井川さくら駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井川さくら駅
駅舎(2019年5月12日)
駅舎(2019年5月12日)
いかわさくら
Ikawasakura
羽後飯塚 (1.4km)
(3.9km) 八郎潟
秋田県南秋田郡井川町浜井川字新堰29-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 323.6km(福島起点)
電報略号 イサ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
277人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1995年平成7年)12月1日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
冬季に行われるイルミネーションの様子(2018年12月)

井川さくら駅(いかわさくらえき)は、秋田県南秋田郡井川町浜井川字新堰(しんぜき)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

駅名は近くにの名所「日本国花苑」があることに由来する。2008年gooランキングの「芸名・人名だと勘違いしそうな実在の駅名ランキング」で、「武豊」「中山香」「伊賀和志」「近江舞子」などを抑え1位になった[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。両ホームは自由通路を兼ねる地下通路で連絡している。

土崎駅管理の簡易委託駅(井川町委託・改札業務実施)。POS端末設置、指定券取扱駅。駅舎は交流センターとの合築となっており、切符売場の他、待合室、トイレなどがある。2番線側には西口があるため、乗車証明書発行機が設置されている。

駅舎の周囲2箇所に無料駐車場があり(東口側:道路を挟んで南側、西口側:駅前)、パークアンドライドなどに利用されている。また、東口側の駐車場内には、秋田銀行現金自動預け払い機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 上り 秋田大曲方面[2]
2 下り 東能代弘前方面[2]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は277人である。 近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 351 [利用客数 1]
2001年(平成13年) 385 [利用客数 2]
2002年(平成14年) 375 [利用客数 3]
2003年(平成15年) 358 [利用客数 4]
2004年(平成16年) 345 [利用客数 5]
2005年(平成17年) 344 [利用客数 6]
2006年(平成18年) 362 [利用客数 7]
2007年(平成19年) 351 [利用客数 8]
2008年(平成20年) 341 [利用客数 9]
2009年(平成21年) 334 [利用客数 10]
2010年(平成22年) 335 [利用客数 11]
2011年(平成23年) 353 [利用客数 12]
2012年(平成24年) 339 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 322 [利用客数 14]
2014年(平成26年) 284 [利用客数 15]
2015年(平成27年) 287 [利用客数 16]
2016年(平成28年) 288 [利用客数 17]
2017年(平成29年) 291 [利用客数 18]
2018年(平成30年) 277 [利用客数 19]

駅周辺[編集]

東口駅前は国道7号に面する。西口側は新興住宅地。かつては高速バス秋田中央交通秋北バス)の能代 - 秋田線が停車していた(現在は、秋田自動車道経由であるため、当町での停車はない)。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速・普通
羽後飯塚駅 - 井川さくら駅 - 八郎潟駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 芸名・人名だと勘違いしそうな実在の駅名ランキング”. gooランキング. goo (2008年4月12日). 2019年9月2日閲覧。
  2. ^ a b 時刻表 井川さくら駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月18日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月8日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]