秋田港駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋田港駅
Passenger waiting room of Akita Port Station.jpg
旅客駅舎(2019年8月)
あきたこう
Akita port
土崎 (1.8 km)
所在地 秋田県秋田市土崎港西一丁目12
北緯39度45分22.7秒 東経140度3分44.3秒 / 北緯39.756306度 東経140.062306度 / 39.756306; 140.062306座標: 北緯39度45分22.7秒 東経140度3分44.3秒 / 北緯39.756306度 東経140.062306度 / 39.756306; 140.062306
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
東日本旅客鉄道(JR東日本)*
所属路線 奥羽本線貨物支線
キロ程 1.8 km(土崎起点)
電報略号 アコ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1919年(大正8年)10月15日
備考 定期貨物列車の発着なし
* 実質的に臨時駅扱いで、路線図等への表記ならびに総駅数への計上はされない。
テンプレートを表示
秋田港駅
あきたこう
Akita port
所在地 秋田県秋田市土崎港西一丁目12
所属事業者 秋田臨海鉄道
開業年月日 1971年(昭和46年)7月7日
廃止年月日 2021年(令和3年)3月31日
乗入路線 2 路線
所属路線 秋田臨海鉄道線(北線)
キロ程 0.0 km(秋田港起点)
(0.5 km) 中島埠頭
所属路線 秋田臨海鉄道線(南線)
キロ程 0.0 km(秋田港起点)
(5.4 km) 向浜
テンプレートを表示
施設全景(2018年4月)

秋田港駅(あきたこうえき)は、秋田県秋田市土崎港西一丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)・東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線貨物支線(通称:秋田港線)の

かつては秋田臨海鉄道線の北線および南線も乗り入れていた。

基本的には貨物専用駅ではあるが、JR東日本が秋田港に寄港するクルーズ船の乗客を対象とした旅客営業を不定期で行っている。

駅概要[編集]

地上駅。秋田臨海鉄道線の各駅を発着する貨車を整理する操車場としての機能が強かった。駅構内には、秋田臨海鉄道の機関区や、コンテナを留置するコンテナヤードが設置されている。なお、駅構内の入換作業は秋田臨海鉄道が行っていた。

1995年(平成7年)ごろまで、駅西側の秋田住友ベーク工場へ続く専用線が存在し、メタノール輸送が行われていた。国鉄時代には、秋田港の埠頭まで広がる複数の専用線が敷かれていた。

当駅では、長らく貨物の取り扱いは行われていなかったが、2011年(平成23年)に発生した東日本大震災の津波により、仙台臨海鉄道が長期間不通となっており、同鉄道の仙台埠頭駅で行われていたJR東日本向けのレールの取り扱いが当駅で実施されている。なお、仙台埠頭駅同様、レールは、ラフテレーンクレーンを使用し長物車に積み込まれる。

秋田臨海鉄道が2021年3月いっぱいで事業を終了したため、3月13日のダイヤ改正以降当駅への定期貨物列車の発着は無くなり、同年発売の『貨物時刻表』でも秋田港線区間の時刻欄が削除されている。

クルーズ船客専用旅客列車の発着[編集]

開業当初より車扱貨物のみの取扱駅であったが、2017年(平成29年)、秋田港に寄港するクルーズ客船の乗客向けに当駅を発着して秋田駅までを結ぶ旅客列車を運行することが発表され[1][2]、仮設の乗降用タラップが設置して[3]竿燈まつりが行われる8月3 - 6日の期間中に計5往復の列車が試験運行された[4]。乗客はクルーズ客船の乗客に限定され、貨物線を活用してクルーズ船客を輸送するのは全国初の事例とされる。

2018年にはJR東日本が期間を限った第二種鉄道事業許可を取得し、4両編成に対応した本格的なプラットホームを整備、4月18日から専用車両「あきたクルーズ号」を使用し本格運行を開始した[3][5][6]

また、クルーズ客船の乗客以外の利用として、2018年7月最終の土日に開催された、秋田港 海の祭典「マリンフェスティバル」2018へのアクセス列車が、専用車両「あきたクルーズ号」を使用し運行した[注 1]。これは、びゅうによる旅行商品専用の団体列車として運転され、秋田駅から秋田港駅への往復が含まれているが、切符の券面には秋田⇒土崎と書かれている。往路の乗車列車を指定して発売された(着席位置と復路の利用列車選択は自由であった)。2019年の同フェスティバルでも運行された。

歴史[編集]

秋田港にある製油所製錬所からの輸送需要の高まりを受けて、昭和前半には多くの貨物列車が通ったが、八橋油田の産出量の低下に伴って貨物列車の本数は減少した。

年表[編集]

  • 1907年明治40年)4月10日:国鉄雄物川荷物取扱所(おものがわにもつとりあつかいじょ)として開業[7]
  • 1919年大正8年)10月15日:駅に昇格、雄物川駅となる[8]。貨物駅。
  • 1942年昭和17年)4月1日:小荷物の取扱を開始(一般駅となる)。
  • 1944年(昭和19年)4月1日:秋田港駅に改称。
  • 1954年(昭和29年)9月1日:小荷物の取扱を廃止(貨物駅に戻る)。
  • 1971年(昭和46年)7月7日:秋田臨海鉄道線が開業。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により日本貨物鉄道の駅となる。
  • 2017年平成29年)8月3日-6日:秋田港に寄港するクルーズ客船の乗客専用として、当駅から秋田駅までの旅客列車が4日間で5往復運行された[4]
  • 2018年(平成30年)
    • 1月26日:同日付で当駅 - 土崎駅間において、2018年4月18日から同年11月3日までの第二種鉄道事業の事業許可書が交付される[5]
    • 4月18日:専用車両「あきたクルーズ号」を使用した秋田港クルーズ列車が運行開始[9][10][11]
  • 2019年(平成31年)3月8日:同日付で当駅 - 土崎駅間において、2019年4月11日から同年11月15日までの第二種鉄道事業の事業許可書が交付される[12]
  • 2020年令和2年)10月17日-18日:秋田臨海鉄道創業50年記念「秋田臨海鉄道特別公開 2020」のため、参加者向けに秋田駅から団体臨時列車を運行[13]。この年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の影響により、秋田港へのクルーズ船の寄港がすべて中止となったため、事実上これが当年唯一の旅客列車の発着となる(これに伴う第二種鉄道事業許可等の取り扱いは不明)。
  • 2021年(令和3年)
    • 3月12日:当駅を発着する定期貨物列車の運転が終了。
    • 3月31日秋田臨海鉄道の事業廃止に伴い、翌日より日本貨物鉄道(JR貨物)の単独駅となる[14]

駅周辺[編集]

毎年7月20日・21日に催行される「土崎港曳山まつり」では、秋田港線の踏切を曳山(山車)が横断する光景が見られる[注 2]

隣の駅[編集]

JR logo (freight).svg日本貨物鉄道
奥羽本線 貨物支線
土崎駅 - 秋田港駅

かつて存在した路線[編集]

秋田臨海鉄道
秋田臨海鉄道線(北線)
秋田港駅 - 中島埠頭駅
秋田臨海鉄道線(南線)
秋田港駅 - 向浜駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 28日の夜の復路2本は男鹿線用のキハ40系で運転された。
  2. ^ 奥羽本線の一部踏み切りも同様

出典[編集]

  1. ^ “竿燈期間にクルーズ客向け列車 秋田港―秋田駅間、計5往復”. 秋田魁新報. 秋田魁新報社. (2017年7月1日). オリジナルの2017年7月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170712150913/http://www.sakigake.jp/news/article/20170701AK0012/ 2017年7月2日閲覧。 
  2. ^ “クルーズ船客、貨物線で輸送 JR秋田支社など”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (2017年7月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18341580Q7A630C1L01000/ 2017年7月2日閲覧。 
  3. ^ a b “秋田港にクルーズ船列車発着駅 本格的に整備、JR方針”. 秋田魁新報. 秋田魁新報社. (2017年7月22日). http://www.sakigake.jp/news/article.jsp?kc=20170722AK0003 2017年8月10日閲覧。 
  4. ^ a b “秋田港クルーズ列車 秋田港-秋田 試験運行”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (2017年8月16日) 
  5. ^ a b “4月から秋田港クルーズ列車を運行します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2018年1月26日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20180126-1.pdf 2018年1月29日閲覧。 
  6. ^ “<JR秋田支社>秋田港駅発着 クルーズ列車4月本格運行”. 河北新報ONLINE NEWS (河北新報社). (2018年1月27日). オリジナルの2018年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180420100913/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180127_42024.html 2018年4月20日閲覧。 
  7. ^ 明治40年逓信省告示第235号(明治40年4月5日付官報第7126号掲載)
  8. ^ 大正8年鉄道院告示第82号(大正8年9月19日付官報第2139号掲載)
  9. ^ “秋田港クルーズ列車運行に伴い専用車両による運行を開始します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2018年2月23日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20180223-2.pdf 2018年2月24日閲覧。 
  10. ^ JR東日本,秋田港クルーズ列車に専用車両を導入へ”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年2月24日). 2018年2月25日閲覧。
  11. ^ 『あきたクルーズ号』の運転開始”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年4月19日). 2018年4月20日閲覧。
  12. ^ “「秋田港クルーズ列車」2019 年の運行を開始します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2019年3月8日), https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20190308.pdf 2020年4月4日閲覧。 
  13. ^ “創業 50 年記念「秋田臨海鉄道特別公開 2020」を開催します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2020年9月11日), https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20200911.pdf 2020年10月6日閲覧。 
  14. ^ 鉄道事業廃止について” (日本語). 秋田臨海鉄道 (2020年10月1日). 2021年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月7日閲覧。

関連項目[編集]