三関駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三関駅
Mitsuseki Station 20180721.jpg
駅舎(2018年7月)
みつせき
Mitsuseki
横堀 (6.0 km)
(2.7 km) 上湯沢
所在地 秋田県湯沢市上関字二ツ橋5
北緯39度6分36.7秒 東経140度29分0.9秒 / 北緯39.110194度 東経140.483583度 / 39.110194; 140.483583座標: 北緯39度6分36.7秒 東経140度29分0.9秒 / 北緯39.110194度 東経140.483583度 / 39.110194; 140.483583
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 204.4 km(福島起点)
電報略号 ミセ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
40人/日(降車客含まず)
-2007年-
開業年月日 1930年昭和5年)7月1日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

三関駅(みつせきえき)は、秋田県湯沢市上関字二ツ橋[注釈 1]にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

歴史[編集]

旧駅舎 (2007年7月16日撮影)

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては相対式ホーム2面2線で外側には側線もあった[11]。かつては跨線橋があったが現存しない。

横手駅管理の無人駅である。駅舎は2017年12月1日に秋田杉を使って改築された木造平屋建てで、背後に見える奥羽山脈との一体感をイメージしたものとなっている[9][10]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2007年度(平成19年度)までの1日平均乗車人員の推移は以下のとおりであった。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 81 [利用客数 1]
2001年(平成13年) 68 [利用客数 2]
2002年(平成14年) 59 [利用客数 3]
2003年(平成15年) 56 [利用客数 4]
2004年(平成16年) 58 [利用客数 5]
2005年(平成17年) 49 [利用客数 6]
2006年(平成18年) 48 [利用客数 7]
2007年(平成19年) 40 [利用客数 8]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
横堀駅 - 三関駅 - 上湯沢駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「鐵道省告示第174号」『官報』1930年06月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、532-533頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ “急行貨物駅へ突入 奧羽本線三関(雄勝)で椿事” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p2. (1950年7月13日 朝刊)
  4. ^ 「三関駅暴走事件」『日本経済新聞』昭和25年7月29日3面
  5. ^ “日本国有鉄道公示第121号”. 官報. (1979年10月31日) 
  6. ^ “「通報」●奥羽本線三関駅ほか2駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 2. (1979年10月31日) 
  7. ^ 「奥羽線下湯沢駅と三関駅 あすから民間委託 無人化から“昇格”」 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p13. (1979年11月30日 朝刊)
  8. ^ “奥羽本線 三関駅舎を改築します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2017年8月7日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517133409/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20170807-1.pdf 2020年5月17日閲覧。 
  9. ^ a b “奥羽本線 三関駅が新しくなります” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2017年11月22日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517133418/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20171122-1.pdf 2020年5月17日閲覧。 
  10. ^ a b “奥羽線 2駅の新駅舎 使用開始”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2017年12月1日) 
  11. ^ 宮脇俊三 編 『国鉄全線各駅停車3 奥羽・羽越400駅』原田勝正小学館、1984年2月、40頁。ISBN 978-4093951036 

利用状況[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]