陣場駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
陣場駅
Jimba Station 20180917a.jpg
駅舎(2018年9月)
じんば
Jimba
白沢 (7.1 km)
(5.8 km) 津軽湯の沢
所在地 秋田県大館市長走字相染台
北緯40度23分56.6秒 東経140度36分27.0秒 / 北緯40.399056度 東経140.607500度 / 40.399056; 140.607500座標: 北緯40度23分56.6秒 東経140度36分27.0秒 / 北緯40.399056度 東経140.607500度 / 40.399056; 140.607500
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 416.5 km(福島起点)
電報略号 チン
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1899年明治32年)6月21日[1]
備考 無人駅[2]
テンプレートを表示

陣場駅(じんばえき)は、秋田県大館市長走(ながばしり)字相染台(そうぜんだい)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

歴史[編集]

1899年に隣の白沢駅とともに秋田県で最初に開業した駅である。複線化前は矢立峠を上るため、蒸気機関車の補機を連結する基地となっており、多いときで25人以上の駅員がいた[2]。1970年の奥羽本線陣場駅 - 津軽湯の沢駅間複線化に際して現在地に移設された。旧駅のホーム跡は現存している[3]。また旧線の一部に架線敷設練習施設が設けられており、その部分だけはレール架線が敷設されている[3]

年表[編集]

駅構造[編集]

ホーム

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅であるが、2番線の出発信号は点灯しているものの、現行ダイヤでは使用されることがなく、線路に雑草が生えている状態である。互いのホームは跨線橋で連絡している。東能代駅管理の無人駅

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 下り 青森方面
2 (予備ホーム)
3 奥羽本線 上り 秋田方面

(出典:JR東日本:駅構内図

駅周辺[編集]

周辺には日景温泉矢立温泉など古くからの温泉がある。現在の駅舎になる前は、日景温泉までの路線バスがあったがのちに廃止され、日景温泉の送迎バスが運行されている。

その他[編集]

  • 1960年代頃までは、花輪線から当駅発着の列車が朝夕2往復が、1982年頃までは、朝の1往復のみ当駅発着の列車がそれぞれあった。そのうち、後者については、下り列車は、花輪線陸中花輪(現:鹿角花輪)駅始発であった[7]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速
通過
普通
白沢駅 - 陣場駅 - *津軽湯の沢駅 - 碇ケ関駅
*全列車が冬期間(一部列車は通年)津軽湯の沢駅を通過する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、539頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ a b c “無人駅 奥羽線・陣場駅”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p.3 (1975年8月26日 夕刊)
  3. ^ a b 『鉄道ジャーナル』通巻653号 pp.43-44
  4. ^ 「日本国有鉄道公示第401号」『官報』、1971年10月1日。
  5. ^ “陳情攻勢で“無人化”が後退 秋鉄局 日中だけ駅員配置 ただし本年度いっぱい” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p12. (1971年9月29日 朝刊)
  6. ^ 「営業体制近代化」『交通新聞』交通協力会、1971年10月5日、1面。
  7. ^ 出典:日本交通公社(現:JTB)発行の1960年12月号小型時刻表156ページ及び1982年9月号大型時刻表の344 - 345ページ。

参考文献[編集]

  • 武田元秀、山井美希(写真)「秋田青森県境の奥羽本線」『鉄道ジャーナル』第55巻第3号(通巻653号)、成美堂出版、2021年3月1日、 40-45頁、 ISSN 0288-2337

関連項目[編集]

外部リンク[編集]