後三年駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
後三年駅
Gosannen station 20121222.jpg
駅舎(2013年5月)
ごさんねん
Gosannen
横手 (6.4 km)
(5.1 km) 飯詰
秋田県仙北郡美郷町飯詰字東山本107
北緯39度21分52.1秒 東経140度32分18.5秒 / 北緯39.364472度 東経140.538472度 / 39.364472; 140.538472座標: 北緯39度21分52.1秒 東経140度32分18.5秒 / 北緯39.364472度 東経140.538472度 / 39.364472; 140.538472
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 234.7 km(福島起点)
電報略号 ネン
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1921年大正10年)12月12日[1]
備考 無人駅[2]
テンプレートを表示

後三年駅(ごさんねんえき)は、秋田県仙北郡美郷町飯詰字東山本にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

歴史[編集]

旧駅舎(2005年9月)

駅名の由来[編集]

一帯が後三年の役の古戦場であったことによる[7]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線ホームを有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

横手駅管理の無人駅

2012年4月20日に、JR東日本は2013年に開催される秋田デスティネーションキャンペーンと、それに向けて2012年に開催されたプレデスティネーションキャンペーンを見据えて、秋田を訪れる観光客を綺麗な駅舎で迎えることを目指して、当駅の建て替えを行うことを発表した[8]。地元の美郷町との合築で行われ、2012年12月22日に供用開始された[5]。後三年の役古戦場であることにちなんで、武士の兜をイメージしている[5]。外観は回廊や連子窓などを設置し、白壁、黒格子、丸柱で落ち着いた雰囲気を表現している。駅舎内には、ギャラリーとして後三年の役を解説するパネルなどが展示されている。木造平屋建て42平方メートルで、駅施設、都市施設ともに21平方メートルある[5][6]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 下り 大曲秋田方面
2・3 上り 横手新庄方面

(出典:JR東日本:駅構内図

※3番線は上下双方の入線・発車に対応している。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速
通過
普通
横手駅 - 後三年駅 - 飯詰駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “後三年駅開業式”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p.3 (1921年12月13日 朝刊)
  2. ^ a b “「通報」●奥羽本線柳田駅ほか3駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 2. (1976年4月1日) 
  3. ^ “日本国有鉄道公示第2号”. 官報. (1976年4月1日) 
  4. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第10号、鉄道ジャーナル社、1987年8月、 55頁。
  5. ^ a b c d e “奥羽本線後三年合築駅舎の使用開始について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2012年12月18日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517085458/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20121218-1.pdf 2020年5月17日閲覧。 
  6. ^ a b c 交通新聞2013年1月18日
  7. ^ a b 『鉄道ジャーナル』通巻653号 p.33
  8. ^ “秋田デスティネーションキャンペーンに向けた駅舎整備について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2012年4月20日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517082401/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20120420-4.pdf 2020年5月17日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 植村誠、山井美希(写真)「山形秋田県境の奥羽本線」『鉄道ジャーナル』第55巻第3号(通巻653号)、成美堂出版、2021年3月1日、 26-33頁、 ISSN 0288-2337

関連項目[編集]

外部リンク[編集]