朝日新聞出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝日新聞社 > 朝日新聞出版
朝日新聞出版
Japanese Asahi Shimbun Tokyo head office.jpg
朝日新聞東京本社
正式名称 株式会社朝日新聞出版
英文名称 Asahi Shimbun Publications Inc.
現況 事業継続中
種類 株式会社
市場情報 非上場
出版者記号 02
取次コード 0042
設立日 2008年4月1日
代表者 代表取締役社長 青木康晋
本社郵便番号 〒104-8011
本社所在地 東京都中央区築地五丁目3-2
資本金 8,000万円
売上高 約124億円(2015年3月期)
従業員数 219名(2016年1月1日現在)
主要株主 朝日新聞社 100%
ネット販売 自社サイト、オンライン書店
主要出版物 朝日文庫朝日新書朝日選書ほか
定期刊行物 #雑誌・定期刊行物を参照
得意ジャンル 語学書、一般書籍
外部リンク http://publications.asahi.com/
Twitter 朝日新聞出版 (@asahi_pub) - Twitter
テンプレートを表示

株式会社朝日新聞出版(あさひしんぶんしゅっぱん、Asahi Shimbun Publications Inc.)は、日本出版社朝日新聞社完全子会社

概要[編集]

2007年9月末に解散した朝日ソノラマの出版物・事業・商標・債務を引き継いだ朝日新聞社は2008年4月1日に朝日新聞社出版本部(2002年8月31日まで朝日新聞社出版局)を分離し設立。本社は旧出版局と同じく、東京都中央区築地五丁目の朝日新聞東京本社内に置かれる。企業ロゴマークは、従来からの朝日新聞のロゴ・社章は使わず、ローマ字の「ASAHI」を前面に押し出したものである。

1962年設立の朝日出版社とは無関係[1][2][3][4][5]

新聞社の出版部門が分離・独立してできた出版社に日本経済新聞出版社毎日新聞出版産経新聞出版がある。

出版物[編集]

従来朝日新聞社が発行していた、朝日新聞朝日新聞縮刷版、『論座』(2008年9月1日発売の10月号にて休刊)以外の刊行物の編集・販売等の出版機能を全て継承した。縮刷版は販売機能のみ請け負い、他の機能は朝日新聞社本体に残る。

各出版物は全国の主要な書店のほか、朝日新聞傘下の出版社であることから、朝日新聞専売宅配所「ASA」での購入・取り寄せも可能である。

雑誌・定期刊行物[編集]

以下は朝日ソノラマ2007年9月廃業・会社清算)より継承。

サッカー関連の雑誌・定期刊行物[編集]

朝日新聞社がJリーグ百年構想のパートナーであるため、サッカーに関連した書籍・雑誌を数多く出している。

以下はフロムワン発行・朝日新聞出版発売。

書籍・文庫[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日出版社に40件の抗議 橋下市長が朝日新聞出版と混同して批判、謝罪 - 『産経ニュースwest』2012年10月25日付(2012.10.25 12:57)[リンク切れ]
  2. ^ 朝日出版社:週刊朝日問題で混同される 橋下氏に訂正要求 - 『毎日.jp』2012年10月25日付 ※毎日新聞2012年10月25日02時30分(最終更新:10月25日12時23分)
  3. ^ 朝日出版社:「朝日新聞出版」との混同を橋下市長が謝罪 - 『毎日.jp』2012年10月25日付 ※毎日新聞2012年10月25日10時59分(最終更新:10月25日12時50分)
  4. ^ 橋下氏、陳謝、陳謝… 「朝日新聞出版」と「朝日出版社」勘違い - 『ZAKZAK』2012年10月25日付
  5. ^ 朝日出版社に40件の抗議 橋下市長が社名誤り批判 - 『スポニチアネックス』2012年10月25日11時55分付

関連項目[編集]

  • 山口一臣 - 社員、『週刊朝日』元編集長。
  • 姉妹社 - 長谷川町子の著作を出版していた出版社。出版されていた作品の大半が朝日新聞出版から再版されている。

外部リンク[編集]