松島町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつしままち
松島町
Matsushima montage.JPG
1段目左:松島海岸
1段目右:雄島
2段目左:マリンピア松島水族館
2段目右:瑞巌寺
3段目左:五大堂
3段目右:円通院
4段目:愛宕神社
4段目右:松島海岸駅
Flag of Matsushima Miyagi.JPG
松島町旗
Symbol of Matsushima, Miyagi.svg
松島町章
1963年昭和38年)12月16日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
宮城郡
団体コード 04401-6
法人番号 3000020044016
面積 53.56 km²
総人口 14,064
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 263人/km²
隣接自治体 東松島市大崎市
宮城郡利府町遠田郡美里町
黒川郡大郷町
町の木 マツ
町の花 セッコク
松島町役場
町長 櫻井公一
所在地 981-0215
宮城県宮城郡松島町高城字帰命院下一19番地の1
北緯38度22分48.6秒東経141度4分2.4秒
Matsushima Town Hall 1.jpg松島町役場現庁舎
外部リンク 松島町

松島町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

宮城県松島町(まつしままち)は、日本東北地方の一角である宮城県の沿岸地域中部に所在する松島湾によって太平洋に面する地域で、日本三景の一つ「松島」の観光拠点として広く知られている。

現在は七ヶ浜町および利府町と共に宮城郡を形成する。


地理[編集]

上空からの松島町
松島の街並み
松島字内で撮影

自然[編集]

宮城県中部に位置し、奥羽山脈から太平洋にまで至る舌状台地である松島丘陵が海に没する松島湾に面してある。松島丘陵、および、松島湾の多島海によって成る景観は、風光明媚として古くから知られており、古代以来、歌枕として、そして近世中期以降、とりわけ近現代では観光地として旅行者を引き寄せている。

  • 山地標高100m以上)
    • 段山(だんやま。標高178.0mで、松島町内の最高峰
    • 姉取山(あねとりやま。標高138.2m)
    • 富山(とみやま。標高124.0m。松島町と東松島市の市町境)
    • 白坂山(しらさかやま。標高122.2m)
    • 鷹場山(たかばやま。標高115.0m。松島町・大郷町の町境)
    • 尾鹿ノ森山(おじかのもりやま。標高108.9m)
    • 鷲尾山(わしおやま。標高約100m)
  • 湾・海岸

隣接する市町村[編集]

cf. 宮城県の市町村全図 :≪外部リンク≫ 宮城県地域マップ”. (公式ウェブサイト). 宮城県. 2011年4月18日閲覧。

歴史[編集]

縄文時代には、日本最大の貝塚である大木囲貝塚が造られた七ヶ浜一円と共に、松島一円は当時における“日本の中心地”の一つであった。

島名が歌枕として知られる雄島
右に見える長さ約20mの赤い橋「渡月橋」は、2011年、東北地方太平洋沖地震とそれに伴う津波に襲われ、完全に失われた[1]
松島町章
近代以降

行政区域の変遷(市町村制施行以後)[編集]

行政[編集]

写真は2014年に解体された旧庁舎

経済[編集]

産業[編集]

郵便局[編集]

  • 松島郵便局(集配局)
  • 松島海岸郵便局
  • 初原郵便局
  • 品井沼駅前郵便局
  • 富山簡易郵便局
  • 竹谷簡易郵便局
  • 愛宕簡易郵便局

金融機関[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

日本国内
日本国外

地域[編集]

人口[編集]

Demography04401.svg
松島町と全国の年齢別人口分布(2005年) 松島町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 松島町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
松島町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 16,004人
1975年 16,568人
1980年 17,246人
1985年 17,568人
1990年 17,431人
1995年 17,344人
2000年 17,059人
2005年 16,193人
2010年 15,085人
2015年 14,421人
総務省統計局 国勢調査より

健康[編集]

  • 松島町温水プール 美遊

教育[編集]

高等学校
中学校
小学校
※松島町立松島第三小学校・第四小学校は、第二小学校に統廃合となった。
幼稚園
  • 現在、小学校の再編成に伴い、幼稚園も統廃合となっている。
資料館

交通[編集]

国道45号
松島字霞ヶ浦で撮影
鉄道
松島海岸駅にのみ駅長助役が配置され、他の6駅を管轄している。松島海岸・松島の両駅が社員配置駅(直営駅)、高城町駅が業務委託駅JR東日本東北総合サービスへ委託)、品井沼駅が簡易委託駅(町の関連会社である品井沼ステーションサービスへ委託)、愛宕駅・手樽駅・陸前富山駅が無人駅である。
バス
道路
港湾
松島観光遊覧船

津波に備え、歩道橋を待避所として使用するために、町内随所に歩道橋までの距離を表す標識がある。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所
神社仏閣
博物館等
公園
  • 松島公園
  • 明治潜穴公園
かつてあった施設
祭り
イベント

出身著名人[編集]

東日本大震災[編集]

被災の松島海岸駅前
(2011年3月13日)
復旧した松島海岸前の道路
(2011年11月4日)

2011年平成23年)3月11日、マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生し、松島町は震度6弱(観測地点:松島町高城)を記録した[8]cf. 東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録#本震。さらにこの地震が引き起こした大津波東北地方太平洋沿岸部全域に未曾有の被害をもたらしたが、松島一帯は遠浅の多島海という松島湾の地勢が津波の威力を減衰させたと見られ、周辺地域との比較の上では軽微と言える被害に留まった[9][10]。ただし、あくまでも他地域の被害状況が激甚であるために言われているのであって、一件の災害として小さいわけではない。犠牲者を含む被災者、養殖施設・史跡観光施設・船舶などの破壊・流失・浸水、自然地形の崩壊などといった被害が、島嶼部と沿岸部にあった[10][9][1][11]cf. 東日本大震災

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、瑞巌寺が現在ある地域には当時、製塩炉が置かれていたことが判明しており、延福寺の所在地は不明。
  2. ^ 現代語訳 「松島の雄島の磯で漁をする人のくらいだろう、(悲恋に涙する私のこの)袖のように濡れているのは」
  3. ^ 現代語訳 「【源重之の歌への返しとして】(私のほうこそ)貴方にお見せしたいものです。雄島の漁師の袖でさえ、波をかぶって濡れに濡れても色までは変わらないというのに、(私の涙は流しすぎて血の涙となってしまっているので、それを拭う袖の色が変わってしまいました)」

出典[編集]

  1. ^ a b “勝・松島、崩落被害=「長命穴」消え、半壊の島も-国宝「瑞巌寺」は壁にひび”. 時事ドットコム(ウェブサイト) (時事通信社). (2011年3月19日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031900412 2011年3月20日閲覧。 
  2. ^ 新野・TCK (2006)
  3. ^ 図典 日本の市町村章 p37
  4. ^ みちのく伊達政宗歴史館”. (公式ウェブサイト). みちのく伊達政宗歴史館. 2011年4月20日閲覧。
  5. ^ みちのく伊達政宗歴史館”. (公式ウェブサイト). 宮城県文化振興財団. 2011年4月20日閲覧。
  6. ^ 東日本大震災”. (公式ウェブサイト). ベルギーオルゲールミュージアム (2011年3月24日). 2011年4月20日閲覧。
  7. ^ 閉館のお知らせ”. (公式ウェブサイト). ベルギーオルゲールミュージアム (2011年4月18日). 2011年4月20日閲覧。
  8. ^ 震度データベース検索”. (公式ウェブサイト). 気象庁 (2011年3月11日). 2011年4月16日閲覧。
  9. ^ a b “「松島が守ってくれた」対岸の町、死者1人”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年3月23日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110323-OYT1T00077.htm 2011年3月30日閲覧。 
  10. ^ a b “東日本大震災 図説集”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年4月10日). オリジナル2011年6月19日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5zZ0zUltR?url=http://mainichi.jp/select/jiken/graph/sinsai_zusetsu/ 2011年4月17日閲覧。 :被災状況全図。
  11. ^ “東日本大震災:宮城・松島明暗 島に守られ景観は健在、湾口は民宿や養殖にダメージ”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年4月19日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110419dde003040013000c.html 2011年4月20日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 新野一浩「瑞巌寺境内遺跡とその周辺」、東北中世考古学会 『中世の聖地・霊場 ― 在地霊場論の課題』 高志書院、2006年10月、121頁。ISBN 978-4-8621-5017-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]