水沢城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
水沢城
岩手県
別名 水沢要害、臥牛城、大休城
城郭構造 平城
天守構造 なし
築城主 不明
主な城主 松田源太郎左衛門白石宗実白石宗直柴田宗朝石母田宗頼留守宗利
廃城年 明治2年1869年
遺構 なし
指定文化財 なし

水沢城(みずさわじょう)は、岩手県奥州市水沢に存在していた日本の城である。北上川西岸の胆沢平野中心部にある平城である。一国一城制導入後は要害として扱われた。別名:臥牛城・大休城。

歴史・沿革[編集]

中世・近世[編集]

近代・現在[編集]

「姥杉」と奥州市役所
  • 維新後、二ノ丸御殿に胆沢県庁がおかれ、後藤新平斎藤実山崎為徳が給仕として採用されている。明治25年1892年)7月留守家に縁故払下がなされ役場、学校、病院等が置かれ、一部民間に払い下げとなった。
  • 戦後、水沢町の財政難によりその殆どが民間に払い下げられ住宅地となり城の遺構が消滅。現在三ノ丸の一部は県南広域振興局奥州市役所本庁となっている。
  • 民間に払い下げられたと思われる水沢城の御殿や蔵の一部は、住宅や蔵として転用され現在も市内に残っている。
  • 現在、城の面影を残す遺構は本丸にあったとされる和光稲荷花梨と、三ノ丸の土塁一部と、その上に推定樹齢500年の杉が市役所前にあり、「姥杉」として町のシンボルとなっている。

構造[編集]

江戸期の水沢城の面積は19,511坪で梯郭式。城の北西に本丸があり、以後外側に二ノ丸・三ノ丸、御門の外には当主の家族が暮らす南ノ丸があり、それぞれの曲輪(くるわ)が水堀と土塁で囲まれていた。

  • 本丸は城内で最も高台にあり、御宝蔵、御薬焼場、馬場があり御城守護の和光(若生)稲荷社が祀られていた。
  • 二ノ丸は城の中心となる御殿が築かれ、御座間、御書院、大広間、家老詰所、大番頭、目付、物書、小姓間等があり、池の傍の二階からは城が見下されるようになっていた。廻りには、埋門(うずみもん)、御台所、湯屋、酒蔵、味噌蔵、薪屋等があった。
  • 三ノ丸は城の入り口になり表御門(大手門)、太皷櫓、御門番所、硝石蔵、御兵具蔵、御行列お供土蔵、備荒倉、御葺屋、御厩、馬場、練兵場、郷学立生館等のあり、太皷櫓には伊達家一門を表すが飾ってあった。
  • 南ノ丸は城の搦め手になり、予備的な広場であったが、伊達宗衡が城主の家族が多かったため、御殿がつくられた。
  • 城の外堀として乙女川(御留川)・大町川と両河川を結ぶ堀を外堀とし、三つの枡形を整え警備にあたった。

関連項目[編集]