陸奥石川氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石川氏
(陸奥石川氏)
家紋
対い鶴むかいつる
本姓 清和源氏頼親流
家祖 源頼遠
種別 武家
出身地 摂津国
主な根拠地 陸奥国石川郡白河郡)泉郷
著名な人物 源有光
石川昭光
石川晴光
支流、分家 赤坂氏
蒲田氏
大寺氏など
凡例 / Category:日本の氏族

石川氏(いしかわし)は、平安時代中期から戦国時代武家本姓源氏家系清和源氏の一流・大和源氏の一門、源頼親の子源頼遠を祖とする。他氏との混同を避けるために陸奥石川氏または奥州石川氏と呼ぶことが多い。仙台藩一門首席。

創立[編集]

永承6年(1051年)、頼遠は子の有光とともに陸奥守源頼義に従って奥州に下向、前九年の役に従軍した。厨川に戦死した頼遠に代わって有光が軍を指揮。康平6年(1063年)、有光はその軍功により従五位下安芸守に任じられ、陸奥国(後の磐城国白河郡から分離された石川郡を下賜された。有光は同郡泉郷を拠点として三芦城を築城して居住し、それ以来石川氏を称した。

第 6代広季は、伊豆で源頼朝が平家討伐の兵を挙げたことを知り、寿永2年(1183年)、伯父光治率いる軍を鎌倉に送る。文治4年(1188年)、奥州藤原氏攻めのために白河関に到った頼朝は、石川の地にある川辺八幡宮に戦勝祈願を行い、三日間の滞在後に伊達郡厚樫山の戦場に向かった。奥州を平定し、凱旋する途上で神料を寄進した。

第13代時光は、新田義貞による倒幕の軍に長子義光率いる軍を従わせて、元弘3年(1333年)、鎌倉幕府が滅亡して建武の新政が成ると、上洛して新政権から従五位下宮内大輔に、翌建武元年(1334年)に従四位下大膳大夫に任じられた。

建武の新政から室町時代[編集]

しかし、鎌倉幕府との結びつきが強かったことを理由に新政府に冷遇され、第14代貞光の時、陸奥守北畠顕家は古来から石川氏が治めていた領地を結城氏和地氏に与える。貞光はこれを迎え撃つために軍を挙げるが敗れ、建武2年(1335年)に足利尊氏に従って北朝方に属した。義光は足利軍の将として湊川の戦いに参戦、比叡山坂本の合戦において討ち死にした。以後は旧領奪還を目指す石川氏と結城氏の間で激しい争いが繰り返された。

戦国時代から江戸時代まで[編集]

第25代晴光は、永禄6年(1563年)、伊達晴宗の四男・小二郎(後に昭光と改名)を養子に受け、家督を譲って隠居した。

第26代昭光は天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原征伐に参陣しない伊達政宗を憚って自らも援軍の派兵を見送った。しかし秀吉に恨まれ、奥州仕置によって領地は蒲生氏郷に与えられることとなった。老臣溝井義信は秀吉に対して異心のないことを闡明することを主張するが、秀吉軍が迫る中で賛同する者はなく、ついに伊達氏に仕えることを余儀なくされた。溝井は独り城に籠り、火を放って自刃した。

その後[編集]

伊達家に仕えた昭光は慶長3年(1598年)、伊具郡角田1万2千石の領主となり、石川家の碑所である長泉寺を石川から移し、守護神である八幡神を石川から勧請した。この時、一族の中には昭光に従い角田に移ったものと、刀を捨て農民・商人として残るものとに分かれた。慶長8年(1603年)、家督を嫡男義宗に譲るが、慶長15年(1610年)、義宗が34歳で没すると、昭光は再び政務を執る。

その後、石川家は、伊達家臣の最上位である「一門」(本来、伊達氏と対等の大名で、伊達氏に帰順した名門を主とした)の首席として角田に要害(館)を構え、代を重ねるごとに新田を開き、知行は2万1千石に達した[1]。この家系角田石川家と呼ばれる。

一族・庶流の分立[編集]

尊卑分脈』によれば、有光から義季の頃(鎌倉前期)に一族・庶流の分立が進み、石川荘内に地頭として配置された一族が城館を築いていった。しかし後代には一族間の結束は緩くなり、宗家と離れて周辺列強に属する者も出た。

主な陸奥石川氏の一族

大寺・蓬田・蒲田・赤坂・矢吹(屋葺)・奈目津(滑津)・中畑(中畠)[2]・坂地(坂路)・沢田・小高・河尻・矢沢・次鎌(須釜)・牧・高貫・沢井・相楽(相良)・塩田・大島・水野谷・板橋・古内大館など。

主要家臣・関連人物[編集]


系図[編集]

実線は実子、点線は養子。括弧内は角田石川氏としての代数
清和天皇
 
 
 
貞純親王
 
 
 
源経基
 
 
 
満仲
 
 
 
頼親
 
 
 
頼遠1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仲重石川有光2家弘有宜矢吹有遠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大寺光祐泉光平元光3矢吹光孚奈目津光房赤坂光度成田光助吉田有祐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光忠光義4季康政光忠重義基
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義季5義全光治全重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基光6川尻光堯小川光信治曲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松田重勝広季7季光光家泰師
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光貞8八郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光長9八田長英宇野貞徳貞斉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元盛10伊賀光春光助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
盛義11白髭光好義助義衡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家光12家隆時光13義尊板橋光行
 
 
 
 
 
貞光14義光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
詮持15大館光春光俊面川光時中畠光定
(中畑光定)
光久師宜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
持朝満持16光輝持綱持弘川尻持重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満朝17板橋平好朝常光植
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義光18光宗盛光義基光昌光準
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親家大森茂好持光19光胤白髪光徳光国光具
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗良宗光20小平光則基鎮光保沢井光之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
成光21上舘成次隆光福原宗充宗弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尚光22舎光信光親孚光郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尚英稙光23朝光隆能小川隆直由省宗満
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晴光24光暉竹貫角伝光従
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭光25(1)[3]泉光専近内光広
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義宗26(2)久五郎小川隆尚
 
 
 
宗敬27(3)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗弘28(4)白石宗信白石貞弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗恒29(5)[4]村弘30(6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
村満31(7)小梁川盛明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
村俊32(8)俊満黒沢俊秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
俊明村文33(9)純晴通忠文好伊達村常
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
村任34(10)塩森直好任敏任亮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光尚35(11)宗光36(12)明包
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義光37(13)古内実広光煕光訓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
邦光38(14)田村邦栄俊在田村崇顕光親
 
 
 
小膳39(15)
 
 
 
(以降省略)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『姓氏家系大辞典』(角川書店)の記述。井上成美伝記刊行会編著 『井上成美』 井上成美伝記刊行会、1982年、15頁に記載
  2. ^ 有光の子の九郎光幹(詮持の弟光定の子とする説もある)を祖とする(『白河古事考』)。元プロ野球選手中畑清は光幹の系統(母系の血筋で、父系は白河結城氏)の国神城主中畑晴辰(たつとき)の後裔とする(広瀬蒙斎『白河風土記』)。
  3. ^ 伊達晴宗の四男。晴光の婿養子
  4. ^ 岩出山伊達宗敏の子。母は石川宗敬の娘。