川部駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川部駅
駅舎
駅舎
かわべ - Kawabe
青森県南津軽郡田舎館村大字川部字上西田31-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 カワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
310人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1894年明治27年)12月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 奥羽本線
キロ程 453.4km(福島起点)
撫牛子 (3.6km)
(3.2km) 北常盤
所属路線 五能線
キロ程 147.2km(東能代起点)
藤崎 (2.5km)
(-km) (撫牛子)*
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* 全列車が弘前駅まで乗り入れ。
ホーム
駅舎裏
JR川部駅の建物財産票

川部駅(かわべえき)は、青森県南津軽郡田舎館村大字川部字上西田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

奥羽本線五能線が乗り入れており、奥羽本線を所属線としている[1]。五能線は当駅が路線としての終点であるが、全列車が奥羽本線弘前駅発着で運転されている。

歴史[編集]

黒石線ホーム

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。かつては2面4線で、4番線が弘南鉄道黒石線の発着に使用されていたが、黒石線は1998年(平成10年)4月1日に廃止された。現在、4番線だった部分には柵が張られている。

弘前駅管理の業務委託駅JR東日本東北総合サービス委託)。駅舎には自動券売機(稼働時間:7時30分 - 18時30分)、みどりの窓口(営業時間:7時30分 - 10時30分・11時30分 - 12時45分・14時05分 - 18時30分)、乗車駅証明書発行機、待合室がある。なお、冬季は構内やポイントなどの除雪のための除雪要員2名が配置される[6]

1番線西側に側線があるが、この側線はかつて「ノスタルジックビュートレイン」を牽引するディーゼル機関車の入換に使用されていた。現在は、バラストを積むホッパ車の留置に使用されている。また、かつてはこの側線に架線が張られていた。[要出典]

のりば[編集]

1 五能線 五所川原鰺ケ沢方面
奥羽本線 弘前方面
2 奥羽本線(下り) 浪岡・青森方面
3 奥羽本線(上り) 弘前・秋田方面
五能線 五所川原・鰺ケ沢方面(奥羽線上り直通)

利用状況[編集]

2014年度の乗車人員は1日平均310人。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 480
2001 471
2002 463
2003 419
2004 376
2005 351
2006 336
2007 336
2008 320
2009 300
2010 293
2011 307
2012 311
2013 344
2014 310

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

その他[編集]

  • 奥羽本線弘前方面と五能線(五所川原方面)を結ぶ列車は、当駅でスイッチバック(方向転換)を行うため5分前後停車する。
  • 五能線の列車は、1960年代頃まで、交通公社の時刻表では当駅が始発・終着となる(=弘前駅まで乗り入れない)列車があった[7]が、実際の運用上は、弘前駅 - 川部駅間は黒石線の弘前駅発着列車に併結されていた。同様に黒石線の一部の列車も五能線の列車に併結されていたが、交通公社の時刻表では黒石線内の折返し運転となっていた。なお、弘前駅・撫牛子駅掲示の発車時刻表には実際の運用で掲出されていた。ダイヤ改正時に地元新聞社が新聞に折込むチラシ仕様の弘前駅監修の弘前駅発車時刻表でも、実際の運用で記載されていた[8]
  • 東北新幹線開業前は「千秋」「むつ」「しもきた」「深浦」などの一部の急行列車が、開業後は特急「はつかり」(季節列車)「たざわ」(一部列車のみ)や急行「津軽」「むつ」(特急「たざわ」運行以前)が停車していたが、現在はすべての優等列車(特急)が通過する。ただし、寝台急行「東北夏祭り号」「あおもり」、特急「ふるさとゴロンと号」など臨時列車が当駅に停車することがある。
  • 藤崎町東部は藤崎駅よりも当駅の方が近く、奥羽本線と五能線の両列車が利用できるなど利便性が高いため、当駅を利用する住民が多い。また、青森競輪場藤崎場外売場への最寄駅は、藤崎駅ではなく当駅である。
  • 当駅の駅舎の建物財産標は「明27年10月」=1894年(明治27年)10月を表示している。武豊線亀崎駅の駅舎は日本最古の現役駅舎とされているが、1895年(明治28年)3月7日に火災で一度焼失したと鉄道局年報に記されている。そのため、当駅の駅舎は亀崎駅の現駅舎より建築時期が古い可能性がある。[不適切な合成?]
  • JR東日本東北新幹線新青森開業のドラマCM「トーキョー篇」(出演:三浦春馬吉幾三)の撮影が当駅と碇ケ関駅で行われた。

隣の駅[編集]

※五能線臨時快速「リゾートしらかみ」の隣の停車駅については、リゾートしらかみ#停車駅を参照。

東日本旅客鉄道
奥羽本線
快速
弘前駅 - 川部駅 - 北常盤駅
普通
撫牛子駅 - 川部駅 - 北常盤駅
五能線
普通
藤崎駅 - 川部駅 - (奥羽本線)撫牛子駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 『汽車汽船旅行案内』第118号、明治三十七年七月一日発兌
  3. ^ 『復刻版 明治大正時刻表』(新人物往来社、1998年)所収の汽車汽船旅行案内のうち明治27年11月号、 明治36年1月号、 明治39年4月号、 明治40年3月号、 大正元年9月号が川邊、明治32年4月号と大正4年3月号、大正10年8月号、 大正12年7月号、大正16年1月号が川部
  4. ^ 川部とするもの「逓信省告示第225号」『官報』1894年11月28日『鉄道局年報. 明治27年度』『鐵道作業局年報. 明治30年度』『帝国鉄道要鑑. 第1版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「鉄道院告示第4号」『官報』1912年8月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 2008年1月24日の東奥日報夕刊の特集から。
  7. ^ 日本交通公社(現:JTB)発行の1961年10月号時刻表から
  8. ^ 1968年10月改正時の陸奥新報の折込チラシ(時刻表)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 川部駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道