JR東日本東北総合サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR東日本東北総合サービス株式会社
JR EAST TOHOKU SOUGOU SERVICE
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
980-0021
宮城県仙台市青葉区中央四丁目10番3号
仙台キャピタルタワー8F
設立 1989年8月18日
業種 サービス業
法人番号 9370001011348 ウィキデータを編集
事業内容 物販・飲食店舗
生活密着型ショッピングセンター
駐車場
長期滞在型ホテルの運営
介護事業
駅業務受託 他
代表者 代表取締役社長 松木 茂
資本金 4億9,000万円
売上高 309億円(2018年度計画値)
純利益 ▲13億4330万円(2021年03月31日時点)[1]
純資産 25億1780万7000円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 90億8867万6000円(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 2,011名(2021年4月1日現在)
主要株主 東日本旅客鉄道 100%
外部リンク http://www.livit.jregroup.ne.jp/
特記事項:※愛称はLiViT
テンプレートを表示

JR東日本東北総合サービス株式会社(ジェイアールひがしにほんとうほくそうごうサービス)は、宮城県仙台市に本社を置く、JR東日本の完全子会社連結子会社)。愛称は『LiViT(リビット)[2]

JR東日本の東北エリアで、エキナカを中心とした店舗運営のほか、鉄道業務の受託、ホテル業務などを行っている。

沿革[編集]

  • 1989年8月 - JR東日本100%出資の子会社として「東北総合サービス株式会社」設立、 仙台営業所設置。
  • 1990年7月 - 「古川営業所」設置。
  • 1991年3月 - 「郡山営業所」設置。
  • 1993年4月 - 「旅行業取扱」開始。
  • 1995年11月 - 資本金を8千万円から1億3千万円に増資。
  • 1996年10月 - 資本金を3億3千万円に増資。
  • 1997年4月 - 「福島営業所」設置。
  • 1998年
    • 5月 - 資本金を4億9千万円に増資。
    • 6月 - 葬祭業「セポール」営業開始。
    • 10月 - 「広告代理店業」開始。
  • 1999年4月 - 「一般労働者派遣事業」開始。
  • 2000年
    • 7月 - 「介護サービス事業」開始。
    • 11月 - 「会津若松営業所」設置。
  • 2001年
    • 4月 - 仙台研修センター業務、岩切に移転。
    • 10月 - 本塩釜駅ビル「エスポート」管理運営業務開始。
    • 12月 - ステーションルネッサンス「Dila仙台」オープン。
  • 2002年7月 - 仙台原ノ町「ピボット」オープン。
  • 2003年
    • 4月 - 「食材王国みやぎ」オープン。
    • 7月 - 「牛たん通り」オープン。
  • 2004年4月 - 「すし通り」オープン。
  • 2010年12月 - 「純米吟醸 仙臺驛政宗」発売開始。
  • 2013年4月 - JR東日本グループ会社再編により、JR東日本東北総合サービス株式会社へ社名変更。
  • 2015年
  • 2016年3月 - 仙台駅ステーションルネッサンスグランドオープン、仙台エスパルに「東北めぐり いろといろ」開店。
  • 2017年
    • 1月 - 秋田トピコ「東北めぐり いろといろ」開店。
    • 2月16日 - 仙台駅で、JREポイントを導入。LiViTロゴ入りのカードの発行。
    • 3月 - 盛岡フェザン「東北めぐり いろといろ」開店。
    • 6月 - 「仙台南営業所」設置。
    • 10月 - 「秋田営業所」設置。

組織[編集]

  • 本社
    • 監査部
      • 盛岡派出
      • 秋田派出
    • 業務改革促進本部
      • 業務改革促進部
    • 経営企画本部
      • 経営企画部
        • 経営企画課
        • システム企画課
      • 設備部
      • 財務部
        • 経理課
        • 会計課
    • 営業本部
    • 総務部
    • 仙台駅プロジェクト
  • 仙台支店
  • 盛岡支店
  • 秋田支店

業務内容[編集]

  • JR東日本仙台・盛岡・秋田支社管内駅業務などの受託
  • 駅構内営業店舗
  • Dila仙台のテナント管理
  • tekuteながまちのテナント管理
  • ホテルフォルクローロ高畠の運営
  • Pivot各店の運営
  • 秋田生鮮市場保戸野店の運営
  • その他
    • 月極駐車場
    • 福祉介護サービス
    • 極楽湯福島店のフランチャイズ運営

仙台支社管内の受託駅一覧[編集]

JR-TSS仙台支店が統括し、各駅をブロック[4]に分け、各ブロックに管理者であるブロック長を配置している。☆印がブロック長配置駅、★印が駅務責任者配置駅

盛岡支社管内の受託駅一覧[編集]

秋田支社管内の受託駅一覧[編集]

  • 県南統括ブロック(旧・ジェイアールアトリス委託駅→駅務指導センター秋田)
    • 県南幹線ブロック(秋田支社県南地区大曲管理駅):大曲駅(新幹線乗換口)、田沢湖駅(2020年10月1日 - )、角館駅(2020年10月1日 - )
    • 県南奥羽ブロック(秋田支社県南地区横手管理駅):湯沢駅(2021年4月1日 - )、十文字駅
  • 中央統括ブロック(旧・ジェイアールアトリス委託駅→駅務指導センター秋田)
    • 中央ブロック(秋田支社中央地区秋田・羽後本荘管理駅):秋田駅(新幹線乗換口、中央口新幹線改札、新幹線ホーム案内放送、メトロポリタン口改札、遺失物取扱業務)、象潟駅(2020年4月1日 - )、新屋駅羽後牛島駅
    • 男鹿南秋ブロック(秋田支社中央地区土崎管理駅):追分駅(2015年10月1日 - )、八郎潟駅(2015年10月1日 - )、船越駅男鹿駅(2018年5月12日 - )
  • 県北統括ブロック(旧・ジェイアールアトリス委託駅→駅務指導センター秋田)
    • 県北ブロック(秋田支社県北地区):鷹ノ巣駅(2015年10月1日 - )、大館駅(2018年12月1日 - )
    • 能代ブロック(秋田支社県北地区):能代駅(2020年4月1日 - )
  • 津軽統括ブロック(旧・弘前ステーションビル委託駅→旧・ジェイアールアトリス委託駅→駅務指導センター弘前)
    • 津軽奥羽ブロック(秋田支社津軽地区弘前管理駅):川部駅浪岡駅(2017年4月1日 - )、JR弘前テレフォンセンター
    • 津軽五能ブロック(秋田支社津軽地区五所川原管理駅):鰺ケ沢駅深浦駅(2019年4月1日 - )
  • 秋田お問い合せセンター
  • 弘前お問い合せセンター

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c JR東日本東北総合サービス株式会社 第32期決算公告
  2. ^ JR東日本東北総合サービス株式会社【LiViT】|企業情報”. www.livit.jregroup.ne.jp. 2021年9月11日閲覧。
  3. ^ JR東日本グループ事業の再編について(東日本旅客鉄道 2015年4月30日)
  4. ^ JR仙台支社の「地区」に準じたブロック分けとしている。
  5. ^ 業務部速報(提案「岩切駅 駅業務委託の拡大について」) (PDF)” (日本語). JREU仙台地本業務部 (2021年6月30日). 2021年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]