名取郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮城県名取郡の範囲(水色:後に他郡から編入した区域 薄黄:後に他郡に編入された区域)

名取郡(なとりぐん)は、宮城県陸奥国陸前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、名取市岩沼市(吹上・吹上西・阿武隈・大昭和などを除く)、仙台市太白区および青葉区の一部(茂庭・新川など)、若林区の一部(沖野・下飯田・三本塚・井土以南)の区域にあたる。なお、岩沼市の例外となっている区域は1947年亘理郡から編入されている。また、仙台市青葉区新川は1955年宮城郡に編入されている。

歴史[編集]

7世紀に設置されたと推定される。かつては和銅6年(713年)に陸奥国丹取郡を置いたとする『続日本紀』の記事が、「名取」を「丹取」と誤記したものだとする説が有力だったが、現在では否定されている[1]天平元年(729年)11月15日の日付で、陸奥国名取郡から昆布を納めたときの荷札の木簡が、平城宮から見つかっている[2]。また、郡の字は付されていないものの、郡山遺跡から出た土師器の坏に「名取」と記されたものがある[3]

「名取」の文献上における初見は、『続日本紀天平神護2年(766年)12月30日条にある名取竜麻呂の改姓記事である。「名取郡」としては神護景雲3年(769年)3月13日条にある名取郡の人吉弥侯部老人の改姓記事がもっとも早い。

もとは名取川および支流の広瀬川宮城郡との境であったが、西方では両郡の境界は曖昧で、秋保郷のように所属が明確でない地域も存在した。近世初期には仙台城付近で広瀬川支流の竜ノ口沢が境界線となり、仙台城は宮城郡へと編入された。江戸時代には北方(28村3浜、長町代官所)・南方(1郷29村、増田代官所)に区分された。

町村制施行以前の沿革[編集]

区分 村数 村名 所属代官区 所轄郡奉行
北方
28村3浜 飯田村、今泉村、牛野村、大野田村、大曲村、沖野村、鈎取村、郡山村、小塚原村、境野村、四郎丸村、高柳村、種次村、富沢村、富田村、新川村、長袋村、日辺村、根岸村、馬場村、平岡村、袋原村、二木村、前田村、茂庭村、柳生村、山田村、湯元村、井土浜、藤塚浜、閖上浜 長町代官所
(根岸村)
南方郡奉行
南方 1郷29村 岩沼本郷、小豆島村、飯野坂村、植松村、小川村、押分村、笠島村、川上村、北目村、熊野堂村、塩手村、志賀村、下野郷村、杉ヶ袋村、田高村、坪沼村、手倉田村、寺島村、長岡村、北長谷村、南長谷村、早股村、堀内村、本郷村、増田村、下増田村、三色吉村、上余田村、下余田村、吉田村 増田代官所
(増田村)
  • 明治7年(1874年
    • 平岡村・根岸村が合併して長町村となる。(60村)
    • 4月 - 区の再編により、全域が宮城県第8大区となる。
  • 明治11年(1878年)10月21日 - 郡区町村編制法の宮城県での施行により、行政区画として名取郡が発足。郡役所が長町村に設置。同日大区小区制廃止。
  • 明治22年(1889年)3月31日 - 翌日の市制施行に先立ち、仙台区との間で下記の境界変更を実施。
    • [長町 - 仙台]長町村字大窪谷地を仙台区に編入。仙台区宮沢の1戸を長町村へ編入。

町村制以降の沿革[編集]

1.岩沼町 2.増田村 3.茂ヶ崎村 4.六郷村 5.東多賀村 6.下増田村 7.館腰村 8.玉浦村 9.千貫村 10.愛島村 11.高館村 12.中田村 13.西多賀村 14.生出村 15.秋保村(紫:仙台市 桃:名取市 赤:岩沼市)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足[4]。(1町14村)
    • 岩沼町(岩沼本郷が単独町制。現・岩沼市)
    • 増田村 ← 増田村、田高村、手倉田村、上余田村、下余田村(現・名取市)
    • 茂ヶ崎村 ← 長町村、郡山村(現・仙台市)
    • 六郷村 ← 飯田村、今泉村、沖野村、種次村、日辺村、二木村、井戸浜、藤塚浜(現・仙台市)
    • 東多賀村 ← 閖上浜、牛野村、大曲村、小塚原村、高柳村(現・名取市)
    • 下増田村 ← 下増田村、杉ヶ袋村(現・名取市)
    • 館腰村 ← 植松村、飯野坂村、堀内村、本郷村(現・名取市)
    • 玉浦村 ← 下野郷村、押分村、早股村、寺島村(現・岩沼市)
    • 千貫村 ← 北長谷村、南長谷村、小川村、志賀村、長岡村、三色吉村(現・岩沼市)
    • 愛島村 ← 北目村、塩手村、笠島村、小豆島村(現・名取市)
    • 高舘村 ← 吉田村、川上村、熊野堂村(現・名取市)
    • 中田村 ← 前田村、四郎丸村、袋原村、柳生村(現・仙台市)
    • 西多賀村 ← 富沢村、大野田村、鈎取村、富田村、山田村(現・仙台市)
    • 生出村 ← 茂庭村、坪沼村(現・仙台市)
    • 秋保村 ← 長袋村[大部分]、境野村、馬場村、湯元村、新川村(現・仙台市)
    • 長袋村の一部(字白沢・道半)は宮城郡広瀬村の一部になる。
  • 明治27年(1894年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治29年(1896年)6月30日 - 増田村が町制施行して増田町となる。(2町13村)
  • 大正4年(1915年)2月1日 - 茂ヶ崎村が町制施行・改称して長町となる。(3町12村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和3年(1928年)4月1日(3町11村)
    • 長町が仙台市に編入。
    • 東多賀村が町制施行・改称して閖上町となる。
  • 昭和7年(1932年)10月1日 - 西多賀村が仙台市に編入。(3町10村)
  • 昭和16年(1941年)9月15日 - 中田村・六郷村が仙台市に編入。(3町8村)
  • 昭和22年(1947年)1月11日 - 岩沼町が亘理郡逢隈村のうち阿武隈川北岸の部分(吹上地区[5]、2.44平方km)を編入。
  • 昭和30年(1955年)4月1日(2町2村)
    • 増田町・閖上町・下増田村・高舘村・館腰村・愛島村が合併して名取町が発足。
    • 岩沼町・千貫村・玉浦村が合併し、改めて岩沼町が発足。
    • 秋保村の一部(新川)が宮城郡宮城村に編入。
  • 昭和31年(1956年)4月1日 - 生出村が仙台市に編入。(2町1村)
  • 昭和33年(1958年)10月1日 - 名取町が市制施行して名取市となり、郡より離脱。(1町1村)
  • 昭和42年(1967年)4月1日 - 秋保村が町制施行して秋保町となる。(2町)
  • 昭和46年(1971年)11月1日 - 岩沼町が市制施行して岩沼市となり、郡より離脱。(1町)
  • 昭和63年(1988年)3月1日 - 秋保町が仙台市に編入。同日名取郡消滅。宮城県内では、初の郡消滅となった。

変遷表[編集]

歴代郡長[編集]

氏名 就任 退任 備考
1 小笠原幹 明治12年(1879年)7月29日 明治18年(1885年)1月9日 宮城郡長を兼任(明治16年(1883年)6月18日~)
2 守屋孝章 明治18年(1885年)1月10日 明治30年(1897年)12月15日
3 八乙女盛次 明治31年(1898年)4月2日 明治31年(1898年)12月26日
4 荒篤次郎 明治31年(1898年)12月27日 明治33年(1900年)7月12日
5 高岡松郎 明治33年(1900年)7月13日 明治42年(1909年)7月5日
6 八乙女盛次 明治42年(1909年)7月6日 大正6年(1917年)3月12日 再任
7 戸田元太郎 大正6年(1917年)3月12日 大正11年(1922年)4月12日
8 清野喜左ェ門 大正11年(1922年)4月12日 大正12年(1923年)1月30日
9 中島霊円 大正12年(1923年)2月17日 大正13年(2004年)10月4日
10 高橋林造 大正13年(1924年)10月4日 大正15年(1926年)4月30日

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』和銅6年12月2日条。丹取郡の解説を参照。
  2. ^ 馬場基「陸奥国荷札の「発見」」。
  3. ^ 長島栄一『郡山遺跡』164-165頁。
  4. ^ 町村の統合自体は前日の3月31日付で実施されている。(明治22年(1889年)2月9日付、宮城県令第8号)
  5. ^ 逢隈村中泉のうち、法京・鯖土手・藤波西・丹後北・丹後南・根方道北・岩沼上下の各字。

参考文献[編集]

関連項目[編集]