ジョジョの奇妙な冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョジョの奇妙な冒険
JoJo's Bizarre Adventure logo.png
ジャンル ファンタジーアクション青年漫画
漫画
作者 荒木飛呂彦
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
ウルトラジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 1987年1・2号 - 2004年47号
(週刊少年ジャンプ)
2005年4月号 - 連載中
(ウルトラジャンプ)
巻数 既刊114巻(2015年7月現在)
アニメ:ジョジョの奇妙な冒険(1st)
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(2nd)
原作 荒木飛呂彦
監督 津田尚克ディレクター
シリーズディレクター 鈴木健一
シリーズ構成 小林靖子
脚本 小林靖子ヤスカワショウゴ
ふでやすかずゆき猪爪慎一
キャラクターデザイン 清水貴子(1st)
小美野雅彦(2nd)
音楽 松尾早人(1st Part1)
岩崎琢(1st Part2)
菅野祐悟(2nd)
アニメーション制作 david production
製作 ジョジョの奇妙な冒険製作委員会(1st)
ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会(2nd)
放送局 放送局参照
放送期間 1st:2012年10月5日 - 2013年4月5日
2nd 前半:2014年4月5日 - 9月12日
2nd エジプト編:2015年1月10日 - 6月19日
話数 1st:全26話(第1部 9話 + 第2部 17話)
2nd:全48話(前後半各24話)
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ジョジョの奇妙な冒険』(ジョジョのきみょうなぼうけん、Part1 - 4, 6 - 8: JOJO'S BIZARRE ADVENTURE, Parte5[注 1]: LE BIZZARRE AVVENTURE DI GIOGIO)は、荒木飛呂彦による日本漫画作品。略称は「ジョジョ」。

作品解説[編集]

集英社少年向け漫画雑誌週刊少年ジャンプ』に1986年から2004年まで、集英社の青年向け漫画雑誌『ウルトラジャンプ』に2005年からと長期にわたって連載されている。シリーズの単行本は100巻を越え、累計発行部数は2014年9月時点で9000万部超[1]2006年文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画、「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で2位に選ばれた[2]

作品全体のテーマは「人間讃歌」。仲間たちとの絆・強敵との死闘など少年漫画の基本を押さえながらも、個性的な表現方法とホラーサスペンス的な不気味さで独自の世界観を築き上げており、その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている[3][4]。少年誌にして「大人向け」といえる作風であり、荒木自身「子ども向けに描いてはいない」と発言している。

メディア展開は概ね各部毎に行われており、アニメ化やゲーム化、小説化などが行われている。詳細は#アニメ#メディアミックス作品を参照。

外伝作品も複数発表されており、Part4のサブキャラクターを主人公に据えた『デッドマンズQ』『岸辺露伴は動かない』の2本は短編集『死刑執行中脱獄進行中』に収録されている。『岸辺露伴は動かない』はシリーズ化し、『ジャンプスクエア』と『週刊少年ジャンプ』、PC・スマートフォン用アプリ『少年ジャンプ+』に掲載され(『ジャンプスクエア』では2作目『岸辺露伴は動かない -六壁坂-』、『週刊少年ジャンプ』では3作目『岸辺露伴は動かない 〜エピソード5:富豪村〜』、4作目『岸辺露伴は動かない 〜エピソード6:密漁海岸〜』が掲載され、『少年ジャンプ+』では5作目『望月家のお月見 岸辺露伴は動かない エピソード4』が公開。)、2013年11月に単行本として発売された。2010年には『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』(全123ページ)がウルトラジャンプに連載され(2010年4月号 - 6月号)、2011年5月に単行本として発売された。さらに2011年8月にはファッションブランド『GUCCI』のブランド設立90周年と自身の執筆30周年を記念してファッション雑誌『SPUR』に『岸辺露伴 グッチへ行く』が掲載された。その他に、Part3に登場したオインゴとボインゴ兄弟の番外編『オインゴとボインゴ兄弟 大冒険』(文庫本・全1巻)もあるが、現在は絶版になっている。

ストーリー[編集]

ジョースター一族と、邪悪な吸血鬼と化したディオやその後継者達が、2世紀以上に渡って繰り広げる戦いを描く大河群像劇である。

現在までにPart1からPart8までの8部(Part8は2015年現在連載中)が発表されている。各部にはPart6(第6部)執筆時以降に副題が与えられており、以下の通りに構成されている。

Part
(Parte)
副題(日本語) 副題(英語)
(Parte5のみイタリア語)
連載時のサブタイトル 作品ごとのテーマ 単行本収録巻
Part1 ファントムブラッド Phantom Blood 第一部 ジョナサン・ジョースター ―その青春― ホラー・アドベンチャー 第1巻 - 第5巻
Part2 戦闘潮流 Battle Tendency 第二部 ジョセフ・ジョースター ―その誇り高き血統 バトル・アドベンチャー 第5巻 - 第12巻
Part3 スターダストクルセイダース Stardust Crusaders 第三部 空条承太郎 ―未来への遺産― アクション・アドベンチャー 第12巻 - 第28巻
Part4 ダイヤモンドは砕けない Diamond is Unbreakable 第4部 東方仗助 サスペンス・ホラー 第29巻 - 第47巻
Parte5 黄金の風 VENTO AUREO
(英語圏:Golden Wind)
第5部 ジョルノ・ジョバァーナ 【黄金なる遺産】 バトル・アドベンチャー 第47巻 - 第63巻
Part6 ストーンオーシャン Stone Ocean 第6部 空条徐倫 ―『石作りの海』(ストーンオーシャン) アクション・アドベンチャー Stone Ocean 第1巻 - 第17巻
Part7 スティール・ボール・ラン STEEL BALL RUN なし ホラー・アドベンチャー STEEL BALL RUN 第1巻 - 第24巻
Part8 ジョジョリオン JoJolion なし サスペンス・ホラー ジョジョリオン 第1巻 - 第10巻(連載中)
Part1『ファントムブラッド
舞台は19世紀末のイギリス。英国の青年貴族である主人公ジョナサン・ジョースターと、下層階級の出身ながら類稀なカリスマ性と野望の持ち主ディオ・ブランドーの抗争劇。「石仮面」や「波紋」を背景に、2人の成長や対立が描かれている。
Part2『戦闘潮流
舞台は1938年のアメリカ。再び世界大戦の足音が聞こえ始めた中で、ジョナサンの孫のジョセフ・ジョースターもジョナサンと同じく「波紋」を身に付けていた。そんな中、人類を遥かに凌駕する知的生物「柱の男」達が発掘される。人類の脅威となりうる「柱の男」を倒すため、ジョセフ達は各地を奔走する。
Part3『スターダストクルセイダース
舞台は1987(88年説あり)年の日本。100年の時を経て、ジョナサンの肉体を乗っ取ったDIO(ディオ)が復活した。それと共鳴するかのようにジョセフの孫の空条承太郎に、幽波紋(スタンド)という能力が発現する。DIOの影響によって危篤に陥った母の空条ホリィを救うため、承太郎はジョセフらと共にDIOの潜むエジプトを目指す。
Part4『ダイヤモンドは砕けない
舞台は1999年の日本。ジョセフの隠し子の東方仗助の住む杜王町では、スタンド使いが増え続けていた。その原因を調べて杜王町を守るため、仗助と仲間達は町に潜むスタンド使いと闘いを繰り広げていく。
Parte5『黄金の風
舞台は2001年のイタリア。DIOの息子のジョルノ・ジョバァーナ(汐華 初流乃)は、街を救うギャングスターになるため、ギャング組織「パッショーネ」の内部抗争に身を投じていく。
Part6『ストーンオーシャン
舞台は2011年のアメリカ。承太郎の娘の空条徐倫は、罠にはめられて刑務所へ収監されてしまう。そこで徐倫は、来襲するスタンド使い達を退けつつ、この悪夢を仕掛けた見えざる敵への戦いを挑む。
Part7『スティール・ボール・ラン[注 2]
舞台は1890年のアメリカ・サンディエゴビーチ。この地で世紀の大レースが開催される。謎の鉄球を操る男のジャイロ・ツェペリと、下半身不随の元騎手のジョニィ・ジョースターは、それぞれの目的のためにゴールのニューヨークを目指す。
Part8『ジョジョリオン
舞台は日本・S市杜王町。大震災を機に隆起した断層「壁の目」で、広瀬康穂は記憶を失った謎の青年を発見する。

副題[編集]

現在使用されている副題は先述の通りPart6の執筆時に後から付けられたものであり、それまでは日本語で第何部と表記し、主人公名と副題が付けられていた。作者はPart3の執筆時から副題を付けるつもりであったが、既存のジャンプ・コミックスとの整合性が取れなくなるという理由で編集部から却下された[5]

これと同様に、単行本収録の際の各話の副題でも、Part1・2は雑誌掲載時のものがそのまま使われたが、Part3以降は副題を付け直し、『○○ その (1) 』のように1つの副題を何話かに分ける方式をとった。後にこの方式は、Part3以降との整合性からPart1・2の文庫版収録時にも採用され、各話の副題が付け直された。

英語表記の「JOJO'S BIZARRE ADVENTURE」も連載開始時から用意されており、たびたび使用されているが、Parte5(第5部)でのみイタリア語表記の「LE BIZZARRE AVVENTURE DI GIOGIO」が代わりに使用され、ジョジョの綴りが「JOJO」から「GIOGIO」に変更されている[注 3]

なお、週刊少年ジャンプ掲載時は「ロマンホラー!-真紅の秘伝説-」という編集部の考案した[6]キャッチコピーが添えられていたが、単行本収録時やPart6以降は削除されている。

世界観[編集]

主人公はいずれも「ジョジョ」 (JoJo, GioGio) という愛称を持つ。ただし劇中でジョジョの愛称がよく用いられていたのはPart3初期までである。

Part1およびPart2は、波紋(はもん)と呼ばれる特殊能力を身につけた人間たちが吸血鬼や「柱の男」という人間よりもはるかに長命で強力な生物に立ち向かうという作品で、格闘戦が主体であった。

Part3以降は、スタンド(幽波紋)と呼ばれる精神エネルギーを具現化した能力を使う人間同士の戦いとなり、様々な能力があるスタンドの攻防が作品の骨子となる。最後の敵は時間に関する能力を持つ傾向があり、作者は「時間を支配できる奴がいたら無敵だろうな、どうやって主人公は勝つだろう、と思う」と答えている[7]

荒木作品の特徴としてよく「擬音」と「ポーズ」が挙げられる。擬音はヘヴィメタルホラー映画などから思いつき[8][9]、擬音によって「引き込まれる感じが違う」と答えている[10]。コミックスの表紙などで見られる「ジョジョ立ち」と呼ばれるポーズに関しては、20代の頃に初めて行ったイタリア旅行においてミケランジェロの作品に強い衝撃を受けたことをきっかけに、彫刻のように肉体を捻るポーズを自分なりに漫画の中に取り入れたかったと語っている[10]

ジョースター家・家系図[編集]

Part1 - 6



 
 
 
 
 
 
メアリー
Flag of England.svg
 
 
 
ジョージ・ジョースター(1世)
Flag of England.svg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
?
(不明)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリナ・ペンドルトン
Flag of England.svg
 
ジョナサン1
Flag of England.svg
 
?
Flag of Japan.svg
 
ディオ・ブランドー
(養子)Flag of England.svg
 
?
(不明)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
?
(不明)
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ 2世
Flag of England.svg
 
リサリサ(エリザベス)
Flag of England.svg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スージー・Q
(妻)Flag of Italy.svg
 
 
 
ジョセフ2
Flag of the United States.svgFlag of England.svg
 
東方 朋子
(愛人)Flag of Japan.svg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
空条 貞夫
Flag of Japan.svg
 
ホリィ
Flag of the United States.svgFlag of England.svg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
?
Flag of the United States.svg
 
空条 承太郎3
Flag of Japan.svg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(養女)Flag of Japan.svg
 
東方 仗助4
(隠し子)Flag of Japan.svg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョルノ・ジョバァーナ5
(汐華 初流乃)Flag of Italy.svg
 
 
 
 
 
 
 
空条 徐倫6
Flag of the United States.svg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウンガロ
リキエル
ヴェルサス
 
 
 
 
 
 


Part7 - 8

 
 
グレゴリオ・ツェペリ
Flag of Italy.svg
 
 
 
ジョージ・ジョースター
Flag of the United States.svg
 
 
 
ダリオ・ブランドー
Flag of England.svg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャイロ・ツェペリ7
Flag of Italy.svg
 
 
ジョニィ・ジョースター7
Flag of the United States.svg
 
 
 
ノリスケ・ヒガシカタ
初代 東方 憲助)Flag of Japan.svg
 
 
ディエゴ・ブランドー
Flag of England.svg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
理那
 
東方憲助
(二代目)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ・ジョースター
(III世)
 
エリザベス
 
 
 
 
 
東方 憲助
(三代目)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョセフ・ジョースター
 
スージーQ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ホリー・ジョースター
 
吉良 吉輝
 
 
東方 憲助
(四代目)
 
花都
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(虹村 京)
 
吉影
 
東方 定助8
(養子)Flag of Japan.svg
 
 
常敏
 
 
 
蜜葉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
常秀
 
つるぎ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大弥
 
 
 
 
 

ジョースター家の血統者に共通する特徴として、首の後ろや左肩の辺りに星形のアザがある(ただし、仗助のみ作中ではアザが確認できない)。ジョルノ(Parte5・主人公)とヴェルサス他2名(Part6・敵)はジョナサンの身体を奪ったディオの息子であるためにジョースター家の血を引き、星形のアザを受け継いでいる。

ジョースター家の男性はほとんどが高身長かつ頑健な肩幅など、恵まれた体格を持つ。イギリス貴族のジョージI世やニューヨークで不動産王になったジョセフ、マフィアのボスまで登りつめたジョルノなど、社会的に誰からも信頼されてトップ水準の地位を得るが、家族関係は薄幸。性格は好奇心旺盛で、旅行好きである。また、ジョースター家の男子には「生涯1人の女性しか愛さない」「代々短命である」というジンクスがあるが、ジョセフのみは唯一両方のジンクスを破っている。東方仗助ジョセフの隠し子であるため、承太郎から見た仗助は「年下の叔父」となり、年齢は一回り離れている。しかし作中では、年齢による常識的な関係が描かれている(仗助は、承太郎を尊敬すべき年上の親族として敬っている)。

作風[編集]

キャラクターの名前
登場人物およびスタンドの名前の多くは洋楽のグループ名から引用したものである。例えば各部の主人公達の通称である「ジョジョ」の 由来は、ビートルズの楽曲『ゲット・バック』の歌詞に登場する人名「ジョジョ」から引用されている[11]。荒木はこれについて「ロック大好き。ロック少年だったから。で、バンドから名前を借りたんだけど、ルールがある。バンド名とキャラ(名前や設定、能力など)がマッチしていないとダメなんだ。だから、敵だったり味方だったりというのは、そこに理由がある」[12]と説明しており、Part3Part4のようにコラムで公表されたり、先述のジョジョや吉良吉影岸辺露伴のように、対談の中で荒木が回答している例もある(詳細は各項目を参照)。
作中のファッションも海外のバンドなどを参考にしている。(Part6ではキャラクター名としてファッション関連のデザイナーやブランドの名前に因んだ命名も散見される。)また「スタンド」という呼び方はベン・E・キングジョン・レノンで知られるミディアムバラード曲「スタンド・バイ・ミー」から取られたことが筆者本人から明かされている。
ジャンプでの掲載
『ジャンプ』掲載時の掲載順は、看板作品のように常に前の方ではなく、良くても中間、時には最後尾になる時もあった。巻頭カラーになることが少なかったが、単行本の売り上げは順調であったため打ち切りにならなかった。敵キャラクターや悪役について、作者は「本当に強い人っていうのは悪い事はしない」「弱い人間がその弱さを攻撃に向けたときが一番怖い」と述べている[13]。Part3(28巻)までは椛島良介(現新書編集長)編集者が担当し、28巻の巻末で荒木にコメントを寄せている。
編集部からは『ジョジョ』以外の作品を描くことを薦められているが、作者は「何を描いても『ジョジョ』になってしまう」[14]「もう『ジョジョ』しか描かないし、『ジョジョ』しか描けない」[15]と発言している。また、雑誌のインタビューで、2004年の時点でPart9(第9部)までの構想があるとも語っている[16]
初代編集者の影響
『ジョジョ』という作品は、初代編集者の意見と影響があまりにも大きく、違う編集者に会っていれば、『ジョジョ』は違う作品になっていたであろうとまで単行本79巻で語っている。本シリーズにはOVAやアニメ映画化された作品 (Part1、Part3) があるが、テレビアニメ化には荒木は対談の中で「たぶん、子供に見せるマンガじゃあないんで、(それは)ないと思いますけど」と答えている[8]

※2012年以降に1〜3部のアニメ化が実現する。

作中での矛盾
作中で度々大きな矛盾が生まれたり、設定がいつの間にかなくなっていたりする。特にシーザー・アントニオ・ツェペリの存在自体に関わる重大なミスに対しては、単行本4巻でそのミスを修正するとともにあとがきにて「おとなはウソつきではないのです。まちがいをするだけなのです…」と謝罪している (Part1 - Part2)。

書誌情報[編集]

すべて集英社刊。

雑誌連載[編集]

Part6までの通算:『週刊少年ジャンプ』1987年1・2号 - 2003年19号(Part1 - 5:全63巻、Part6:全17巻)

  • Part1 ファントムブラッド
    • 『週刊少年ジャンプ』 1987年1・2号 - 46号(44話:1 - 5巻)
  • Part2 戦闘潮流
    • 『週刊少年ジャンプ』 1987年47号 - 1989年15号(69話:5 - 12巻)
  • Part3 スターダストクルセイダース
    • 『週刊少年ジャンプ』 1989年16号 - 1992年19号(152話:12 - 28巻)
  • Part4 ダイヤモンドは砕けない
    • 『週刊少年ジャンプ』 1992年20号 - 1995年51号(174話:29 - 47巻)
  • Parte5 黄金の風
    • 『週刊少年ジャンプ』 1995年52号 - 1999年17号(154話:47 - 63巻)
  • Part6 ストーンオーシャン
    • 『週刊少年ジャンプ』 2000年1号 - 2003年19号(158話:1(64) - 17(80)巻)
  • Part7 スティール・ボール・ラン
    • 『週刊少年ジャンプ』 2004年8号 - 2004年17号(11話:1 - 2巻)
    • 『週刊少年ジャンプ増刊 青マルジャンプ』(1話:2巻)
    • 『週刊少年ジャンプ』 2004年29号 - 2004年39号(10話:3 - 4巻)
    • 『週刊少年ジャンプ』 2004年46号 - 2004年47号(2話:4巻)
    • 『ウルトラジャンプ』 2005年4月号 - 2011年5月号(46話:5巻 - 24巻)
  • Part8 ジョジョリオン
    • 『ウルトラジャンプ』 2011年6月号 - (1巻 - )

単行本[編集]

  • 新書版〈ジャンプ・コミックス
    • 『ジョジョの奇妙な冒険』 全63巻(1 - 63巻)
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン』 全17巻(64 - 80巻)
    • 『スティール・ボール・ラン』全24巻 (81 - 104巻)
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン』既刊10巻 (105巻 - )
  • 文庫版〈集英社文庫コミック版〉 既刊50巻+番外編1巻
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part1 ファントムブラッド』 全3巻(1 - 3巻)
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流』 全4巻(4 - 7巻)
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース』 全10巻(8 - 17巻)
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』 全12巻(18 - 29巻)
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風』 全10巻(30 - 39巻)
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン』全11巻(40 - 50巻)
    • 番外編『オインゴとボインゴ兄弟 大冒険』 全1巻
  • 函装版 〈愛蔵版コミックス〉A5判
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part1 ファントムブラッド』 全3巻(1 - 3巻)
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流』 全4巻(4 - 7巻)
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース』 全10巻(8 - 17巻)
  • 廉価版〈集英社ジャンプリミックス〉B6判
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartIII スターダストクルセイダース』 全11巻(1 - 11巻)※一部抜粋収録
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartIV ダイヤモンドは砕けない』 全17巻(12 - 28巻)※一部抜粋収録
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartI ファントムブラッド』 全2巻(29 - 30巻)※全話収録
  • 廉価版〈集英社ジャンプリミックス〉ワイド版 B6判
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartII 戦闘潮流』 全3巻(31 - 33巻)※全話収録
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartIII スターダストクルセイダース』 全10巻(34 - 43巻)※全話収録
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartIV ダイヤモンドは砕けない』 全10巻(44 - 53巻)※全話収録
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartV 黄金の風』 全10巻(54 - 63巻)※全話収録
  • 雑誌版〈『ウルトラジャンプ』2007年3月増刊〉B5判
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartI ファントムブラッド 究極総集編 OVER DRIVE(オーバードライブ)』全1巻 ※全話収録 雑誌連載時カラー・2色カラー完全再現
  • 廉価版〈集英社ジャンプリミックス〉新ワイド版 B6判
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartI ファントムブラッド』 全1巻(64巻)※全話収録
  • 廉価版〈集英社ジャンプリミックス〉B6判
    • 『ジョジョの奇妙な冒険 PartVI ストーンオーシャン』(1 - 10巻)※全話収録

画集[編集]

JoJo6251[荒木飛呂彦の世界]
Part4連載中に発売された画集で、幾人かの人名やスタンド名はここで設定されている。また、Part3の舞台設定が1989年から1987年に変更されているが、Part6連載時には1989年に戻されている。
JOJO A-GO!GO!
Part6連載前に発売された画集で、幾人かの人名やスタンド名はここで設定されている。また、新しいサブタイトルの仮名称も発表されている。
JOJOVELLER
Part8連載中に発売された画集で、幾人かのスタンド名はここで設定されている。

アニメ[編集]

OVA[編集]

原作の途中のエピソードから映像化する形が取られている。ストーリーは一部が改変されている。

  • 『ジョジョの奇妙な冒険』 (1993年 - 1994年、全6話) - Part3の後半部のアニメ化作品。イギーの加入からエジプトでの戦いを描く。
  • 『ジョジョの奇妙な冒険 ADVENTURE』 (2000年 - 2002年、全7話) - Part3の前半部のアニメ化作品。ジョセフとアヴドゥルの来日から対エンヤ戦までを描く。後半部OVAとほぼ同じスタッフにより制作されている。

2007年5月25日に、上記のアニメ作品を全て収録したDVD-BOXとして『ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース DVD-BOX』が発売された。

劇場アニメ[編集]

ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』(2007年2月17日全国公開)は、Part1のアニメ化作品で、OVAとほぼ同じスタッフにより制作されている。ストーリーがかなり簡略化されており、スピードワゴンなど多くの主要人物も登場しない。

テレビアニメ[編集]

スタッフ
原作 荒木飛呂彦集英社ジャンプ・コミックス刊)
プロデューサー 大森啓幸、森亮介、福田順、林俊安
チーフ演出 加藤敏幸
シリーズ構成 小林靖子
キャラクターデザイン
総作画監督
清水貴子 (1st)、小美野雅彦 (2nd)
サブキャラクターデザイン 町田真一
スタンドデザイン 町田真一、光田史亮
プロップデザイン 町田真一 (1st)
宝谷幸稔、杉山了蔵 (2nd)
アクション作画監督 光田史亮、片山貴仁 (2nd)
美術監督 吉原俊一郎
美術設定 青木薫、ソエジマヤスフミ
色彩設計 村田英里子
撮影監督 山田和弘
3DCGIディレクター 檜垣賢一
編集 廣瀬清志
音響監督 岩浪美和
音響効果 奥田維城 (1st Part1)
小山恭正 (1st Part2、2nd)
音楽 松尾早人 (1st Part1)、岩崎琢 (1st Part2)
菅野祐悟 (2nd)
音楽制作 IMAGINE (1st Part1)
Office Without (1st Part2)
ONE MUSIC (2nd)
アニメーションプロデューサー 梶田浩司
ラインプロデューサー 笠間寿高
アニメーション制作 david production
ビジュアルディレクター ソエジマヤスフミ
シリーズディレクター 鈴木健一
ディレクター 津田尚克
製作 ジョジョの奇妙な冒険製作委員会 (1st)
ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会 (2nd)
1st Season
2012年10月5日から2013年4月5日まで、TOKYO MXMBSCBC東北放送RKB毎日放送BS11にて放送された。全26話(第1部9話+第2部17話)。当初は全24話予定だったが、それでは収まらないということで全26話になった[17]
2014年1月1日・2日・3日の19時 - 21時には、TOKYO MXでBD/DVD用マスターをベースにした1st Season 総集編が3夜連続放送された(1日:ファントムブラッド編、2日・3日:戦闘潮流 前後編)。これは、アニマックスでも同年2月16日から3月2日まで毎週日曜 21時 - 23時に放送された。
第1話から第9話までが原作のPart1『ファントムブラッド』、第10話から第26話(最終話)までが原作のPart2『戦闘潮流』となる[18]。第26話のラスト数分ではPart3の冒頭部分も描写された。
「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」の記者発表会が2012年7月5日に行われた際、Part1とPart2のテレビアニメ化が発表された。過去にOVAや劇場版アニメとしてアニメ化はされているが、テレビアニメ化は今回が初である。
原作漫画を可能な限りほぼ忠実に再現しており(ディオの左耳に存在するほくろやPart3から描写されていたジョースター一族の首筋に存在する星型のなど、原作の後付け要素の辻褄を合わせた部分もある)、ナレーションは大川透が務める。作品の特徴である擬音は、原作で描かれた文字をそのまま画面に表示して表現しつつ、同時に効果音でも演出している。また、原作でPart3の途中から各話ラストで使用されるようになった矢印「TO BE CONTINUED」が、第1話から使用されている。
前半終了時のアイキャッチは終了時の場面が静止してセピアカラー(他の色)に変化し、ロゴマークが左下(もしくは右下)に表示される。
Part2のエピローグでは、アニメオリジナルシーンが追加されている。具体的に述べると、原作でリサリサ(エリザベス・ジョースター)がジョセフに自身の母であると判明した後でリサリサがジョセフやスージーQと3人で船に乗っているシーン、エリナが息を引き取る場面で曾孫であるホリィが登場しているシーンなど。他にはカーズを大気圏外に放逐した後、地上へ帰還したジョセフがスージーQに看病されているシーンがある。
逆に省略されているシーンも存在しており、Part2での対ストレイツォ戦でのブルート(ブルりん)の登場シーンや、リサリサが赤石を賭けることを持ち出しその後にジョセフに対して「たわけ」呼ばわりをした吸血鬼とのやりとりする場面がカットされている。
原作に登場していたナチス・ドイツについては、全てドイツ軍へ置き換えられている。そのため、ナチスに関連した台詞もそれに沿った内容へ変更されている。
終盤でカーズが究極生物へ変貌する場面において、原作ではシュトロハイムを含めナチス兵全員が「紫外線」を一斉発射していたが、TVアニメ版では大型の紫外線照射装置1台で発射する描写に変更されている。
テレビ放送版ではグロテスク描写をシルエットなどの編集で規制していたが、DVD・BD版ではシルエットを削除した無修正版での収録となった他、本編映像へのエフェクト追加や作画修正を加えている[注 4]
2nd Season
2013年10月18日、テレビアニメ版公式サイトなど各メディアにおいて、原作のPart3『スターダストクルセイダース』のテレビアニメ化が正式に発表された。テレビアニメとしては第2シリーズということになる。『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』のタイトルで、2クールずつ分割で合計4クール放送[19][20]。前半2クールが2014年4月から9月まで放送、後半2クールはエジプト編として2015年1月から6月まで放送された。
メインスタッフは1st Seasonと同様であるが、キャラクターデザインは1st Seasonで作画監督を担当した小美野雅彦へ変更された。ナレーターは1st Seasonから引き続き大川が務める。アニメ放送前に発売されたゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』から声優陣の大半が一新されており、1st seasonからの続投者であるDIO(ディオ)役の子安武人の他、空条承太郎役の小野大輔、テレンス・T・ダービー役の諏訪部順一がゲームから引き続き出演している。また、新たにジョセフ・ジョースター役に起用された石塚運昇の他、山口勝平速水奨桐本琢也といった『オールスターバトル』に出演した声優が、今作ではゲームとは別キャラクターを演じており、特に速水は『ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産』以来となるヴァニラ・アイス役を演じた。
アイキャッチは前Seasonと同じ仕様であるが、本Seasonでは後半パート突入時にもアイキャッチが導入されており、主にスタンドの画像とスタンド名、スタンドを所有する本体名が表記される。
原作をほぼ忠実に再現している点は1st Seasonと同様であるが、原作で不明だった部分を補完するためにストーリーの順番が若干変更されていたり、アニメオリジナルシーンが追加されている。具体的に述べると、ラバーソール戦での花京院の経緯、原作では名前が不明だった家出少女が「アン」と名乗ること、ズィー・ズィー戦の後に香港へ発つ彼女を承太郎が見送るシーン、原作では終盤で登場するスージーQが前半終盤となる女教皇(ハイプリエステス)戦の直前で先行して登場している、ンドゥール戦で負傷した花京院の入院中のシーン、同一の時間軸上で行われるマライア戦とアレッシー戦を傍観するイギーの視点、原作では承太郎&ジョセフとポルナレフが空港で別れた後ホリィの意識が戻ったところでカットアウトになっていたが、その後の飛行機の中で承太郎がかつて共に旅をした仲間達全員の集合写真を持ち出し、それを横目で見ているジョセフの場面が追加されているなど。また、グロテスク描写の規制とは別に未成年者(承太郎)の飲酒や喫煙について該当シーンの省略あるいは口の周りを影で隠す、日本国外の文化について日本で差別用語とされる語句を無難な語句へ置き換える(例:「乞食」→「物乞い」)等の規制が成されている。
花京院がチェリーを食べる時に発した擬音のような台詞「レロレロレロレロ」は、2014年度アニメ流行語大賞金賞(第1位)を受賞した[21]

主題歌[編集]

1st Season
オープニングテーマ
「ジョジョ 〜その血の運命(さだめ)〜」(Part1〈第2話 - 第9話〉)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 大谷幸 / 歌 - 富永TOMMY弘明
第1話は未使用、第26話は挿入歌に使用。
映像ソフト版の第9話のみSEが付加されている。
BLOODY STREAM」(Part2〈第11話 - 第16話、第18話 - 第25話〉)[18]
作詞 - こだまさおり / 作曲・編曲 - 大森俊之 / 歌 - Coda
第10話・第17話・第26話は未使用、第26話はEDに使用。
第25話のみSEが付加されている。
エンディングテーマ「ROUNDABOUT[注 5](第1話、第2話、第4話 - 第19話、第22話 - 第25話)
作詞・作曲 - Jon AndersonSteve Howe / 歌・演奏 - YES
各話ごとに原曲の適当な位置から歌が始まる。第3話・第20話・第21話・第26話は未使用。
Part1(第9話以前)は古代遺跡のような背景で赤い水(血液)が右から左へスクロールして川の流れに沿うほか、Part1での各登場人物が描かれる描写[注 6]となっており、ラストは石仮面が震えながら眼の部分が赤く発光する。Part2(第10話以降)からはPart1までのクロージングシーンで置かれてあった石仮面がばらばらに吹き飛びシーンから始まり、下から上へスクロールしてPart2での各登場人物[注 7][注 8][注 9]が描かれる描写となっており、ラストはエイジャの赤石が発光する。
2nd Season(Part3)
オープニングテーマ
「STAND PROUD」(第2話 - 第10話、第12話 - 第24話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 若林タカツグ / 編曲 - ZENTA / 歌 - 橋本仁
第1話・第11話は未使用。
第24話のみSEが付加され、第24話・第39話の挿入歌として使用された。
「ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜」(第25話 - 第26話、第28話 - 第34話、第36話 - 第39話、第41話 - 第48話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 田中公平、村瀬恭久 / 歌 - JO☆STARS〜TOMMY,Coda,JIN〜(富永TOMMY弘明、Coda、橋本仁)
第27話・第35話・第40話は未使用。第48話のみSEが付加されている。
第47話・第48話ではDIOが世界(ザ・ワールド)で時を止める演出が明確に描写され、承太郎と拳のラッシュを繰り広げる演出が追加された。またこの追加演出部分は第47話・第48話ともにSE及び承太郎とDIOの掛け声(オラオラ・無駄無駄)が入っている。
エンディングテーマ
「スターダストクルセイダース」(第2話)[注 10]
作曲 - 菅野祐悟
Walk Like an Egyptian英語版」(第3話 - 第7話、第9話、第11話 - 第24話)
作詞・作曲 - L.Sternberg / 歌・演奏 - The Bangles
第8話・第10話は未使用。
Last Train Home」(第25話 - 第26話、第28話 - 第35話、第38話 - 第40話、第42話 - 第46話)
作詞・作曲 - Pat Metheny / 歌・演奏 - Pat Metheny Group
第27話・第36話・第37話・第41話・第47話・第48話は未使用。第34話・第45話のみコーラスが使用された。
「アク役◇協奏曲」(第27話・第36話・第37話)[注 11]
作詞 - 田無夢太郎 / 作曲・編曲 - 菅野祐悟 / 歌 - オインゴ(保村真、第27話)、ホル・ホース(木内秀信、第36話・第37話)、ボインゴ(くまいもとこ
「旅人たちの帰還」(第48話)[注 12]
作曲 - 菅野祐悟

各話リスト[編集]

1st Season[編集]
話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 原作話
Part1 ファントムブラッド
第1話 侵略者ディオ 小林靖子 津田尚克 奥野耕太 横山謙次、かどともあき
高乗陽子、石川晋吾
第1巻 第1話(第1話) - 第5話(第5話)
第2話 過去からの手紙 加藤敏幸 小谷杏子、秋田学 第1巻 第6話(第6話) - 第2巻 第3話(第11話)
第3話 ディオとの青春 東出太 宝谷幸稔、小澤円 第2巻 第3話(第11話) - 第9話(第17話)
第4話 波紋疾走(オーバードライブ) ヤスカワショウゴ 阿部雅司 小林利充、山村俊了 第2巻 第9話(第17話) - 第3巻 第6話(第23話)
第5話 暗黒の騎士達 ふでやすかずゆき 滝沢敏文 米田光宏
江副仁美
増田敏彦 第3巻 第7話(第24話) - 第4巻 第1話(第28話)
第6話 あしたの勇気 吉田泰三 内田信吾 武本大介 第4巻 第2話(第29話) - 第7話(第34話)
第7話 うけ継ぐ者 ヤスカワショウゴ 加藤敏幸 津熊健徳、かどともあき 第4巻 第7話(第34話) - 第9話(第36話)
第8話 血戦!JOJO&DIO 小林靖子 滝沢敏文 藤本ジ朗 小美野雅彦 第4巻 第10話(第37話) - 第5巻 第4話(第41話)
第9話 最後の波紋! 鈴木健一 秋田学、町田真一 第5巻 第4話(第41話) - 第7話(第44話)
Part2 戦闘潮流
第10話 ニューヨークのジョジョ 小林靖子 吉田泰三 間島崇寛 横山謙次、小谷杏子 第5巻 第8話(第45話) - 第6巻 第2話(第49話)
第11話 ゲームの達人 猪爪慎一 米田光宏 宝谷幸稔、小澤円
かどともあき、Shin Hyung Woo
第6巻 第2話(第49話) - 第6話(第53話)
第12話 柱の男 ふでやすかずゆき 西本由紀夫 赤尾良太郎、増田敏彦 第6巻 第6話(第53話) - 第10話(第57話)
第13話 JOJO vs. 究極生物 ヤスカワショウゴ 東出太 南康宏
鈴木健一
小美野雅彦、Shin Hyung Woo
横山謙次、青井清年
村司晃英、かどともあき
第7巻 第1話(第58話) - 第4話(第61話)
第14話 太古から来た究極戦士 加藤敏幸 津熊健徳、河野眞也 第7巻 第5話(第62話) - 第9話(第66話)
第15話 ヒーローの資格 吉田泰三 佐々木真哉 関崎高明 第7巻 第9話(第66話) - 第8巻 第3話(第70話)
第16話 波紋教師リサリサ ふでやすかずゆき 戸越公太朗 町田真一、秋田学 第8巻 第4話(第71話) - 第8話(第75話)
第17話 深く罠をはれ! 吉田泰三 高村雄太 高橋昌 第8巻 第8話(第75話) - 第9巻 第4話(第81話)
第18話 シュトロハイム隊の逆襲 猪爪慎一 内田信吾 内田信吾
米田光宏
横山謙次、小澤円
宝谷幸稔、Shin Hyung Woo
小谷杏子
第9巻 第4話(第81話) - 第7話(第84話)
第19話 死の崖へつっ走れ 阿部雅司 敷島博英、森田実 第9巻 第7話(第84話) - 第10巻 第2話(第88話)
第20話 シーザー孤独の青春 小林靖子 加藤敏幸 秋田学、小美野雅彦
白石達也(エフェクト)
第10巻 第2話(第88話) - 第7話(第93話)
第21話 100対2のかけひき ヤスカワショウゴ 江副仁美
西本由紀夫
江副仁美 津熊健徳、芦谷耕平
河野眞也、張益
第10巻 第8話(第94話) - 第11巻 第2話(第97話)
第22話 真の格闘者 猪爪慎一 三沢伸 中山奈緒美 原修一、寺井佳史 第11巻 第3話(第98話) - 第8話(第103話)
第23話 風にかえる戦士 ふでやすかずゆき 吉田泰三 藤本ジ朗 かどともあき、Shin Hyung Woo 第11巻 第8話(第103話) - 第12巻 第2話(第106話)
第24話 JOJOを結ぶ絆 小林靖子 大脊戸聡 宝谷幸稔、横山謙次 第12巻 第3話(第107話)・第4話(第108話)
第25話 超生物の誕生!! 鈴木健一 秋田学、町田真一
小林亮、小谷杏子
白石達也(エフェクト)
第12巻 第5話(第109話) - 第7話(第111話)
第26話 神となった男 加藤敏幸 清水貴子 第12巻 第7話(第111話) - 第9話(第113話)
2nd Season[編集]
話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 原作話
Part3 スターダストクルセイダース(前半)
第1話 悪霊にとりつかれた男 小林靖子 津田尚克 小美野雅彦 第12巻 第10話(第114話) - 第13巻 第4話(第118話)
第2話 裁くのは誰だ!? 津田尚克 高村雄太 横山謙次、常盤健太郎 第13巻 第4話(第118話) - 第7話(第121話)
第3話 DIOの呪縛 加藤敏幸 Shin Hyung Woo 第13巻 第7話(第121話) - 第9話(第123話)
第4話 灰の塔(タワー・オブ・グレー) ヤスカワショウゴ 吉田泰三 藤本ジ朗 関崎高明、芦谷耕平 第13巻 第9話(第123話) - 第14巻 第1話(第124話)
第5話 銀の戦車(シルバーチャリオッツ) 小林靖子 鈴木健一 石本峻一 第14巻 第2話(第125話) - 第4話(第127話)
第6話 暗青の月(ダークブルームーン) 猪爪慎一 小倉宏文 三室健太、宝谷幸稔 第14巻 第4話(第127話) - 第7話(第130話)
第7話 力(ストレングス) ふでやすかずゆき 米田光宏 Shin Hyung Woo、津熊健徳 第14巻 第7話(第130話) - 第15巻 第1話(第133話)
第8話 悪魔(デビル) 猪爪慎一 ソエジマヤスフミ 横山謙次、関崎高明
常盤健太郎、伊藤公崇
西村彩
第15巻 第1話(第133話) - 第4話(第136話)
第9話 黄の節制(イエローテンパランス) ふでやすかずゆき 阿部雅司 藤本ジ朗
江副仁美
糸井恵、横山謙次
宝谷幸稔、西村彩
石本峻一、関崎高明
小林亮、芦谷耕平
伊藤公崇、森幸子
第15巻 第4話(第136話) - 第7話(第139話)
第10話 皇帝(エンペラー)と
吊られた男(ハングドマン) その1
小林靖子 加藤敏幸 石本峻一、Choi Hee Eun 第15巻 第8話(第140話) - 第10話(第142話)
第11話 皇帝(エンペラー)と
吊られた男(ハングドマン) その2
加藤敏幸 町谷俊輔
加藤敏幸
山本晃宏、三室健太
木下由衣、徳田大貴
宝谷幸稔
第16巻 第1話(第143話) - 第4話(第146話)
第12話 女帝(エンプレス) ヤスカワショウゴ 大脊戸聡 Shin Hyung Woo
Choi Hee Eun
第16巻 第5話(第147話) - 第7話(第149話)
第13話 運命の車輪
(ホウィール・オブ・フォーチュン)
中原れい 玉村仁 中屋了、石本峻一
西村彩、伊藤公崇
鈴木勘太・三室健太(メカ)
第16巻 第8話(第150話) - 第17巻 第2話(第154話)
第14話 正義(ジャスティス) その1 猪爪慎一 小倉宏文 山田弘和 成松義人、中澤勇一 第17巻 第2話(第154話) - 第5話(第157話)
第15話 正義(ジャスティス) その2 小倉宏文 横山謙次、関崎高明
常盤健太郎
第17巻 第5話(第157話) - 第8話(第160話)
第16話 恋人(ラバーズ) その1 ふでやすかずゆき 吉田泰三 町谷俊輔
江副仁美
斎藤大輔、小田真弓
宝谷幸稔、Shin Hyung Woo
第17巻 第8話(第160話) - 第18巻 第1話(第163話)
第17話 恋人(ラバーズ) その2 藤本ジ朗 Choi Hee Eun
Lee Eun Young
Shin Hyung Woo
第18巻 第1話(第163話) - 第3話(第165話)
第18話 太陽(サン) 津田尚克 ソエジマヤスフミ 小林亮、中屋了
渡邊葉瑠
第18巻 第4話(第166話)・第5話(第167話)
第19話 死神13(デスサーティーン) その1 ヤスカワショウゴ 加藤敏幸 小谷杏子、横山謙次
関崎高明、常盤健太郎
小田裕康(メカ)
第18巻 第6話(第168話) - 第8話(第170話)
第20話 死神13(デスサーティーン) その2 加藤敏幸 津田尚克
吉川志我津
石本峻一、木下由衣 第18巻 第9話(第171話) - 第19巻 第3話(第174話)
第21話 審判(ジャッジメント) その1 小林靖子 吉田泰三 高村雄太 西村彩、伊藤公崇 第19巻 第3話(第174話) - 第5話(第176話)
第22話 審判(ジャッジメント) その2 ソエジマヤスフミ 江副仁美
鈴木健一
橋本英樹、木下由衣
Jang Min Ho、Yu Min Zi
小林亮、芦谷耕平
糸井恵、西村彩
第19巻 第5話(第176話) - 第8話(第179話)
第23話 女教皇(ハイプリエステス) その1 猪爪慎一 大脊戸聡 Shin Hyung Woo
Lee Eun Young
石本峻一、渡邊葉瑠
第19巻 第8話(第179話)・第9話(第180話)
第24話 女教皇(ハイプリエステス) その2 津田尚克 町谷俊輔
津田尚克
中屋了、常盤健太郎
小田真弓、小谷杏子
関崎高明、横山謙次
宝谷幸稔
第19巻 第10話(第181話) - 第20巻 第2話(第183話)
Part3 スターダストクルセイダース(エジプト編)
第25話 「愚者」(ザ・フール)のイギーと
「ゲブ神」のンドゥール その1
小林靖子 鈴木健一 糸井恵、常盤健太郎
芦谷耕平
第20巻 第2話(第183話) - 第5話(第186話)
第26話 「愚者」(ザ・フール)のイギーと
「ゲブ神」のンドゥール その2
加藤敏幸 守泰佑
加藤敏幸
Shin Hyung Woo
Lee Eun Young
Choi Hee Eun
第20巻 第5話(第186話) - 第8話(第189話)
第27話 「クヌム神」のオインゴと
「トト神」のボインゴ
ふでやすかずゆき 津田尚克 江副仁美 第20巻 第8話(第189話) - 第21巻 第1話(第192話)
第28話 「アヌビス神」 その1 猪爪慎一 藤本ジ朗 石本峻一 第21巻 第2話(第193話) - 第4話(第195話)
第29話 「アヌビス神」 その2 加藤敏幸 横山謙次、関崎高明 第21巻 第4話(第195話) - 第7話(第198話)
第30話 「バステト女神」のマライア その1 ヤスカワショウゴ 川面真也 吉川志我津 中屋了、宝谷幸稔
小谷杏子、木下由衣
小田真弓
第21巻 第8話(第199話) - 第10話(第201話)
第31話 「バステト女神」のマライア その2 吉田泰三 高村雄太 宝谷幸稔、西村彩
伊藤公崇
第22巻 第1話(第202話) - 第3話(第204話)
第32話 「セト神」のアレッシー その1 ふでやすかずゆき 藤田健太郎 橋本航平、南伸一郎
三浦春樹
第22巻 第4話(第205話) - 第6話(第207話)
第33話 「セト神」のアレッシー その2 ソエジマヤスフミ 中村深雪、渡邊葉瑠 第22巻 第6話(第207話) - 第8話(第209話)
第34話 ダービー・ザ・ギャンブラー その1 ヤスカワショウゴ 津田尚克
浮由段
高村雄太 糸井恵、芦谷耕平
山本晃宏、中屋了
第23巻 第1話(第211話) - 第3話(第213話)
第35話 ダービー・ザ・ギャンブラー その2 津田尚克
江副仁美
江副仁美 小美野雅彦、渡邊葉瑠 第23巻 第3話(第213話) - 第6話(第216話)
第36話 ホル・ホースとボインゴ その1 小林靖子 西田正義 町谷俊輔 石本峻一、伊藤公崇
Cha Myoung Jun
第22巻 第9話(第210話)
第23巻 第7話(第217話) - 第9話(第219話)
第37話 ホル・ホースとボインゴ その2 吉田泰三 守泰佑 Shin Hyung Woo
Lee Eun Young
Choi Hee Eun
第23巻 第9話(第219話) - 第24巻 第2話(第221話)
第38話 地獄の門番ペット・ショップ その1 鈴木健一 吉川志我津 横山謙次、関崎高明 第24巻 第3話(第222話) - 第6話(第225話)
第39話 地獄の門番ペット・ショップ その2 藤本ジ朗 Shin Hyung Woo
Choi Hee Eun
Lee Eun Young
第24巻 第6話(第225話) - 第8話(第227話)
第40話 ダービー・ザ・プレイヤー その1 ふでやすかずゆき ソエジマヤスフミ Cha Myoung Jun、山本晃宏 第24巻 第8話(第227話) - 第25巻 第4話(第232話)
第41話 ダービー・ザ・プレイヤー その2 玉村仁 守泰佑 中屋了、渡邊葉瑠
伊藤公崇
第25巻 第4話(第232話) - 第8話(第236話)
第42話 亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1 猪爪慎一 町谷俊輔 町谷俊輔
長田絵里
阿部恒 第25巻 第8話(第236話) - 第26巻 第3話(第240話)
第43話 亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2 加藤敏幸 高村雄太 石本峻一、糸井恵 第26巻 第3話(第240話) - 第7話(第244話)
第44話 亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3 吉田泰三 江副仁美 横山謙次、山本晃宏
Cha Myoung Jun
第26巻 第7話(第244話) - 第27巻 第1話(第247話)
第45話 DIOの世界 その1 ヤスカワショウゴ 西田正義 吉川志我津 西村彩、Cha Myoung Jun 第27巻 第2話(第248話) - 第6話(第252話)
第46話 DIOの世界 その2 加藤敏幸 小美野雅彦、芦谷耕平 第27巻 第6話(第252話) - 第10話(第256話)
第47話 DIOの世界 その3 小林靖子 津田尚克 守泰佑
高村雄太
ソエジマヤスフミ
Shin Hyung Woo
Lee Eun Young
第27巻 第10話(第256話) - 第28巻 第6話(第262話)
第48話 遥かなる旅路 さらば友よ 鈴木健一
加藤敏幸
吉川志我津
町谷俊輔
加藤敏幸
小美野雅彦、芦谷耕平
山本晃宏、西村彩
Cha Myoung Jun
伊藤公崇
宝谷幸稔(メカ二ック)
第28巻 第6話(第262話) - 第9話(第265話)

放送局[編集]

テレビ放送
放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
1st Season
東京都 TOKYO MX 2012年10月5日 - 2013年4月5日 土曜 0:30 - 1:00(金曜深夜) 独立局
近畿広域圏 毎日放送 2012年10月7日 - 2013年4月7日 日曜 1:58 - 2:28(土曜深夜) TBS系列 アニメシャワー』第1部
福岡県 RKB毎日放送 2012年10月9日 - 2013年4月8日 火曜 2:25 - 2:55(月曜深夜)
宮城県 東北放送 2012年10月10日 - 2013年4月10日 水曜 1:30 - 2:00(火曜深夜) 作者の出身地
中京広域圏 中部日本放送 2012年10月11日 - 2013年4月11日 木曜 2:30 - 3:00(水曜深夜)
日本全域 BS11 2012年10月13日 - 2013年4月13日 土曜 0:00 - 0:30(金曜深夜) BS放送 ANIME+』枠[注 13]
アニマックス 2013年1月29日 - 7月30日 火曜 19:30 - 20:00 BS/CS放送 リピート放送あり[注 14]
2nd Season 前半
東京都 TOKYO MX 2014年4月5日 - 9月12日 土曜 0:30 - 1:00(金曜深夜) 独立局
近畿広域圏 毎日放送 2014年4月6日 - 9月13日 日曜 3:28 - 3:58(土曜深夜) TBS系列 『アニメシャワー』第4部
宮城県 東北放送 2014年4月9日 - 9月16日 水曜 1:48 - 2:18(火曜深夜) 作者の出身地
福岡県 RKB毎日放送 水曜 2:08 - 2:38(火曜深夜)
中京広域圏 CBCテレビ 2014年4月10日 - 9月17日 木曜 2:58 - 3:28(水曜深夜)
日本全域 BS11 2014年4月12日 - 9月20日 土曜 0:30 - 1:00(金曜深夜) BS放送 『ANIME+』枠
アニマックス 土曜 23:30 - 日曜 0:00 BS/CS放送 リピート放送あり
2nd Season 後半 エジプト編
東京都 TOKYO MX 2015年1月10日 - 6月20日 土曜 0:30 - 1:00(金曜深夜) 独立局
宮城県 東北放送 2015年1月14日 - 6月24日 水曜 1:48 - 2:18(火曜深夜) TBS系列 作者の出身地
福岡県 RKB毎日放送 水曜 2:13 - 2:43(火曜深夜) 1クール目まで2:08 - 2:38
近畿広域圏 毎日放送 水曜 3:00 - 3:30(火曜深夜) アニメ特区』第2部
中京広域圏 CBCテレビ 2015年1月15日 - 6月25日 木曜 2:58 - 3:28(水曜深夜)
日本全域 BS11 2015年1月17日 - 6月27日 土曜 0:30 - 1:00(金曜深夜) BS放送 『ANIME+』枠
アニマックス 2015年1月17日 - 7月4日 土曜 20:00 - 20:30 BS/CS放送 リピート放送あり
インターネット放送
放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
1st Season
日本全域 バンダイチャンネル 2012年10月11日 - 4月11日 木曜 12:00 更新 ネット配信 [注 15]
ニコニコチャンネル [注 16]
ニコニコ生放送 木曜 23:00 - 23:30
ShowTime 木曜 12:00 更新 [注 17]
バンダイチャンネル 2012年10月20日 - 2013年4月20日 土曜 0:00 更新(金曜深夜) [注 18]
2nd Season 前半
日本全域 バンダイチャンネル 2014年4月10日 - 9月17日 木曜 12:00 更新 ネット配信 [注 19]
ニコニコチャンネル
ニコニコ生放送 木曜 23:00 - 23:30
2nd Season 後半 エジプト編
日本全域 バンダイチャンネル 2015年1月15日 - 6月25日 木曜 12:00 更新 ネット配信 [注 20]
ニコニコチャンネル
ニコニコ生放送 木曜 23:00 - 23:30(第25話 - 第37話)
木曜 23:30 - 金曜 0:00(第38話 - 第48話)

1st Seasonはauひかりビデオ・チャンネルほかでも配信された[22]

Webラジオ[編集]

JOJOraDIO[編集]

2013年1月28日から9月21日までアニメ公式サイト内にて配信されたwebラジオ番組。毎週金曜日更新、全35回。パーソナリティは上田燿司スピードワゴン 役)。アニメ関連のラジオとしては珍しくコーナーなどがなく、パーソナリティがゲストと共にアニメのジョジョの収録・制作秘話を語り合うというものになっている。

また、テレビアニメ2nd Seasonの放送開始直前である2014年4月3日には『JOJOraDIO 限定版 〜継承〜』が配信された。

ゲスト
ラジオCD
BD&DVD『ジョジョの奇妙な冒険 総集編』Vol.1 - 3(2014年3月26日発売)初回限定版に同梱。全35回を再編集。
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース オラオラジオ![編集]

2014年7月4日より音泉およびHiBiKi Radio Stationにて配信されるwebラジオ番組。隔週金曜日更新。パーソナリティは小野大輔空条承太郎 役)。番組内でメールを読まれたリスナーのラジオネームは「スタンド名」として紹介される。第7回では、本放送を乗っ取る形で平川大輔(花京院典明 役)がパーソナリティを務める『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース レロレロレイディオ』が配信された。ラジオCD Vol.2の先行発売の特典として、小野大輔と三宅健太(モハメド・アヴドゥル 役)が出演した録りおろしCD『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース クロスファイヤーラジオ!』が限定封入された。

コーナー
ご意見・ご感想
アニメ・ラジオの感想・意見を紹介する、いわゆるふつおたコーナー。
スタンドッ! こう使う!
リスナーならではのスタンドの日常での使用法を紹介するコーナー。
あなたの奇妙な冒険
リスナーが体験した奇妙なエピソードを紹介するコーナー。
ジョジョを知ったきっかけ!意外!それは…ッ!
リスナーが作品を知るきっかけとなったエピソードを紹介するコーナー。
テーマソング
「ゴォ! ウエストォォォッ!(GO WEST)」(第18回 - )
作詞 - くまのきよみ / 作曲 - 澤口和彦 / 編曲 - 鈴木daichi秀行 / 歌 - 富永TOMMY弘明
ゲスト
ラジオCD
ラジオCD「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース オラオラジオ!」
Vol. 発売日 新規撮り下ろし特別版ゲスト 過去配信回 規格品番
0 2014年9月24日 平川大輔 TBCR-0286
1 2014年11月26日 上田燿司(ロバート・E・O・スピードワゴン 役) 第1回 - 第8回 TBZR-0325/0326
2 2015年5月27日 川澄綾子(エリナ・ジョースター 役) 第9回 - 第16回 TBZR-0439/0440
3 2015年6月24日 佐藤拓也(シーザー・アントニオ・ツェペリ 役) 第17回 - 第24回 TBZR-0460/0461

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD初回版 BD通常版 DVD初回版 DVD通常版
1st Season
1 2013年1月30日 第1話 - 第3話 1000361842 1000361843 1000361841 1000361844
2 2013年2月22日 第4話 - 第6話 1000361836 1000361837 1000361835 1000361838
3 2013年3月29日 第7話 - 第9話 1000361830 1000361831 1000361832 1000361833
4 2013年4月26日 第10話 - 第12話 1000361825 1000361826 1000361824 1000361827
5 2013年5月31日 第13話 - 第15話 1000361820 1000361821 1000361799 1000361822
6 2013年6月28日 第16話 - 第18話 1000361810 1000361811 1000361809 1000361829
7 2013年7月26日 第19話 - 第21話 1000361805 1000361806 1000361804 1000361807
8 2013年8月30日 第22話 - 第24話 1000361801 1000361802 1000361800 1000361803
9 2013年9月27日 第25話 - 第26話 1000361587 1000361588 1000361586 1000361589
1st Season 総集編
1 2014年3月26日 ファントムブラッド 1000471896 - 1000478594 -
2 戦闘潮流 前編 1000471895 1000477755
3 戦闘潮流 後編 1000471894 1000478593
2nd Season 前半
1 2014年7月30日 第1話 - 第4話 1000501439 - 1000502210 -
2 2014年8月27日 第5話 - 第8話 1000501855 1000502211
3 2014年9月24日 第9話 - 第12話 1000501856 1000502212
4 2014年10月22日 第13話 - 第16話 1000501857 1000502213
5 2014年11月26日 第17話 - 第20話 1000501858 1000502214
6 2014年12月19日 第21話 - 第24話 1000501859 1000502215
2nd Season エジプト編
1 2015年4月22日 第25話 - 第28話 1000503841 - 1000505064 -
2 2015年5月27日 第29話 - 第32話 1000505061 1000505065
3 2015年6月24日 第33話 - 第36話 1000504458 1000505066
4 2015年7月29日 第37話 - 第40話 1000504459 1000504510
5 2015年8月26日予定 第41話 - 第44話 1000505062 1000505067
6 2015年9月30日予定 第45話 - 第48話 1000505063 1000505068

サウンドトラック[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2013年2月22日 ジョジョの奇妙な冒険 O.S.T Phantom Blood [Future] 1000377817
2013年3月29日 ジョジョの奇妙な冒険 O.S.T Battle Tendency [Musik] 1000377818
2014年7月30日 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース O.S.T [Departure] 1000506775

メディアミックス作品[編集]

メディアミックスで制作された、アニメ以外の各メディア派生作品群について記載する。

小説[編集]

  • 『ジョジョの奇妙な冒険 II ゴールデンハート/ゴールデンリング』(著:宮昌太朗大塚ギチ、2001年、ジャンプ ジェイ ブックス)

CDカセットブック[編集]

1992年から1993年にかけて全3巻で発売された。

  • 『ジョジョの奇妙な冒険第1巻 空条承太郎見参の巻』
  • 『ジョジョの奇妙な冒険第2巻 アヴドゥル死すの巻』
  • 『ジョジョの奇妙な冒険第3巻 DIOの世界の巻』

ゲーム[編集]

ファミコンジャンプ 英雄列伝
ファミリーコンピュータ。1989年、バンダイ
16人のヒーローの1人としてPart2時代のジョセフ・ジョースター、敵キャラクターとして「柱の男」のサンタナとエシディシが登場する。原作での「柱の男は太陽の光に弱い」という設定がゲーム中でも反映されており、孫悟空の太陽拳でエシディシの弱点を突くことができる。
ファミコンジャンプII 最強の7人
ファミリーコンピュータ。1991年、バンダイ。
7人の主人公の内の1人として空条承太郎が登場。Part3が舞台となっており、承太郎の他にジョセフ、アヴドゥル、ポルナレフ、花京院が登場する。本作のオリジナルキャラクターとして、対象を石化させる能力を持つスタンド使いが敵として立ちはだかる。
ジョジョの奇妙な冒険
スーパーファミコン。1993年、コブラチーム。
Part3のロールプレイングゲーム。承太郎が住む街の中で不良や吸血鬼、スタンド使いなどと戦う、原作に登場するキャラクターでも登場する場所やスタンドの様子が違うなど、原作とはかなりかけ離れた内容となっている。承太郎は「ときのガクボウ」を装備することにより、時間停止能力を手に入れることになっている。
Part3の格闘ゲーム作品
ジョジョの奇妙な冒険
アーケードゲームPlayStation。1998年 - 1999年、カプコン
アーケード版を発売するに当たり、原作でたった1コマしか本体を表さなかった「ミドラー」を荒木飛呂彦が新たに描き下ろすなど、登場人物を増やした2D対戦型格闘ゲームである。ゲーム内でもスタンドを出して戦い、スタンドゲージというゲージが無くなるとスタンドが一時消えるというシステムである。隠しキャラクターとして、Part2の若きジョセフも登場する。
PlayStation版は後述の『未来への遺産』の登場キャラクターが追加されているものの、ハードスペック上の問題から、大幅にアレンジされている。新たに「スーパーストーリーモード」が作られ、原作のうち、格闘ゲームに向かない部分をミニゲームで補っている。これを通してポイントを貯めることで、新たなコーナーやキャラクターの選択が可能となる。原作に準拠したプレイを行うことで高得点を得られる。PocketStationとも連動している。
ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産
アーケードゲーム、ドリームキャスト。1999年、カプコン。
上記のアッパーバージョン。ドリームキャスト版は『ジョジョの奇妙な冒険』『ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産』の両方を収録している。アーケード版の内容をほぼ完全に移植しているが、上記のPlayStation版のスーパーストーリーモードは収録していない。
ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産 HDVer.
Xbox 360PlayStation 3。2012年、カプコン。
『未来への遺産』をHD画面出力に最適化してグラフィックを精緻化した移植版。ダウンロード販売専用タイトル。
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風
PlayStation 2。2002年7月25日、カプコン。
Parte5の3Dアクションゲーム。一部シーンの削除、「キング・クリムゾン」や「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」といったスタンドの能力がゲーム向けに修正されているなどの改変がある。
ジャンプスーパースターズ
ニンテンドーDS。2005年8月8日、任天堂
『週刊少年ジャンプ』のオールスターによる対戦アクションゲーム。Part3から承太郎、DIOがバトルキャラクターとして、Part7からジャイロがサポートキャラクター、ジョニィがヘルプキャラクターとして登場している。
ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド
PlayStation 2。2006年10月26日、バンダイ。
Part1の3Dアクションゲーム。
ジャンプアルティメットスターズ
ニンテンドーDS。2006年11月23日、任天堂。
『ジャンプスーパースターズ』の続編。Part1 - 7の歴代キャラクターがバトルまたはサポートキャラクター、ヘルプキャラクターとして登場する。
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
PlayStation 3。2013年8月29日、バンダイナムコゲームス。
Part1からPart8の歴代主要キャラクターたちが登場する対戦型格闘ゲーム。
ジェイスターズ ビクトリーバーサス
PlayStation 3、PlayStation Vita。2014年3月19日、バンダイナムコゲームス。
プレイヤーキャラクターとして、ジョナサンとジョセフが参戦している。
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ
スマートフォンAndroid端末2014年3月10日・iPhone端末2014年3月13日、バンダイナムコゲームス。
ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン
PlayStation 4、PlayStation 3。発売日未定、バンダイナムコエンターテインメント。

アパレル[編集]

2002年FIFAワールドカップに向けたアディダスの企画、『adidas MANGA FEVER』(雑誌)に参加。アディダスとのコラボレーションTシャツ発表(2002年7月) デザインはジョルノ。

ビームスとのコラボレーションTシャツ発表(2003年8月)。ジョルノと徐倫が描かれている。

ユニクロの『UNIQLO CREATIVE AWARD 2006』に荒木飛呂彦が審査員として参加し、自らもデザインを手がけたコラボレーションTシャツを発表(2006年4月)。Part4に登場した吉良吉影のスタンド「キラークイーン」からスピンオフしたキャラ「キラー・タイガー・クイーン」、「キラー・ダンシング・クイーン」の2種の絵柄。

ultra-violenceからParte5に登場したブローノ・ブチャラティ仕様のカットソー「Sticky Fingers Buccellati」(2007年)。荒木飛呂彦の原画とコラボレーションした『ultra-violence×ジョジョの奇妙な冒険 コラボTシャツ』。第2弾まで各弾4種類ずつと限定モデル1種と石仮面モデル1種が発売されており全10種(2008年)。

トレーディングカードゲーム[編集]

バンダイより『ジョジョの奇妙な冒険 Adventure Battle Card』の名で発売。同社のトレーディングカードゲームの特徴を色濃く引き継いでいる。

第1弾
2007年3月9日発売
  • スターターボックス
  • ブースターパック
  • 拡張シート
第2弾
2007年7月20日発売
  • 構築済みスターターボックス オラオラデッキ
  • 構築済みスターターボックス 無駄無駄デッキ
  • ブースターパック 〜そこにシビれる! あこがれるゥ!〜
第3弾
2007年11月9日発売
  • スターターボックス DIO & 9栄神スターター
  • ブースターパック 〜魂をかけよう!〜
タロットカードエディション
2008年2月14日発売
第4弾
2008年3月27日発売
  • 構築済みスターターボックス 癒しのオレンジデッキ
  • 構築済みスターターボックス 静けさのブルーデッキ
  • ブースターパック 〜コッチヲ見ロッ!〜
第5弾
2008年7月10日発売
  • スターターセット ジョースター家の血族デッキ
  • スターターセット ジョースター家の血統デッキ
  • ブースターパック 〜バイツァ・ダスト〜
第6弾
2008年11月29日発売
  • スターターセット 黄金の風
  • ブースターパック 〜黄金なる遺産〜
第7弾
2009年3月14日発売
  • ブースターパック 〜鎮魂歌(レクイエム)は静かに奏でられる〜
第8弾
2009年6月13日発売
  • ブースターパック 〜時は一巡した〜

フィギュア[編集]

ヘビーゲイジより『スターダストクルセイダース』の登場人物およびスタンドを題材としたガレージキット、「フィギュアコレクション」が1997年に発売。全10種。『戦闘潮流』『黄金の風』を題材とするフィギュアの発売も予定されていたが、発売中止となっている。

コトブキヤ ARTFXより『スターダストクルセイダース』と『黄金の風』を題材にしたシリーズが2000年に発売。それぞれスタンドと本体の2体セットとなっている。

超造形魂よりファントムブラッドを題材にしたフィギュア『ジョジョの奇妙な冒険 1』が2006年8月に発売。全10種。

HGIFシリーズより『ファントムブラッド』と『戦闘潮流』を題材にしたガチャポン『HGIFシリーズ ジョジョの奇妙な冒険』が2006年9月に発売。全5種。

超像革命メディコス・エンタテインメントよりジョナサン・ジョースターをモデルにしたフィギュア『超像Artコレクション ジョジョの奇妙な冒険 ジョナサン・ジョースター』が2007年10月に発売。2008年には空条承太郎モデルも発売された。どちらも全2種。 また、2009年1月より可動フィギュア「超像可動」が発売される。

マスクコレクションシリーズより、第5部に登場するスタンドの頭部を立体化した『ジョジョの奇妙な冒険スタンドコレクション』が2009年10月に発売。

菓子[編集]

2012年3月21日、グリコから『ジョジョの奇妙な冒険』オリジナルパッケージがセブンイレブンで先行発売。さらに対象商品を2個買うと先着20名に「オリジナルカレンダー」《全2種》1コがもらえる[23]。パッケージ商品は下記のとおり。

  • ジョジョ 細切りプリッツ トマト&チーズ
  • ジョジョ かるじゃが うましお味
  • ジョジョ パキッツ チョコレート
  • ジョジョ パキッツ ストロベリー&チョコ

スマートフォン[編集]

LGエレクトロニクス製の「Optimus Vu L-06D」をベースにした端末で、「L-06D JOJO」として1万5000台限定で2012年8月30日に発売。

その他[編集]

漫画家[編集]

  • 大亜門 - 『太臓もて王サーガ』では、作品全体に『ジョジョ』のパロディが溢れている。『赤マルジャンプ』にて荒木とのコラボが実現。『太臓もて王サーガ』5巻に収録されている。
  • CLAMP - 過去に『ジョジョ』の同人誌を発行している。1994年の「CLAMP IN WONDERLAND」で配布したこともある。
  • 高橋和希 - 『週刊少年ジャンプ』30周年企画の「すごいジャン!!!」にて、「ジョジョがすごく好きでした。ジャンプというと、僕の作品ははっきり言って『ジョジョの奇妙な冒険』に影響を受けています」と語り、オススメジャンプマンガとして『ジョジョの奇妙な冒険』を挙げている。

小説家[編集]

  • 乙一 - 本作のファンであることをきっかけに第4部のノベライズ本を執筆。『ウルトラジャンプ』2007年12月号で荒木と対談も行っている。
  • 上遠野浩平 - 本作及び荒木のファンとして、自身でも「荒木先生のパクリのような小説を長年書いている」と語った。「VS JOJO」の企画において第一弾作品を担当し、第5部のノベライズを行っている。
  • 西尾維新 - 本作のファンとして、荒木との対談が実現した際には「全人類に読んで欲しい漫画」として『ジョジョ』を挙げた。「VS JOJO」の企画において第二弾作品を担当し、DIOを主人公としたノベライズを行っている。

テレビ[編集]

2010年に放映されたテレビドラマ『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』は、時を止める能力者ニノマエジュウイチ(一十一)が登場するなど『ジョジョの奇妙な冒険』へのオマージュとして話題になっていた。その後、2012年に公開された劇場版『劇場版 SPEC〜天〜』では、上映開始前に同作の公式ツイッターへ「ちなみに『SPEC 天』には『ジョジョの奇妙な冒険』が出演します。ちゃんと許諾をいただきました」とのコメントが出され、劇中に『ジョジョの奇妙な冒険』の単行本が小道具として使用されている。

バラエティ番組『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』では、ジョジョ好き芸人たちによる『ジョジョの奇妙な芸人』が放送されている。詳細は雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画#ジョジョの奇妙な芸人を参照。

日本国外での反響[編集]

日本国外では、イタリアで "Le bizzarre avventure di Jojo"、台湾では『JOJO冒険野郎』のタイトルで知られる。イタリア語版の本作品のタイトルも「JOJO」である。柔道がjudoであるように、外来語としては J の字もあり得るため、オリジナル準拠の表記とされている。ただし、Parte5が開始している70巻(日本語版とは巻数が異なる)の表紙はGioGioと表記されている。2005年9月からはPart3のみアメリカ合衆国でも発売されている。アメリカ版では権利関係の問題を回避するため「エンヤ婆」が"Enyaba Geil"に、「呪いのデーボ」が"Soul Sacrifice"になっているなど、アーティスト由来の人物名が変更されている。アーティストに由来する名称だが、一般に見られる姓名であるポルナレフやアヴドゥルはそのままとなっている。

OVA『ジョジョの奇妙な冒険 Adventure6 報復の霧』の中でディオ・ブランドーがアラビア語の書物を読みながら主人公一行の殺害を部下に命じるシーンがあり、この書物の文章がコーランのものであった。鑑賞した一部の人間が、これを「イスラム教に対する侮辱で受け入れられない」として反発。原因は制作会社が雰囲気を出すためにアラビア文字の資料を探したところ、コーランをそれと知らずに転写してしまったため(原作ではコーランは描かれていない)。集英社と制作会社は「心よりおわび申し上げます。イスラームとその文化についての理解を一層深めるべく、努力する所存です」とコメントし、該当DVDの出荷を停止。また原作にもモスクの描写に不適切な表現があったとして、第3部の単行本・文庫版に加え、画集2冊の計29冊について出荷停止の措置がとられたが[24][25]、その後の2009年2月より原作の該当箇所を訂正した改訂版が販売再開されている[26]

NBCで放送されたドラマ『HEROES』に登場する日本人キャラクターヒロ・ナカムラ(演:マシ・オカ)の有する特殊能力「Time Manipulation(時空間コントロール)」はヒロが憧れているマンガキャラの一人、空条承太郎(及びディオ・ブランドー)の時を止めるスタンド能力に由来するものであり、ヒロ自身のブログのHNも「Jotaro Kujo(空条承太郎)」にしている。なお、「ジョジョの奇妙な冒険」へのオマージュとして『HEROES』の2、3シーズンでは複数のエピソードで「無駄無駄無駄無駄無駄」という台詞が使用されている(英語版ページより)[出典無効]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Parteはイタリア語におけるPart。「パルテ」と読む。
  2. ^ 『スティール・ボール・ラン』は当初、『ジョジョの奇妙な冒険』とは無関係な新作として扱われていた。2005年に掲載誌を『ウルトラジャンプ』に移してからは、正式にPart7として扱われている。
  3. ^ 「ジョジョ」という音をイタリア語風に綴ったもの。ちなみにイタリア語では、"J"は濁音でなく半母音で、外来語にしか使われない。
  4. ^ 2013年10月から2014年3月までBS11で行われた再放送においては、完全な無修正ではないものの一部のグロテスク描写の修正が若干緩和されている箇所も存在している。
  5. ^ en:Roundabout (song)も参照。
  6. ^ 一番目はジョナサンで二番目以降は話によって登場有無が変わっているが、原則的にスピードワゴン、ゲスト人物、ディオの順。
  7. ^ 一番目はジョセフで、以降は話によって登場有無が変わっているが、原則的に二番目以降はスピードワゴン、シーザー、シュトロハイム、ワムウ、エシディシ、カーズ、リサリサの順。
  8. ^ 第10話および第11話ではジョセフの前にジョナサンが一番目に登場し、ジョセフは二番目の登場だった(第12話以降はジョセフが一番目になっておりジョナサンは登場しない)。
  9. ^ 第10話のみスピードワゴンがPart1時代の若かりし姿からPart2以降の年老いた姿へ変化する描写が描かれており第11話以降はPart2での年老いた姿のみの描写となっている。
  10. ^ 劇中挿入曲をエンディング用に編集したもの。第2話限定であり、第1話では未使用。
  11. ^ 第27話は「アク役◇協奏曲〜オインゴとボインゴ〜」、第36話・第37話は「アク役◇協奏曲〜ホル・ホースとボインゴ〜」とエンドクレジットでの表記が異なっている。
  12. ^ 劇中挿入曲をエンディング用に編集したもの。エンドクレジットの記載無し。
  13. ^ 2013年10月5日 - 2014年3月29日まで土曜 19:00 - 19:30まで再放送された。
  14. ^ レギュラー放送に先駆け、2013年1月1日 火曜 19:45より第1話 - 第4話が放送された。
  15. ^ 36時間限定無料配信。
  16. ^ 第1話無料。第2話以降有料。
  17. ^ 第1話会員無料配信。第2話以降26時間会員無料配信後、有料配信。
  18. ^ 第1話無料。第2話以降個別課金による有料配信。
  19. ^ 第1話無料。第2話以降更新後1日半(36時間)無料。
  20. ^ 第25話無料。第26話以降更新後1日半(36時間)無料。

出典[編集]

  1. ^ MEDIA GUIDE 2013集英社AD NAVI
  2. ^ 日本のメディア芸術100選
  3. ^ 斎藤環「書き続ける勇気 荒木飛呂彦インタビュー」『ユリイカ』1997年4月号、135頁-143頁
  4. ^ 『QuickJapan』Vol.75、巻頭ページ(文・吉田大助)
  5. ^ 文庫版第1巻のあとがきより。
  6. ^ コラム「気分はJOJO 最終回SPECIAL!!~5部Q&A~」(『週刊少年ジャンプ』、1998年9号)
  7. ^ 愛知県名古屋市東海中学校・高等学校 サタデープログラム 2006年6月24日講演
  8. ^ a b 週刊少年「」 2003年4月15日放送
  9. ^ 『週刊ファミ通』2007年3月2日号
  10. ^ a b NHK BS マンガノゲンバ 2006年7月4日放送
  11. ^ ジャンプノベル』1993年4月1日号「オーケン&飛呂彦の奇妙な世界〜大槻ケンヂ対談〜」
  12. ^ 荒木飛呂彦が設定秘話を明かす!『ジョジョ』発表会レポート
  13. ^ 単行本第46巻のカバー折り返しより。
  14. ^ 『荒木飛呂彦先生 (後編)』その2 - 2007年7月30日
  15. ^ 『JOJOmenon』2012年10月5日発売
  16. ^ 週刊少年ジャンプ増刊 青マルジャンプ 「スティール・ボール・ラン」 荒木飛呂彦ロングインタビュー 2004年2月26日発売
  17. ^ 「ジョジョの奇妙な冒険」、アニメの魅力とは何だったのか? 津田尚克ディレクターインタビュー(前編)(1/2)”. アニメ!アニメ!. 2013年5月14日閲覧。
  18. ^ a b ジョジョアニメは第2部突入、杉田智和のジョセフが動くッ!”. コミックナタリー. 2012年11月19日閲覧。
  19. ^ 4クール(1年間)放送が発表された「ジョジョの奇妙な冒険」プレミア上映会レポート”. GIGAZINE. 2014年6月25日閲覧。
  20. ^ 「ジョジョの奇妙な冒険」は分割4クール・9月で区切り、第2回プレミア上映会レポート”. GIGAZINE. 2014年7月31日閲覧。
  21. ^ 『アニメ流行語大賞2014』投票結果はこうなった! 大人気『妖怪ウォッチ』を抑え金賞に輝いたのは“ジョジョ””. ガジェット通信. 2015年3月3日閲覧。
  22. ^ On Air”. TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』. 2012年9月28日閲覧。
  23. ^ glicoから『ジョジョの奇妙な冒険』オリジナルパッケージ商品が2012年3月21日(水)に発売!!(JOJO.com)
  24. ^ アニメーション「ジョジョの奇妙な冒険」における表現について
  25. ^ ジョジョ画集『JOJO A-GO!GO!』、『JOJO 6251 荒木飛呂彦の世界』についても出荷を一時停止中
  26. ^ 「ジョジョの奇妙な冒険」第3部販売開始のお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

総合

Part1 ファントムブラッド

Part3 スターダストクルセイダース

Part4 ダイヤモンドは砕けない

Parte5 黄金の風

Part7 スティール・ボール・ラン

テレビアニメ