登米郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮城県登米郡の範囲(水色:後に他郡から編入された区域)

登米郡(とめぐん)は、宮城県陸奥国陸前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、登米市の大部分(津山町各町を除く)にあたる。なお、登米市石越町各町が1877年、登米市南方町各町および迫町新田、迫町北方が1878年まで栗原郡に所属した。

歴史[編集]

近代以降の沿革[編集]

  • 幕末時点では陸奥国に所属し、全域が仙台藩領であった。当時の郡名の読みは「とよま」。「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での村は以下の通り。(24村)
吉田村、寺池村、森村、小島村、日野渡村、日根牛村、楼台村、米谷村、狼河原村、西郡村、浅部村、嵯峨立村、水越村、加賀野村、大泉村、石森村、弥勒寺村、黒沼村、桜場村、上沼村、新井田村、鱒淵村、鴇波村、赤生津村
宮城県第4大区(全16小区。栗原郡・登米郡13~16)
小区 所属村
小13区 吉田村、潤沼村
小14区 登米村、浅水村、田沼村
小15区 石森村、上沼村、桜場村、森村
小16区 米谷村、米川村、錦織村
  • 明治10年(1877年) - 栗原郡石越村の所属郡が当郡に変更。
  • 明治11年(1878年
    • 潤沼村を赤生津村・鴇波村に分割。
    • 10月21日 - 郡区町村編制法の宮城県での施行により、行政区画としての登米郡が発足。郡役所が北方村の佐沼城下町に設置。同時に郡名の読みを「とよま」から「とめ」に改める。同日大区小区制を廃止。
  • 明治12年(1879年
    • 登米村から日根牛村が分立。
    • 米川村が狼河原村・鱒淵村に分割。
    • 錦織村が西郡村・嵯峨立村に分割。
    • 栗原郡北方村・南方村・新田村の所属郡が登米郡に変更。
  • 明治13年(1880年1月17日 - 遠田郡西野村・中津山村の所属郡がを登米郡に変更[2]

町村制以降の沿革[編集]

1.佐沼町 2.北方村 3.南方村 4.米山村 5.吉田村 6.豊里村 7.登米町 8.浅水村 9.米谷村 10.米川村 11.錦織村 12.上沼村 13.宝江村 14.石森村 15.石越村 16.新田村(赤:登米市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足[3]。全域が現・登米市。(2町14村)
  • 明治27年(1894年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治36年(1903年12月11日 - 米谷村が町制施行して米谷町となる。(3町13村)
  • 明治45年(1912年5月15日 - 石森村が町制施行して石森町となる。(4町12村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会を廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地理区分名称となる。
  • 昭和11年(1936年1月20日 - 米山村の一部(西野の一部)が吉田村に編入[6]。(6町2村)
  • 昭和17年(1942年)7月1日 - 「登米地方事務所」が佐沼町に設置し、登米郡全域を管轄する。
  • 昭和25年(1950年)4月1日 - 豊里村が町制施行して豊里町となる。(5町11村)
  • 昭和30年(1955年)4月1日 - 佐沼町・北方村・新田村が合併して迫町が発足。(5町9村)
  • 昭和31年(1956年
    • 4月1日 - 石森町・上沼村・浅水村・宝江村が合併して中田町が発足。(5町6村)
    • 9月30日 - 錦織村・米川村が合併して日高村が発足。(5町5村)
  • 昭和32年(1957年
    • 4月1日 - 中田町の一部(森の大部分)が迫町に編入。
    • 5月1日 - 米谷町・日高村が合併して東和町が発足。(5町4村)
    • 12月25日 - 米山村・吉田村が合併して米山町が発足。(6町2村)
  • 昭和34年(1959年)4月1日 - 石越村が町制施行して石越町となる。(7町1村)
  • 昭和39年(1964年)4月1日 - 南方村が町制施行して南方町となる。(8町)
  • 平成17年(2005年)4月1日 - 登米町・豊里町・中田町・東和町・迫町・南方町・石越町・米山町が本吉郡津山町と合併して登米市が発足。同日登米郡消滅。

変遷表[編集]

自治体の変遷
藩政期 明治8年10月17日 明治9年 - 明治21年 明治22年4月1日
町村制施行
明治22年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
栗原郡石越村 栗原郡石越村 明治10年
石越村
石越村 石越村 昭和34年4月1日
町制 石越町
平成17年4月1日
登米市
登米市
栗原郡南方村 栗原郡南方村 明治12年
南方村
南方村 南方村 昭和39年4月1日
町制 南方町
栗原郡
北方村
[4] 栗原郡北方村 明治12年
北方村
佐沼町 佐沼町 昭和30年4月1日
迫町
迫町
[5] 北方村 北方村
栗原郡新田村 栗原郡新田村 明治12年
新田村
新田村 新田村
森村 大部分 森村 森村 宝江村 宝江村 昭和31年4月1日
石森町
昭和32年4月1日
迫町に編入
一部 中田町
新井田村 田沼村 田沼村
黒沼村
石森村 石森村 石森村 石森村 明治45年5月15日
町制 石森町
加賀野村
上沼村 上沼村 上沼村 上沼村 上沼村
大泉村
弥勒寺村
桜場村 桜場村 桜場村
浅部村 浅水村 浅水村 浅水村 浅水村
水越村
寺池村 登米村 登米村 登米町 登米町 登米町
小島村
日野渡村
日根牛村 明治12年
分立 日根牛村
米谷村 米谷村 米谷村 米谷村 明治36年12月11日
町制 米谷町
米谷町 昭和32年5月1日
東和町
楼台村
狼河原村 米川村 明治12年
狼河原村
米川村 米川村 昭和31年9月30日
日高村
鱒淵村 明治12年
鱒淵村
西郡村 錦織村 明治12年
西郡村
錦織村 錦織村
嵯峨立村 明治12年
嵯峨立村
赤生津村 潤沼村 明治11年
赤生津村
豊里村 昭和25年4月1日
町制 豊里町
豊里町
鴇波村 明治11年
鴇波村
吉田村 吉田村 吉田村 吉田村 吉田村 昭和32年12月25日
米山町
遠田郡
西野村
一部 遠田郡西野村 明治13年
西野村
米山村 昭和11年1月20日
吉田村に編入
一部 米山村
遠田郡中津山村 遠田郡中津山村 明治13年
中津山村

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 河田安照 明治12年(1879年)3月17日 明治19年(1886年)12月7日
2 佐伯真満 明治19年(1886年)12月8日 明治27年(1894年)2月17日死去[7]
3 八乙女盛次 明治27年(1894年)2月20日 明治29年(1896年)7月23日
4 浜田盛禎 明治29年(1896年)7月23日 明治32年(1899年)6月14日
5 秋山峻 明治32年(1899年)6月14日 明治36年(1903年)2月10日
6 武市郎 明治36年(1903年)2月10日 明治37年(1904年)12月13日
7 黒田良正 明治37年(1904年)12月24日 明治39年(1906年)2月28日
8 河野通久 明治39年(1906年)2月28日 明治40年(1907年)8月10日
9 本木房吉 明治40年(1907年)8月10日 明治41年(1908年)3月5日
10 半田卯内 明治41年(1908年)3月9日 大正11年(1922年)4月12日
11 森田専七郎 大正11年(1922年)4月12日 大正12年(1923年)2月17日
12 須田丙子郎 大正12年(1923年)2月17日

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。
  2. ^ 同日付、宮城県令甲第7号
  3. ^ 町村の統合自体は前日の3月31日付で実施されている。(明治22年〈1889年〉2月9日付、宮城県令第8号)
  4. ^ a b 佐沼城下町(字本郷)
  5. ^ a b 佐沼城下町を除く区域(字日向・字北浦・字三方嶋)
  6. ^ 第四 市町村変遷等の状況”. 公益財団法人宮城県市町村振興協会. 2021年7月28日閲覧。
  7. ^ 『官報』第3192号、明治27年2月21日。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 『角川日本地名大辞典』 4 宮城県、角川書店、1979年12月1日。ISBN 4040010302 
  • 旧高旧領取調帳データベース
  • 『迫町史』(宮城県登米郡迫町、1981年)

関連項目[編集]