深草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伏見稲荷大社の千本鳥居

深草(ふかくさ)とは京都市伏見区の北部に位置する地名である。かつて同地域には紀伊郡深草町(ふかくさちょう)が存在した。

概要[編集]

山城国紀伊郡深草郷(不加久佐)は、京都盆地でいち早く稲作が始まったことが深草弥生遺跡から見ることができ、そして渡来系の豪族秦氏が拠点とした地の一つとされている。その秦氏の祖霊として創建された伏見稲荷大社は、全国の稲荷神社の総本社であり季節にかかわらず観光客で賑わっている。百済から日本に伝えられた頃から作られていたというや、伏見稲荷のお土産から全国に広まった土人形、そして三和土の原料となる良質な粘土質の深草土が産出した。

直違橋

地区内を南北に京街道の一部で港町伏見と京都を結ぶ竹田街道国道24号線)と伏見街道直違橋通)、川端通京町通を繋ぐ師団街道が、東西は西岸寺から稲荷山大岩山の間の峠を勧修寺に至る大岩街道と、名神高速道路、そして阪神高速8号京都線稲荷山トンネル東山を抜け山科との間を結ぶ。さらに、京都を通らずに大津宿伏見宿を結ぶ東海道五十七次の一部である大津街道は、藤森神社前で伏見街道から分岐し大亀谷の西福寺から大岩街道を経て髭茶屋追分に至り、墨染から八科峠を経て六地蔵に至る奈良街道墨染通)なども地区内を通る古くからの交通の要衝であり、京都市街地や山科区宇治市城陽市方面へのアクセスも容易である。

また、京都の中心部と伏見を結ぶ運河として江戸時代初期には東高瀬川が、明治には鴨川運河琵琶湖疏水)が開削され水運に用いられていた。そして鉄道は旧東海道本線稲荷駅から大岩街道の峠を越え、日本初の路面電車である京都市電伏見線が竹田街道に、また竹田街道から稲荷大社までの支線京都市電稲荷線もあったがどれも廃止され、現在は京阪本線JR奈良線近鉄京都線が域内を通っている。

聖母女学院本館

町村制の施行により深草村が発足。深草町を経て1931年(昭和6年)4月1日に、伏見市とともに京都市へ編入され伏見区の一部となった。昔から分区構想がたびたび出ていることもあり、地域内の住民登録や行政事務は深草向畑町にある伏見区役所深草支所にて独自に行われている。第16師団司令部が置かれていたが、戦後は庁舎が学校法人聖母女学院の本館となり、鴨川運河に架かる橋に施された意匠や、師団街道、軍人湯などの名称、国立病院機構京都医療センター(旧京都衛戍病院)の存在などにも名残が見られる。周辺の陸軍用地跡には京都教育大学龍谷大学などが出来たため学生も多く住む。

交通機関[編集]

鉄道[編集]

高速道路[編集]

名所・旧跡・観光[編集]

教育機関[編集]

関連項目[編集]