石高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石高(こくだか)とは、近世の日本において、土地の生産性石という単位で表したもの。太閤検地以降、地租改正まで、大名旗本の収入および知行軍役等諸役負担の基準とされ、所領の規模は面積ではなく石高で表記された。また農民に対する年貢も石高を元にして徴収された。

概要[編集]

太閤検地以後江戸時代を通じて、田畑や屋敷などの土地の価値に至るまで、面積に石盛という一定の計数をかけて米の生産力に換算して石単位で表示するようになった。このような制度を石高制と言い、米以外の農作物海産物の生産量も、米の生産量に換算されて表された。大名をはじめとする武士の所領からの収入や俸禄を表す場合も石高を用いた。特に領民の場合には「百姓高所持(ひゃくしょうだかしょじ)」、武士(特に大名)の場合には「石高知行制(こくだかちぎょうせい)」と称されることがある。明治時代地租改正まで続いた。

一石は大人一人が一年に食べる米の量に相当することから、これを兵士たちに与える報酬とみなせば、石高×年貢率と同じだけの兵士を養えることになる。つまり石高は戦国大名の財力だけではなく兵力をも意味していた。江戸時代の軍役令によると、大名は幕府の命に応じて表高1万石あたり概ね2百人程度の軍勢(非戦闘員を含む)を動員する義務を課せられていた。ただし石高は一般に玄米の体積を元に算出するのが常であり、実際には成人男性であれば1日玄米5合、年間玄米約1.8石が標準的な扶持米として支給されていた。

なお、農民に対する年貢徴収は原則としては石高を元にしているものの、初期の検地が年貢の徴収よりも領主の領知高及びそれに基づく公儀への諸役負担を確定させることを目的としていたことや村請制のもとで重視されたのは村単位の石高(村高)であったことから、個々の農民に対する年貢徴収基準として石高が用いられるようになったのは17世紀後期以後とされている。実際に江戸時代の土地証文に石高の記載が登場するのは寛文延宝年間が上限とされ、それ以前の農民生活において石高は身近な概念ではなかったとみられている[1]

旧国別石高の変遷[編集]

江戸幕府開府直後の一部旧国の郡別石高・正保以降の全国の郡別石高の

以下に太閤検地高(慶長3年(1598年)の石高)、慶長郷帳記載の石高に近いと考えられる江戸時代初期高、寛永十年巡見使国絵図記載の石高、正保郷帳・元禄郷帳・天保郷帳記載の石高、地租改正直前の明治5年(1873年)の石高をまとめる。寛永以前に関しては国高、正保以降に関しては国高・郡高までを記載する。陸奥国出羽国については領分別(ここでいう領分とは郷帳・国絵図作成のための地区分担を指し、実際の藩の所領とは異なる)と明治以降に新設された旧国(磐城国岩代国陸前国陸中国陸奥国羽前国羽後国)別の石高集計も記載する。一部地域では明治に至るまで貫高制が敷かれていたが、本表では奥州仙台領の正保郷帳の貫高に限り石高に換算し(高1貫文 = 高10石)、関東・東海地方の永高金高は石高に換算しなかった(通常は高永1貫文 = 高金1両 = 高5石)[2]。なお1 石 = 10 斗 = 100 升 = 1,000 合 = 10,000 勺 = 100,000 才 (撮) = 1,000,000 毛 (弗, 扎) であり、石よりも下の桁は石を単位とする小数で示す。江戸幕府開府直後の一部旧国の郡別石高と、正保以降の全国の郡別石高については旧国郡別石高の変遷の項を参照。

太閤検地[編集]

太閤検地は天正10年(1582年)に始まり、慶長3年(1598年)まで再検地を含めて全国で実施された。文禄2年(1593年)の年次の入っている『大日本六十六国並二島絵図』、文禄3年(1594年)の石高を記載している『当代記』、慶長3年(1598年)旧暦8月の年月の入っている『日本賦税』など、国高を記載する複数の史料が知られているが、その数字にほとんど差異はなく、ほぼ同一の史料からの引用と思われる。[3]なお出羽国の石高は明らかに異常であるが、置賜郡などの上杉景勝の出羽国内領分が陸奥国の石高に加算されている可能性が指摘されている。[4][5]

慶長郷帳・国絵図[編集]

慶応9年(1604年)、江戸幕府は諸国の有力大名に郷帳と国絵図の提出を命じ、慶長15年(1610年)までに上納が完了した。しかしながら慶長郷帳・慶長国絵図の正本は現存せず、郷帳の写本は飛騨国壱岐国大和国の3国分、国絵図の模写は西国の11国1島分に限られており、郷帳・国絵図の提出が命じられたのは西日本のみではないかとする説もあり、慶長郷帳・国絵図製作の全容は不明な点が多い。郷帳には田畑内訳を含めた村高と物成が列記され、領知関係や、必要に応じて小物成高、寺社領高、荒地・損害等の付記が行われているが、新田高の記載はなく、使役や格式等を決める表高と内高の乖離が始まっている。本表では島原松平文庫『御当家雑記』収録「日本国知行高之覚」[6]記載の江戸時代初期高を仮に慶長郷帳高とする。「日本国知行高之覚」には出羽国高について「内拾万石上杉弾正分入」との注釈があり、上杉景勝が慶長14年(1609年)に10万石の軍役を免除されたことと関係すると思われる[4]。なお徳川所領を中心に幾つかの国で石高が減っているが、これは再検地の際に石盛が改訂されたことや、表高優先の石高を設定したことと関連する(#石高における田畑、新田高の割合と実体経済参照)。また国境も頻繁に変えられており、例えば西宮市立郷土資料館蔵『慶長十年摂津国絵図』によると摂津国石高は29万0068石6斗、外に欠郡内東成6万1080石が河内国御帳入とあり、慶長年間中頃から寛永年間まで一時的に淀川以東の闕郡(住吉郡・東成郡と西成郡の一部)が河内国に編入され、正保年間前には再び摂津国所属となったことが判る[5]

寛永十年巡見使国絵図[編集]

寛永10年(1633年)に幕府から諸国へ巡見使が派遣された際、諸国の有力大名より国絵図が徴取された。国絵図の徴収は前年の寛永9年(1632年)に突然命じられたものであったため、大部分の諸藩は慶長国絵図の写しを提出したとみられ、石高が実際に増えた国は、三河国陸奥国越後国対馬国に限られる。寛永十年巡見使国絵図の正本は現存しないが、国絵図の模写は岡山大学附属図書館の池田家文庫に尾張国播磨国の2国分を除いてほぼ完全に伝わっており、本表に寛永十年巡見使国絵図記載の石高をまとめる。[7]

正保郷帳・国絵図[編集]

正保元年(1644年)、江戸幕府は諸国の有力大名に郷帳と国絵図の提出を命じ、慶安4年(1651年)頃までには上納がほぼ完了したとみられる。正保郷帳の正本は現存しないが、郷帳の写本は副本等を含めて33国36点が残存している。正保郷帳には田畑内訳を含めた村高が列記され、領知関係や、必要に応じて小物成高、寺社領高、荒地・損害等の付記が行われている。また表高(拝領高、朱印高)に相当する本田高(本地高)の外に、新田高の併記もあるが、正保郷帳の国高・郡高はあくまでも表高を原則とする。また正保国絵図の模写も22国2点が残存しており、郡別村数、郡別・領分別石高等が記載されているが、新田高は原則として記載されていない。正保郷帳記載の本田高に新田高を加算することで内高(実高)を算出することは可能であるが、本表ではあくまでも表高の集計値を正保郷帳高として扱う。なお現存する正保郷帳分だけで新田高を合算しても100万石前後となり、表高と内高の解離がかなり進んでいたといえる[8]。また正保郷帳・国絵図が残存していない旧国については、前後に作成された郷村帳などから推計された石高を掲載しており、今後の研究により数字が変わる可能性もある。

元禄郷帳・国絵図[編集]

元禄10年(1697年)、江戸幕府は諸国の有力大名に郷帳と国絵図の提出を命じ、元禄15年(1702年)頃までには上納がほぼ完了したとみられる。元禄郷帳では記述が簡素化され、国郡村別の石高のみが記載された。元禄郷帳・元禄国絵図共に正本は現存しないが、写本・副本は多数残存している。正保郷帳と同様に石高は表高を原則とする。[6]

天保郷帳・国絵図[編集]

天保2年(1831年)、江戸幕府は諸国の有力大名に郷帳の提出を命じ、天保5年(1834年)までに上納が完了した。続いて天保6年(1835年)、国絵図の改訂を命じ、天保9年(1838年)までに上納が完了した。天保郷帳・天保国絵図の正本は全て明治政府に引き継がれ、国立公文書館に保存されている。天保郷帳を作成するに当たり、幕府は表高(拝領高)に込高、新田高、改高を加えて集計した内高(実高)の報告を要求しており、天保郷帳記載の数字は全て内高である。ただし諸藩は内高報告には極めて慎重であり、例えば長州藩では支藩を含めて防長領国の総内高を97万0941石8斗1升5合5勺1才と把握していたが、幕府には寛政4年(1792年)の内検高89万4282石1斗を報告した。また薩摩藩は表高をもって内高であるという建前を貫いているなど、天保郷帳には各藩が把握していた内検高とは異なる内高がかなり掲載されている。[6]

明治5年石高[編集]

明治6年(1873年)より大蔵省租税寮が主導となって地租改正が実施されるが、直前の明治5年(1872年)末の全国の石高の状況が各府県より租税寮に報告されている。明治初期の石高については複数の統計資料が現存するが、東京大学史料編纂所蔵『郡村石高帳』、太政官正院地誌課編『日本地誌提要』、内務省地理局『地理局雑報』、一橋大学附属図書館社会科学統計情報研究センター所蔵『明治六年国郡高反別調』、陸軍参謀局編『明治八年 共武政表』等に記載されている旧国別石高はほぼ同一であり、これらを明治5年石高としてまとめる。[9]なお同様に明治初期の石高を記載する史料として明治10年代初期に内務省地理局地誌課によってまとめられた『旧高旧領取調帳』が存在するが、この史料は廃藩置県前に各府藩県がまとめた明治3年以前の石高、廃藩置県後に政府の統一基準で各府県が算出し直した明治4年、明治5年の石高、地租改正の途中で算出し直した明治6年以降の石高など、複数の基準による石高統計が混ざっている。

享保6年田畑数[編集]

以上のほかに参考として、享保6年(1721年)に徳川吉宗の命で各地より報告された田畑の耕地面積をまとめた『町歩下組帳』記録の旧国別田畑数を本表にまとめる(同時にまとめられた人口調査については江戸時代の日本の人口統計#旧国別調査人口の変遷の項を参照)。なお面積の単位は1町 = 10 段 (反) = 100畝 = 3,000 歩 (坪) = 30,000 合 (厘) = 300,000 勺 (毛)と十進数ではない換算が含まれており、町・歩の二組の数字を掲載する(例えば山城国の田数11,405.83011.20は1万1405町8段3畝11歩2合0勺を意味する)。

旧国別石高の変遷
旧国 慶長3年石高
(1598年)
慶長郷帳石高
(1604〜1610年)
寛永国絵図石高
(1633年)
正保郷帳石高
(1644〜1651年)
元禄郷帳石高
(1697〜1702年)
天保郷帳石高
(1831〜1834年)
明治5年石高
(1872年)
享保6年田数 (町・歩)
(1721年)
享保6年畑数 (町・歩)
(1721年)
山城国 225,262.00 216,070.700 216,070.0 215,985.62170 224,257.78816 230,131.760865 222,368.70517 11,405.83011.20 6,041.10014.60
大和国 448,945.50 444,134.000 444,134.0 459,380.62460 500,497.30868 501,361.691560 503,686.23676 23,531.66010.00 10,677.12014.00
河内国 242,105.80 308,857.620 308,857.0 264,952.34320 276,329.82954 293,786.634500 293,118.58720 15,885.61012.10 6,484.74015.50
和泉国 141,512.70 138,797.090 138,797.0 159,326.77100 161,692.12640 172,847.986000 176,190.77610 8,084.45009.00 3,524.47019.00
摂津国 356,069.10 290,902.100 299,902.0 375,478.86000 392,707.69987 417,399.127000 416,521.93580 23,193.02007.00 9,422.50011.00
伊賀国 100,000.00 95,594.100 95,594.0 100,540.00600 100,540.00200 110,096.536000 110,917.96640 6,355.15019.00 2,382.18023.00
伊勢国 567,105.14 572,786.900 572,786.0 596,334.68500 621,027.44200 716,451.492700 714,376.41500 35,276.52021.30 19,414.44003.50
志摩国 17,854.91 17,849.300 17,849.0 19,290.32600 20,061.64100 21,470.398000 19,279.20300 1,209.56020.00 497.14011.00
尾張国 571,737.40 480,841.700 480,840.0 526,493.51000 521,480.51800 545,875.793000 764,774.16620 27,670.67016.00 18,349.44019.00
三河国 290,715.00 336,000.000 350,000.0 350,880.05800 383,413.44230 466,080.746800 472,373.71000 21,649.18019.00 19,613.72008.00
遠江国 255,160.00 268,800.000 268,800.0 280,733.49000
永1690貫359文
328,651.43658 369,552.575180 372,546.34901 21,277.80022.00 14,715.23017.00
駿河国[2] 150,000.00 170,000.000 170,000.0 191,315.69100
永847貫444文
金28両3分2朱糸目半
237,937.40728 250,538.753090 251,954.16486 15,709.42024.00 10,917.47027.00
甲斐国 227,616.00 250,000.000 250,000.0 241,662.70600 253,023.27103 312,159.329490 312,185.17685 15,743.69019.50 29,351.04029.50
伊豆国 69,832.00 79,353.000 79,353.0 79,653.20800 83,791.28235 84,171.293620 84,037.20836 5,040.21004.70 3,074.59027.60
相模国[2] 194,304.00 191,524.000 191,920.0 220,617.74200
永1596貫742文
258,216.58202
永1348貫801文
286,719.756890
永1346貫670文
289,776.73197
永1122貫371文8分
13,385.54025.00 29,143.16026.00
武蔵国 667,126.00 840,000.000 840,000.0 982,337.96580 1,167,862.98339 1,281,431.068820 1,282,000.77090 64,590.69003.00 137,278.94024.00
安房国 45,045.00 91,779.120 91,779.0 92,641.68000 93,886.21023 95,736.239070 95,641.42350 5,190.88006.00 4,206.45021.00
上総国 378,892.00 285,300.000 285,300.0 351,731.00000 391,113.95411 425,080.453410 427,313.77094 25,393.65006.00 22,935.18000.00
下総国[6] 393,255.00 250,131.000 250,140.0 444,829.84200 568,331.11374 681,062.631660 687,373.86055 37,445.54007.00 42,717.75012.00
常陸国[2] 530,008.00 753,600.000 752,600.0 840,801.82890 903,778.45800
永21貫文
1,005,707.489030
永21貫文
921,629.15250 49,172.10023.00 66,455.41002.00
近江国 775,379.00 832,122.600 832,120.0 830,616.51700 836,829.72078 853,095.305590 857,849.52528 48,533.00006.00 14,343.23019.00
美濃国 540,000.00 581,523.000 581,523.0 609,740.99900 645,101.50300 699,764.321660 729,654.88365 33,942.91022.20 22,010.75005.60
飛騨国 38,000.00 38,764.400 38,764.0 38,764.40000 44,469.21900 56,602.309000 57,196.05800 3,088.31004.00 3,687.32010.00
信濃国 408,358.00 547,360.000 547,360.0 544,770.33800 615,818.73754 767,788.077600 786,950.00098 27,040.17007.00 42,698.23012.00
上野国 496,377.00 468,000.000 468,000.0 515,221.29926 591,834.44887 637,331.633100 635,851.10734 23,304.99018.00 64,200.07004.00
下野国 374,083.80 464,000.000 464,000.0 568,733.92000 681,702.80146 769,905.027038 758,648.44071 35,580.16013.00 73,003.85018.00
陸奥国 1,672,806.00 1,729,000.000 1,822,000.0 1,707,800.10510 1,921,934.88745 2,874,239.059880 3,007,005.48628 183,647.55005.00 154,102.11004.00
   会津領[8] 271,397.03470 272,011.81600 337,218.127500 343,656.44250
   白河三春二本松領 310,528.50500 341,022.55885 434,581.248070 439,753.20706
   磐城棚倉相馬領 205,026.59540 277,935.46360 300,419.556810 328,427.89967
   米沢/福島領 121,186.92500 199,867.89900 203,825.844500 204,216.18405
   仙台領 654,110.88000
(6万5411貫088文)
600,000.00000 992,057.260000 994,594.59300
   南部領 100,550.16500 128,000.00000 288,874.793000 355,370.11100
   津軽領 45,000.00000 103,097.15000 317,262.230000 340,987.04900
   磐城国 436,895.62040 517,082.53095 613,924.675660 650,488.88237
   岩代国 544,846.51970 641,269.51650 755,703.961220 760,923.54591
   陸前国 434,938.85000 398,958.83000 697,838.180000 700,649.30800
   陸中国 218,681.81600 228,520.61400 423,134.490000 471,842.91200
   陸奥国 72,437.29900 136,103.39600 383,637.753000 423,100.83800
出羽国 318,095.00 870,000.000 870,000.0 951,523.47600 1,126,248.83440 1,295,323.521440 1,515,446.19503 83,652.43000.00 36,309.55023.00
   米沢領 180,000.00000 193,993.53420 216,161.220230 337,240.91500
   山形領 337,610.45900 352,513.70720 366,147.135970 365,370.03946
   新庄領 36,158.74200 51,072.34180 62,387.453800 84,057.51631
   庄内領 141,955.12500 198,618.39220 234,302.356140 235,244.72071
   秋田領 255,799.15000 330,050.85900 416,325.355300 493,533.00355
   羽前国 649,480.35200 733,879.23040 804,569.693740 946,971.30568
   羽後国 302,043.12400 392,369.60400 490,753.827700 568,474.88935
若狭国 85,000.00 85,099.600 85,099.0 85,460.08890 88,281.52240 91,018.822200 91,767.05810 5,044.60004.00 2,213.24001.00
越前国 499,411.00 682,654.000 682,654.0 680,293.30800 684,271.80960 689,304.819870 690,243.61775 26,409.15009.94 10,786.09008.70
加賀国 355,570.00 442,507.400 442,507.0 422,958.60000 438,281.77000 483,665.848700 511,716.01839 24,170.12021.00 7,570.82021.00
能登国 210,000.00 216,891.300 216,891.0 225,006.15000 239,208.79540 275,369.990210 307,602.82896 14,512.76011.00 4,493.79001.00
越中国 380,298.28 530,637.300 536,037.0 592,415.66000 611,000.10000 808,008.461820 899,831.93900 44,156.84000.10 7,141.81013.40
越後国[8] 390,770.00 450,060.900 606,370.0 621,074.18300 816,775.73077 1,142,555.535850 1,150,567.52359 66,193.93008.00 4,0610.66020.00
佐渡国 17,030.00 20,599.000 20,599.0 24,812.02100 130,373.91100 132,565.491000 135,206.12300 6,554.09020.00 4,169.52016.00
丹波国 263,887.00 280,570.200 280,570.0 289,829.14700 293,445.54740 324,136.268670 329,465.47386 18,975.53008.50 8,878.13023.50
丹後国 110,784.00 123,170.200 123,170.0 123,175.01000 145,821.18200 147,614.804460 148,002.13030 9,185.26018.50 2,920.74028.20
但馬国 114,235.00 123,960.000 123,960.0 129,069.75700 130,673.23500 144,313.084030 148,147.75427 8,712.80009.00 3,282.31004.00
因幡国 88,500.00 131,649.600 131,649.0 149,742.50000 170,728.28900 177,844.624000 195,632.64500 9,618.25022.50 2,576.92002.50
伯耆国 100,947.00 175,032.000 175,032.0 170,257.50000 194,416.56700 217,990.822280 251,069.40700 12,396.41009.50 3,984.73027.00
出雲国 186,650.00 223,477.100 223,477.0 253,597.64760 282,489.73900 302,627.465000 320,709.91100 15,495.01019.80 4,916.15022.00
石見国 111,770.00 137,370.000 137,370.0 139,401.53700 142,499.23500 172,209.768320 182,136.89850 13,921.61017.00 9,797.19019.00
隠岐国 4,980.00 11,802.900 11,802.0 11,601.39300 12,165.20300 12,559.600000 12,562.90700 628.59015.00 3,340.92008.00
播磨国 358,534.00 521,300.000 521,300.0 542,130.12700 568,517.57900 651,964.813500 660,557.81626 33,208.52018.70 15,426.04002.10
美作国 186,018.70 227,115.500 227,715.0 186,500.00000 259,353.70100 262,099.098000 262,333.86400 12,499.97019.50 6,669.16016.00
備前国 223,762.00 286,200.000 286,200.0 280,200.03000 289,224.71000 416,581.854000 418,964.53800 17,119.29028.50 7,031.31014.50
備中国 176,929.00 227,894.800 227,894.0 236,491.82500 324,455.62300 363,915.614210 371,355.17580 17,336.06007.30 12,762.51005.10
備後国 186,150.00 238,838.000 238,138.0 248,015.28700 295,678.88800 312,054.932000 315,876.18155 18,290.45004.00 14,753.65017.00
安芸国 194,150.00 259,384.900 259,384.0 265,161.18600 269,478.31000 310,648.489000 314,669.48710 19,704.27013.00 8,924.88010.00
周防国 167,820.00 164,420.200 164,420.0 202,787.60000 202,787.67000 489,428.677000 552,160.21518 19,571.49017.00 10,008.26020.00
長門国 130,660.00 134,059.900 134,050.0 166,623.40000 166,623.64500 404,853.333000 458,143.48989 16,870.91019.00 6,966.09006.00
紀伊国 243,550.00 395,247.700 395,247.0 398,395.45300 397,668.01900 440,858.377710 444,283.13335 20,555.85003.00 13,399.65019.00
淡路国 62,104.00 63,621.100 63,621.0 70,186.50000 70,428.10000 97,164.784000 136,637.98183 5,915.69027.00 2,700.82016.00
阿波国 183,500.00 186,753.500 186,753.0 186,753.58300 193,862.28500 268,894.329000 310,484.46474 11,818.42018.00 20,439.90024.00
讃岐国 126,200.00 175,001.700 175,001.7 178,633.62100 186,394.04100 291,320.256400 309,814.75380 22,036.58025.00 7,050.23008.00
   讃岐国 (郡部) 171,815.000 171,815.0 173,554.22700 176,485.98700 280,292.631900 298,413.69240
   小豆島 (島嶼部) 3,186.700 3,186.7 5,079.39400 9,908.05400 11,027.624500 11,401.06140
伊予国 366,200.00 381,640.800 381,640.0 400,271.87300 429,163.25854 460,997.639340 443,321.68842 29,144.55003.50 22,117.29022.00
土佐国 98,200.00 202,626.500 202,626.0 248,328.12000 268,484.97400 330,026.520000 510,572.19470 21,590.55018.00 11,412.09018.00
筑前国 335,695.00 522,512.400 522,515.0 522,512.60130 606,981.42000 651,782.278440 633,404.63540 34,907.24012.30 14,967.02013.20
筑後国 265,998.00 302,085.500 302,085.5 331,497.76700 331,497.76900 375,588.897800 536,742.90265 22,133.89001.50 8,024.41005.00
豊前国 140,000.00 330,744.644 330,740.0 244,787.67100 273,801.84830 368,913.640500 366,948.08138 21,809.29005.40 10,319.22029.40
豊後国 418,313.00 378,592.400 378,592.0 357,300.51500 369,546.79160 417,514.227150 459,184.41734 22,707.18010.50 30,542.72005.00
肥前国 309,935.00 561,437.400 561,437.0 566,882.15600 572,284.12310 706,470.723196 685,117.59762 47,607.94002.80 21,037.50010.60
肥後国 341,220.00 572,989.000 572,989.0 579,711.78700 563,857.17800 611,920.291100 851,237.05291 36,698.84002.00 37,501.74028.50
日向国 120,088.44 288,589.500 288,589.0 290,180.97300 309,954.52817 340,128.861790 418,142.35665 21,631.97028.67 20,193.90002.79
大隅国 175,057.23 170,828.100 170,828.0 170,833.45100 170,833.45100 170,833.451000 263,363.29063 10,710.80012.00 13,596.80007.00
薩摩国 283,482.74 315,251.700 315,251.0 315,005.60012 315,005.60012 315,005.600120 323,483.49953 16,682.75017.00 15,743.68009.00
壱岐国 0.00 15,982.300 15,982.0 17,568.03000 18,072.80600 32,742.921000 32,853.88500 918.25018.50 1,275.62007.00
対馬国 0.00 0.000 8,163.0 6,269.71500 0.00000 0.000000 5,818.11600 n.a. n.a.
琉球国 n.a. n.a. n.a. 123,711.81348 123,711.81348 123,711.813480 147,024.09296 n.a. n.a.
   大島 (奄美群島)[10] 32,828.70000 32,828.70000 32,828.700000 52,793.39202
   本琉球 90,883.11348 90,883.11348 90,883.113480 94,230.70094
全国総計[2] 18,509,043.74 22,171,689.674 22,426,836.2 23,617,594.20096
永4134貫545文
金28両3分2朱糸目半
25,910,641.41806
永1369貫801文
30,558,917.841139
永1367貫670文
32,373,825.15675
永1122貫371文8分
164,3446.68016.01 131,7105.00020.79

なお松前島(蝦夷地)・北海道は元禄郷帳、天保郷帳、明治5年調の『郡村石高帳』において無高とされているが、明治5年の物産高は『日本地誌提要』によると65万0286石6斗8升4合7勺2才である。この物産高は鮭6000尾、鱒1万2000尾、その他の水産物2万5000斤につきそれぞれ100石で換算することで算出されている。

松前島・北海道の石高・物産高
旧国 元禄郷帳高
(1697〜1702年)
天保郷帳高
(1831〜1834年)
明治5年物産高
(1872年)
松前地 0.00000 0.000000
   渡島国 54,814.89482
西蝦夷地 0.00000 0.000000
   後志国 265,580.84719
   石狩国 39,336.06952
   天塩国 98,259.32456
   北見国 26,977.42066
東蝦夷地 0.00000 0.000000
   胆振国 15,837.50429
   日高国 48,505.60277
   十勝国 5,280.44000
   釧路国 48,342.98783
   根室国 35,572.81583
   千島国 11,778.77725
総計 0.00000 0.000000 650,286.68472

石高における田畑、新田高の割合と実体経済[編集]

正保郷帳には田畑・新田高の記載がある。以下に正保郷帳やそれに近い写本によって、正保年間前後の一国全域(陸奥国に関しては六分割された担当地区)の田方・畑方の石高や新田高の何れかが判別する旧国の石高をまとめる。但し、貫高・永高・反高、その他石高で表記されていない金・銀・銭・米・茶・綿・麻・漆・材木類・塩・魚介類などの小物成高は省略する。

正保年間前後における各国の田畑の石高と新田高の割合[8]
旧国 表高 (本田高・寺社領・小物成等) 表高に含まれない石高 (新田高・小物成等) 内高[11] 田方/田畑方 内高/表高[11]
総計 田方 畑方 その他 総計 田方 畑方 その他
河内国 264,952.34320 204,160.61090 59,018.27710 1,773.45520 566.08200 28.00000 538.08200 265,518.42520 77.58% 100.21%
和泉国 159,628.55800 128,867.56700 28,902.80700 1,858.18400 81.68%
摂津国 375,496.75500 5,378.64200 380,875.39700 101.43%
伊勢国 596,334.68500 434,764.76300 159,069.92300 62,561.63400 658,896.31900 73.21% 110.49%
尾張国 535,608.86100 34,843.99300 570,452.85400 106.51%
遠江国 280,733.49000 204,711.69600 64,875.59400 11,146.20000 20,670.69624 301,404.18624 75.94% 107.36%
武蔵国 982,337.96580 489,528.29602 401,799.74578 91,009.92400 7,387.36800 989,725.33380 54.92% 100.75%
安房国 92,641.68000 60,034.65700 29,834.35500 2,272.21800 66.80%
美濃国 609,740.99900 395,170.99240 199,143.81760 15,426.09700 18,225.113000 14,457.69100 3,824.54400 627,966.11200 66.87% 102.99%
飛騨国 38,764.40000 25,475.32700 13,289.07300 65.72%
信濃国 544,770.33800 319,285.18200 220,279.82500 5,205.33100 33,636.06700 23,588.60000 9,994.63700 52.83000 578,406.40500 59.82% 106.17%
上野国 515,221.29926 245,294.90573 269,734.81370 191.57983 47.63%
下野国 568,733.92000 294,521.67000 266,326.96000 7,785.29000 49,858.41000 19,262.94000 30,595.47000 618,592.33000 51.38% 108.77%
奥州棚倉・岩城・中村領 205,026.59540 140,057.63300 63,375.12740 1,593.83500 47,658.73400 252,685.32940 68.85% 123.25%
奥州仙台領 654,110.88000 525,562.77000 128,548.11000 91,182.50000 83,008.89000 8,173.61000 745,293.38000 81.66% 113.94%
奥州南部領 100,550.16500 72,413.35800 28,136.80700 72.02%
奥州津軽領 45,000.00000 41,160.44000 3,839.56000 57,468.80000 102,468.80000 91.47% 227.71%
出羽国 951,523.47600 794,694.36400 139,324.15100 17,504.96100 172,871.41700 1,124,394.89300 85.08% 118.17%
若狭国 85,460.08890 74,325.63800 11,134.45090 86.97%
越前国 680,293.30800 512,404.32070 167,888.98730 75.32%
加賀国 422,958.60000 334,338.59000 88,620.01000 17,440.55000 10,693.61000 5,789.04000 957.90000 440,399.15000 78.52% 104.12%
能登国 225,006.15000 170,078.44000 54,927.71000 30,549.06000 12,334.79000 2,834.64000 15,379.63000 255,555.21000 75.95% 113.58%
越中国 592,415.66000 502,729.48000 89,686.18000 69,671.00000 59,150.80000 9,151.92000 1,368.28000 662,086.66000 85.04% 111.76%
播磨国 542,130.12700 445,278.07200 96,725.06100 12,499.66000 554,629.78700 82.15% 102.31%
美作国 186,500.00000 132,035.60000 54,464.40000 51,129.30000 237,629.30000 70.80% 127.42%
備前国 280,200.00000 212,951.80000 67,248.20000 16,202.00000 296,402.00000 76.00% 105.78%
周防国 202,787.60000 158,494.43100 44,293.16900 78.16%
長門国 166,623.40000 131,765.91600 34,857.48400 79.08%
伊予国 400,271.87300 295,290.67690 98,622.33910 6,358.85700 2,266.26900 1,480.91000 785.35900 402,538.14200 74.91% 100.57%
土佐国 248,328.12000 6,050.00000 254,378.12000 102.44%
筑前国 522,512.60130 431,908.85120 90,603.75010 95,435.67460 617,948.27590 82.66% 118.26%
豊後国 357,300.51500 208,685.71690 145,435.27810 3,179.52000 7,064.00617 1,976.59322 5,087.41295 364,364.52117 58.33% 101.98%
肥後国 579,711.78700 378,752.16200 195,512.04000 5,447.58500 38,091.29000 23,777.16400 14,314.12600 617,803.07700 65.15% 106.57%
対馬国 6,269.71500 406.62300 5,863.09200 6.49%
琉球国 123,711.81348 68,264.52700 53,102.15538 2,345.13110 56.25%
総計 13,143,657.76934 8,433,415.07675 3,374,483.25346 173,098.16813 948,708.26601 249,759.98822 90,550.75895 18,296.72200 11,920,414.00771 71.48% 108.65%

耕地面積の内、田方・畑方の面積の割合はそれぞれ55%、45%であるのに対し(享保6年反別)、田畑の石高の内、田方・畑方の割合は全国的にそれぞれ約70%、約30%であり(正保郷帳石高)、石高は米に偏重する傾向があるとはいえ、米の収穫高を表すものではない。また新田高は、正保郷帳での新田高の記載が判明している地域の表高約1192万石に対して約95万石である。

ただし『寛永期奥州之内南部領高郷村帳』の奥書によると、南部藩の内検では内高22万0400石余を集計していたが、幕府の指示により正保4年(1647年)に領地高10万0550石余に割り込ませた郷帳と国絵図を提出したとしている。

また尾張藩は正保元年(1644年)、年貢据え置きのまま税率を六公四民から四公六民に下げる高概(たかならし)を行い、尾張八郡内の尾張藩領本田高を48万3252石0斗2升3合から63万1528石9斗3升6合、新田高を2万9682石4斗1升4合から3万3571石2斗2升5合と、太閤検地時代の石高に修正している。しかしながら幕府には慶長12年(1607年)に実施された備前検地の石盛に基づいた本田高・新田高を正保郷帳・国絵図に記載する石高として報告している。[12]

飛騨国においては、慶長郷帳と正保国絵図で国高が全く同一の3万8764石4斗であるが、内高の方は慶長18年(1613年)の時点で4万5789石8斗4升3合8勺(高山市郷土館蔵『飛騨国三郡高之帳』)、寛文4年(1664年)の時点で5万2808石5斗余(加藤歩簫著『紙魚のやどりぎ』)となっている。石高自体は決して大きくないが、割合ではそれぞれ18%、36%の増石に相当する。

長州藩の『寛永2年周防国長門国村一紙』によると、寛永(1625年)の熊野検地により周防国内高37万3040石8斗8升2合、長門国内高28万5258石4斗4升9合、二国合計65万8299石3斗3升1合を集計している。[13]

これら奥州南部領・尾張・飛騨・周防・長門の新田高等約60万石は正保郷帳から漏れており、幕府に報告が上がっていない新田高は正保郷帳・国絵図作成時にも既に相当数存在するとみられる。

寛永二年防長両国検地[13]
旧国 総石高 田方 畠方 屋敷方 小物成 塩浜 浦浮役等
周防国 373,040.88200 285,697.43552 42,108.70550 18,792.84264 22,150.54534 3,145.24800 1,146.10500
長門国 202,247.23000 164,877.10298 21,640.67413 10,692.84630 1,687.67928 1,199.55231 2,149.37500
防長二国合計 575,288.11200 450,574.53850 63,749.37963 29,485.68894 23,838.22462 4,344.80031 3,295.48000
割合 100.00% 78.32% 11.08% 5.13% 4.14% 0.76% 0.57%

また18世紀以降は検地の実施も減り、特に天領では内高(実高)であっても実際の土地生産性よりも過小評価となっているのが常であった。

地租改正直前における日本全国の石高は3237万石であったが、『明治七年 府県物産表』によると明治7年(1874年)の米の生産高は2591万石、その物産額は1億4279万円であった。また農林水産業・鉱工業の全物産額3億7230万円(土木建築業や商業・サービス業などが含まれておらず、総生産高ではない)を平均米価で換算すると6756万石に相当する。[14]なおこの物産表には北海道沖縄県と独立国家状態であった鹿児島県(現宮崎県を含む)の統計が含まれていないが、大蔵省編『開拓使事業報告 第三編』によると北海道の明治7年(1874年)の物産額は339万8088円(陸産27万6736円、海産312万1353円)とあり、平均米価で換算すると物産高約60万石に相当する。また『旧鹿児島藩産物出入比較表』によると奄美・琉球の黒砂糖の生産高は明治2年(1869年)に2292万3千斤、代金85万5千両とあり、明治7年の砂糖と米の平均物価で黒砂糖の生産高を換算すると物産高約90万石に相当する。[15]

明治七年府県物産表による物産額と割合[14]
物産 物産額 (円) 物産高 (換算石高) 割合 個々の物産の生産額(生産高)・備考
農業 227,286,701 41,246,154 61.05%
      米 142,799,024 25,914,013 38.36% (除外の鹿児島県の明治12年米生産高50万4210石)
      麦 25,073,475 4,550,132 6.73% 大麦・裸麦1990万2387円(812万4891石)
小麦517万1088円(173万3440石)
      大豆 7,404,545 1,343,717 1.99% 大豆(生産高181万9138石)
      その他雑穀類 8,702,838 1,579,321 2.34% 粟234万2882円(98万4594石)
稗96万5143円(93万5262石)
蕎麦115万8907円(45万8814石)
小豆150万2777円(33万7252石)
      芋類・菜種類 11,658,046 2,115,608 3.13% 甘藷275万5685円(1億3500万貫)
(除外の鹿児島県の明治12年甘藷生産高5989万貫)
大根272万1907円
      果実種類 2,201,056 399,430 0.59%
      特殊農産物 27,915,167 5,065,819 7.50% 綿類743万4509円(1185万貫)
菜種603万6757円(92万7829石)
藍491万7261円
煙草255万0262円(3783万4777斤)
      その他 1,532,556 278,116 0.41%
林業 14,565,405 2,643,212 3.91% 木材類236万2085円
薪類604万1696円
炭類227万2728円
皮葉類309万2482円
水産業 7,276,345 1,320,452 1.95% 魚介類698万4375円
(除外の北海道の明治7年水産物産額312万1353円)
畜産業 7,478,000 1,357,047 2.01% 牛類277万8446円
馬類268万8721円
工業 111,891,559 20,305,176 30.05%
      繊維工業 30,993,657 5,624,478 8.32% 綿織物1085万6271円(2013万8657反)
絹織物458万1057円
染物類303万2564円
生糸類616万4752円(37万7千貫)
      食品工業 46,944,869 8,519,175 12.61% 酒類1860万5495円(343万1364石)
醤油633万8489円(94万6千石)
味噌613万3487円(5110万貫)
製茶395万1163円(1760万斤)
塩239万3802円(385万1千石)
砂糖239万3802円(1087万3423斤)
(除外の奄美・沖縄の明治2年黒糖生産高2292万3千斤)
      畳・障子製造業 1,913,137 347,181 0.51%
      油・蝋製造業 7,017,856 1,273,544 1.88%
      窯業等 8,521,690 1,546,447 2.29% 陶器類209万2030円
      出版・印刷業 5,737,986 1,041,283 1.54% 紙類516万6881円
      機械・製薬・その他 10,762,364 1,953,067 2.89% 諸器械類306万0854円
肥料類305万7391円
鉱業 3,808,964 691,220 1.02%
総計 372,306,974 67,563,261 100.00%

このように時代が下るにつれ石高と実体経済の乖離がますます進行したといえる。

所領別石高と天領石高の変遷[編集]

上記のように日本の総石高は天保期において3055万8917石を計上したが、天保13年(1842年)における所領別石高[16]は以下の通りであった。

所領別石高 (天保13年)
所領別 石高 (石) 割合 (%)
禁裏仙洞御料 (皇室御領) 40,247 0.1
御料所高 (天領) 4,191,123 13.7
万石以上総高 (大名領) 22,499,497 73.6
寺社御朱印地 (寺社領) 294,491 1.0
高家交替寄合 179,482 0.6
公家衆家領寺社除之分 (公家領)、
万石以下拝領高並込高之分 (旗本領)
3,354,077 11.0
六拾余州並琉球国共 30,558,917 100.0

一般に「徳川八百万石」と呼ばれるが、これは旗本領などを加えた数字であり、実際の天領は約400万石を少し超える程度であった。これには大名預所も含まれる。また18世紀以降の天領の石高の変遷は以下の通りである。[17]

天領石高変遷
内訳 元禄15年
(1702年)
享保15年
(1730年)
宝暦7年
(1757年)
天保9年
(1838年)
文久3年
(1863年)
郡代・代官支配地 3,867,435.700 3,602,380 3,896,000 3,284,478.26665 3,173,924.14438
   関東筋 1,199,833.906 1,076,451 1,149,400 932,014.13504 882,192.33367
   畿内筋 662,924.000 668,647 414,300 463,696.31026 521,454.30627
   海道筋 497,333.000 738,747 715,300 719,794.80472 691,916.20596
   北国筋 555,300.000 267,118 734,400 355,058.24664 240,506.50338
   奥羽筋 455,394.794 319,988 380,000 375,375.91618 378,040.55971
   中国筋 252,050.000 407,564 365,000 284,327.64181 286,813.23685
   西国筋 244,600.000 123,865 137,600 154,211.21200 173,000.99854
遠国奉行支配地 138,188.000 139,651 9,100 144,196.73099 149,406.53199
   浦賀(相模国)奉行 770 700 6,517.38299 3,456.14331
   神奈川(武蔵国)奉行 6,187.78250
   伏見奉行 4,320.000 4,494 5,000 5,166.68200 5,174.96700
   佐渡奉行 130,433.000 130,952 132,512.66600 132,572.37700
   新潟(越後国)奉行 2,015.26218
   長崎奉行 3,435.000 3,435 3,400
代官・遠国奉行支配地合計 4,005,623.700 3,742,031 3,905,100 3,428,674.99764 3,323,330.67637
大名預所 739,025 577,800 763,366.31504 752,411.43166
   関東筋 12,700 44,551.89540
   畿内筋 42,272 255,800 106,465.51481 83,296.10637
   海道筋 59,909 30,400 70,710.78082 70,710.78082
   北国筋 397,955 123,700 254,358.19707 256,785.96562
   奥羽筋 180,207 103,500 170,964.18122 166,818.83083
   中国筋 34,273 23,300 111,829.02950 103,141.17024
   西国筋 24,409 28,400 49,038.61162 27,106.68238
総石高 4,481,056 4,482,900 4,192,041.31268 4,075,742.10803

寛文4年(1664年)の諸藩の石高(表高)[編集]

幕末の大藩・中藩の石高(表高、内高)[編集]

以下に幕末における公称の表高が10万石以上の藩について、その表高、内高(実高)と旧国別所領をまとめる。なお御三卿の幕府天領からの立藩は明治維新以降であり、本表には含まれない。また喜連川藩を10万石格とする文献もあるが、幕末の「万石以上分限帳」などに漏れていること、諸役負担の義務を免除されていることなどから表から除外した。

  • 藩名は慶応3年旧暦1月1日(1867年2月5日)における藩庁所在地(藩主の居城)により定め、通称や府藩県三治制期の正式名称を括弧内に示す。なお「藩」が正式な行政区分となったのは明治元年(1868年)旧暦4月以降のことであり、その際に金沢藩・鹿児島藩・山口藩・高知藩・佐賀藩などの藩庁所在地による呼称が正式名称として採用され、旧国名による加賀藩薩摩藩(薩州藩)・長州藩(長門藩)・土佐藩・肥前藩、家名による前田藩・島津藩・毛利藩・山内藩・鍋島藩などはあくまでも通称という扱いとなる。
  • 「地図」は藩庁所在地(藩主の居城)。
  • 表高は慶応3年旧暦1月1日(1867年2月5日)における公称高[18]だが、長州藩に関しては実行されなかった10万石の減封処分を無視した。幕府の分限帳に記載された公称高と、幕府の発給する朱印状に記載される領知高が著しく異なる場合は別途記載する。なお公称高、領知高と、民間で発売された各武鑑に掲載された表高とが一致しない例が多々あるが、ここでは前者二つを優先する[19]
    • 私領同様預所を含む大名預所や役知等で与えられた所領は幕府天領であり、諸藩の石高には含まれない。
  • 内高は『各藩高並租税調帳』または『藩制一覧』による[20]。これらは明治2年旧暦6月12日(1869年7月20日)に明治政府が各藩へ報告提出を通達した郷村帳に基づくものであり、多くの場合明治2年(1869年)中の各藩の内高の状況を示す。ただし戊辰戦争による処分を受けた諸藩(仙台藩会津藩盛岡藩米沢藩庄内藩小田原藩桑名藩二本松藩棚倉藩)については『旧高旧領取調帳』により幕末の内高を算出した。
    • 本家の表高減少のない内分の支藩については、支藩の内高を本藩の内高に含めて示す。
幕末の大藩・中藩の表高、内高一覧
順位 藩名 居城の所在地 家名 大名類別 表高
(慶応3年)
内高
(明治2年)
領分
1 金沢藩 (加賀藩)[21] 地図 前田家 外様大名 1,025,000 1,338,083.562100 加賀・越中・能登・近江
2 鹿児島藩 (薩摩藩)[22] 地図 島津家 外様大名 728,700 869,593.576640 薩摩・大隅・日向・琉球
3 仙台藩[23] 地図 伊達家 外様大名 620,056 1,018,818.661160 陸奥・常陸・下総・近江・蝦夷
4 名古屋藩 (尾張藩)[24] 地図 尾張徳川家 御三家 619,500 913,827.045900 尾張・三河・美濃・近江・信濃・摂津
5 和歌山藩 (紀州藩)[25] 地図 紀州徳川家 御三家 555,000 615,453.638590 紀伊・伊勢・大和・近江
6 熊本藩 (肥後藩)[26] 地図 細川家 外様大名 540,000 786,015.607170 肥後・豊後
7 福岡藩 (筑前藩)[27] 地図 黒田家 外様大名 473,100 571,141.000000 筑前
8 広島藩 (芸州藩)[28] 地図 浅野家 外様大名 426,500 483,580.779250 安芸・備後
9 萩藩 (長州藩、山口藩)[29] 地図 毛利家 外様大名 369,411 978,004.000000 周防・長門
10 佐賀藩 (肥前藩)[30] 地図 鍋島家 外様大名 357,036 886,525.420075 肥前
11 水戸藩[31] 地図 水戸徳川家 御三家 350,000 313,415.839000 常陸・下野
12 津藩 (安濃津藩)[32] 地図 藤堂家 外様大名 323,950 358,020.847000 伊勢・伊賀・山城・大和・下総
13 鳥取藩 (因州藩)[33] 池田家 外様大名 320,000 428,169.702000 因幡・伯耆・武蔵
13 福井藩 (越前藩) 越前松平家 親藩 320,000 336,194.039600 越前
15 岡山藩 (備前藩)[34] 池田家 外様大名 315,200 494,956.969600 備前・備中
16 若松藩 (会津藩)[35] 会津松平家 親藩 280,000 403,563.665740 陸奥・越後・和泉・近江・蝦夷
17 徳島藩 (阿波藩) 蜂須賀家 外様大名 257,000 442,735.000000 阿波・淡路
18 久留米藩[36] 有馬家 外様大名 210,000 366,271.710000 筑後
19 久保田藩 (秋田藩)[37] 佐竹家 外様大名 205,800 332,038.779000 出羽・下野・蝦夷
20 高知藩 (土佐藩)[38] 山内家 外様大名 202,600 495,486.000000 土佐
21 盛岡藩 (南部藩)[39] 南部家 外様大名 200,000 316,697.439000 陸奥・蝦夷
21 彦根藩[40] 井伊家 譜代大名 200,000 203,887.990000 近江・下野・武蔵
23 松江藩 (出雲藩)[41] 越前松平家 親藩 186,000 288,029.180000 出雲
24 米沢藩[42] 上杉家 外様大名 180,000 336,645.572940 出羽
25 厩橋藩 (前橋藩) 越前松平家 親藩 170,000 217,709.033840 上野・下野・武蔵・安房・上総・常陸・近江
25 鶴岡藩 (庄内藩、大泉藩) (領知高16万7071石余)[43] 酒井家 譜代大名 170,000 222,385.359110 出羽・蝦夷
27 郡山藩 柳沢家 譜代大名 151,288 152,912.299870 大和・河内・近江
27 香春藩 (小倉藩、豊津藩)[44] 小笠原家 譜代大名 150,000 212,770.764600 豊前
29 姫路藩 酒井家 譜代大名 150,000 211,224.081000 播磨
29 伊予松山藩 久松松平家 親藩 150,000 157,184.977000 伊予
29 高田藩 榊原家 譜代大名 150,000 154,104.158000 越後・陸奥
32 高松藩[31] 水戸松平家 親藩家門連枝 120,000 201,714.982000 讃岐
33 小田原藩[45] 大久保家 譜代大名 113,129 124,853.480340 相模・伊豆・駿河・河内・摂津
34 桑名藩[46] 久松松平家 親藩 110,000 144,439.117390 伊勢・越後
34 佐倉藩 堀田家 譜代大名 110,000 132,941.206910 下総・常陸・下野・武蔵・相模・出羽
34 備後福山藩 阿部家 譜代大名 110,000 112,728.682000 備後・備中
37 柳河藩 立花家 外様大名 109,647 155,394.060000 筑後
38 小浜藩 酒井家 譜代大名 103,558 106,599.348200 若狭・越前・近江
39 淀藩 稲葉家 譜代大名 102,000 113,314.627890 山城・摂津・河内・和泉・近江・下総・常陸・上野
40 二本松藩[47] 丹羽家 外様大名 100,700 133,487.127780 陸奥
41 弘前藩 (津軽藩)[48] 津軽家 外様大名 100,000 287,733.885000 陸奥・蝦夷
41 富山藩[21] 前田家 外様大名 100,000 159,297.871000 越中
41 忍藩 奥平松平家 譜代大名 100,000 141,752.473870 武蔵・伊勢・播磨
41 新発田藩 溝口家 外様大名 100,000 139,102.187350 越後・陸奥
41 大垣藩 戸田氏 譜代大名 100,000 131,106.431580 美濃
41 松代藩 真田家 外様大名 100,000 123,570.020000 信濃
41 中津藩 奥平家 譜代大名 100,000 119,994.301580 豊前・備後・筑前
41 棚倉藩[49] 阿部氏 譜代大名 100,000 112,997.053270 陸奥・出羽・播磨・信濃・遠江
41 津山藩 越前松平家 親藩 100,000 104,576.913000 美作・讃岐
41 宇和島藩[50] 伊達家 外様大名 100,000 100,402.120000 伊予
41 明石藩 (領知高8万石)[51] 越前松平家 親藩 100,000 90,304.109000 播磨・美作
41 大聖寺藩 (領知高8万石)[21] 前田家 外様大名 100,000 83,772.033000 加賀
41 対馬府中藩 (領知高3万3402石余)[52] 宗家 外様大名 100,000 52,174.778300 対馬・肥前・筑前

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松下志朗「石高」及び「石高制」『日本歴史大事典 2』小学館、2000年
  2. ^ a b c d e 正保郷帳の表高、元禄郷帳・天保郷帳において、石高以外の表記がされているのは以下の地域である。
    • 遠江国 正保郷帳において永高は遠江郡内12村、周知郡内41村、豊田郡内46村で用いられており、但書に永1貫文高五石の換算が記されている。
    • 駿河国 正保郷帳において永高は志太郡内15村で用いられており、寛永14年(1637年)に永1貫文高5石の換算が定められた。また金高は安倍郡内金納地9村で用いられており、延宝4年(1676年)に金1両高5石の換算が定められた。
    • 相模国 永高840貫文の鶴岡八幡宮を中心とする鎌倉郡内の諸寺社領(村数は郷帳によって異なる)については朱印状が永高で発給され続け、明治時代まで永高公称が存続した。
    • 常陸国 元禄郷帳・天保郷帳では、伊勢神宮富士浅間神社[要曖昧さ回避]の寺社領が置かれた真壁郡内3村について永高表記となっている。正保郷帳については写本が残っていないため、永高が用いられていたかは不明。
    但し実際には他の地域以外でも石高以外の公称が村高に用いられており、例えば武蔵国の正保郷帳(東京大学史料編纂所蔵『武蔵国田園簿』)では、永高4678貫27文を高2万3390石1斗2升に、反別高4083町3反7畝20歩・永68貫319文草銭を高6万5289石9斗5升8石に換算した上で、総石高を算出している。
  3. ^ 太閤検地高(慶長3年高)と享保6年(1721年)の田畑の反別は以下の文献による。
    • 野中準編, 「慶長三年地検目録」, 「町歩下組帳」『大日本租税志 中巻』, 1908年.
  4. ^ a b 蒲生氏郷領91万9千石で実施された文禄検地により文禄3年(1594年)に作成された郷村帳(国立公文書館蔵『蒲生領高目録』)における郡高は以下の通りであるが、文禄3年の時点で既に置賜郡の石高は約18万石となっている。
    旧蒲生領における文禄3年石高と正保石高
    郡名 文禄3年石高 正保石高 寛文以降の所属郡
    稲川郡 35,418.06 35,004.4520 陸奥国河沼郡
    河沼郡 19,926.87 20,554.3430 陸奥国河沼郡
    大沼郡 57,850.98 77,635.2260 陸奥国大沼郡
    門田郡 17,170.22 大沼郡編入 陸奥国大沼郡
    山郡 78,842.45 81,306.6170 陸奥国耶麻郡
    猪苗代郡 20,424.82 20,622.5530 陸奥国耶麻郡
    南山 17,787.69 19,514.4237 陸奥国会津郡・大沼郡
    津川 9,131.60 9,113.7560 越後国蒲原郡小川庄
    伊南伊北 9,607.37 10,713.2370 陸奥国会津郡
    置賜郡 177,933.76 180,000.0000 出羽国置賜郡
    上長井 45,494.00 置賜郡編入 出羽国置賜郡
    屋代 19,720.05 置賜郡編入 出羽国置賜郡
    北条 19,602.46 置賜郡編入 出羽国置賜郡
    下長井 93,117.25 置賜郡編入 出羽国置賜郡
    白川郡 39,920.48 40,006.6610 陸奥国白河郡
    石川郡 30,127.97 36,049.7155 陸奥国石川郡
    岩瀬郡 51,414.32 51,326.9450 陸奥国岩瀬郡
    安積郡 36,440.74 37,380.3590 陸奥国安積郡
    田村郡 86,892.97 87,536.0670 陸奥国田村郡
    安達郡 35,200.88 69,781.4390 陸奥国安達郡
    二本松郡 33,465.94 安達郡編入 陸奥国安達郡
    伊達郡 56,683.88 67,660.6290 陸奥国伊達郡
    小手 12,960.72 伊達郡編入 陸奥国伊達郡
    苅田郡 38,646.35 21,794.4900 陸奥国刈田郡
    信夫郡 53,194.52 53,526.4985 陸奥国信夫郡
    総計 919,042.59 919,527.4117

    寛永10年(1633年)以降に作成された寛永国絵図や慶長日本総図(川村博忠によると実際には慶長年間ではなく寛永年間に作成されたと考えられる)では何れも置賜郡が陸奥国所属となっており、戦国時代から寛永期まで置賜郡一帯が陸奥国扱いであった可能性が高い。その一方で慶長郷帳高を記載していると考えられる「日本国知行高之覚」は出羽国高について「内拾万石上杉弾正分入」との注釈を入れており、寛永国絵図が作成されるより前の時点で置賜郡の石高が出羽国の石高に含まれるようになったようにも読みとれる。

  5. ^ a b 松下志朗, 「近世初期の石高と領知高」, 九州大学経済学会 経済学研究, 42巻, pp. 275–317 (1977年)).
  6. ^ a b c d 石高の数字は以下の文献による。
    • 大野瑞男, 「国絵図・郷帳の国郡石高」, 『白山史学』, 23号, pp. 1–50 (1987年).
    「日本国知行高之覚」では下総国の石高が空欄であるが、総石高2217万1689石6斗7升4合から旧国別石高を減じることで25万0131石と求まり、この値を下総国の慶長郷帳石高として採用した。これは寛永巡見使国絵図記載の下総国石高25万0140石余とほぼ一致する。
  7. ^ 寛永十年巡見使国絵図高は、以下の文献による。
    • 川村博忠, 『寛永十年巡見使国絵図日本六十余州図』, 柏書房, 2002年.
    また尾張、播磨、小豆島の石高は佐賀県立図書館の蓮池文庫の「日本総図」などにより補った。川村博忠によると、この日本総図は寛永巡見使国絵図をもとに寛永12年(1635年)頃に作成されたとみられる。
  8. ^ a b c d 正保郷帳石高は以下の文献によるが、特に断りの無い限り和泉清司がまとめた石高を採用した。
    • 東京大学史料編纂所, 『正保・元禄・天保・明治村高比較表』.
    • 菊地利夫, 『続・新田開発―事例編』, 古今書院, 1986年.
    • 国絵図研究会編, 『国絵図の世界』, 柏書房, 2005年.
    • 和泉清司, 『近世前期郷村高と領主の基礎的研究 : 正保の郷帳・国絵図の分析を中心に』, 岩田書院, 2008年.
    • 近世繪圖地圖資料研究会編, 『正保國繪圖』, 柏書房, 2010-2013年.
    なお陸奥国会津領の正保国絵図には越後国内の小川庄 (東蒲原郡)の石高が計上されているが、本表では越後国会津領の石高として陸奥国会津領から除外する。また越後国の石高は郡高合計より1升少ない。
  9. ^ 明治5年石高は、東京大学史料編纂所蔵『郡村石高帳』の数字を基本史料としてまとめた。但し肥前の石高は7斗多い『日本地誌提要』の石高を採用し、薩摩・大隅の石高は『明治八年 共武政表』の郡高により石高を修正した。
  10. ^ 奄美群島は薩摩藩の事実上の直轄領(蔵入地)であったが、江戸時代を通じて対外的には琉球国の一部として集計されていた。明治維新後は明治12年(1879年)に大隅国大島郡が設置されるまで薩摩国の一部とされるなど、帰属が流動的である。
  11. ^ a b 新田高等の記載がある地域についてのみ、内高を算出する。また新田高の記載のある地域のみで、総計の内高/表高の比を算出している。
  12. ^ 徳川義親, 『尾張藩石高考』, 徳川林政史研究所, 1959年.
  13. ^ a b 播磨定男, 石本成暉, 兼重,宗和, 「近世初期検地と物成高 [付] 寛永二年防長両国検地村別石高表」, 徳山大学論叢, 13巻, pp. 92–126 (1979年). なお『寛永2年周防国長門国村一紙』に内訳の詳細が記載されているのは、防長二国65万8299石3斗3升1合の内、萩本領57万5288石1斗1升2合のみで、長門国内の調布藩領8万3011石2斗1升9合の内訳は不明である。
  14. ^ a b 山口和雄, 「「明治七年 府県物産表」の分析」, 經濟學研究, 1号, pp. 23–58 (1951年).
  15. ^ 遠藤佐々喜, 「維新直後調査鹿兒島藩産物出入比較表に就て: 口繪解説」, 社會經濟史, 4巻 (12号), pp. 1406–1408 (1935年).
  16. ^ 勝海舟編『吹塵録』所収「天保十三年全国石高内訳」による。
  17. ^ (a) 村上直, 「江戸幕府直轄領の地域的分布について」, 『法制史学』, 25号, pp. 1–17 (1973年). (b) 村上直, 「江戸後期, 幕府直轄領の地域分布について」, 『法制史学』, 34号, pp. 60–74 (1982年).
  18. ^ 以下の史料における慶応2年旧暦4月1日(1866年5月15日)の公称高を基礎とし、米沢藩などについては加増による修正を加えた。
    • 勝海舟編, 『吹塵録』, 「万石以上分限帳」.
  19. ^ 藤井讓治, 『江戸幕府領知判物・領知朱印状の基礎的研究 研究成果報告書』, 2005年.
  20. ^ 内高の数字は以下の文献による。
    • 早稲田大学図書館, 『大隈重信関係資料』, A1838, 「各藩高並租税調帳」.
    • 大塚武松編, 『藩制一覧』, 日本史籍協会, 1928年.
    『各藩高並租税調帳』と『藩制一覧』記載の石高は基本的には同一であるが、一部異なる。その場合には以下の文献と照らし合わせ、一番多く採用されている石高を内高とした。
    • 呉文聡, 「府藩県所轄並石高」, 『統計集誌』, 5号, pp. 9–22 (1882年).
    • 早稲田大学図書館, 『大隈重信関係資料』, A4361, 「府藩県石高人口表」.
    • 国立国会図書館憲政資料室, 『大江卓関係文書』, 220, 「藩々租税取調」.
  21. ^ a b c 金沢藩の石高は、富山藩(公称高10万石)、大聖寺藩(公称高10万石)の石高を含まない。ただし大聖寺藩の石高の内2万石は本家からの蔵米支給であり、実際の領知高は8万石である。また金沢藩は能登に1万4368石9斗3升7合4勺5才の私領打込預所を有していたが、金沢藩の石高には含まない。
  22. ^ 鹿児島藩の石高は、琉球国(公称高12万3700石、内高9万4230石0斗0升1合5勺7才)の石高を含むが、佐土原藩(公称高2万7070石、内高3万3262石7斗9升3合2勺)の石高を含まない。奄美を含む鹿児島藩本土の石高は77万5363石5斗7升5合0勺7才である。
  23. ^ 仙台藩の石高は、一関藩(公称高3万石)の石高を含む。また内高は『宮城縣史 本篇2 近世史』、『岩手県史 第6巻 近代篇 1』を参考にして、『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 二藩合計 仙台藩 一関藩
    磐城国宇多郡 7,012.74700 7,012.74700
    磐城国刈田郡 23,539.23000 23,539.23000
    磐城国伊具郡 39,442.94000 39,442.94000
    磐城国亘理郡 23,581.81000 23,581.81000
    陸前国名取郡 64,249.90000 64,249.90000
    陸前国宮城郡 75,435.82000 75,435.82000
    陸前国黒川郡 43,611.09000 43,611.09000
    陸前国加美郡 39,247.46000 39,247.46000
    陸前国柴田郡 30,527.78000 30,527.78000
    陸前国遠田郡 62,372.49000 62,372.49000
    陸前国志田郡 57,192.83000 57,192.83000
    陸前国牡鹿郡 14,927.35000 14,927.35000
    陸前国桃生郡 73,441.62000 73,441.62000
    陸前国栗原郡 136,492.99000 135,082.13000 1,410.86000
    陸前国登米郡 41,791.37000 41,791.37000
    陸前国玉造郡 24,906.98000 24,906.98000
    陸前国本吉郡 21,682.68000 21,682.68000
    陸前国気仙郡 15,626.76000 15,626.76000
    陸中国磐井郡 84,007.06000 51,390.62000 32,616.44000
    陸中国胆沢郡 75,764.26000 75,764.26000
    陸中国江刺郡 38,815.27000 38,815.27000
    常陸国筑波郡 3,662.04050 3,662.04050
    常陸国信太郡 5,598.66466 5,598.66466
    常陸国河内郡 2,213.82700 2,213.82700
    下総国豊田郡 295.99000 295.99000
    近江国蒲生郡 12,220.49600 12,220.49600
    近江国野洲郡 1,157.20600 1,157.20600
    合計 1,018,818.66116 984,791.36116 34,027.30000
    改易処分後 308,364.610000 278,017.24000 30,347.37000
  24. ^ 名古屋藩の石高は、明治立藩の御附家老犬山藩(公称高3万5千石、内高4万2704石8斗0升3合1勺)、今尾藩(公称高3万石、内高1万7906石9斗1升3合)の石高を含むが、御連枝高須藩(公称高3万石、内高3万0154石5斗0升3合)の石高を含まない。名古屋藩のみの石高は85万3215石3斗2升9合8勺である。
  25. ^ 和歌山藩の石高は、明治立藩の御附家老の紀伊新宮藩(公称高3万8800石、内高3万9359石4斗0升9合6勺4才)、紀伊田辺藩(公称高3万5千石、内高3万6624石7斗5升8合2勺5才)の石高を含むが、御連枝の西条藩(公称高3万石、内高4万0801石8斗)の石高を含まない。和歌山藩のみの石高は53万9469石4斗7升0合7勺である。
  26. ^ 熊本藩の石高は、熊本新田藩(高瀬藩)(公称高3万5千石)、宇土藩(公称高3万石)の石高を含む。熊本藩は本領の他に2万2千石の私領同様預所を有していた。
  27. ^ 福岡藩の石高は、秋月藩(公称高5万石、内高5万1783石6斗2升5合3勺9才)の石高を含まない。
  28. ^ 広島藩の石高は、広島新田藩(公称高3万石)の石高を含む。
  29. ^ 萩藩の石高は、長府藩(豊浦藩)(公称高5万石、内高10万0972石)、徳山藩(公称高4万0010石、内高6万9054石)、清末藩(公称高1万石、内高1万3091石)、明治立藩の岩国藩(公称高6万石、内高8万1221石)の石高を含む。萩藩のみの石高は71万3666石である。なお萩藩は慶応2年旧暦5月1日(1866年6月13日)に禁門の変の咎で10万石の減封処分を下されている。
  30. ^ 佐賀藩の石高は、小城藩(公称高7万3252石)、蓮池藩(公称高5万2625石)、鹿島藩(公称高2万石)の石高を含む。なお佐賀四藩の石高は『藩制一覧』(88万6525石4斗2升0合0勺7才5弗)と『旧高旧領取調帳』(34万2913石3斗8升6合2勺8才)で明白に異なるが、これは佐賀藩における過大な新田高の算出法に起因し(例えば佐賀本藩の石高72万4739石3斗1升5合2勺の内、本高21万1159石0斗9升9合、新田高51万3580石2斗1升6合2勺)、ここでは佐賀藩の報告した過大な石高を採用した。
    旧国郡 四藩合計 佐賀藩 小城藩 蓮池藩 鹿島藩
    肥前国佐賀郡 95,677.440200 91,158.559200 3,954.138000 564.743000
    肥前国神崎郡 41,936.357000 34,875.009300 7,061.347700
    肥前国養父郡 11,463.730600 11,463.730600
    肥前国三根郡 14,537.362100 14,537.362100
    肥前国小城郡 41,137.798600 14,385.799500 26,751.999100
    肥前国杵島郡 67,773.728130 63,775.096130 3,998.632000
    肥前国藤津郡 33,033.061000 8,782.163800 10,539.488700 13,711.408500
    肥前国松浦郡 14,154.731550 11,618.534350 2,317.502200 218.695000
    肥前国彼杵郡 2,413.126100 2,413.126100
    肥前国高来郡 20,786.057300 20,786.057300
    合計 342,913.392580 273,795.438380 33,023.639300 22,382.906400 13,711.408500
    『藩制一覧』 886,525.420075 724,739.315200 82,126.320000 59,659.784875 20,000.000000
  31. ^ a b 水戸藩の石高は、明治立藩の御附家老の常陸松岡藩(公称高2万5千石、内高1万7300石4斗7升)の石高を含むが、御連枝の高松藩(公称高12万石)、守山藩(松川藩)(公称高2万石、内高2万9322石3斗1升9合3勺3才)、常陸府中藩(石岡藩)(公称高2万石、内高2万9069石6斗8升3合0勺1才)。宍戸藩(公称高1万石、内高1万0499石6斗6升6合)の石高を含まない。水戸藩のみの石高は29万6115石3斗6升9合である。
  32. ^ 津藩の石高は、久居藩(公称高5万3千石、内高5万8686石1斗6升5合)の石高を含む。津藩のみの石高は29万9334石6斗8升2合である。
  33. ^ 鳥取藩の石高は、鳥取東館新田藩(鹿奴藩)(公称高3万石)、鳥取西館新田藩(若桜藩)(公称高1万5千石)、および明治立藩の福本藩(公称高1万0573石)へ分知した4500石の石高を含むが、福本藩の旧交代寄合領(内高7073石0斗5升2号)は含まない。
  34. ^ 岡山藩の石高は、鴨方藩(公称高2万5千石、内高2万5839石7斗7升)、生坂藩(公称高1万5千石)の石高を含む。岡山藩のみの石高は45万4117石1斗9升9合6勺である。
  35. ^ 会津藩は文久元年(1861年)旧暦4月、本領23万石(陸奥国5郡、越後国蒲原郡、安房国)の内、安房1万6600石と陸奥国会津・河沼・耶麻郡の内3万3400石を越後国魚沼・蒲原・岩舟・三島郡5万石に替え、陸奥国会津・河沼・耶麻郡の3万3400石を大名預所に振り替えることで、陸奥・下野・越後に広がる大名預所は7万5千石に増えた。文久3年10月15日(1863年11月25日)、この大名預所は私領同様預所とされた。京都守護職に就任した際、畿内を中心に5万石の役知(山城、河内、播磨)が支給されたが、他に文久4年2月11日(1864年1月4日)には5万石の加増の決定を受けた。多くの書籍ではこの時の加増として陸奥・下野の南山御蔵入領5万石を領分に振り替えたと記述しているが、実際に加増された地域は別に越後2万5千石、近江1万5千石、和泉1万石とする研究があり、本表ではこれに従った。詳しくは以下を参照。
    • 真木惇, 「幕末期越後の会津藩領」, 『新潟史研究』, 15号, pp. 25–38 (1983年).
    • 廣野卓, 「和泉国の会津藩領について」, 『会津史談会』, 48号, pp. 28–50 (1975年).
    • 新田美香, 「京都守護職に対する幕府の財政援助」, 『お茶の水史学』, 45号, pp. 53–73 (2001年).
    また内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 領分・預所・役知合計 会津藩領分 会津藩預所 京都守護職役知
    岩代国安積郡 12,121.10984 12,121.10984
    岩代国河沼郡 76,212.17100 56,729.96800 19,482.20300
    岩代国会津郡 88,221.33950 88,221.33950
    岩代国大沼郡 53,029.61600 28,544.90800 24,484.70800
    岩代国耶麻郡 126,244.94100 101,864.91300 24,380.02800
    越後国魚沼郡 48,142.40550 24,579.43500 23,562.97050
    越後国三島郡 4,486.12500 4,486.12500
    越後国蒲原郡 48,058.66015 48,058.66015
    越後国岩舟郡 13,191.57857 13,191.57857
    和泉国南郡 1,273.35180 1,273.35180
    和泉国日根郡 9,430.77490 9,430.77490
    近江国栗太郡 1,401.84413 1,401.84413
    近江国蒲生郡 829.52500 829.52500
    近江国高島郡 3,024.39000 3,024.39000
    近江国野洲郡 9,805.74285 9,805.74285
    下野国塩谷郡 951.82100 951.82100
    山城国愛宕郡 552.03140 552.03140
    山城国葛野郡 3,179.09063 3,179.09063
    山城国乙訓郡 3,002.27700 3,002.27700
    山城国紀伊郡 4,365.51700 4,365.51700
    山城国久世郡 6,654.22720 6,654.22720
    山城国綴喜郡 3,618.76670 3,618.76670
    山城国相楽郡 810.21950 810.21950
    河内国河内郡 3,892.47700 3,892.47700
    河内国讃良郡 5,912.00500 5,912.00500
    河内国交野郡 4,614.54880 4,614.54880
    河内国若江郡 3,923.46800 3,923.46800
    播磨国美嚢郡 1,739.24990 1,739.24990
    播磨国加東郡 2,031.86892 2,031.86892
    播磨国加西郡 6,818.01400 6,818.01400
    合計 547,539.15729 403,563.66574 92,861.73050 51,113.76105
  36. ^ 久留米藩は本領の他に2万2千石の私領同様預所を有していた。
  37. ^ 久保田藩の石高は、久保田新田藩(秋田新田藩、岩崎藩)(公称高2万石)の石高を含む。
  38. ^ 高知藩の石高は、高知新田藩(公称高1万石)の石高を含む。
  39. ^ 盛岡藩の石高は、盛岡新田藩(七戸藩)(公称高1万1千石)の石高を含むが、八戸藩(公称高2万石)の石高は含まない。また内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 三藩合計 盛岡・七戸藩合計 盛岡藩 七戸藩 八戸藩
    陸中国厳手郡 45,941.572 45,941.572 45,941.572
    陸中国紫波郡 54,630.511 47,812.127 47,812.127 6,818.384
    陸中国稗貫郡 51,689.690 51,689.690 51,689.690
    陸中国和賀郡 53,170.809 53,170.809 53,170.809
    陸中国閉伊郡 28,559.015 28,559.015 28,559.015
    陸中国鹿角郡 20,965.045 20,965.045 20,965.045
    陸中国九戸郡 11,907.890 956.103 956.103 10,951.787
    陸奥国二戸郡 14,796.270 14,796.270 14,796.270
    陸奥国三戸郡 42,952.698 29,282.249 29,282.249 13,670.449
    陸奥国北郡 23,524.559 23,524.559 9,611.033 13,913.526
    合計 348,138.059 316,697.439 302,783.913 13,913.526 31,440.620
    改易処分後 211,382.579 171,308.579 160,923.932 10,384.647 40,074.000
  40. ^ 彦根藩は本領の他に3万4千石の私領同様預所(内高3万4278石9斗2升)を有していた。
  41. ^ 松江藩の石高は、広瀬藩(公称高3万石、内高3万3128石0斗9升)、母里藩(公称高1万5千石、内高9560石9斗3升1合)を含む。松江藩のみの石高は24万5340石1斗5升9合である。
  42. ^ 米沢藩の石高は、米沢新田藩(公称高2万石)の石高を含む。なお慶応2年旧暦6月25日(1866年8月5日)に屋代郷3万石を加増されることで、出羽国置賜郡一円の所領が復帰した。米沢藩は本領の他に1万3千石の私領同様預所を有していた。内高は『旧高旧領取調帳』記載の羽前国置賜郡の総石高。
  43. ^ 幕末の鶴岡藩は「拾七万石之格」として扱われたが、実際の領知高は16万7071石余であった。鶴岡藩の石高は、出羽松山藩(松峰藩)(公称高2万5千石)の石高を含まない。また内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 二藩合計 大泉藩 松峰藩
    羽前国村山郡 13,720.98120 13,720.98120
    羽前国田川郡 157,863.44384 154,509.90731 3,353.53653
    羽前国飽海郡 74,886.33810 67,875.45180 7,010.88630
    上野国勢多郡 2,354.46100 2,354.46100
    上野国山田郡 1,001.70400 1,001.70400
    合計 249,826.92814 222,385.35911 27,441.56903
    改易処分後 146,800.15744 120,000.00000 26,800.15744
  44. ^ 小倉藩の石高は、小倉新田藩(千束藩)(公称高1万石、内高1万0172石2斗1升2合6勺)、及び慶応3年旧暦1月20日(1867年2月24日)に長州藩預所となった企球郡代の石高(3万6981石2斗)を含む。豊津藩のみの石高は16万5617石3斗5升2合である。
  45. ^ 小田原藩の内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 内高
    相模国足柄上郡 33,117.75041
    相模国足柄下郡 28,467.56900
    相模国淘綾郡 1,235.87839
    相模国大住郡 3,326.93979
    相模国愛甲郡 250.42200
    相模国津久井県 4,612.21825
    伊豆国君沢郡 2,932.72270
    伊豆国田方郡 1,438.04100
    駿河国駿東郡 16,590.62900
    駿河国富士郡 1,135.80700
    河内国石川郡 1,708.64600
    河内国古市郡 660.39700
    河内国安宿郡 777.36900
    河内国大県郡 2,213.57300
    河内国高安郡 721.54800
    河内国河内郡 2,201.65100
    河内国交野郡 8,156.41170
    河内国若江郡 1,679.76800
    河内国志紀郡 991.64400
    河内国丹南郡 1,548.62100
    河内国丹北郡 3,691.79400
    摂津国東成郡 2,070.21800
    摂津国住吉郡 5,323.86210
    合計 124,853.48034
    改易処分後 75,532.40314
  46. ^ 桑名藩の内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 内高
    伊勢国桑名郡 30,662.92400
    伊勢国員弁郡 32,884.77300
    伊勢国朝明郡 14,110.25200
    伊勢国三重郡 6,008.33000
    越後国古志郡 1,472.08800
    越後国魚沼郡 4,087.79500
    越後国刈羽郡 40,058.02339
    越後国三島郡 10,253.15300
    越後国蒲原郡 4,901.77900
    合計 144,439.11739
    改易処分後 60,560.32500
  47. ^ 二本松藩の内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 内高
    岩代国安達郡 87,124.05506
    岩代国信夫郡 4,719.96030
    岩代国安積郡 41,643.11242
    合計 133,487.12778
    改易処分後 500,000.000
  48. ^ 弘前藩の石高は、黒石藩(公称高1万石、内高1万3251石8斗8升5合)の石高を含む。弘前藩のみの石高は27万4482石である。
  49. ^ 棚倉藩の内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。ただし信濃、遠江の白河藩領とされる地域も棚倉藩領として合算した。
    旧国郡 内高
    磐城国白川郡 22,955.74965
    磐城国菊多郡 14,378.29860
    磐城国楢葉郡 12,503.13000
    磐城国磐前郡 2,663.53100
    磐城国磐城郡 933.81000
    岩代国伊達郡 17,679.10700
    岩代国信夫郡 2,841.51800
    羽前国村山郡 8,549.75800
    播磨国加東郡 5,847.35400
    信濃国伊那郡 14,039.90002
    遠江国山名郡 3,075.17100
    遠江国豊田郡 5,085.95000
    遠江国麁玉郡 293.28000
    遠江国引佐郡 2,150.49600
    合計 112,997.05327
    改易処分後 59,982.00000
  50. ^ 宇和島藩の石高は、伊予吉田藩(公称高3万石、内高3万0007石6斗8升8合5勺4才)の石高を含まない。
  51. ^ 幕末の明石藩は「拾万石之格」として扱われていたが、実際の領知高は8万石であった。
  52. ^ 幕末の対馬府中藩は「拾万石之格」として扱われたが、実際の領知高は3万3402石余であった。なお内高は『長崎県史 藩政編』により、他に預地3万5190石を豊前・豊後に有していた。明治2年旧暦9月18日(1869年10月22日)、歳賜米3万石を領地に換え、さらに明治3年旧暦1月19日(1870年2月19日)、領地の一部を振り替えることで、8万4509石余に加増される。

関連項目[編集]