松葉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松葉駅
Matsuba Station 2017.07.jpg
ホーム
(当初は奥に行き止まりの線路があったが、
線路を手前に移動して踏切を設置した)
まつば
Matsuba
羽後中里 (3.3 km)
(2.9 km) 羽後長戸呂
所在地 秋田県仙北市西木町桧木内字松葉
北緯39度44分38.82秒 東経140度35分25.11秒 / 北緯39.7441167度 東経140.5903083度 / 39.7441167; 140.5903083座標: 北緯39度44分38.82秒 東経140度35分25.11秒 / 北緯39.7441167度 東経140.5903083度 / 39.7441167; 140.5903083
所属事業者 秋田内陸縦貫鉄道
所属路線 秋田内陸線
キロ程 75.0 km(鷹巣起点)
電報略号 マツ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
102人/日
-2018年-
開業年月日 1970年(昭和45年)11月1日[1]
備考 無人駅[2]
テンプレートを表示

松葉駅(まつばえき)は秋田県仙北市西木町桧木内字松葉にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線である。日本国有鉄道(国鉄)時代は角館線の終着駅であった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

1面1線の地上駅、無人駅[2]。全線開業時には島式1面2線にできるように設計されていた[2]。待合室に貸出図書コーナーがある。

駅舎は2022年7月に仙北市が連携協定を結んでいる秋田公立美術大学の学生4人がデザインした駅舎にリニューアルされた[4]

利用状況[編集]

1日乗降人員推移 [5][6]
年度 1日平均人数
2016年 72
2017年 86
2018年 102

駅周辺[編集]

国道105号 松葉駅入口付近
当駅発の企画乗車券を発売している中央商会JOMO桧木内SSも立地している

その他[編集]

  • 先述の通り、当駅は無人駅であるが、当駅最寄りの(株)中央商会 JOMO桧木内SSにて、当駅発の秋田内陸線企画乗車券を発売している。

隣の駅[編集]

秋田内陸縦貫鉄道
秋田内陸線
快速(上り)
上桧木内駅松葉駅 ← (一部八津駅) ← 西明寺駅
快速(下り)・普通
羽後中里駅 - 松葉駅 - 羽後長戸呂駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、555頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ a b c d “無人駅 角館線・松葉駅”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p.3 (1975年10月30日 夕刊)
  3. ^ 秋田県仙北市総務部企画振興課「心に刻まれた秋田内陸線のある風景 秋田内陸線」、株式会社 販促、2012年3月。
  4. ^ a b 美大生デザインで内陸線・松葉駅リニューアル 仙北市西木町 - 秋田魁新報・2022年7月25日閲覧。
  5. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 統計情報リサーチ、2020年8月30日閲覧
  6. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2021年3月9日閲覧

関連項目[編集]