滝ノ間駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
滝ノ間駅
Takinoma Station, 20130923, 004.jpg
駅入口(2013年9月)
たきのま
Takinoma
八森 (1.8 km)
(1.6 km) あきた白神
秋田県山本郡八峰町八森字滝の間[1]93
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 五能線
キロ程 24.5 km(東能代起点)
電報略号 タキ
駅構造 地上駅[1]
ホーム 1面1線[1]
開業年月日 1963年昭和38年)4月20日[1]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

滝ノ間駅(たきのまえき)は、秋田県山本郡八峰町八森字滝の間にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線である[1]

歴史[編集]

  • 1962年昭和37年)
    • 日付不明 - 1959年昭和34年)4月から五能線にディーゼル車が運行するのに伴い、滝の間地区に簡易停車場の設置を望む声が高まり、『滝の間新駅新設期成同盟会(会長:日沼八森町長)』結成[2]
    • 10月27日 - 国鉄秋田鉄道管理局は、『東能代駅を起点に24.540キロメートル付近に旅客駅(気動車駅)を新設する』との回答を出す[2]
  • 1963年昭和38年)4月20日国鉄の駅として山本郡八森町に開業[1]。開業当初から無人駅で、地元の負担で建設された請願駅である[3]。なお、建設費用は、八森町が95万円、関係部落と八森漁協が合わせて60万円を負担し、道路と停車場敷地は、滝の間部落が寄付した[2]
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道の駅となる。
  • 2020年令和2年)4月1日:能代駅業務委託化に伴い、東能代駅管理となる。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。駅舎はなく、ホーム上に待合所が置かれるのみとなっている[1]トイレ待合室下方にある[1]東能代駅管理の無人駅

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
五能線
快速
通過
普通
八森駅 - 滝ノ間駅 - あきた白神駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『週刊 JR全駅・全車両基地』31号 青森駅・弘前駅・深浦駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月17日、25頁。
  2. ^ a b c 『八森町誌』(八森町・平成元年12月発行)「第6章 八森町の交通、通信 第1節 交通 三 国鉄五能線開設と駅の沿革 2 各駅の沿革」1372頁「滝の間駅」
  3. ^ “無人駅 五能線・滝の間駅”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p.2 (1975年8月15日 夕刊)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]