大曲駅 (秋田県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大曲駅
西口(2013年9月20日)
西口(2013年9月20日)
おおまがり
Ōmagari
所在地 秋田県大仙市大曲通町6-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 マリ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 3面5線
乗車人員
-統計年度-
2,043人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1904年明治37年)12月21日
乗入路線 3 路線
所属路線 秋田新幹線
キロ程 75.6km(盛岡起点)
東京から610.9km
角館 (16.8km)
(51.7km) 秋田
所属路線 奥羽本線
キロ程 247.0km(福島起点)
飯詰 (7.2km)
(6.0km) 神宮寺
所属路線 田沢湖線
キロ程 75.6km(*盛岡起点)
北大曲 (3.6km)
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 正式な起点は当駅
テンプレートを表示
東口
東口
構内図
構内図
大曲駅舎(大正期撮影)
大曲駅舎(大正期撮影)

大曲駅(おおまがりえき)は、秋田県大仙市大曲通町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の。大仙市の代表駅である。事務管コードは▲220847[1]

乗り入れ路線[編集]

乗り入れている路線は、線路名称上は、当駅の所属線である奥羽本線[2]と、当駅を終点とする田沢湖線の2路線である。また当駅はミニ新幹線である秋田新幹線の停車駅となっており、同新幹線は田沢湖線と奥羽本線秋田駅方面とを直通運転している。このため田沢湖線は新幹線に合わせた標準軌(軌間1,435mm)が用いられており、奥羽本線秋田駅方面は在来線列車用の狭軌軌間1,067mm)と、秋田新幹線用の標準軌との並列区間となっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

地上駅橋上駅舎を持つ。

のりば[編集]

在来線ホームは単式ホーム1面1線(1番線)と島式ホーム1面2線(2・3番線)、計2面3線である。3番線は田沢湖線用の標準軌であり、線路はホームの中程で途切れている。

新幹線ホームは頭端式ホーム1面2線である。在来線ホームに比べると狭い。秋田新幹線は田沢湖線 - 奥羽本線秋田方面の直通のため、当駅でスイッチバックが行われる。在来線島式ホームの田沢湖線用線路終端部付近に中間改札が設けられており、そこから新幹線ホームへ通路が延びている。

番線 路線 方向 行先
狭軌
1 奥羽本線 下り 刈和野秋田方面
2 上り 横手湯沢方面
標準軌
3 田沢湖線 - 角館田沢湖方面
11 秋田新幹線 上り 盛岡仙台東京方面
12 下り 秋田方面

(出典:JR東日本:駅構内図

構内[編集]

中央改札口は2階にある。ただし、全国花火競技大会開催時は、東口(旧中央口など)1階に臨時改札口が設置される。

直営駅駅長配置)である。新幹線乗換改札口はJR東日本東北総合サービスに委託している。管理駅として、田沢湖線の鑓見内駅羽後四ツ屋駅北大曲駅および奥羽本線の神宮寺駅 - 羽後境駅間の各駅を管理する。

みどりの窓口(営業時間:6時00分 - 19時40分)、指定席券売機(営業時間:6時00分 - 23時30分)、自動券売機びゅうプラザ大曲(営業時間:平日10時30分 - 18時00分、土曜10時30分 - 17時00分、日祝休業)がある。また新幹線乗換改札口には新幹線自動改札機が3台、中央改札口には在来線自動改札機(モバイルSuica特急券用にモバイルSuica対応)が4台設置されている。新幹線ホーム、みどりの窓口兼待合所にはキオスクがある。

1965年あたりまでは構内に横手機関区大曲支区が設置されていた。1963年まではSLも配置されており、国鉄C11形蒸気機関車が3両配置されていた(C11 66、107、135)。 現在は既に撤去済みだが、機関区構内には転車台も設置されていた。

全国花火競技大会開催時[編集]

  • 花火大会開催日は臨時改札口の他、行先別に区分けするためのフェンスが設置される。
    • 駅舎西口広場内に、駅舎に向って右側よりこまち、田沢湖線(盛岡方面)、奥羽本線(横手方面)、奥羽本線(秋田方面)に分けられる[7]
    • こまちの列はさらに右側より指定席、立席(秋田方面)、立席(盛岡方面)に分けられる[7]
  • 盛岡方面のこまちは定期列車の仙台行の1本を除いて雫石駅までノンストップ運転し、盛岡駅止まりとなる。[8]
  • こまちは指定席券を優先に改札を行い、その後各便250名をめどに特定特急券(立席)を持つ乗客を入場させる。[要出典]

駅弁[編集]

かつて販売されていた主な駅弁は下記の通り[9]

  • 秋田日本海たこびより

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は2,043人である[利用客数 1]。これは、秋田県内では秋田駅土崎駅に次いで第3位である。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 2,748 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 2,631 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 2,479 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 2,423 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 2,389 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 2,337 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 2,350 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 2,273 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 2,247 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 2,153 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 2,160 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 2,066 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 2,086 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 2,150 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 2,093 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 2,127 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 2,078 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 2,070 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 2,043 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅前にも停留所はあるが、ほとんどの系統は「大曲バスターミナル」(西口から徒歩2分。大仙市大曲通町10-1)発着である[10]。 路線バスはすべて羽後交通が運行している。

その他[編集]

  • 「眩い銀が美しく光る未来的な駅舎」として、東北の駅百選に選定された。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
秋田新幹線
角館駅 - 大曲駅 - 秋田駅
奥羽本線
快速(下り1本のみ運転)
横手駅大曲駅刈和野駅
普通
飯詰駅 - 大曲駅 - 神宮寺駅
田沢湖線
北大曲駅 - 大曲駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 鉄道要覧記載上の起点は大曲駅だが、列車運行上は盛岡駅が起点で盛岡駅に0キロポストがある。(2008年5月)

出典[編集]

  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  3. ^ JR大曲駅 - Good Design Award〔受賞企業は鈴木エドワード建築設計事務所・東日本旅客鉄道の2社である〕
  4. ^ JR大曲駅の発車メロディー変更について (PDF)”. 東日本旅客鉄道株式会社 秋田支社 (2012年8月6日). 2012年8月26日閲覧。
  5. ^ 大曲駅新幹線ホームの発車メロディを変更します
  6. ^ びゅうプラザ大曲駅は2019年9月30日(月)をもって営業を終了することになりました。 - JR東日本秋田支社 2019年7月25日
  7. ^ a b 2011大曲の花火ときめきウォークマップvol.6 (PDF)”. 大曲商工会議所. 2012年5月5日閲覧。
  8. ^ 大曲の花火公式ページより
  9. ^ 『JR時刻表』2017年3月号、交通新聞社、2017年、 661頁。
  10. ^ 大曲バスターミナル 発着場所の変更 (PDF)”. 羽後交通株式会社. 2011年3月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月18日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月17日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]