登米町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
登米町
登米町、北上川沿いの堤防の桜並木
登米町、北上川沿いの堤防の桜並木
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
登米郡迫町登米町東和町中田町豊里町米山町石越町南方町本吉郡津山町
登米市
現在の自治体 登米市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
登米郡
団体コード 04542-0
面積 45.67km²
総人口 5,735
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 登米郡
東和町中田町米山町豊里町
本吉郡
津山町志津川町
町の木 ウメ
登米町役場
所在地 987-0792
宮城県登米郡登米町寺池目子侍井381番地の1
座標 北緯38度39分24.8秒
東経141度16分31.3秒
Toyoma-Miyagi.png
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

登米町(とよままち)は、宮城県北東部にあったである。キャッチフレーズは「みやぎの明治村」。古くから宮城県北部の中心として栄えてきた。2005年4月1日合併により登米市(とめし)となった。

名称[編集]

続日本紀に遠山村と記され、後の登米村と認められる史実があることから、遠山が「とよま」の語源とされている。とよまの原音はアイヌ語の「トイオマ(食べられる土のあるところの意)」であり、登米町一帯はアイヌが食べたと思われるアルカリ性の白い岩石が多く発掘されている。

明治初めの郡区町村編制のときに簡易な読み方として「とめ」が郡名に採用された。そのため、郡名は「とめ」、町名は「とよま」と読むようになった。なお、合併によって誕生した登米市の市名は「とめ」であるが、合併後の旧町名は大字の一部となり、そちらの読み方は「とよま」である。

地理[編集]

宮城県北部に位置した町である。町の中央を北上川が流れ、東側が北上山地、西側が田園地帯になっている。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

教育[編集]

高等学校
宮城県登米高等学校
中学校
登米町立登米中学校
小学校
登米町立登米小学校

交通[編集]

高速バス[編集]

  • 県庁市役所前(仙台)~とよま総合支所線
    • 県庁市役所前~仙台駅前~仙台東IC河北IC~追波川運動公園~柳津三丁目~とよま明治村(とよま観光物産センター)~とよま総合支所
    • 所要時間:97分

道路[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道路線は無い。かつては仙北鉄道が町内を通過し、終点登米駅があった。

観光[編集]

キャッチコピーを「みやぎの明治村」とし、登米市を代表する観光地区として年間20万人を超える観光客が訪れている。

名所・旧跡[編集]

教育資料館
水沢県庁記念館
警察資料館

食文化[編集]

祭り・イベント[編集]

  • 絵のまち巡り
  • みやぎ北上連邦とよま凧あげ大会
  • とよま茶会
  • 登米芭蕉祭俳句大会
  • かっぱ市
  • とよま明治村夏まつり
  • とよま薪能
  • 登米秋まつり
  • みやぎ北上連邦カッパハーフマラソン

関連項目[編集]