鷹ノ巣駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鷹ノ巣駅
鷹巣駅
内陸線 鷹巣駅(左)- 奥羽本線 鷹ノ巣駅(右)
内陸線 鷹巣駅(左)- 奥羽本線 鷹ノ巣駅(右)
たかのす
Takanosu
所在地 秋田県北秋田市松葉町
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
秋田内陸縦貫鉄道駅詳細
テンプレートを表示

鷹ノ巣駅(たかのすえき)は、秋田県北秋田市松葉町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である[1]

本記事では、隣接している秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線鷹巣駅(たかのすえき)についても、併せて記述する。

概要[編集]

中央は奥羽本線、右は秋田内陸線のレール (大館方向を望む)

秋田内陸線国鉄阿仁合線だった時代には鷹ノ巣駅という1つの駅だったが、第三セクター転換時に秋田内陸縦貫鉄道の駅舎が敷地内西側に別に建てられ、鷹巣駅と称した。JRと秋田内陸縦貫鉄道の改札は別になっているが、ホームは繋がっており、実質的には同一駅である。

JRと秋田内陸縦貫鉄道はレールがつながっており、当駅を経由する両線間の直通運転2009年度には25本あり、青森ねぶた祭の開花期に合わせて運行されており[2]、2015年でも弘前 - 鷹巣 - 角館間で臨時快速列車(森吉山麓紅葉号など)が運行されている[3]。ただし、手動で分岐器を動かしてレールの切り替え、列車の入換作業をする必要があり、その作業に30分ほどかかっている[2]信号機連動装置などを整備して分岐を自動化するには1億6000万円の費用が必要と試算されており、導入の是非が議論されている[2]

歴史[編集]

JR鷹ノ巣駅の新幹線
特急指定席券売機
  • 1900年明治33年)10月7日官設鉄道である奥羽北線(現在の奥羽本線)の一般駅として鷹ノ巣駅北秋田郡鷹巣町に開業[1]
  • 1934年昭和9年)12月10日:国鉄阿仁合線が開業する。
  • 1973年(昭和48年)8月15日:鷹ノ巣駅にみどりの窓口オープン。
  • 1986年(昭和61年)11月1日:阿仁合線が秋田内陸縦貫鉄道に転換する。同鉄道の駅は鷹巣駅と呼称する。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、奥羽本線の駅はJR東日本の駅になる。
  • 2006年平成18年) 3月18日:JR駅のみどりの窓口を廃止して「もしもし券売機Kaeruくん」が稼働を開始する[要出典]
  • 2012年(平成24年)2月8日:「もしもし券売機Kaeruくん」の営業を終了し、指定席券売機利用開始[4]
  • 2015年(平成27年)10月1日:JR駅が業務委託化。鷹ノ巣駅長・助役を廃止し、大館駅長管理下となる。同時に夜間早朝の駅員配置がなくなる[要出典]
  • 2018年(平成30年)12月1日:大館駅の業務委託化に伴い、東能代駅に管理駅が変更となる。
  • 2019年(平成31年)
    • 4月1日:秋田内陸鉄道の駅窓口営業時間が短縮。終日駅員配置から日中のみ駅員配置となる。
    • 4月26日:この日限りで、秋田内陸線旅行センターにおけるJR券・航空券の取扱を終了。

駅構造[編集]

両社の駅は駅名が異なりかつ駅舎も個別に設けられているが、構内は共用しており改札内の乗り継ぎが可能となっている。

JR東日本[編集]

JR 鷹ノ巣駅
鷹ノ巣駅 駅舎
鷹ノ巣駅 駅舎
たかのす
Takanosu
前山 (5.4km)
(3.2km) 糠沢
所在地 秋田県北秋田市松葉町3-1[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 384.9km(福島起点)
電報略号 タス
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
581人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1900年明治33年)10月7日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅[1]。互いのホームは跨線橋で連絡している。 東能代駅管理の業務委託駅JR東日本東北総合サービスが受託)。直営駅時代は管理駅でもあり、前山駅糠沢駅の2駅を管理していた。委託化に合わせて早朝夜間駅員不在となった。

駅舎には指定席券売機自動券売機、待合室がある。2006年にみどりの窓口が廃止され、その代替として「もしもし券売機Kaeruくん」が設置されたが、2012年に営業終了し撤去された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 上り 東能代秋田方面[5]
2・3 下り 弘前青森方面[5]

3番線は当駅始発の下り列車が使用する。なお、上下共用の待避線であり、両方向の発着と折り返しに対応している。


秋田内陸縦貫鉄道[編集]

秋田内陸縦貫鉄道 鷹巣駅*
鷹巣駅 駅舎
鷹巣駅 駅舎
たかのす
Takanosu
(1.3km) 西鷹巣
所在地 秋田県北秋田市松葉町3-2
所属事業者 秋田内陸縦貫鉄道
所属路線 秋田内陸線
キロ程 0.0km(鷹巣起点)
電報略号 タス
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1986年昭和61年)11月1日
備考 社員配置駅
*JRの駅とホームを共用しているため駅名標では鷹ノ巣と表記。
テンプレートを表示

頭端式ホーム1面1線を有する地上駅。JR1番線の秋田寄りにある。

社員配置駅。駅舎には出札窓口のほか、秋田内陸線旅行センター(旅行商品のみ取り扱い)がある[6]


利用状況[編集]

  • JR東日本

2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は581人である。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 893 [JR 1]
2001年(平成13年) 852 [JR 2]
2002年(平成14年) 787 [JR 3]
2003年(平成15年) 749 [JR 4]
2004年(平成16年) 726 [JR 5]
2005年(平成17年) 694 [JR 6]
2006年(平成18年) 673 [JR 7]
2007年(平成19年) 671 [JR 8]
2008年(平成20年) 674 [JR 9]
2009年(平成21年) 663 [JR 10]
2010年(平成22年) 624 [JR 11]
2011年(平成23年) 646 [JR 12]
2012年(平成24年) 629 [JR 13]
2013年(平成25年) 678 [JR 14]
2014年(平成26年) 638 [JR 15]
2015年(平成27年) 648 [JR 16]
2016年(平成28年) 584 [JR 17]
2017年(平成29年) 578 [JR 18]
2018年(平成30年) 581 [JR 19]

駅周辺[編集]

駅前の商店街(駅方向を望む)

南側は、駅前からアーケードのある商店街が延び、金融機関や、市役所をはじめとする公共施設が集積している。東側の国道105号沿いには、大型商業施設が進出している。北側には、列車や鉄道施設防護の防雪林があり、平坦な田園風景が広がっている。

  • 北秋田市役所
  • 鷹巣年金事務所
  • 北秋田市立図書館
  • 北秋田市文化会館
  • 北秋田市交流センター
  • みちのく子供風土記館
  • 北秋田市民ふれあいプラザ
  • 特別養護老人ホーム つむぎの彩(いろ)

バス路線[編集]

駅前商店街のアーケード下に「鷹巣駅前」停留所があり、秋北バスの路線バスと秋北タクシーのリムジンバスが発着する。 また、JR鷹ノ巣駅前タクシー乗り場より大太鼓の館伊勢堂岱遺跡のほか、大館能代空港経由で森吉山阿仁スキー場[7]十和田湖八幡平玉川温泉方面[8]へ、予約制の乗合タクシーが運行している。

2018年11月1日から2019年3月31日までイオンタウン鷹巣を発着点とし、中心市街地の主要な商業施設、公共施設、市営住宅などを経由する市街地循環バスが実証運行している。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速
二ツ井駅 - 鷹ノ巣駅 - 早口駅
普通
前山駅 - 鷹ノ巣駅 - 糠沢駅(※) - 早口駅
(※)一部の列車は糠沢駅に停車しない。
秋田内陸縦貫鉄道
秋田内陸線
快速・普通
鷹巣駅 - 西鷹巣駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f 『週刊 JR全駅・全車両基地』31号 青森駅・弘前駅・深浦駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月17日、20頁。
  2. ^ a b c 鷹巣駅、JR乗り入れ円滑化 工事費1億6000万円 - 河北新報(2010年12月11日)
  3. ^ 『JR時刻表』平成27年9月号 株式会社交通新聞社発行。
  4. ^ もしもし券売機『Kaeruくん』が指定席券売機に替わります (PDF) - JR東日本 秋田支社(2012年1月17日)
  5. ^ a b 時刻表 鷹ノ巣駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月18日閲覧。
  6. ^ http://www.akita-nairiku.com/tourism/center/
  7. ^ 平成30年度 森吉山周遊タクシー(乗合タクシー)”. 北秋田市. 2019年2月17日閲覧。
  8. ^ タクシー”. 大館能代空港ターミナルビル株式会社. 2019年2月17日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月20日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月8日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]