鶴形駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶴形駅
Tsurugata Station.jpg
駅舎(2017年4月)
つるがた
Tsurugata
東能代 (4.9 km)
(5.2 km) 富根
所在地 秋田県能代市鶴形字草沢[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 360.3 km(福島起点)
電報略号 ツカ
駅構造 地上駅[1](盛土上)
ホーム 2面2線[1]
開業年月日 1952年昭和27年)1月25日[1]
備考 無人駅[1][2]
テンプレートを表示

鶴形駅(つるがたえき)は、秋田県能代市鶴形字草沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

盛土上に相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]。駅舎は、築堤上のホームに床面をそろえた高床式のものが使用されている[6]

東能代駅管理の無人駅[1]。地元のボランティアグループ「鶴寿会」が駅の清掃活動を行っている[1]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 下り 青森方面
2 上り 秋田方面

(出典:JR東日本:駅構内図

駅周辺[編集]

  • 能代市役所鶴形地域センター
  • 鶴形郵便局
  • 能代市立鶴形小学校

その他[編集]

鶴寿会[編集]

鶴寿会(かくじゅかい)は鶴形駅周辺住民のボランティアグループで、1965年(昭和40年)から当駅の清掃活動を続ける団体である。

2011年(平成22年)には長年にわたって駅の清掃活動を続けてきたことにより、国土交通省から「鉄道の日」鉄道関係功労者大臣賞を受賞[7]、および長年の社会奉仕活動の功績をたたえて緑綬褒章を授与[8]されている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速
通過
普通
東能代駅 - 鶴形駅 - 富根駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 『週刊 JR全駅・全車両基地』31号 青森駅・弘前駅・深浦駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月17日、19頁。
  2. ^ a b “無人駅 奥羽本線・鶴形駅駅”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p.2 (1975年10月13日 夕刊)
  3. ^ 秋田魁新報 昭和24年12月7日2面
  4. ^ 「日本国有鉄道公示第10号」『官報』1952年1月22日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ “陳情攻勢で“無人化”が後退 秋鉄局 日中だけ駅員配置 ただし本年度いっぱい” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p12. (1971年9月29日 朝刊)
  6. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻653号 p.41
  7. ^ 平成22年(第17回)「鉄道の日」鉄道関係功労者大臣表彰受賞者名簿 - 国土交通省 (PDF)
  8. ^ 鶴形鶴寿会が緑綬褒状受章 - 広報のしろ取材日記

参考文献[編集]

  • 武田元秀、山井美希(写真)「秋田青森県境の奥羽本線」『鉄道ジャーナル』第55巻第3号(通巻653号)、成美堂出版、2021年3月1日、 40-45頁、 ISSN 0288-2337

関連項目[編集]

外部リンク[編集]