武庫郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
兵庫県武庫郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

武庫郡(むこぐん)は兵庫県摂津国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね下記の区域にあたる。

  • 尼崎市の一部(東海道本線以南の蓬川以西、南武庫之荘十二丁目、同十一丁目、同四丁目、同五丁目、同一丁目、武庫之荘東一丁目、武庫之荘本町以西および武庫之荘三丁目・水堂町四丁目・西立花二丁目・同三丁目の各一部)
  • 西宮市の大部分(山口町各町・塩瀬町各町および内包する各町を除く)
  • 宝塚市の一部(武庫川以南)

歴史[編集]

古代[編集]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
武庫郡 4座(大2座・小2座)
広田神社 ヒロタノ 名神大 月次相嘗新嘗 廣田神社 兵庫県西宮市大社町 [1]
名次神社 ナツキノ 鍬靫 名次神社 兵庫県西宮市名次町 廣田神社境外摂社
伊和志豆神社 イワシツノ 月次新嘗 (論)伊和志豆神社 兵庫県西宮市大社町 廣田神社境内末社 [2]
(論)伊和志津神社 兵庫県宝塚市伊孑志
岡太神社 ヲカタノ   (論)岡太神社 兵庫県西宮市小松南町
(論)岡田神社 兵庫県西宮市岡田山 廣田神社境外摂社
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 1町
7村
西宮町[1]、守具村、今津村、鳴尾村、越水村、越木岩新田、見佐村、平左衛門新田
旗本領 9村 中村、芝村、守部村、西武庫村、上大市村、下大市村、樋口新田、五郎右衛門新田村、下新田村
藩領 摂津尼崎藩 24村 西新田村、東新田村、東大島村、浜田村、西大島村、小松村、小曽根村、今北村、下瓦林村、津門村、上瓦林村、常松村、生津村、西富松村、東武庫村、広田村、武庫庄村、時友村、西昆陽村、段上村、鹿塩村、蔵人村、小林村、伊孑志村
丹波篠山藩 2村 上田新田、川面村
尾張名古屋藩[2] 2村 瓦林村、門戸村
幕府領・藩領 幕府領・尼崎藩 1村 上ヶ原新田村
旗本領・尼崎藩 3村 高木村、常吉村、友行村
旗本領・篠山藩 1村 神尾村

町村制以降の沿革[編集]

1.西宮町 2.今津村 3.鳴尾村 4.大庄村 5.武庫村 6.良元村 7.甲東村 8.大社村 9.瓦木村 10.芝村 11.精道村 12.本庄村 13.本山村 14.魚崎村 15.住吉村 16.御影町 17.六甲村 18.都賀浜村 19.西灘村 23.須磨村 24.山田村(紫:神戸市 赤:西宮市 桃:尼崎市 橙:宝塚市 青:芦屋市 *は発足時の神戸市 21・22は八部郡→神戸市)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。▲は飛地を除く。△は飛地のみ。特記以外は現・西宮市。(1町9村)
    • 西宮町 ← 西宮町[3]、△芝村、△中村、△越水村、△守具村、△越木岩新田、△津門村
    • 今津村 ← 今津村、▲津門村、△西宮町
    • 鳴尾村 ← 鳴尾村、小松村、小曽根村、上田新田
    • 大庄村 ← 西新田村、東新田村、道意新田[4]、中浜新田[4]、又兵衛新田[4]、西大島村、東大島村、浜田村、今北村(現・尼崎市)
    • 武庫村 ← 常吉村、常松村、▲時友村、友行村、東武庫村、西武庫村、生津村、西富松村、守部村、▲西昆陽村、武庫庄村、川辺郡△寺本村(現・尼崎市)
    • 良元村 ← 小林村、伊孑志村、蔵人村、鹿塩村(現・宝塚市)
    • 甲東村 ← ▲門戸村、上ヶ原新田村、段上村、上大市村、下大市村、樋口新田、神呪寺村、△広田村
    • 大社村 ← ▲中村、▲広田村、▲越水村、▲守具村、▲越木岩新田、鷲林寺新田[5]、柏堂新田[5]、△門戸村、△芝村、△西宮町
    • 瓦木村 ← 上瓦林村、下瓦林村、瓦林村、高木村、荒木新田[6]、助兵衛新田[6]、下新田村、五郎右衛門新田村
    • 芝村 ← ▲芝村、△西宮町、△越水村、△広田村、△中村
    • 川面村・見佐村が川辺郡小浜村の、時友村・西昆陽村の各飛地が川辺郡稲野村のそれぞれ一部となる。
  • 明治29年(1896年
    • 4月1日 - 郡制の施行のため、武庫郡・菟原郡・八部郡の区域をもって、改めて武庫郡が発足。下記の町村が本郡の所属となる。(2町19村)
    • 7月1日 - 郡制を施行。
  • 明治45年(1912年)4月1日 - 須磨村が町制施行して須磨町となる。(3町18村)
  • 大正3年(1914年
  • 大正9年(1920年)4月1日 - 須磨町が神戸市に編入。(4町16村)
  • 大正10年(1921年9月1日 - 今津村が町制施行して今津町となる。(5町15村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正14年(1925年)4月1日 - 西宮町が市制施行して西宮市となり、郡より離脱。(4町15村)
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年)4月1日(3町13村)
    • 六甲村の一部(高羽の一部)が御影町に、残部(八幡・新生・水車新田・徳井・篠原および高羽の残部)が神戸市に編入。
    • 西郷町・西灘村が神戸市に編入。
  • 昭和8年(1933年)4月1日 - 今津町・芝村・大社村が西宮市に編入。(2町11村)
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は193.66平方km、人口は182,979人(男91,135人・女91,844人)[7]
  • 昭和15年(1940年11月10日 - 精道村が市制施行・改称して芦屋市となり、郡より離脱。(2町10村)
  • 昭和16年(1941年2月1日 - 甲東村が西宮市に編入。(2町9村)
  • 昭和17年(1942年
    • 2月1日 - 大庄村・武庫村が尼崎市に編入。(2町7村)
    • 5月5日 - 瓦木村が西宮市に編入。(2町6村)
  • 昭和22年(1947年3月1日 - 山田村が神戸市(兵庫区)に編入。(2町5村)
  • 昭和25年(1950年
    • 4月1日 - 御影町・魚崎町・住吉村が神戸市に編入。同区域をもって東灘区が発足。(4村)
    • 10月10日 - 本山村・本庄村が神戸市(東灘区)に編入。(2村)
  • 昭和26年(1951年)4月1日 - 鳴尾村が西宮市に編入。(1村)
  • 昭和29年(1954年)4月1日 - 良元村が川辺郡宝塚町と合併して宝塚市となり、郡より離脱。同日武庫郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西宮町・《西宮/町方/浜田》立会に分かれて記載。
  2. ^ 家老石河氏領。
  3. ^ この時点では西宮鞍掛町、西宮浜久保町、西宮社家町、西宮浜ノ町、西宮図子町、西宮釘貫町、西宮馬場町、西宮浜脇町、西宮浦ノ町、西宮久保町、西宮宮武町、西宮今在家町、西宮浜鞍掛町、西宮中ノ町、西宮石在町、西宮浜東ノ町一丁目、西宮浜東ノ町二丁目、西宮浜東ノ町三丁目、西宮東町、西宮与古道町、西宮浜石才町、西宮市庭町が存在。
  4. ^ a b c 西新田村のうち。本項では村数に数えない。
  5. ^ a b 西宮町のうち。本項では村数に数えない。
  6. ^ a b 上瓦林村のうち。本項では村数に数えない。
  7. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。

参考文献[編集]

関連項目[編集]