和田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和田駅
Wada Station south exit 20181202.jpg
南口(2018年12月)

和田駅の位置(秋田県内)
和田駅
和田駅
和田駅位置図(秋田県)
わだ
Wada
大張野 (5.4km)
(6.9km) 四ツ小屋
所在地 秋田県秋田市河辺和田字上中野129
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 285.4km(福島起点)
電報略号 ワタ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
331人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1903年明治36年)10月1日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
北口

和田駅(わだえき)は、秋田県秋田市河辺和田字上中野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。秋田新幹線開業前は2面3線であった。北側には横取線が2線ある。また駅舎側には秋田新幹線の一線スルーの交換設備があり、駅南側には保守用留置線2本と除雪車用の留置線がある。除雪車用の留置線には車庫があり2階部分に詰所がある。駅舎は橋上駅舎となっている。

秋田駅管理の簡易委託駅(営業時間6:50~17:00、POS端末設置、早朝夜間駅員不在)。 北口1階にキオスクが存在していたが閉店し、飲料用自動販売機に置き換わっている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 上り 大曲湯沢方面[3]
2 下り 秋田大館方面[3]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は331人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 469 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 470 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 434 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 433 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 432 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 446 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 454 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 470 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 455 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 420 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 397 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 380 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 377 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 361 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 322 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 325 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 325 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 330 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 331 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

高尾ハイヤー(駅前から連絡)
  • 秋田市マイタウンバス南部線河辺地域Aコース(イオンモール秋田行、日赤病院前行、シルバーエリア前行、岩見三内行)
  • 秋田市マイタウンバス南部線河辺地域Cコース (畑ノ沢行、事前予約制)

かつては秋田中央交通の(駅前から連絡)「国際教養大学線」や、秋田駅とを結ぶ「わだ線」が駅前から発着していたが、2019年3月31日までにルート変更/廃止された。 なお当駅終着のバスは、漢字の「和田駅」と「秋田駅」が似ているため、誤乗防止の観点から、行先表示が「わだ駅前」と表示されていた。 また、「国際教養大学線」は国際系大学へのアクセスバスということもあって、秋田中央交通の一般路線バスとしては唯一、行先表示に英語でも併記されている。

その他[編集]

  • 駅の近くを流れる岩見川の上流部の支流「三内川」には、1970年まで国鉄の水力発電所(秋田電気区三内川発電支区)が存在した。発電した電力は主に土崎工場で利用していた。
  • 駅そばに和田営林署和田貯木場があり岩見川 (秋田県)沿いに岩見森林鉄道が1921年から建設され1967年全廃となった[4]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速(下り1本のみ)
刈和野駅和田駅四ツ小屋駅
普通
大張野駅 - 和田駅 - 四ツ小屋駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 外山勝彦「鉄道記録帳2003年2月」『RAIL FAN』第50巻第5号、鉄道友の会、2003年5月1日、 21頁。
  2. ^ “2016年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), JR東日本秋田支社, (2015年12月18日), p. 5, https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20151218-1.pdf 2016年3月21日閲覧。 
  3. ^ a b 時刻表 和田駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月17日閲覧。
  4. ^ 西裕之『特撰森林鉄道情景』講談社、2014年、58-59頁

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月17日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]