弘南鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
弘南鉄道株式会社
Kōnan Railway Company Ltd
本社が入居する平賀農協会館
本社が入居する平賀農協会館
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
036-0103
青森県平川市本町北柳田23-5
設立 1926年3月
業種 陸運業
法人番号 8420001010056
事業内容 鉄道事業他
代表者 代表取締役 船越弘造
資本金 1億7500万円
(2017年3月31日現在[1]
売上高 3億9704万4000円
(2017年3月期[1]
営業利益 550万1000円
(2017年3月期[1]
純利益 239万1000円
(2017年3月期[1]
純資産 2億9471万7000円
(2017年3月31日現在[1]
総資産 7億2958万円
(2017年3月31日現在[1]
決算期 3月31日
外部リンク https://konantetsudo.jp/
テンプレートを表示

弘南鉄道株式会社(こうなんてつどう)は、青森県弘前市を中心として弘南線大鰐線の2つの鉄道路線を運営する日本鉄道会社である。本社所在地は青森県平川市本町北柳田23番5号。

かつてはバス事業も行っていたが1941年に分社化し、現在は鉄道事業のみを行っている。大鰐線は弘前電気鉄道として開業した路線で、1970年に譲渡を受けて弘南鉄道の路線となった。また、特定地方交通線に指定された旧国鉄黒石線1984年に継承したが、1998年に廃止した。

歴史[編集]

特に標記のない場合は弘南鉄道を指す。

路線[編集]

路線図(クリックで拡大)

現有路線[編集]

廃止路線[編集]

車両[編集]

観光鉄道を除く日本の普通鉄道の事業者では唯一、冷房車の配置がない(2016年現在)。使用する旅客車両は18m車である。1995年から2008年までは元南海電気鉄道の21m車も在籍していた。

電車[編集]

電気機関車[編集]

事業用貨車[編集]

  • キ100形(弘南線・大鰐線) - 元国鉄キ100形
  • ト1形(弘南線)
  • トム1500形(大鰐線) - 元西武トム1613
  • ホキ800形(ホキ1245:弘南線、ホキ1246:大鰐線) - 元国鉄ホキ800形

過去の車両[編集]

電車[編集]

電気機関車[編集]

気動車[編集]

貨車[編集]

  • ト31形 - 西武鉄道ト231・232
  • トム750形 - 国鉄トム7458
  • ワフ510形(弘南線) - 元南海ワブ505・523
  • キ4形(弘南線) - 国鉄ユキ15形ユキ26→国鉄キ1形キ4

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児半額、10円未満は切り上げ)。2014年4月1日改定[8]

キロ程 運賃(円)
初乗り1 - 2km 210
3 270
4 300
5 320
6 340
7 360
8 370
9 380
10 390
11 400
12 410
13 420
14 430
15 440
16 450
17 460

企画乗車券[編集]

さっパス[9]
2009年から発売。
大鰐線中央弘前駅から大鰐駅間の往復乗車券と、大鰐駅前にある温泉施設「鰐come(わにかむ)」の入浴券がセットになったきっぷ。
発売額は1,000円。なお、200円分の「買物券」がついており、この「買物券」で「鰐come」の貸しタオルの利用もできる。
問い合わせ先および販売は、中央弘前駅・大鰐駅及び車内。
大黒様きっぷ[10]
2010年5月1日から発売。
弘南鉄道全線が1日乗り放題のきっぷで、実質1日乗車券と同じである。
発売額は、大人1,000円・小人500円。
発売は、弘南鉄道の有人駅。
きっぷの名称の「大黒」は、大鰐駅の黒石駅から。
弘南線と大鰐線を乗り継ぐために利用するJR奥羽本線弘南バスの運賃は別途必要。
中学生応援切符[11]
2015年12月5日から2016年3月27日まで中学生を対象に大鰐線を2往復4回分を半額で利用できるきっぷ。
利用可能日は、上記期間中の土日祝日と冬休み期間および大鰐線沿線の高校入学試験実施日と合格発表日[注 1]。発売は利用予定日の1か月前から。
購入・利用時は、「生徒手帳」の提示・携帯が必要。

その他[編集]

  • 弘南鉄道の委託駅員の勤務時間は8時間となっている。ただし、柏農高校前駅では7:32 - 8:15のみ。
  • 東京急行電鉄から購入した車両のつり革には、「渋谷東急百貨店(渋谷109)」や「東横のれん街」のロゴがそのまま残っている。
  • 国鉄からの特定地方交通線引き受けでは黒石線のほか、1984年に矢島線(現・由利高原鉄道鳥海山ろく線)の引き受けを表明したことがある。矢島線の沿線自治体ではバス転換の方向に傾きつつあったが、弘南鉄道が引き受けを表明したことで一転して地元主体での鉄道存続に方針を変えることとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 青い森鉄道で発売している同種のきっぷは、沿線の高校入学試験実施日と合格発表日は適用外。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 鉄道統計年報平成28年度版 - 国土交通省
  2. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1926年2月22日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 昭和10年4月1日現在』『日本全国諸会社役員録. 第35回(昭和2)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ a b 『尾上町史』通史編(尾上町・1992年3月31日発行)1169~1170頁「第一二章 通信・交通 第二節 弘南鉄道の歩み 二 待望の鉄道開通」より。
  5. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1927年9月17日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 弘南鉄道・水間鉄道コラボ企画第1弾、大鰐線7000系ラッピング車両が登場へ - マイナビニュース、2017年3月31日]
  7. ^ 大阪・水間鉄道に青森・弘南鉄道のカラー車両登場 ローカル鉄道同士コラボ(2/2ページ) - 産経WEST、2017年7月29日
  8. ^ 運賃 - 弘南鉄道、2014年4月5日閲覧
  9. ^ さっパス - 弘前観光コンベンション協会
  10. ^ 弘南線と大鰐線の両方で使用出来る1日フリーきっぷ「大黒様きっぷ」発売中! - 弘南鉄道インフォメーションブログ(2016年3月9日)
  11. ^ 弘南鉄道インフォメーションブログ

外部リンク[編集]