仙台藩家臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仙台藩家臣(せんだいはんかしん)

本項では、仙台藩主・伊達氏江戸時代における家臣団(明治維新に際して、士族戸数4262戸、卒族戸数3050戸があった)についての説明の一部として、重臣である門閥の一覧を示す(召出については家名のみ。太刀上以上については知行高・居館・歴代当主を付記)。各々が拝領した居城・居館等の詳細については仙台藩の城砦の項を参照のこと。

門閥の一覧[編集]

一門[編集]

石川昭光義宗宗敬宗弘宗恒(岩出山伊達宗敏の六男)=村弘(宗弘長男)-村満村俊村文村任光尚宗光(村任の三男)-義光邦光
伊達成実宗実(初代藩主政宗の九男)-宗成基実実氏(岩出山伊達宗敏の二男)-村成村実村純村好(村純の弟)=村氏(村純の長男)-宗賀宗恒邦実邦成(岩出山伊達義監の二男)-基-成勲=廉夫(大洲藩加藤泰秋の六男)
明治25年(1895年)北海道開拓により男爵
伊達政景宗利宗直宗景村任(3代藩主綱宗の二男。中津山藩主へ)=村景(涌谷伊達宗元の二男)-村利村儀村善村福(村儀の二男)-宗衡邦命邦寧(宗衡の五男)
磐井郡清水→1604磐井郡一関→1615胆沢郡西根→1629胆沢郡塩竈
伊達定宗宗重宗元村元村定村盛村胤(村盛の弟)=村倫(6代藩主宗村の四男)=村常(石川村俊の九男)-村清義基邦隆亘理胤元
白石宗直宗貞伊達五郎吉(2代藩主忠宗の四男)=宗倫忠宗の五男)=村直綱宗の四男)=村永(梁川元頼の長男)=村倫中津山藩伊達村和の三男)=村勝(5代藩主吉村の五男。一関藩主へ)=村良吉村の八男)-村幸宗充(村良の四男。12代藩主斉邦の父)-邦寧邦教
胆沢郡塩竈→1604登米郡寺池
伊達政隆国隆宗規忠宗の七男)-村隆村望三沢宗直の二男)-村富村将宗隆宗嵩義隆(亘理伊達宗賀の子)=岩城邦規(亘理伊達宗恒の三男)
伊達宗房忠宗の八男)-村房(仙台藩主へ)=村興(宗房の二男)-村茂村嘉村烈(川崎伊達村敏の子)-村義宗規(村烈の子)-宗賢邦孚宗広
万治2年(1659年)新設。磐井郡大原→1660黒川郡宮床→1702柴田郡前川→1722黒川郡宮床
伊達宗泰政宗の四男)-宗敏敏親村泰(涌谷伊達宗元の四男)-村緝村通村則宗秩義監邦直-篤三郎=英(義監の娘)
伊達村詮中津山藩伊達村和の長男)=村敏(岩出山伊達村泰の二男)-村煕村賢(水沢伊達村儀の子)=宗和(岩出山伊達村則の三男)=邦和(岩出山伊達宗秩の三男)-邦賢
結城義親白河義綱小峰義名の子)-義実宗広綱村の乳兄弟)-村親-村広=村祐(宮床伊達村興の子)-村雄-宗秀-邦親
  • 三沢氏(3,000石、胆沢郡前沢所)
三沢宗直綱村生母・初子の弟)-村為=村清中津山藩伊達村和の二男)=村保(岩谷堂伊達村望の四男)-村延-宗為-邦明=邦為(亘理伊達宗恒の二男)
延宝3年(1675年)昇格。1676桃生郡小野→1681胆沢郡前沢
廃絶
伊達宗高政宗の七男)
  • 岩ヶ崎伊達氏(30,000石、栗原郡岩ヶ崎所。寛永4年(1627年)無嗣断絶)
伊達宗綱政宗の五男)=宗信政宗の六男)
伊達宗清政宗の三男)
  • 伊達右京家(3,000石。享保20年(1735年)無嗣断絶)
伊達村風(吉村の三男)
内分分知
伊達宗勝政宗の十男)
1644胆沢郡相去→1658磐井郡一関→1660大名→1671改易
田村宗良忠宗の三男)-建顕誠顕(田村顕当の子)=村顕宇和島藩伊達宗贇の四男)=村隆吉村の五男)=村資(登米伊達村良の子)=宗顕佐野藩堀田正敦の二男)-邦顕邦行(宗顕の子)-通顕邦栄石川義光の七男)=崇顕(石川義光の九男)
1653栗原郡岩ヶ崎→1660大名(岩沼藩)→1681大名(一関藩)
  • 中津山伊達氏(中津山藩30,000石)※子孫は川崎伊達氏へ
伊達村和綱宗の二男)
1695大名→1699改易
その他
  • 当別伊達氏
伊達邦直-基理-正人
岩出山伊達家より分家。明治25年(1895年)北海道開拓により男爵。

一家[編集]

鮎貝盛次-宗益-宗続-宗景-隆盛-盛益=盛辰(岩谷堂伊達村望の子)-盛栄-盛長-盛次-盛房-盛徳
柴田郡堤→1679本吉郡松崎
秋保直盛-定盛-将盛-利盛-良盛=氏盛(秋保盛之の子)=昌盛(松前広高の子)-賢盛-豊盛-安盛
名取郡長袋→1603刈田郡小村崎→1652名取郡長袋
柴田宗義兵部宗朝-惣四郎宗朝=朝意佐竹親直の二男)-宗意-宗僚=宗理(真山輔義の子)-朝隆-成義-意定-親友-意利-意広
志田郡桑折→1603伊具郡尾山→1607胆沢郡塩竈→1616登米郡米谷→1681柴田郡船岡
小梁川宗重-宗影-宗敬-宗英=宗辰(宮床伊達宗房の二男。実家に戻る)=宗永(村田宗門の子)=盛鎮(大町頼直の二男)=中務盛明(石川村弘の子)=盛平(盛鎮の子)-盛明-康盛-康之(伊達邦盛)
江刺郡上口内→1644江刺郡野手崎
  • 塩森氏(238石、栗原郡若柳)※伊達氏庶流(小梁川氏分家)
塩森宗綱=宗直(石川景光の子)-宗辰=親直(石川宗程の二男)-清長-親通=直董(岩谷堂伊達村富の四男)=隆良=直徳
大條宗直-宗綱=宗頼大條実頼の四男)-宗快-宗道-道頼-道任-道英-道直=道冾(道英の子)-道徳(伊達宗亮)
志田郡蟻ヶ袋→1604気仙郡長部→1613磐井郡大原→1616亘理郡坂元
泉田孫平次重時-元時-源三郎重時-虎時-定時=胤時(中島成康の子)-倫時=常時(胤時の子)=基時(倫時の子)-基光
村田宗友-宗国-宗継-宗門=殖興(葛西重敬の子)-殖継-成殖-盛殖-幸殖-寧殖=教殖(佐々木貞直の子)
  • 黒木氏(800石、栗原郡照越在所)
黒木宗俊-宗元-宗恒=宗信(涌谷伊達宗重の二男)-明恒-尚恒-胤信=胤英(川島行信の二男)=義俊(胤信の子)=玄晴(小原武春の二男)-成美
伊具郡丸森→1625志田郡師山→1695栗原郡照越
石母田宗頼定頼-永頼=宗存(鈴木重次の四男)=頼在(長沼致宏の長男)-興頼=頼恭(石母田頼雄の二男)-義頼-賢頼-賢恭
登米郡米谷→1616胆沢郡塩竈→1628栗原郡岩ヶ崎→1652加美郡宮崎→1757栗原郡高清水
  • 瀬上氏(2,000石、桃生郡鹿又所)※伊達氏庶流
瀬上景康=景純(中野時綱の二男)=宗敦(富田守継の子)-寛敦-景敦-景元-景明-景福-景韶-景禄=景範(大町盛頼の子)
磐井郡摺沢→1617磐井郡涌津→1661桃生郡中津山→1694桃生郡鹿又→1726栗原郡石越→1744桃生郡鹿又
  • 中村氏(4,524石、栗原郡岩ヶ崎所)
新田義綱-義親-義延-義影-中村成義-義全=義賢(藤沢義清の子)-景貞-景房-宣景
元禄3年(1690年)新田より改姓。宇多郡駒ヶ嶺→1644磐井郡藤沢→1694栗原郡岩ヶ崎
石川景光-宗頼=宗程(茂庭良元の五男)-宗能=宗頼(宗程の三男)-元光=光定(石川光重の子)-光成-光広-光安-光謙
中目長重-長次-長清=長時(天童頼次の二男)=景長(岡本景興の子)-盛長-長盈-長常-清長-長良
亘理重宗宗根(政宗の庶子)=宗喬(宗根の嫡孫)=元篤(涌谷伊達宗元の二男)-定根=倫篤(元篤の五男)-常篤-清胤-基胤-隆胤
1604栗原郡高清水→1757栗原郡北方
  • 鶯沢梁川氏(300石、栗原郡鶯沢)※伊達氏庶流
梁川宗元-宗頼-元頼-永頼=頼直(西大立目行信の子)-兼頼-良頼=勝頼(兼頼の子)=頼道(三沢村延の子)-頼親
片倉景綱重長景長松前安広の長男)-村長村休村信(宮床伊達村興の三男。実家に戻る)=村定(景長の子)=村廉(松前広高の二男)-村典景貞宗景邦憲-景範-景光=健吉(吉田藩伊達宗孝の七男)-信光-重信
慶安4年(1651年)昇格。明治31年(1898年)北海道開拓により男爵
廃絶
黒川季氏
白石宗貞=宗信(石川宗敬の二男)=貞弘(石川宗敬の三男)
飯坂定長(桑折重長の子)=宗章(忠宗の九男)=輔俊(原田宗輔の二男)
胆沢郡都鳥→胆沢郡前沢
藤田宗和=宗嘉(白石宗直の子)=宗景(茂庭良元の子)
1622江刺郡片岡→1644江刺郡伊手
  • 桑折氏(飯坂氏相続のため廃家)※伊達氏庶流
桑折重長=宗頼(重長の四弟。宇和島藩家老へ)=定長(重長の子。飯坂氏へ)
江刺郡片岡→1618胆沢郡都鳥

準一家[編集]

猪苗代盛国宗国-盛次=盛元(鬼庭綱元の四男)-盛時-盛長=盛清(猪苗代盛久の子)=盛章(渡辺長直の子)=長盛(橋本延賢の子)-盛庸-盛行
天童頼澄=重頼(留守政景の二男)=頼長(涌谷伊達定宗の二男。実家に戻る)=頼次(粟野重次の子)-頼真-成頼=頼清(宮内重條の子)-頼根-倫頼-常頼-頼益-頼宣-頼永
宮城郡利府→宮城郡八幡
松前安広松前藩松前慶広の七男)-広国=為広(安広の五男)-広雄=広高(為広の二男)-脩広=広義(為広の曾孫)-広文-広憲-広胖-広致
1623刈田郡長袋→1682栗原郡清水沢→1714伊具郡藤田→1812磐井郡松川
針生盛信重信(盛信の嫡孫)-葦名盛定-盛信=盛連(飯野盛之の子)-豊前盛寿-盛倫-修理盛寿-盛長-盛景
延宝4年(1676年)針生より改姓。1716加美郡中新田→1757栗原郡石越
高泉隆景=定康(津田豊前景康の二男)-兼康-兼重-兼元-兼晃-兼雄-兼規-兼恊-兼善-兼之
登米郡黒沼→1703登米郡米谷
  • 上遠野氏(800石、栗原郡大川口在所)
上遠野高秀-守秀=常秀(上遠野秀勝の子)-秀実-広秀-元秀-亮秀-徳秀=秀宣(岩出山伊達宗秩の子)
保土原行藤=行義(行藤の嫡孫)=行久(庄子久重の二男)-行広-行貞-行雄=行方(行貞の子)=行古(福原資貞の二男)=行泰(行方の子)-行之-行等-行徳=行武(行等の子)
福原資房(福原資保の二男)-資浄-資長-資実-資生-資煕=資氏(亘理伊達村好の子)-賀資=資広(賀資の嫡孫)
廃絶
北郷隆勝-隆貞-隆次
葛西俊信=重常(葛西重信の子)-重利-清方-清香-清胤
本宮頼重-頼孝-頼寛-頼常=頼永(畠中以直の二男)-頼章-

一族[編集]

  • 大立目氏(1,000石、桃生郡飯野川所)
大立目宗直=宗信(奥山兼清の三男)-重頼=重成(宗信の二男)-重直-成紹=盛行(亘理元篤の二男)-成篤-盛篤-清篤=充宣(登米伊達宗充の子)-教篤
  • 金ヶ崎大町氏(3,000石、胆沢郡金ヶ崎要害)
大町元頼-定頼-永頼-頼直-章頼-朗頼-成頼-景頼-盛頼-殖頼
宇多郡谷地小屋→1630磐井郡藤沢→1644胆沢郡西根
大塚高頼-重頼-意頼-時頼-意頼=幸頼(葛西清方の三男)=長頼(中目景長の二男)-
大内定綱-重綱-義春-義直=義繁(秋保利盛の二男)-義実-義門-定知-定安-基恭
胆沢郡前沢→1644登米郡西郡
  • 西大條氏(569石、桃生郡前谷地)
西大條宗義-義綱-義久=重義(泉田孫平次重時の子)=義諌(泉田源三郎重時の子)=恒義(西大條定義の子)-義行-興義-義光-時実
小原元綱-照継-重継=惟義(大内重綱の二男)-武清-武元-武春=武親(登米伊達村良の子)=武元(武春の子)-元治=武春(大内定安の子)
  • 西大立目氏(170石、磐井郡薄衣)
西大立目重信-本信-信宅-時信-行信-孝信=長信(中目盛長の二男)-良信-友信=近信(猪苗代長盛の子)=庸信
  • 上口内中島氏(1,880石、江刺郡上口内要害)
中島意成=常成(上遠野久成の長男)=宣成(上遠野久成の二男)-利成-宴成-紹成=以成(利成の二男)-寛意=意任(以成の子)=意実(柴田朝隆の子)=意元(柴田成義の子)-亀五郎=意時-意徳
1613加美郡小野田→1694江刺郡上口内
宮内常清=定清(片平重綱の長男)=透清(大條宗快の三男)=定清(宮内重條の長男)=直清(宮内條興の二男)-信清-春清-元清-盛清
加美郡四竈→1644栗原郡武鑓→1718宇多郡駒ヶ嶺
中島宗求-宗勝=宗信(宗求の子)=宗常(亘理伊達宗実の二男)-宗盈-信秋-成康-実信-純信-実康-広三郎=清則(涌谷伊達村常の三男)=恒康(遠藤元生の二男)=信成(下郡山陳就の子)
茂庭良元定元姓元-嵩元=元明(姓元の二男)-苞元=善元(苞元の嫡孫)-有元-徳元=升元(有元の二男)-敬元
磐井郡赤荻→1603志田郡松山
  • 下衣川遠藤氏(640石、胆沢郡下衣川)
遠藤重明-定弘=定良(重明の次男)=定富(古内重広の子)=定利片倉景長の三男。実家に戻る)=利方(遠藤定安の子)-義於-盛貞=盛幸(後藤良康の子)-盛順
佐藤勝信-実信-清信-易信-因信-為信-本信-道信=助信(為信の子)-春信=氏信(佐藤信庸の子)-恒信
  • 畠中氏(100石、宮城郡中野)
畠中清頼-定頼-清長=重存(畠中経吉の子)=以直(本宮頼寛の二男)-安亮-義道=信玅(遠藤行信の子)-生存=和久(畠中明之の子)
  • 片平氏(1,391石、柴田郡村田所)
片平親綱=重綱(中野時綱の長男)=清重(宮内定清の二男)=重治(瀬上宗敦の二男)-義教-義親-誼斌-親文-教孝=教成(片倉宗景の子)=教敬茂庭有元の子)
加美郡谷地森→1866柴田郡村田
  • 下郡山氏(450石、宮城郡岩切)
下郡山朝秀-利重-重定=重時(針生重信の二男)-重種=朝直(飯野盛弘の二男)=広哉(太田資幹の二男)-成広-広範=常陳(伊達村常の子)-陳之-陳就
磐井郡相川→1615黒川郡東成田→1782宮城郡岩切
  • 沼辺氏(1,000石、江刺郡人首要害)
沼辺重仲-重次-重長-武雅-武能=武伸(武雅の子)-武族-武雅-武徳-武房
  • 中野大町氏(500石、宮城郡中野)
大町義頼-通頼-良頼-頼利-頼房-頼長=頼道(大町章頼の三男)-
  • 高城氏(420石、桃生郡小船越)
高城宗直=直吉(大内景弘の二男)=直清(宗直の子)-直常=直重(八乙女重久の六男)=直俊(高城直候の子)-直晴-直定-秀直-広直=衡直(秀直の子)-英直
磐井郡上折壁→1636桃生郡小船越
  • 大松沢氏(615石、黒川郡大松沢)
大松沢元実-定実-頼実-広実=信実(大松沢辰実の子)-以実-文実=定実(以実の子)=良実(亘理倫篤の子)-衡実
  • 桜目石母田氏(1,000石、栗原郡桜目)
石母田頼章(石母田定頼の三男)=頼寿(中村直時の二男)-愛頼-多頼=頼峰(石母田永頼の二男)-頼賢-頼継-頼至
  • 坂氏(309石、磐井郡黄海)
坂重続-重信=信之(松尾重安の子。重村生母・性善院の父)-信中-信要-時保=時高(坂常直の長男)=保定(平賀義幹の子)-正三郎=時秀(保定の子)
延享4年(1747年)召出→宝暦6年(1756年)着坐→明和元年(1764年)一族
廃絶
大窪元成
田手宗実-高実=宗房忠宗の八男。宮床伊達氏へ)=貞実(高実の子)
一時小泉に改姓。柴田郡小泉→1644江刺郡上口内→1659栗原郡清水
石田宗朝=與純(大波長成の二男)-常員-常治

宿老[編集]

  • 川口遠藤氏(1,830石、栗原郡川口所)
遠藤玄信-俊信-斉信-守信-善信-昌信-元生-元良-允信
  • 但木氏(1,500石、黒川郡吉岡所)
但木久清-重信-顕高-顕行-長行-明行=直行(涌谷伊達村常の子)-成行
元禄9年(1696年)昇格。
  • 後藤氏(2,700石、遠田郡不動堂要害)
後藤信康-近元-近康-節康-元康-寿康-良康-幸康-充康
宝暦7年(1757年)昇格。桃生郡大森→1611江刺郡三照→1620遠田郡不動堂
廃絶
  • 屋代氏(柴田郡船岡。慶長12年(1607年)改易、後に平士)
屋代景頼
名取郡岩沼→1602柴田郡船岡
牧野盛仲-茂仲
  • 原田氏(柴田郡船岡。寛文11年(1671年)改易)
原田宗資宗輔
牡鹿郡大瓜→1615柴田郡船岡
  • 富塚氏(宇多郡駒ヶ嶺。享保3年(1718年)改易)
富塚宗綱-信綱-重信-重長-重標
栗原郡真坂→1644宇多郡駒ヶ嶺
津田豊前景康頼康玄蕃景康=春康(頼康の四男)=武康(玄蕃景康の二男)-広康-定康
栗原郡北方→1610亘理郡坂元→1616栗原郡北方

着坐[編集]

  • 只野氏(1,200石、加美郡中新田所)
只野勝吉-良純=良重(武藤直房の子)=義剛(多田義重の二男)=方義(良重の子)-義福-行義-由章=由予(真山為幹の子)=寛良(武藤直規の子)
大條実頼修理元頼-定頼-直頼=茂頼(定頼の子)=易頼(佐藤易信の子)-木工元頼-多頼-度頼-蔭頼-
  • 藤沢奥山氏(1,813石、磐井郡藤沢所)
奥山兼清-兼義=重信(兼清の四男)-常信-常尚=清章=清福(奥山常有の子)-清高-清庸=清将(清高の子)-清成-清晴
名取郡岩沼→1636名取郡下野郷→1698磐井郡藤沢
  • 小野田奥山氏(1,666石、加美郡小野田)
奥山常良(奥山兼清の弟)-常辰-常定-常有-常自=良風(常有の子)-良寿-良有-常雄=常明(良有の子)-常氏
柴田郡村田→1660黒川郡今村→1756加美郡小野田
古内重広国分盛重の子)=重安(山口重如の子)-重定-重興-広寿-広充=広富(広寿の子)=広保(広充の子)-広賢-広居
  • 宮崎古内氏(3,283石、加美郡宮崎所)
古内義重義如=義憲(松前安広の四男)=義長(古内義達の子)-義清-義周-実徳=実道(古内広富の子)-実直-実広(石川宗光の子)
1644江刺郡片岡→1659江刺郡上口内→1695加美郡宮崎
  • 高野氏(1,650石、刈田郡平沢要害)
高野光兼-可兼-俊兼=武兼(鈴木師久の子)-倫兼-博兼-知哲-求知=知親-知寿
伊東重綱=重義(早川光義の二男)=重門古内重広の子)=重定(亘理伊達宗実の三男)=重良(伊東重頼の子)-祐栄-祐寿-祐喜-祐則-祐英-祐休
  • 佐々氏(3,036石、伊具郡丸森所
佐々元綱-元定-定隆=定條(佐々定信の長男)=義元(佐々定信の二男)=康定(定條の子)-定延-信定-広元-資定-元則
  • 富田氏(2,000石、桃生郡小野所
富田氏繁=氏紹(宮川有定の子)-紹実-実樹=篤実(富田行実の子)-実継-実保-実行-実文
  • 長沼氏(1,500石、栗原郡宮沢要害)
長沼盛重-信重-致貞-致信-致真-致泰-致辰-致豊-致中=致季(泉田基時の子)
  • 布施氏(1,700石、本吉郡柳津所)
布施如雪斎定時-定成-清左衛門定時-定安-定信=定誠(定信の孫)-定寿-定胤-定卿-定保-定徳
栗原郡大原木→1723本吉郡柳津
  • 黒沢氏(3,300石、桃生郡中津山所)
黒沢春重-重成-重俊-俊栄=俊昌(黒沢俊実の子)=俊秀(石川村満の三男)-俊信=俊英(俊秀の二男)-俊章-俊親-俊在石川義光の八男)
  • 芝多氏(1,000石、加美郡谷地森)
柴田常元-常信=芝多常春(大波元重の子)-村如=康文(和田為起の子)-信憲=常煕(信憲の嫡孫)-常則-常質
1684柴田郡村田→1866加美郡谷地森
  • 松岡氏(1,000石、刈田郡内親)
松岡長時-実時=安時(片平定成の二男)-敬時-時義-時宜-時良-時修
  • 石田氏(1,500石、黒川郡大松沢所)
石田信久=景久(油井景成の二男)-良直-景直-元直-準直-昌直=寛直(準直の子)-廉直
  • 平賀氏(2,000石、磐井郡大原所)
馬場親成-常成-平賀義門-義清-義雅=義幹(義雅の嫡孫)-義暢=雅清(義幹の子)
延宝4年(1676年)馬場より改姓。
  • 古田氏(800石、桃生郡北村)
古田良據=良智(遠藤以和の二男)-良林=良哉(大河内頼寿の子)-良恭
寛政6年(1794年)昇格
松本宗成=信成=信良(天童頼次の子)=信季(遠藤俊信の五男)-信友-信任-成保-成徳-成章
  • 和田氏(1,814石、宮城郡蒲生在所)
和田為頼-房長=定長(岩沼藩田村宗良の五男)=為明(和田為成の長男)-為長-為利-為賢=為澄(古田良智の子)-為孝=為良(大町景頼の子)=為泰(宮床伊達宗賢の子)
  • 氏家氏(2,000石、志田郡下中目在所)
氏家清勝-勘左衛門清継-主水清寿-清也-主膳清寿-筑前清継-清主=清成(茂庭苞元の子)-清氏-清庸
  • 戸田氏(637石、黒川郡大衡)
戸田定隆(良覚院快真の子)-隆時-隆応-隆定-峰隆=隆晨(車隆利の子)-隆芳-季隆-隆房-隆清
  • 和久氏(377石、栗原郡沼倉)
和久宗是是安-信是=信安(是安の子)=白安(河東田定恒の二男)-安之-安宣-
  • 笠原氏(1,113石、登米郡石森所)
笠原隆康=盛康(津田豊前景康の三男)-義康=実康(津田玄蕃景康の三男)=都康(義康の子)-房康-倫康-英康-泰康
  • 新田大町氏(600石、栗原郡新田)
大町定頼-定久-定信=頼純(大町頼利の二男)-頼広-頼泰=頼末(頼広の子)-頼根-頼図=頼易(頼根の子)
  • 真山氏(2,000石、磐井郡下折壁所)
真山元輔-良輔-輔久-枝輔=義輔(輔久の子)=匡輔(中村義賢の二男)-規輔-倫輔
寛永2年(1625年)着坐→宝永6年(1709年)平士に降格→弘化元年(1844年)着坐
  • 高屋氏(医師・1,030石、栗原郡平形)
高屋宗慶-宗伯-宗甫-宗活-英州-英俊=英顕(高屋宋行の子)-英周-英行-英時-英章
本吉郡柳津→1722栗原郡平形
猪苗代兼如-兼与=兼説(猪苗代正益の子)-兼寿=兼郁-兼恵=兼誼(渡辺玄徳の三男)-兼貞-
  • 錦織氏(医師・350石、宮城郡上谷刈)
錦織即休=休意(即休の弟)-休庵-高義-高勝-習高-義路-義門-
  • 良覚院(修験・300石)
良覚院栄真=快真(窪田隆次の子)-真盛-蝶真-即真=諄真(戸田隆応の三男)-円真=陳真(布施定誠の三男)-
廃絶
  • 山岡氏(1,200石、宮城郡手樽。寛永18年(1641年)無嗣断絶、後に平士)
山岡重長-長勝=泰長(鈴木三四郎の子、重長外孫)
  • 鈴木氏(7,300石、栗原郡岩ヶ崎。承応2年(1653年)田村氏再興のため廃家)
鈴木元信-重信=宗良忠宗の三男。田村氏へ)
志田郡古川→1646桃生郡浜市→1652栗原郡岩ヶ崎
  • 古田氏(寛文元年(1661年)無嗣断絶)※伊達氏庶流(小梁川氏分家)
古田重直-元直-共直
  • 古内造酒祐家(無嗣断絶)
古内重直古内重広の長男)-重之
茂庭実元(鬼庭綱元の三男)=茂行(茂庭良元の二男)-常実
  • 遠山氏(1,500石、牡鹿郡湊在所。宝永元年(1704年)改易、後に平士)
遠山親義=重長奥山常良の三男)-良雄
伊具郡平貫→1690牡鹿郡湊
三分一所家景-親景=元景(奥山常良の四男)-辰景=景益(奥山常辰の三男)
一時渡辺に改姓。
川島宗泰-景泰-直泰-信泰=行高(早川義泰の子)-行察-行信

太刀上[編集]

  • 国分氏(200石)※一族より降格
国分行信-重信-重通-保信=与信(飯田成親の二男)-信行-
  • 増田氏(334石)※一族より降格
増田宗繁-興繁-直繁=繁良(興繁の子)=繁信(佐藤易信の子)=繁倫(古内義連の子)-繁員=繁寛(繁章の子)-繁康
  • 上郡山氏(300石)※一族より降格
上郡山常為-高為=重常(常為の子)-景常-守為-為常=為道(山路重貞の二男)-多聞為倫=為巳(上郡山為憲の長男)=為倫=為康(後藤元康の五男)-千家之介為倫=熹為(村上利福の二男)-信為
  • 飯田氏(50石、桃生郡女川)※伊達氏庶流(桑折氏分家)。一族より降格
飯田重親=定親(奥山常良の長男)-成親=安親(上遠野秀之の二男)=興親(成親の子)-道親-胤親=信親(国分与信の二男)-
  • 砂金氏(500石、加美郡鳥屋崎)※一族より降格
砂金実常=隆常(中島貞成の五男)-勝常=重常(涌谷伊達宗元の三男)=常令-令昌-令緒-令常-令儀
柴田郡前川→1702加美郡鳥屋崎
藤沢義春(新田義親の子)-義広-義重=義次(義広の子)=義清(義重の子)-義連-義規-景清-景福=景翼-幾之輔
元禄3年(1690年)新田より改姓。
  • 坪沼梁川氏(500石、名取郡坪沼)※伊達氏庶流
梁川頼長(梁川宗頼の二男)-頼次=頼道(高橋信次の二男)-
茂庭元咸(茂庭姓元の二男)=元辰(茂庭元明の二男)-元雅=元恒(元辰の三男)=元長(茂庭苞元の三男)-元良-元敏-元徳
白河朝清(白河義綱の三男)=朝国-直定-親之-親継-

召出[編集]

一番座

岡村(極楽院)、鮎貝、秋保、秋保、塩森、大條村田、石母田、石母田、亘理、上郡山、西大條、宮内、遠藤、佐藤、畠中、下郡山、沼辺、砂金、大町、高城、高城、大松沢、石母田、但木、桑島、田村中村、日野、遠藤、湯目、後藤、横尾、小野、堀越、茂庭、秋保

二番座

猪苗代、葛西、上遠野、保土原、金上、清水、大波、塩、白津、真田、桑島、大浪、長沼、橋本、青木、青木、南、加藤、田中、大和田、五十嵐、松林、大波、今泉、大島、北、上野、沼辺、本多、佐藤、中山、木幡、山家、中地、大河内、太田、武田、古内、浅井、田辺、早川、熊谷、鈴木、椙原、布施、木村、山岸、安田、石田、小島、荒井

史料[編集]

  • 『伊達世臣家譜』 編纂:田辺希績
  • 『伊達世臣家譜続編』 編纂:田辺希績
  • 『御知行被下置御帳』(『仙台藩家臣録』『元禄補遺仙台藩家臣録』)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寄合に列する旗本・田村氏の廩米700俵は、岩沼藩・一関藩主田村氏から内分分知されていた。
  2. ^ 直系子孫にサンドウィッチマン伊達みきお(伊達幹生)