陣場駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陣場駅
Jimba Station 20180917a.jpg
駅舎(2018年9月)
じんば
Jimba
白沢 (7.1km)
(5.8km) 津軽湯の沢
所在地 秋田県大館市長走字相染台
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 416.5km(福島起点)
電報略号 チン
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1899年明治32年)6月21日
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示
ホーム。左側が1番線・右側が2番線

陣場駅(じんばえき)は、秋田県大館市長走(ながばしり)字相染台(そうぜんだい)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

歴史[編集]

1899年に隣の白沢駅とともに秋田県で最初に開業した駅である。複線化前は矢立峠を上るため、蒸気機関車の補機を連結する基地となっており、多いときで25人以上の駅員がいた[1]。1970年の奥羽本線陣場駅-津軽湯の沢駅間複線化に際して現在地に移設された。旧駅のホーム跡は現存している。また旧路盤の一部に架線敷設練習施設が設けられており、その部分だけはレール架線が敷設されている。

年表[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅であるが、2番線の出発信号は点灯しているものの、現行ダイヤでは使用されることがなく、線路に雑草が生えている状態である。互いのホームは跨線橋で連絡している。東能代駅管理の無人駅

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 下り 青森方面
2 (予備ホーム)
3 奥羽本線 上り 秋田方面

(出典:JR東日本:駅構内図

駅周辺[編集]

周辺には日景温泉矢立温泉など古くからの温泉がある。現在の駅舎になる前は、日景温泉までの路線バスがあったがのちに廃止され、日景温泉の送迎バスが運行されている。

バス路線[編集]

秋北バス陣場・矢立ハイツ線陣場駅入口

その他[編集]

  • 1960年代頃までは、花輪線から当駅発着の列車が朝夕2往復が、1982年頃までは、朝の1往復のみ当駅発着の列車がそれぞれあった。そのうち、後者については、下り列車は、花輪線陸中花輪(現:鹿角花輪)駅始発であった[4]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速
通過
普通
白沢駅 - 陣場駅 - *津軽湯の沢駅 - 碇ケ関駅
*全列車が冬期間(一部列車は通年)津軽湯の沢駅を通過する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年11月30日までは、朝夕の2往復のみの運行だった。

出典[編集]

  1. ^ a b c “無人駅 奥羽線・陣場駅”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p.3 (1975年8月26日 夕刊)
  2. ^ “陳情攻勢で“無人化”が後退 秋鉄局 日中だけ駅員配置 ただし本年度いっぱい” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p12. (1971年9月29日 朝刊)
  3. ^ 大館⇔陣場・矢立ハイツ方面バス時刻表 - 秋北バスホームページ
  4. ^ 出典:日本交通公社(現:JTB)発行の1960年12月号小型時刻表156ページ及び1982年9月号大型時刻表の344~345ページ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]