久世郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京都府久世郡の位置(緑:久御山町 薄黄:後に他郡に編入された区域 薄緑・水色:後に他郡から編入した区域)

久世郡(くせぐん)は京都府山城国)の

人口15,025人、面積13.86km²、人口密度1,084人/km²。(2021年11月1日、推計人口

現在は以下の1町を含む。

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記1町のほか、以下の区域にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

[編集]

和名類聚抄』に記される郡内の。括弧内は訓読み

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
久世郡 24座(大11座・小13座)
石田神社 イハタノ
イシタ
月次新嘗 (論)石田神社 京都府京都市伏見区石田 [1]
(論)石田神社 京都府八幡市八幡岩田里
(論)石田神社 京都府八幡市八幡岩田大将軍
水主神社 十座 ミヌシノ 並大 月次新嘗
(別項に記載)[注 1]
水主神社 京都府城陽市水主宮馬場 [2]
荒見神社 アラミノ (論)荒見神社 京都府城陽市富野荒見田
(論)荒見神社 京都府久世郡久御山町田井
双栗神社 三座 サクリノ 雙栗神社 京都府久世郡久御山町佐山
水度神社 三座 ミトノ 鍬靫 水度神社 京都府城陽市寺田水戸坂
旦椋神社 アサクラノ 且椋神社 京都府宇治市大久保北ノ山
伊勢田神社 三座 イセタノ 鍬靫 伊勢田神社 京都府宇治市伊勢田町若林
巨椋神社 オホクラノ
イホクラ
コムラ
巨椋神社 京都府宇治市小倉町寺内
室城神社 ムロキノ 室城神社 京都府久世郡久御山町下津屋
凡例を表示
  1. ^ 就中同水主坐天照御魂神水主坐山背大国魂命神二座預相嘗祭

近世以降の沿革[編集]

幕末の知行
知行 村数 村名
天領 京都守護職役知 1町
5村
槙島村、伊勢田村[1]、長池町、高尾村、白川村、安田村
皇室領幕府領(小堀) 1村 ●寺田村
門跡領公家領・幕府領(小堀) 1村 平川村
門跡領・公家領・京都守護職役知 1村 久世村
公家領・幕府領(小堀) 1村 上津屋村
公家領・京都守護職役知 1村 観音堂村
幕府領(多羅尾)・茶師上林氏領 1村 宇治郷
京都守護職役知・茶師上林氏領 1村 小倉村
京都守護職役知・彫金師後藤四郎兵衛家領・本阿弥家[2] 1村 中村
藩領 山城淀藩 1町
21村
広野村、大久保村、富野村、林村、佐山村、市田村、下津屋村、田井村、中島村、●野村、●森村、相島村、東一口村、西一口村、釘貫村、北川顔村、藤和田村、●封戸村、●坊之池村、島田村、江ノ口村、淀町
天領・藩領 公家領・淀藩・大和小泉藩 1村 枇杷庄村
旗本領・淀藩 1村 佐古村
  • 慶応4年
  • 明治初年
    • 領知替えにより、長池町・佐古村および久世村の一部(京都守護職役知)・上津屋村の一部(幕府領)が淀藩領となる。
  • 明治4年
  • 明治9年(1876年)(1町24村)
    • 中島村・野村・森村・相島村・東一口村・西一口村・釘貫村・北川顔村・藤和田村・封戸村・坊之池村・島田村・江ノ口村が合併して御牧村となる。
    • 長池町が富野村に合併。
  • 明治12年(1879年
    • 4月10日 - 郡区町村編制法の京都府での施行により、行政区画としての久世郡が発足。「宇治久世郡役所」が宇治郷に設置され、宇治郡とともに管轄。
    • 5月7日 - 郡役所が本郡単独となる。
  • 明治14年(1881年) - 宇治郷の一部より宇治町が起立。(2町24村)

町村制以降の沿革[編集]

1.宇治町 2.槇島村 3.小倉村 4.大久保村 5.久津川村 6.寺田村 7.富野荘村 8.佐山村 9.御牧村 10.淀町(紫:京都市 桃:宇治市 赤:城陽市 橙:久御山町)

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年4月1日 明治22年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
宇治町 宇治町 宇治町 昭和26年3月1日
宇治市
宇治市 宇治市 宇治市
槇島村 槇島村 槇島村
小倉村 小倉村 小倉村
大久保村 大久保村 大久保村
宇治郡
宇治村
宇治郡
宇治村
昭和17年4月1日
宇治郡
東宇治町
宇治郡
笠取村
宇治郡
笠取村
寺田村 寺田村 寺田村 昭和26年4月1日
城陽町
昭和47年5月5日
市制
城陽市 城陽市
久津川村 久津川村 久津川村
富野荘村 富野荘村 富野荘村
綴喜郡
青谷村
綴喜郡
青谷村
綴喜郡
青谷村
佐山村 佐山村 佐山村 昭和29年10月1日
久御山町
久御山町 久御山町 久御山町
御牧村 御牧村 御牧村
淀町 淀町 淀町 淀町 昭和32年4月1日
京都市伏見区に編入
京都市 京都市
綴喜郡
美豆村
綴喜郡
美豆村
昭和10年4月1日
淀町に編入
乙訓郡
淀村
乙訓郡
淀村
昭和11年2月11日
淀町に編入

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)4月10日 明治12年(1879年)5月6日までは、宇治郡長も兼任
荒井公木 明治15年(1882年)7月6日 明治15年(1882年)11月13日 紀伊郡長による兼任のち免兼官[3]
荒井公木 明治19年(1886年)10月8日[4] 明治25年(1892年)12月27日 紀伊郡長による兼任のち免兼官[5]
伴時彦 明治25年(1892年)12月27日 明治35年(1902年)4月29日 宇治郡長を兼任。明治26年(1893年)7月5日免兼官[6]。病気により依願免本官[7]
田邊信成 明治35年(1902年)4月29日[8] 明治38年(1905年)7月13日 与謝郡長へ転任[9]
北本雄 明治38年(1905年)7月13日 大正2年(1913年)6月28日 依願免本官[10]
後藤善二 大正2年(1913年)6月28日 大正5年(1916年)5月4日 在任中に死去[11]
前田千賀良 大正5年(1916年)5月22日[12] 大正6年(1917年)1月17日 依願免本官[13]
長世吉 大正6年(1917年)1月17日 大正7年(1918年)6月21日 貴族院書記官へ転任[14]
木村正義 大正7年(1918年)7月3日[15]
平田光雄 大正11年(1922年)8月21日 警視庁警視へ転任[16]
行上常太郎 大正11年(1922年)8月21日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 伊勢田村・新田村に分かれて記載。
  2. ^ 刀剣の鑑定と研磨を業とした家。
  3. ^ 京都府紀伊郡長荒井公木増俸ノ件”. 国立公文書館. 2021年12月9日閲覧。
  4. ^ 職務進退・勅奏任 進退録坤乙”. 国立公文書館. 2021年11月28日閲覧。
  5. ^ (日本語) 官報 1892年12月28日, 日本マイクロ写真, (1892-12-28), doi:10.11501/2946117, https://doi.org/10.11501/2946117 2021年12月8日閲覧。 
  6. ^ 京都府葛野郡長兼愛宕郡長川本正路外三名免兼官等ノ件”. 国立公文書館. 2021年12月9日閲覧。
  7. ^ 京都府久世郡長伴時彦依願免本官ノ件”. 国立公文書館. 2021年12月9日閲覧。
  8. ^ (日本語) 官報 1902年04月30日, 日本マイクロ写真, (1902-04-30), doi:10.11501/2948946, https://doi.org/10.11501/2948946 2021年12月9日閲覧。 
  9. ^ 京都府久世郡長田辺信成以下七名同府与謝外六郡長ニ被任ノ件”. 国立公文書館. 2021年12月9日閲覧。
  10. ^ (日本語) 官報 1913年06月30日, 日本マイクロ写真, (1913-06-30), doi:10.11501/2952373, https://doi.org/10.11501/2952373 2021年12月9日閲覧。 
  11. ^ (日本語) 官報 1916年05月20日, 日本マイクロ写真, (1916-05-20), doi:10.11501/2953249, https://doi.org/10.11501/2953249 2021年12月9日閲覧。 
  12. ^ 京都府愛宕郡長前田千賀良外二名任免ノ件○朝鮮総督府総務局長兼朝鮮総督府鉄道局参事伯爵児玉秀雄免兼官ノ件”. 国立公文書館. 2021年12月9日閲覧。
  13. ^ 判事後藤多喜蔵外二十八名任免ノ件”. 国立公文書館. 2021年11月28日閲覧。
  14. ^ 京都府久世郡長長世吉外五名任官ノ件○貴族院書記官長世吉外二名任官”. 国立公文書館. 2021年12月9日閲覧。
  15. ^ (日本語) 官報 1918年07月04日, 日本マイクロ写真, (1918-07-04), doi:10.11501/2953889, https://doi.org/10.11501/2953889 2021年12月9日閲覧。 
  16. ^ 京都府久世郡長平田光雄外十六名任免並官等陞叙ノ件”. 国立公文書館. 2021年12月9日閲覧。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 『久世郡史』京都府久世郡、1922年。NDLJP:912609

関連項目[編集]