八森駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八森駅*
駅舎
駅舎
はちもり - Hachimori
東八森 (4.7km)
(1.8km) 滝ノ間
所在地 秋田県山本郡八峰町八森字中浜[1]41-3
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 五能線
キロ程 22.7km(東能代起点)
電報略号 ハモ
ツハ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
開業年月日 1926年大正15年)4月26日[1]
備考 無人駅
* 1959年に椿駅から改称。
テンプレートを表示

八森駅(はちもりえき)は、秋田県山本郡八峰町八森字中浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線である[1]。八峰町の代表駅で、旧八森町の中心に近い。

歴史[編集]

1926年(大正15年)に椿駅として開業した[1]1959年(昭和34年)に八森町役場の移転に伴い、まず同年10月1日に隣の八森駅が東八森駅に改称され、同年11月1日に椿駅が八森駅と改称された。なお、この後1965年(昭和40年)に紀勢本線の紀伊椿駅が椿駅に改称している。

年表[編集]

駅北西(海側)にあった日本海金属発盛製錬所まで電化した専用線が伸びており、金属製品の輸送を行っていた。当初は軌間762mmであったものを国鉄との連絡のため1067mmに改軌し[2]小型電気機関車が貨車を牽引していたが精錬所の閉鎖に伴い廃止された。跡地は工業団地になったが、その後も駅構内や団地の一部に当時の遺構が残されており、その姿を垣間見ることが出来る。
  • 1984年(昭和59年)7月12日 - 合理化により、簡易委託駅となる。
  • 1985年(昭和60年) - 駅舎新築、八森町商工会館(現・白神八峰商工会)併設となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道の駅となる。
  • 1990年頃 - 簡易委託を解除、無人化。
  • 2002年(平成14年) - 東北の駅百選に選定される。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 岩館駅管理から能代駅管理に変更となる。

駅構造[編集]

島式ホームの片面を使用した単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。元々は島式・単式混合2面3線を有していた。かつては駅脇にあった精錬所への電化された専用線が出ていた(後述)。駅舎は秋田杉で建造されたもの[1]で、白神八峰商工会と併設している。

かつては簡易委託駅だったが、現在は能代駅管理の無人駅である。

駅周辺[編集]

その他[編集]

  • 「秋田杉で建てられた雰囲気のある駅舎」として、東北の駅百選に選定された。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
五能線
東八森駅 - 八森駅 - 滝ノ間駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『週刊 JR全駅・全車両基地』31号 青森駅・弘前駅・深浦駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月17日、24頁。
  2. ^ 名取紀之「専用線を訪ねて」『蒸気機関車』No.63

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 八森駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道