若林区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わかばやしく
若林区
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
仙台市
団体コード 04103-3
面積 50.86km²
総人口 135,300
推計人口、2016年10月1日)
人口密度 2,660人/km²
隣接自治体
隣接行政区
仙台市青葉区宮城野区太白区
名取市
若林区役所
所在地 984-8601
宮城県仙台市若林区保春院前丁3番地1
北緯38度14分38.9秒東経140度54分2.7秒
Wakabayashi Ward Office cropped.jpg
外部リンク 仙台市若林区役所HP

若林区位置図

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

若林区(わかばやしく)は、仙台市を構成する5区のうちのひとつである。仙台市の南東部で構成されている。

地理[編集]

広瀬川名取川を西南の境とし、東は仙台湾に面する。全体的に低平な土地である。区の中心部を国道4号仙台バイパスが縦断しており、仙台バイパス付近より西側は住宅地、東側は水田地帯となっている。震災前は、荒浜地区は、水田と林に囲まれたところに集落があったが、津波で消滅した。

歴史[編集]

現在の若林区が設けられるまで、この区域が一つのまとまりとされたことはない。区の西端は江戸時代から城下町仙台の一部で、それより東は近郊の農村であった。政令指定都市になるに際し、市の南東部を一個の区として設けたのが若林区である。若林は、伊達政宗が造営した若林城(現:宮城刑務所)に由来する。区名の公募の1位は東区、2位は南区、3位は広瀬区で、若林区は4位であった。東区と南区は方位をとらないという方針によって除かれ、広瀬区は、各区で上位にあり、かつ上・中流のほうが広瀬のイメージにふさわしいという理由で退けられた[1]

若林区役所(旧養種園)の周辺には、古墳時代に遠見塚古墳猫塚古墳法領塚古墳など多くの古墳が造られた。奈良時代に現在の木ノ下に陸奥国分寺陸奥国分尼寺が建立された。中世にはこの辺りから国分氏が興って今の仙台市域の大部分を支配した。伊達政宗が江戸初期に仙台城下町を築いた際、この付近の人々が現在の国分町に移された。区の過半は宮城郡だが、南部は名取郡に属し、室町時代に粟野氏が現在の沖野地区に舘(沖野城)を構築して茂ヶ崎城の出城とした。今泉地区にも須田玄蕃の館(今泉城)があったとされる。太白区の郡山地区などと並び、現在の仙台市中心部よりも古い歴史を持つ地域である。

産業[編集]

区の東半部は、水田地帯となっており、稲作が盛んである。また、区の北部には、仙台市の流通拠点である卸町地区が位置しており、仙台市中央卸売市場も同地区内にある。

金融機関[編集]

卸町や大和町地区に古くから県外金融機関が進出しているのに加え、仙台市地下鉄東西線開通と前後して、六丁の目から荒井地区にかけて、県外に本店を置く金融機関の配置転換や新規参入などが進んでいる(後者については、県内金融機関も新築移転や新規設置を行う動きを見せている)。

郵便[編集]

  • 仙台今泉郵便局
  • 仙台沖野郵便局
  • 仙台上飯田郵便局
  • 仙台河原町郵便局
  • 仙台穀町郵便局
  • 仙台新寺郵便局
  • 仙台遠見塚郵便局
  • 仙台保春院前丁郵便局
  • 仙台南小泉郵便局
  • 仙台薬師堂郵便局
  • 仙台大和町郵便局
  • 仙台連坊郵便局
  • 仙台若林一郵便局
  • 仙台東部工業団地簡易郵便局


地域[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

古城小学校は、文部科学省が推進する「学力向上フロンティア」指定校(フロンティアスクール)である。

中学校[編集]

高等学校[編集]

短期大学[編集]

医療機関[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

史跡・娯楽[編集]

遊泳可能期間は7月中旬から8月10日頃(運営団体が遊泳監視員の増強に難色を示していることなどから開設期間が短い)。
仙台駅よりバスで約40分のところにある。

出身の有名人[編集]

[編集]

  1. ^ 難波信夫「政令指定都市仙台の区名選定に関する資料」、『市史せんだい』、第15巻、2005年9月。

外部リンク[編集]