鶴泊駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶴泊駅
駅舎(2019年9月)
駅舎(2019年9月)
つるどまり
Tsurudomari
陸奥鶴田 (2.4km)
(4.8km) 板柳
青森県北津軽郡鶴田町大字鶴泊字梅林[1]91-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 五能線
キロ程 134.1km(東能代起点)
電報略号 ツト
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
42人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1918年大正7年)9月25日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

鶴泊駅(つるどまりえき)は、青森県北津軽郡鶴田町大字鶴泊字梅林(うめばやし)にある東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅[1]

五所川原駅管理の無人駅

利用状況[編集]

JR東日本によると、2014年度(平成26年度)までの1日平均乗車人員の推移は以下のとおりであった。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 91 [利用客数 1]
2001年(平成13年) 88 [利用客数 2]
2002年(平成14年) 87 [利用客数 3]
2003年(平成15年) 80 [利用客数 4]
2004年(平成16年) 67 [利用客数 5]
2005年(平成17年) 58 [利用客数 6]
2006年(平成18年) 58 [利用客数 7]
2007年(平成19年) 60 [利用客数 8]
2008年(平成20年) 56 [利用客数 9]
2009年(平成21年) 54 [利用客数 10]
2010年(平成22年) 52 [利用客数 11]
2011年(平成23年) 46 [利用客数 12]
2012年(平成24年) 47 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 50 [利用客数 14]
2014年(平成26年) 42 [利用客数 15]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
五能線
快速(上りのみ)・普通
陸奥鶴田駅 - 鶴泊駅 - *掛落林駅 - 板柳駅
*打消線は廃駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 合併で鶴田町農業協同組合となり、鶴翔農業協同組合を経て、現:つがるにしきた農業協同組合

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『週刊 JR全駅・全車両基地』31号 青森駅弘前駅深浦駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月17日、27頁。
  2. ^ 出典:『六郷村史』(六郷村役場・昭和17年10月1日発行)後編322~323頁「第十一章官公署 第五節鶴泊驛」。
  3. ^ 出典:『広報つるた』昭和47年2月1日発行第136号1頁。

利用状況[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]