くりこま高原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くりこま高原駅
駅舎
駅舎
くりこまこうげん
Kurikoma-Kōgen
古川 (21.2km)
(28.9km) 一ノ関*
所在地 宮城県栗原市志波姫新熊谷284
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北新幹線
キロ程 416.2km(東京起点)
電報略号 クリ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,048人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1990年平成2年)3月10日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* この間に盛岡支社仙台支社境界あり(当駅から古川寄りは仙台支社管内)
テンプレートを表示
改札口(2014年8月)
ホームに停車中の新幹線(2010年10月2日)

くりこま高原駅(くりこまこうげんえき)は、宮城県栗原市志波姫新熊谷(しわひめしんくまや)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北新幹線である。

営業キロ数は東北本線新田駅を準用し、乗車券部分については、当駅との選択乗車が可能である。

歴史[編集]

くりこま高原駅は東北新幹線開業後に設置された駅であるが、駅の構想は東北新幹線開業前から始まった。この構想を最初に進めたのは築館町である。1979年(昭和54年)に築館町長の白鳥を会長とする「新幹線築館駅誘致期成同盟会」が結成され、築館町における新幹線駅の実現を目指した。しかし、建設が決まっていた東北新幹線の古川駅一ノ関駅の間で、築館町はそれらの中間地点より古川に片寄った位置にあった。そこで、新駅の場所をそれらの中間の志波姫町に変更した上で、栗原郡登米郡、さらには気仙沼市など宮城県北部一円を巻き込んだ広域的な新幹線駅誘致運動に移行し、1980年(昭和55年)に1市23町村が「東北新幹線停車駅促進期成同盟会」を結成した。東北新幹線は1981年(昭和56年)6月に大宮駅と盛岡駅の間で開業するが、これとほぼ同時に、期成同盟会は志波姫町の新幹線駅の仮称を「栗原・登米駅」とした[1]

この新幹線駅構想に対して、国鉄は技術的にも列車ダイヤ上も問題はないが、もし建設するなら請願駅として地元が建設費用を負担することになるという見解を表した[2]。次いで議論の的になったのが建設費である。栗原・登米駅建設事業費は概算で46億円と見積もられた。期成同盟会は数度にわたってこれを慎重に検討し、栗原郡町村が18億円[注釈 1]を負担することとし、残りの費用のうち20億円の負担を宮城県に要請、4億2000万円を栗原郡内からの民間寄付、3億8000万円を登米郡および本吉郡の町、そして気仙沼市に要請する計画を立てた。募金については、一例として、築館町では一般町民一人当たり6000円が募金額の目標とされたが、特別会計のためこれは控除対象ともなった[3]

国鉄分割民営化が行われた1987(昭和62年)、JR東日本は「栗原登米駅」の設置を表明し、この新駅の計画が具体的に協議されるようになった。東北新幹線の請願駅としてすでに開業していた新花巻駅水沢江刺駅を参考に改めて事業費の試算が行われ、費用をできるかぎり絞り込んだ結果、駅舎整備に約24億円、駅前整備に約8億円、あわせて約32億円が必要とされた。宮城県は駅舎建設費の半額の12億円の負担を決め、これで栗原郡の18億円とあわせて30億円が確保されたが、周辺事業を考慮するとなおも10億円ほどが必要と考えられたため、登米郡や本吉郡、気仙沼市に対して負担金の早期確定が要請された[4]。また、JR東日本が駅の設置を表明したことで募金活動が本格的に行われるようになった[5]

JR東日本は、駅施設の建設について条件を付けた。駅の用地はJR東日本へ無償で譲渡されること、当面はホーム2面および線路2線の配線とするが将来的に4線に拡張できるように土地が確保されること、などである。また、ホーム長は新幹線車両12両編成に対応する長さとされた。他にも、JR東日本は周辺の観光資源の開発や交通網の整備について要望を出した[6]。地元自治体はこれらの条件を受け入れ、1988(昭和63年)に、宮城県、栗原地域広域行政事務組合、JR東日本の三者によって基本協定書の調印が行われた。次いで工事協定が結ばれ、この年の10月に駅の建設地で安全祈願祭が執り行われた[7]

駅の建設中には駅名が問題となった。1989年(平成元年)にJR東日本は、郡名をつなげた駅名は読みづらいとして、駅名の再考を地元自治体に促した[8]。これを受けて駅名の公募が行われ、「栗原登米駅」、「三陸栗駒登米駅」、「奥宮城駅」、「スワン駅」、「伊豆沼駅」の5案がJR東日本へ提示された[9]。しかし、JR東日本はこれらいずれも採用せず、独自に「くりこま高原駅」を決めた。当時、栗原郡内に栗駒町が存在したため、JR東日本の駅名案は特定の町を連想させるものとして地元自治体は反発したが、くりこま高原駅が新駅の駅名として決められた[10]

こうした一連の出来事を経て、1990年(平成2年)3月10日、くりこま高原駅は開業した[7]

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。通過線が無いため、ホームが直接本線に面しており、列車が目の前を320km/hで通過することになるため、可動式安全柵を装備している。駅完成当時は、12両編成対応のホームだったが[11]、現在はフル規格10両+ミニ新幹線規格7両の17両編成対応になっている。

直営駅駅長助役配置)。東北新幹線の単独駅であり、管理駅でもあるが、当駅は自駅のみの単駅管理となっている。みどりの窓口(営業時間 6時30分 - 21時45分)、自動券売機指定席券売機・えきねっと専用機を含む)、新幹線自動改札機駅レンタカー営業所、待合室土産屋、観光案内所がある。以前は「びゅう旅センター」が設置されていた。

なお、DS-ATC化以前のATC回路は、閉塞信号のみ(場内、出発信号が無い)で、車両にある車上装置が地上装置からのATC信号ならびに自車の走行距離から現在位置を計算して、ATC制御を行っていた。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行き先
11 ■ 東北・秋田・北海道新幹線 上り 仙台東京方面
12 下り 盛岡秋田新函館北斗方面

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は1,048人である[利用客数 1]。宮城県県北全域から自家用車で当駅へ来て、仙台東京方面へ向かう旅客が多い。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,438 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,415 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,356 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,323 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,281 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,251 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,206 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,202 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,156 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,090 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,037 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,002 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,090 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,119 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,086 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,096 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,076 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 1,077 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 1,048 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

駅周辺は田園風景が広がる。路線バスタクシー乗り場が西口にある。東口には一般車の無料駐車場がある。

当駅の周辺開発が遅れているのは、農用地区域として土地利用が制限されていたため。駅周辺を含む、市内の迫川・二迫川・三迫川流域は「国営付帯県営灌漑(かんがい)排水場」の受益地として、2019年までは農業振興地域の除外ができない(農林水産省の同意や承認が必要)。

駅開業以降、周辺ではイオン2006年(平成18年)に部分除外を受けて、ショッピングセンターを出店したが、これまで大規模な開発はなかった。2016年(平成28年)、栗原市の「第2次市総合計画」で、駅周辺開発構想に触れている[12]

バス路線[編集]

東日本急行のりば
高速仙台金成線
栗原市民バスのりば
【若柳線】グリーン観光バス運行委託)
  • 志波姫総合支所前 - 沼崎 - 築館総合支所前 - 築館町 - 栗原中央病院行き
  • 伊豆野 - 迫桜高校入口 - 若柳病院 - 石越駅前行き
【岩ケ崎線】(グリーン観光バス運行委託)
  • 堀口 - 築館町 - 栗原中央病院 - 宮野 - 片子沢 - 岩ケ崎高校前 - 栗駒病院前行き
登米市民バスのりば
新田線ミヤコーバス佐沼営業所運行委託)
路線バス 栗駒山紅葉号(ミヤコーバス築館営業所運行)

その他[編集]

  • 東北新幹線内の週末パスのフリーエリアは当駅までである。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
■東北・秋田・北海道新幹線
古川駅 - くりこま高原駅 - 一ノ関駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 栗原郡町村の負担金18億円のうち、築館町が5億4700万円、若柳町が5億円、志波姫町が4億2000万円、栗駒町が1億6920万円、その他の町村が2000万円から3000万円ほどを負担した。

出典[編集]

記事本文[編集]

  1. ^ 『築館町史』増補版292頁。
  2. ^ 『築館町史』増補版293頁。
  3. ^ 『築館町史』増補版294-296頁。
  4. ^ 『築館町史』増補版296-297頁。
  5. ^ 『築館町史』増補版297-298頁。
  6. ^ 『築館町史』増補版299-302頁。
  7. ^ a b 『築館町史』増補版303-304頁。
  8. ^ 『東北新幹線 くりこま高原駅』97-98頁。
  9. ^ 『東北新幹線 くりこま高原駅』99-100頁。
  10. ^ 『東北新幹線 くりこま高原駅』101-102頁。
  11. ^ 『新幹線50年史』 財団法人交通協力会、2015年、316頁。ISBN 978-4-330-56715-0 
  12. ^ <くりこま高原駅>駅前開発議論スタートへ”. 河北新報 (2016年2月22日). 2016年2月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月25日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 新幹線駅別乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月8日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  14. ^ 新幹線駅別乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  15. ^ 新幹線駅別乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  16. ^ 新幹線駅別乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  17. ^ 新幹線駅別乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  18. ^ 新幹線駅別乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  19. ^ 新幹線駅別乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 築館町教育委員会教育総務課 『築館町史』増補版 築館町、2005年。
  • 『東北新幹線 くりこま高原駅』 志波姫町、1991年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]