竹野村が須知町に編入。
    • 檜山村・梅田村・三ノ宮村・質美村が合併して瑞穂村が発足。
    • 川辺村が園部町に編入。
  • 昭和30年(1955年
    • 4月1日(6町3村)
      • 須知町・高原村が合併して丹波町が発足。
      • 五ヶ荘村・胡麻郷村・世木村が合併して日吉町が発足。
      • 上和知村・下和知村が合併して和知町が発足。
      • 八木町が北桑田郡神吉村を編入。
      • 瑞穂村が町制施行して瑞穂町となる。
    • 4月20日 - 園部町・摩気村・西本梅村が合併し、改めて園部町が発足。(6町1村)
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 東本梅村が亀岡市に編入。(6町)
  • 昭和33年(1958年)4月1日 - 園部町が亀岡市の一部(若森・南大谷の各一部)を編入。
  • 平成17年(2005年10月11日 - 丹波町・和知町・瑞穂町が合併して京丹波町が発足。(4町)
  • 平成18年(2006年)1月1日 - 園部町・八木町・日吉町が北桑田郡美山町と合併して南丹市が発足し、郡より離脱。(1町)

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 南丹市八木町北屋賀国府の地名が残る。八木町屋賀南永寿には宗社大明神(綜社、總(緫)社)が残る
  2. ^ [1]
  3. ^ 徳川宗家駿河府中藩への入封により遠江国榛原郡城東郡の領地を失ったため。
  4. ^ 下記のほか坪井越石が記載されているが詳細不明。
  5. ^ 記載は西大戸村。
  6. ^ 記載は東大戸村。
  7. ^ 記載は「胡麻・上野村」。
  8. ^ 上実勢村・下実勢村に分かれて記載。
  9. ^ 記載は「西・高屋村」。
  10. ^ 記載は世木・中村。
  11. ^ 記載は「世木・宮村」。
  12. ^ 記載は北大谷村。
  13. ^ 記載は「紅井・谷村」。
  14. ^ 下乙見村・篠原村・大倉村・市場村・升谷村・奥村のうち。本項では村数に数えない。
  15. ^ a b c d e f 記載は八田を冠称。
  16. ^ 上蒲生村・下蒲生村に分かれて記載。
  17. ^ 記載は塩田を冠称。
  18. ^ 記載は鎌谷東股村。
  19. ^ 下記のほか大芝原新田が記載されているが桑田郡の所属。
  20. ^ 記載は東高屋村。
  21. ^ 西大路治部知行・尾崎内蔵麿知行・上園中務知行・宮本勝麿知行とあるが詳細不明。
  22. ^ 森周防知行・林和泉知行とあるが詳細不明。
  23. ^ 「角川」には記述がないが、現在の地名より比定。
  24. ^ この時点では園部本町、園部上本町、園部若松町、園部宮町、園部新町が存在。

参考文献[編集]