伊勢国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊勢国
地図 令制国 伊勢国.svg
-伊勢国
-東海道
別称 勢州(せいしゅう)[1]
所属 東海道
相当領域 三重県の北中部、愛知県弥富市の一部、愛知県愛西市の一部、岐阜県海津市の一部
諸元
国力 大国
距離 近国
13郡84郷
国内主要施設
伊勢国府 三重県鈴鹿市(伊勢国府跡)
伊勢国分寺 三重県鈴鹿市(伊勢国分寺跡
伊勢国分尼寺 (推定)三重県鈴鹿市
一宮 椿大神社(三重県鈴鹿市)
テンプレートを表示

伊勢国(いせのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。

「伊勢」の名称と由来[編集]

語源は「伊呂勢(=弟)」であり、出雲の分派としての機能から発達したという説がある。また、海に近いことから「イソ」が転じたとする説もある。

沿革[編集]

日本書紀』などの倭姫命伝説では美し国(うましくに)と称された。

『伊勢国風土記』によると、神武東征神話で、国譲りの国つ神(土着の勢力)伊勢津彦(イセツヒコ)の名「イセ」にちなむという。大和政権の勢力がこの地域にまで及んだことを神格化したものと考えられている[2]

7世紀孝徳天皇の時代に、島津国造伊賀国造の領域も含んだ伊勢国造の領域を中心に成立した。

天武天皇9年(680年)7月に伊賀国を分置した。

8世紀はじめまでに志摩国を分立したが、その正確な時期は不明である。分立当初、熊野灘に面した沿岸部、現在の南伊勢町にあたる地域は志摩国に属していたが、後に守護北畠氏により伊勢国に移された。

近世以降の沿革[編集]

国内の施設[編集]

国府[編集]

長者屋敷遺跡(伊勢国府跡)
三重県鈴鹿市

伊勢国府は、『和名抄』によれば鈴鹿郡に存在した[5]奈良時代中頃の国衙は長者屋敷遺跡(鈴鹿市広瀬町・西富田町、位置)と推定され、「伊勢国府跡」として国の史跡に指定されている[6]。発掘調査では政庁および官衙の遺構が発見されているが、国府としての整備は未完成のまま機能を終えたと見られる[7]

奈良時代後期から平安時代にかけての国府に関しては明らかでない。南方の鈴鹿市国府町付近にある三宅神社遺跡・天王山西遺跡などで関連遺構が見つかっているが、中心施設は不明[7]

国分寺・国分尼寺[編集]

  • 伊勢国分寺跡(鈴鹿市国分町、位置
    国の史跡。鈴鹿郡の国府跡から東に約7キロメートル離れ、河曲郡に属する。推定寺域は約180メートル四方で、金堂・講堂・中門・僧坊といった主要伽藍の遺構が見つかっているが、塔跡は見つかっていない[8]。古代寺院跡近くにある常慶山金光明院国分寺(鈴鹿市国分町)のほか、明星山国分寺(亀山市白木町新田)、護国山人生尹丸刀院国分寺(松阪市伊勢寺町)が法燈を伝承する。
  • 伊勢国分尼寺跡
    未詳。鈴鹿市国分町の集落部分に位置する国分遺跡と推定されるが、詳らかではない。発掘調査では、寺域区画と推測される溝・掘立柱塀が発見されている[8]

なお国分寺跡・国分尼寺跡そばでは、白鳳寺院の遺構である南浦廃寺跡(大鹿廃寺跡)や、河曲郡衙跡(狐塚遺跡)の立地が知られる[8]

神社[編集]

延喜式内社

延喜式神名帳』には、大社18座9社・小社235座223社の計253座232社が記載されている(「伊勢国の式内社一覧」参照)。大社9社は以下に示すもので、そのうち2社は名神大社である。

総社一宮以下

『中世諸国一宮制の基礎的研究』に基づく一宮以下の一覧[5]
  • 総社:不詳
    • 三宅神社(鈴鹿市国府町、位置) - 明治以前の旧称を「惣社大明神」といい、平安時代頃の伊勢国府推定地に鎮座。
    • 伊奈冨神社(鈴鹿市稲生西、位置) - 中世以来は事実上総社として機能したされる。
  • 一宮:椿大神社(鈴鹿市山本町御旅、位置
    山本神主家所蔵『大般若経』のうち明徳2年(1391年)の奥書を有する巻が初見。ただし後世の追筆の可能性があり、その場合は『類聚既験抄』(南北朝時代)が初見。
  • 二宮:多度神社 (桑名市多度町多度、位置
    『類聚既験抄』が初見(ただしこの史料のみ)。事実上は一宮であった可能性が高いとされる。

なお、都波岐神社(鈴鹿市一の宮町)に関しても『大日本国一宮記』を基に一宮とする説が知られる。しかしこれは、椿大神社に関して「椿宮」を「チングウ」と読まれないように「椿宮<都波岐神社>」と記されたのが、都波岐神社との混同を招いたことによるとされる[5]

安国寺利生塔[編集]

  • 總見寺 - 愛知県名古屋市中区大須。

地域[編集]

[編集]

江戸時代の藩[編集]

伊勢国の藩の一覧
藩名 居城 藩主
津藩 津城

富田信高(7万石、1600年~1608年)。伊予宇和島12万石に移封
藤堂家(22万950石→27万950石→32万3950石→27万3950石→27万950石、1608年~1871年)

久居藩
津藩支藩
久居陣屋

藤堂家(5万石→5万3000石→5万8700石、1669年~1871年)

桑名藩 桑名城

本多家(10万石、1601年~1617年)。播磨姫路藩15万石に移封
松平(久松)家(11万石→11万7000石→11万石、1617年~1635年)伊予松山藩15万石に移封
松平(久松)家(11万3000石、1635年~1710年)。越後高田藩11万3千石に移封
松平(奥平)家 (10万石、1710年~1823年)武蔵忍藩10万石に移封。
松平(久松)家 (11万3000石→(1868年取り潰し)→6万石、1823年~1871年)

伊勢亀山藩 伊勢亀山城

関一政(3万石、1600年~1610年)。伯耆黒坂藩5万石に移封
松平忠明(5万石、1610年~1615年)。摂津大坂藩10万石に移封
天領(1615年~1619年)
三宅家(1万石→1万2千石、1619年~1636年)。三河挙母藩1万2千石に移封
本多俊次(5万石、1636年~1651年)。近江膳所藩7万石に移封
石川憲之(5万石、1651年~1669年)。山城淀藩6万石に移封
松平乗邑(6万石、1669年~1717年)。山城淀藩6万石に移封
板倉家(5万石、1717年~1744年)。備中松山藩5万石に移封
石川家(6万石、1744年~1871年)

長島藩 長島城

菅沼家(2万石、1601年~1621年)。近江膳所藩3万1千石に移封
松平(久松)家(1万石、1649年~1702年)。改易
増山家(2万石、1702年~1871年)

神戸藩 神戸城

一柳直盛(5万石、1601年~1636年)。伊予西条藩6万8千石に移封
天領(1636年~1651年)
石川家(1万石→2万石→1万7千石、1651年~1732年)。常陸下館藩2万石に移封
本多家(1万石→1万5千石、1732年~1871年)

菰野藩 菰野陣屋

土方家(1万2000石、1600年~1871年)

田丸藩 田丸城

稲葉家(4万5700石、1600年~1616年)。摂津中島藩4万5700石へ移封
久野家(1万石、1619年~1871年)。但し、紀伊和歌山藩御附家老

松坂藩 松坂城

古田家(5万5千石、1600年~1619年)。石見浜田藩5万4千石に移封。領地は紀州藩領に

伊勢上野藩 伊勢上野城

分部家(2万石、1600年~1619年)。近江大溝藩2万石に移封。領地は紀州藩領に

八田藩 東阿倉川陣屋

加納家(1万石→1万3000石、1726年~1826年)。飛び地であった上総一宮藩へ陣屋を移す

伊勢西条藩 菊間陣屋

有馬家(1万石、1727年~1737年(1745年))。南林崎に陣屋を移す

南林崎藩 南林崎陣屋

有馬家(1万石、1737年(1745年)~1781年)。上総五井藩に陣屋を移す

林藩 林城

織田信重(1万石、1600年~1615年)。改易・廃藩

雲出藩

蒔田広定(1万石、1600年~1603年)。備中浅尾藩に1万3千石に移封。領地は津藩領に

人物[編集]

国司[編集]

伊勢守[編集]

伊勢介[編集]

室町時代伊勢国司[編集]

室町幕府成立後も、南朝の重臣北畠親房の子孫が伊勢国司となって南伊勢に勢力を誇り、北伊勢を治める幕府守護と対立した。5代国司(伊勢北畠家としては4代)北畠教具の代に幕府と和睦し、伊勢守護も兼ねるようになった。

武家官位としての伊勢守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

志摩国守護も兼任。

戦国時代[編集]

伊勢国の合戦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「伊州」は伊賀国の別称。稀にだが、近鉄特急の阪伊特急・名伊特急のように「伊」と略している事例もある。
  2. ^ 稲本紀昭・駒田利治・勝山清次・上野秀治西川洋『三重県の歴史』山川出版社 2000年
  3. ^ 伊勢神宮首位祠宮度会氏分系。
  4. ^ 4月25日(1868年6月15日)とする資料もあるが、ここでは「角川日本地名大辞典」の記述によった。
  5. ^ a b c 『中世諸国一宮制の基礎的研究』(岩田書院、2000年)pp. 82-89。
  6. ^ 伊勢国府跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  7. ^ a b 「国史跡伊勢国府跡 -三重県鈴鹿市長者屋敷遺跡の発掘調査-」 (PDF) (鈴鹿市考古博物館)。
  8. ^ a b c 「国史跡伊勢国分寺跡」 (PDF) (鈴鹿市考古博物館)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]