福島駅 (福島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福島駅
西口(新幹線口)
西口(新幹線口)
ふくしま
Fukushima
所在地 福島県福島市栄町1番1号
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
阿武隈急行駅詳細
福島交通駅詳細
テンプレートを表示

福島駅(ふくしまえき)は、福島県福島市栄町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・阿武隈急行福島交通である。

概要[編集]

福島県の表玄関とも言うべきターミナル駅で、在来線が地上3面6線、新幹線が地上2面4線、私鉄および第三セクター路線共同のりばが地上1面2線を有しており、レンガ調の東口駅舎と新幹線乗り場に便利な西口駅舎が設けられている。1962年に竣工「東北の駅百選」認定駅および「エコステ」モデル駅でもある。事務管コードは▲231017[1]を使用している。

乗り入れ路線[編集]

JR東日本の新幹線・在来線各線(後述)と、阿武隈急行の阿武隈急行線、福島交通の飯坂線が乗り入れている。

JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は東北新幹線と、在来線における当駅の所属線である東北本線[2]、当駅を起点とする奥羽本線の3路線である。また当駅は東北新幹線から奥羽本線に直通するミニ新幹線である山形新幹線の分岐駅となっている。奥羽本線は新幹線と同じ軌間である1,435mmの標準軌に改軌されており、軌間1,067mmの東北本線との直通が不可能となっている。この奥羽本線の標準軌区間には在来線としての愛称として「山形線」が設定されている。

歴史[編集]

  • 1887年明治20年)12月15日日本鉄道郡山から仙台間の開通時に開業。一般駅[3]
  • 1899年(明治32年)5月15日官設鉄道米沢駅まで開業[4]
  • 1906年(明治39年)11月1日:日本鉄道が国有化[4]
  • 1909年(明治42年)10月12日線路名称制定、東北本線所属駅となる。
  • 1918年大正7年)4月14日:信達軌道線(後の福島交通飯坂東線)が駅前に乗り入れ。
  • 1924年(大正13年)4月13日:福島飯坂電気軌道線(現在の福島交通飯坂線)が駅前から飯坂駅(現在の花水坂駅)まで開業(飯坂線の軌道としての開業日[5]。)
  • 1942年昭和17年)12月3日:福島交通が当駅に乗り入れ[5]
  • 1962年(昭和37年)未明:現在のJR福島駅東口駅舎が完成。
  • 1971年(昭和46年)4月12日:福島交通飯坂東線廃止[6]
  • 1978年(昭和53年)6月24日コンテナ車扱貨物の取扱を東福島駅に移管し廃止。
  • 1982年(昭和57年)6月23日:東北新幹線開業[7]
  • 1984年(昭和59年)1月15日専用線発着の車扱貨物の取扱を廃止し、貨物の取扱を全廃(旅客駅となる)。
  • 1986年(昭和61年)11月1日荷物の取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化に伴い、国鉄の旅客営業などは東日本旅客鉄道が継承[8]
  • 1988年(昭和63年)
    • 6月:福島駅東口駅ビル、福島LUMINEが営業を開始。
    • 7月1日:阿武隈急行が福島駅まで延伸開業[9]
  • 1992年平成4年)7月1日:新在直通新幹線として山形新幹線福島~山形間が開業[7]
  • 2001年(平成13年)4月8日:福島交通飯坂線福島駅で列車のブレーキが利かずに駅ビルに激突する事故が発生、2両が廃車(詳しくは福島駅駅ビル衝突事故を参照)。
  • 2002年(平成14年)
    • 不明:「賑やかな駅前通り、官公庁が立ち並ぶ県庁通りに続く県都の玄関口の駅」として、東北の駅百選に選定。
    • 12月1日:同日に実施されたダイヤ改正により「やまびこ」「Maxやまびこ」「つばさ」のみの停車となる。
  • 2003年(平成15年)12月18日:JR福島駅東口が、改札の南側にあったみどりの窓口と北側にあったびゅうプラザを改札の南側に一体化するなど大幅にリニューアルする。
  • 2004年(平成16年)
    • 3月20日:福島駅東口駅ビル、LUMINEに代わってS-PALが営業を開始。
    • 4月1日:JR福島駅に福島県内初の在来線自動改札機を導入(この時点ではSuica利用不可)。
  • 2005年(平成17年)3月15日:JR福島駅西口と新幹線・在来線ホームにエレベーター設置。
  • 2006年(平成18年)2月20日:福島駅東口にホテルメッツ福島がオープン。JR福島駅の新幹線ホーム・在来線ホームの発車ベルを変更。この頃JR在来線ホーム南側にあった荷物運搬橋を撤去。
  • 2007年(平成19年)12月:JR福島駅の在来線ホームの自動放送を変更。新幹線自動改札機を新型に交換。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月15日:モバイルSuica特急券のサービスを開始。
    • 9月頃:JR福島駅のすべての自動券売機を新型に交換。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月14日:東北本線でのICカード「Suica」(奥羽本線 (山形線)はエリア外)及び東北新幹線郡山から仙台間のSuica FREX定期券・Suica FREXパル定期券と、新幹線停車駅が2駅以上含まれるSuica定期券のサービスを開始[10]
    • 4月11日:JR福島駅の在来線・新幹線ホームの発車ベルが発車メロディに変更される。
  • 2011年(平成23年)3月頃:エスパル改札口に自動改札機が設置される。
  • 2012年(平成24年)1月7日在来線ホームが停電し、みどりの窓口などの発券業務がストップする。自動券売機は非常用発電で稼働。新幹線ホームには影響はなかった。[要出典]
  • 2015年(平成27年)
    • 3月20日:福島駅舎(東口など)のリニューアル工事が完成。同年3月29日に完成オープニングセレモニー実施[11]。JR東日本が進める「エコステ」のモデル駅として太陽光パネルによる発電、地中熱を利用した空調設備、蓄電池の整備などが導入された。
    • 4月1日:東口の業務がJR東日本東北総合サービスに委託される。
    • 10月1日:二本松駅委託化に伴い、杉田駅 - 安達駅間が当駅管理となる。
  • 2019年(令和元年)6月 - 無人駅管理業務及び地区駅業務を郡山駅に移管。自駅単独管理となり、福島地区から郡山地区所属駅となる。

年月日不詳[いつ?]

  • 西口が開設される。
  • 西口の改札口が東北新幹線開通にともない1階から現在の2階の場所へ移動する。

駅構造[編集]

JR東日本[編集]

JR 福島駅
東口(在来線口)
東口(在来線口)
ふくしま
Fukushima
所在地 福島県福島市栄町1番1号
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 フク
駅構造 高架駅(新幹線)
地上駅(在来線)
ホーム 2面4線(新幹線)
3面6線(在来線)
乗車人員
-統計年度-
16,461人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1887年明治20年)12月15日
乗入路線 4 路線
所属路線 東北新幹線
キロ程 272.8km(東京起点)
郡山 (46.1km)
(34.0km) 白石蔵王
所属路線 山形新幹線
キロ程 0.0km(福島起点)
*(郡山) (-km)
(40.1km) 米沢
所属路線 東北本線
キロ程 272.8km(東京起点)
南福島 (3.4km)
(6.0km) 東福島
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 0.0km(福島起点)
(3.8km) 笹木野
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 全列車が東北新幹線に直通。
テンプレートを表示

在来線は地上駅、新幹線は高架駅である。改札口は4か所にある。在来線側の駅正面(改札1階)にあたる東口と、新幹線側(改札2階)にあたる西口、及びS-PAL福島店の2階から東西連絡通路へ出入りできる「エスパル改札口」、在来線1番線ホーム北側から福島交通・阿武隈急行改札口へ行ける「連絡改札口」がある。

直営駅駅長・輸送助役・営業助役配置)である。以前は管理駅として東北本線の杉田駅 - 貝田駅間の各駅および奥羽本線の笹木野駅 - 赤岩駅間の各駅を管理していたが、現在は自駅単独管理となっている。

在来線ホーム[編集]

単式ホーム1面1線(1番線)・島式ホーム1面2線(2・3番線)・切欠きホーム1面3線(4・5・6番線)の計3面6線で構成される。 1 - 4番線を狭軌の東北本線が、5・6番線を標準軌の山形線がそれぞれ使用する。1番線と2番線の間に中線がある。
6番線は5番線の山形方を切り欠いたホームで有効長が2両分しかないため、「つばさ」の地平ホーム入線は5番線に限られる。
山形線の線路は、後述の配線図のとおり、笹木野方から見て第一場内信号 - 第二場内信号の間は実質単線となる。
のりば[編集]
  • 東側より記載
番線 路線 方向 行先
1 - 4 東北本線 下り 白石仙台方面
上り 郡山黒磯方面
6・5 山形線 - 山形新庄方面

新幹線ホーム[編集]

島式ホーム2面4線を有する。副本線にホームが設けられ、中央の2線は通過線となっている。
後述の配線図のとおり、「つばさ」の発着は14番線に限られる[12]。よって、「つばさ」と併結する上りの「やまびこ」は、下りの通過線と2回平面交差して14番線に進入しなければならない。また「やまびこ・つばさ」は輸送障害時を考慮して福島駅での上下列車の間隔を大きく開ける必要性がある。そのため、当駅は東北新幹線のダイヤ上、大きなネックとなっている。2019年2月5日、JR東日本の深沢祐二社長によると、今後2030年に予定されている北海道新幹線札幌駅延伸開業に備えて、当駅の改良工事を検討していることが明らかにされた[13]。具体的には、山形新幹線の上り東京行き列車が11番線または12番線へ入線できるよう上り線専用のアプローチ線を設置し、そこで上り「やまびこ」と連結する形を行なう。但し、近くの道路や新幹線の立体交差、急勾配・急カーブが課題になり難工事となるが、実現は可能とされた。事業性が判断できれば、詳細設計に移行することとなる。この上り専用アプローチ線が完成すると、当駅で「つばさ」と連結する「やまびこ」の平面交差が解消され、現行ダイヤのボトルネックが大きく軽減されるものとみられる。
東京方面行きの列車は12番線と14番線の両方から発車するため、改札内コンコース電光掲示板には左右を示す矢印が付いている。
12 - 14番線にはLED式乗車口案内表示機が設置されている。
のりば[編集]
番線 路線 方向 行先
11 (予備ホーム)
12 ■ 東北新幹線 上り 宇都宮大宮東京方面
13 下り 仙台盛岡新青森方面
14 ■ 東北新幹線 仙台・盛岡・新青森方面
■ 山形新幹線 山形新庄方面
■ 東北・山形新幹線 上り 宇都宮・大宮・東京方面
  • 14番線は「つばさ」及び当駅で同列車と分割・併結する「やまびこ」が使用する。ただし、臨時「とれいゆつばさ」は5番線発着となる。
  • 2018年12月現在、11番線を発着する定期旅客列車はない。ただし、回送電車などの発着に使われている。
  • 当駅の発車メロディは、在来線ホームは「高原列車は行く」(岡本敦郎)、新幹線ホームは「栄冠は君に輝く」(伊藤久男・コロムビア男声合唱団)が使用されている。これらは、福島市出身である古関裕而の生誕100年を記念して福島青年会議所が企画し、2009年4月11日から使用されているものである[14]
  • 当駅が大宮駅 - 仙台駅間で最大の駅舎設備を有しているのは、「奥羽新幹線」の分岐駅として建設されたことによる。現在は山形新幹線が奥羽新幹線のためのスペースを利用している。
  • 14番ホーム上で連結・解結を行う「つばさ」と「やまびこ」の中には、その作業と共に、当駅を通過する「はやぶさ・こまち」の待避を兼ねている列車がある。

標準軌配線図[編集]


改札口[編集]

東口[編集]
  • 東口には新幹線専用改札がなく、在来線と共用の乗車券専用の自動改札機を通過し、東西連絡通路を経由して新幹線乗換口を通過する。つまり、福島駅東口で新幹線に乗降する場合には2度改札を通ることになる。出札・改札業務ともにJR東日本東北総合サービスに委託されている。
  • ホテルメッツ福島、S-PAL福島店(駅ビル)などがある。
西口[編集]
  • 福島市観光案内所、JR東日本福島支店、福島駅西口パワーシティピボットなどがある。
エスパル改札口[編集]
  • エスパル改札口には、長らく自動改札機は設置されておらず、簡易Suica改札機が設置されていたが、2011年3月頃から自動改札機が設置された。但し改札利用時間は、エスパル営業時間の10時00分から20時00分まで。JR東日本東北総合サービスに委託されている。
  • S-PAL福島店2階(駅ビル)に直結している。

阿武隈急行・福島交通[編集]

阿武隈急行・福島交通 福島駅
駅入口
駅入口
ふくしま
Fukushima
所在地 福島県福島市栄町1
所属事業者 阿武隈急行
福島交通
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
(福島交通飯坂線)-2015年-
4,506
(阿武隈急行)-2016年-
4,190人/日
開業年月日 1942年昭和17年)12月3日
乗入路線 2 路線
所属路線 阿武隈急行線
キロ程 0.0km(福島起点)
(5.6km) 卸町
所属路線 福島交通飯坂線
キロ程 0.0km(福島起点)
(0.6km) 曽根田
備考 共同使用駅
テンプレートを表示

JR1番線北側に頭端式ホーム1面2線を持ち、東側を福島交通飯坂線、西側を阿武隈急行線が使用している。改札口は2社で共同で使用されている(入鋏は福交の駅員、集札・精算はそれぞれの駅員が行う)。JRとの連絡改札口があり、簡易Suica改札機が設置されている。

阿武隈急行線は当駅から矢野目信号場まで東北本線の複線区間を走るため、JRとの直通運転が可能な構造となっている。かつて存在した郡山方面への直通列車は、JR1番線発着であった。

改札外には、福島交通窓口、阿武隈急行窓口、自動券売機(福交3台・阿武隈急行2台)、トイレがあり、改札内には、簡易Suica改札機(連絡改札口)、自動販売機(飲料・タバコ)、ガシャポンなどがある。なお、阿武急は無人駅槻木駅からの乗客向けに、企画乗車券(フリーきっぷなど)は到着時に改札口に申し出ると窓口で購入できるようになっている。

駅弁[編集]

ウェルネス伯養軒が新幹線改札内で販売する。主な駅弁は下記の通り[15]

  • 山菜釜めし
  • 安積のとりめし
  • 牛肉の味噌焼弁当
  • ソースヒレカツ弁当
  • 海苔のりべん
  • おとなの幕の内
  • 福島味づくし
  • 四季の彩
  • あつあつ牛めし
  • ふくのしま豚の醍醐味

利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は16,461人である[JR 1]。福島県内では郡山駅につぎ第2位。また、新幹線の1日平均乗車人員は7,712人である[JR新幹線 1]
  • 阿武隈急行 - 2016年度(平成28年度)の1日平均乗降人員は4,190人である[阿武隈 1]
  • 福島交通飯坂線 - 2010年度(平成22年度)の1日平均乗車人員は2,200人である[福島交通 1]

近年の推移は以下の通りである(いずれも1日平均)。

乗車人員・乗降人員推移[16]
年度 JR東日本
(乗車人員)
阿武隈急行
(乗降人員)
福島交通
(乗降人員)[17]
新幹線
1935年(昭和10年) 1,676    
2000年(平成12年) 16,396[JR 2]    
2001年(平成13年) 16,132[JR 3]    
2002年(平成14年) 15,868[JR 4]   4,445[阿武隈 2]
2003年(平成15年) 15,504[JR 5]   4,250[阿武隈 2]
2004年(平成16年) 15,262[JR 6]   4,181[阿武隈 2]
2005年(平成17年) 15,274[JR 7]   4,207[阿武隈 2]
2006年(平成18年) 15,033[JR 8]   4,165[阿武隈 2]
2007年(平成19年) 14,983[JR 9]   4,223[阿武隈 3]
2008年(平成20年) 14,932[JR 10]   4,260[阿武隈 3]
2009年(平成21年) 14,781[JR 11]   4,152[阿武隈 3]
2010年(平成22年) 14,161[JR 12]   4,248[阿武隈 3]
2011年(平成23年) 14,380[JR 13]   3,585[阿武隈 3] 3,832
2012年(平成24年) 15,869[JR 14] 7,301[JR新幹線 2] 4,173[阿武隈 1] 4,100
2013年(平成25年) 16,726[JR 15] 7,742[JR新幹線 3] 4,310[阿武隈 1] 4,148
2014年(平成26年) 16,378[JR 16] 7,598[JR新幹線 4] 4,335[阿武隈 1]
2015年(平成27年) 16,608[JR 17] 7,726[JR新幹線 5] 4,316[阿武隈 1] 4,506
2016年(平成28年) 16,536[JR 18] 7,740[JR新幹線 6] 4,190[阿武隈 1]
2017年(平成29年) 16,482[JR 19] 7,739[JR新幹線 7]  
2018年(平成30年) 16,461[JR 1] 7,712[JR新幹線 1]  

駅周辺[編集]

東口は官庁、金融機関、商業施設や宿泊施設などが建ち並ぶ昔からの繁華街である。しかし、駅周辺の商業ビルや商店街では空き店舗が目立ち、中心市街地の空洞化が顕著である。ここ数年は地価の下落などによって高層マンションの建設が盛んである。

西口は東北新幹線が開通してから開設され開発が行われた地区である。昭和50年代後半ぐらいまで、昭栄製糸(現在のイトーヨーカドー福島店)や協三工業などの工場が現在の西口駅前に立地していた。2000年代以降高層マンションやビジネスホテルなどがいくつか建設された。

東口から西口(西口から東口)へ直接移動したい場合は、駅構内の地下を通る「東西自由通路」を利用する。東西連絡通路(構内跨線橋)は改札内であるため入場券が必要となる。

東口[編集]

商業施設

宿泊施設

その他、個人経営やチェーンストア飲食店が駅前に多数立地している。

その他

道路・橋

西口[編集]

商業施設

宿泊施設

その他

道路・橋

バス路線[編集]

路線バスは福島交通が記載されているすべての路線と、JRバス東北福浪線(福島駅 - 川俣高校前)を運行している。

東口2 - 9・12番、西口1 - 3番ポールは福島交通の運行[18]

東口[編集]

1番ポール

2番ポール

  • 伊達経由 北福島医療センター、保原
  • 伊達経由 桑折、藤田、小坂
  • 伊達経由 湯野
  • 伊達・上ヶ戸経由 掛田
  • 宮代団地
  • 養護スクール(平日の朝7時のみ運行)
  • 信夫山循環4号線先回り

3番ポール

  • 競馬場・月舘経由 川俣
  • 宮下町・大波経由 掛田
  • 月の輪台団地
  • 月の輪経由 保原、梁川

5番ポール

  • 伏拝・医大・金谷川経由 二本松
  • 伏拝・医大・立子山経由 飯野町
  • 伏拝・医大・美郷団地経由 松川
  • 伏拝・南福島ニュータウン・桜台経由医大
  • バイパス経由 医大
  • 蓬莱・清水町経由 医大
  • 伏拝・蓬莱東経由 蓬莱団地

6番ポール

  • バイパス経由 蓬莱団地
  • 南向台循環 渡利先回り、黒岩先回り
  • 渡利経由 南向台、飯野町
  • バイパス経由 南向台
  • バイパス経由 医大
  • <臨時> 花見山(直行) ※毎年4月に運行[19]

7番ポール

8番ポール

9番ポール

  • 市内循環ももりん1コース(宮下町回り・午前9時 - 午後4時まではこむこむ館・保健福祉センター経由)
  • 市内循環ももりん1コース(太田町回り・朝7時のみ運行)
  • 市内循環ももりん2コース(美術館回り・午前9時 - 午後4時まではこむこむ館・保健福祉センター経由)

10番ポール

11番ポール

  • 観光路線バス(福島駅 - 土湯温泉 - 裏磐梯 - 喜多方)※春 - 秋に運行
  • 吾妻スカイライン観光路線バス(福島駅→土湯温泉→浄土平→高湯温泉→福島駅)※春 - 秋に運行

12番ポール

  • 志田
  • 長沼経由 庭坂(医大病院からの直通便)
  • 運転免許センター経由 庭坂
  • 中野(平日のみ運行)
  • 大笹生(医大病院からの直通便)
  • 南沢又経由 荒古屋(医大病院からの直通便)
  • 南沢又経由 北沢又
  • 森合団地

西口[編集]

1番ポール
  • 上姥堂・高湯温泉
  • 土船
2番ポール
  • 由添団地経由 庭坂
  • 福島市役所前※平日のみ
3番ポール
  • 大原綜合病院
  • 成田空港千葉交通
  • 郡山駅前(福島 - 郡山線)
  • 箕輪スキー場・箕輪ホテル前[20] ※毎年、冬季に運行
  • 観光路線バス(福島駅 - 土湯温泉 - 裏磐梯 - 喜多方)※春 - 秋に運行
  • 吾妻スカイライン観光路線バス(福島駅→土湯温泉→浄土平→高湯温泉→福島駅)※春 - 秋に運行
4番ポール
東邦銀行ローンプラザ福島支店裏

あづま総合運動公園内でイベントが行われる場合に臨時バス乗り場が西口に設けられる。

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)による当駅の影響[編集]

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)によって、福島駅は大きな被害を受けた。各路線も地震発生直後から運転を中止した。

  • 東北新幹線は4月12日に那須塩原駅 - 当駅まで運転再開[22]。4月25日に仙台駅までの運転が再開された[22]。4月12日から24日まで、当駅 - 仙台駅を東北本線で結ぶ快速新幹線リレー号が運転された[22]
  • 山形新幹線は3月31日に当駅 - 新庄駅まで運転再開。在来線ホームから発着していた。4月7日に発生した東北地方太平洋沖地震の余震により再び全線運休したが、4月11日に全線運転再開した。翌4月12日には東北新幹線との乗り入れを再開した[22](E3系単独編成での運転)。4月25日に東北新幹線内の併結運転が再開された。
  • 東北本線は、4月5日に本宮駅 - 当駅間、4月7日に当駅 - 岩沼駅まで運転再開した[23]。しかし、4月7日に発生した東北地方太平洋沖地震の余震により黒磯駅 - 盛岡駅間が運休。4月10日に本宮駅 - 当駅間、4月12日に当駅 - 仙台駅間が運転再開し、4月21日に全線運転再開した[23]
  • 奥羽本線(山形線)は、3月31日に全線運転再開した[23]。4月7日に発生した余震により再び運休したが、4月11日に全線運転再開した[23]
  • 阿武隈急行線は、4月28日に当駅 - 瀬上駅間で運転再開し、5月16日に全線運転再開した[9]
  • 福島交通飯坂線は、3月13日に全線運転再開した[5]

その他[編集]

西口駅前モニュメント(2010年)

西日本旅客鉄道(JR西日本)にも「福島駅」があるため、切符の駅名は「(北)福島」と表示される。2008年に新型の自動券売機(指定席券売機は除く)に入れ替わってから、近距離乗車券や入場券など一部の切符では「(北)福島」ではなく「福島」と表示されている。

古関裕而生誕100年を記念し、「古関裕而生誕100年記念モニュメント」が、2009年8月11日(8月11日は古関の誕生日である)、東口駅前広場に設置された。このモニュメントは、古関が愛用していたハモンドオルガンを演奏する姿を再現したもので、午前8時から午後8時までの1時間おきに「栄冠は君に輝く」や「長崎の鐘」などのメロディーが流れる。同日、1982年に設置された西口にある駅前モニュメントからも古関メロディーが流れるようになった。

交直接続[編集]

奥羽本線の当駅 - 米沢間には、最大勾配38‰の板谷峠が存在するため、太平洋戦争後の1949年には直流電化されていた。しかしその後、黒磯以北は交流電化を採用することになり、1959年12月の白河 - 当駅間交流電化に際して、当駅構内での奥羽本線との交直接続が問題となった。黒磯駅に比して広大な構内と複雑な配線を持つ当駅では、車上切替え方式がまだ実用化されていなかったこともあり、駅構内への地上切替え設備の設置は断念された。構内は全て交流電化とし、奥羽本線上の800m庭坂寄りの福島第二機関区付近に地上式の交直切換設備・中川切換所を設け、ここで機関車交換を行うこととした[24]。なお中川切換所の設置にあたっては、従前に直流機用機関庫の南側に沿って敷設されていた本線を北側に移設のうえ、その北側に交流機用機関庫を新設した。

1968年10月に実施されたダイヤ改正によって、当駅 - 米沢間が交流電化に転換されたのにともない、この交直接続設備は役目を終えた。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
■ 東北新幹線
郡山駅 - 福島駅 - 白石蔵王駅
山形新幹線
郡山駅 - 福島駅 - 米沢駅
東北本線
快速「仙台シティラビット
福島駅 - 東福島駅
普通
南福島駅 - 福島駅 - (矢野目信号場) - 東福島駅
山形線(奥羽本線)
福島駅 - 笹木野駅
阿武隈急行
阿武隈急行線
福島駅 - (矢野目信号場) - 卸町駅
福島交通
飯坂線
福島駅 - 曽根田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  3. ^ JR東日本:各駅情報(福島駅)
  4. ^ a b 伊部正之 『《調査報告》庭坂事件を考える―翌年の松川事件に繋がる謀略事件―』 福島大学研究年報 第7号 ( 福島大学) (2012年1月)[1]
  5. ^ a b c 『第2編 各鉄道の被害と復旧 8章 福島交通(飯坂線)』 よみがえれ! みちのくの鉄道 ~東日本大震災からの復興の軌跡~ (東北の鉄道震災復興誌編集委員会 (事務局:国土交通省東北運輸局 鉄道部)) (2012年9月)[2]
  6. ^ 福島交通 - 飯坂電車の歴史
  7. ^ a b グループ事業展開(JR東日本)
  8. ^ 会社概要(JR東日本)
  9. ^ a b 『第2編 各鉄道の被害と復旧 6章 阿武隈急行』 よみがえれ! みちのくの鉄道 ~東日本大震災からの復興の軌跡~ (東北の鉄道震災復興誌編集委員会 (事務局:国土交通省東北運輸局 鉄道部)) (2012年9月)
  10. ^ Suicaをご利用いただけるエリアが広がります。(PDF) 東日本旅客鉄道株式会社
  11. ^ 東北本線「松川駅」・「福島駅」オープニングセレモニーの開催について(2015年3月17日
  12. ^ 当駅5番線を始発・終着とする臨時列車を除く。
  13. ^ 東北新幹線のスピード向上へ、「福島駅」の改良が欠かせない理由 2019年02月05日 日刊工業新聞
  14. ^ 福島北ロータリークラブ会報(No.2273 第14回例会) - 福島北ロータリークラブ(2009年10月13日付、2013年5月18日閲覧)
  15. ^ 『JR時刻表』2017年3月号、交通新聞社、2017年、 621頁。
  16. ^ 1935年の数値は、鉄道省・編『改版日本案内記・東北篇』、博文館、1937年、68頁による。
  17. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2019年7月5日閲覧
  18. ^ 福島交通 - 福島駅前 バス乗り場”. www.fukushima-koutu.co.jp. 2018年11月9日閲覧。
  19. ^ 福島交通 - 新着情報 福島駅東口から花見山までの直行臨時バス『花見山号』を運行いたします!(4月1日(日)~4月22日(日)まで毎日運行)”. www.fukushima-koutu.co.jp. 2018年11月9日閲覧。
  20. ^ 郡山〜裏磐梯線(スキーシーズン)を運行いたします。(12月1日より)
  21. ^ [福島線]南相馬⇔福島駅西口”. 東北アクセス. 2013年6月6日閲覧。
  22. ^ a b c d 『第2編 各鉄道の被害と復旧 1章 JR東日本(新幹線)』 よみがえれ! みちのくの鉄道 ~東日本大震災からの復興の軌跡~ (東北の鉄道震災復興誌編集委員会 (事務局:国土交通省東北運輸局 鉄道部)) (2012年9月)
  23. ^ a b c d 『第2編 各鉄道の被害と復旧 2章 JR東日本(在来線)』 よみがえれ! みちのくの鉄道 ~東日本大震災からの復興の軌跡~ (東北の鉄道震災復興誌編集委員会 (事務局:国土交通省東北運輸局 鉄道部)) (2012年9月)
  24. ^ 杉田 肇「奥羽線四半世紀-電気機関車の変遷」、『鉄道ピクトリアル』、電気車研究会、1976年1月。

利用状況[編集]

JR東日本[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月9日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月6日閲覧。
新幹線
  1. ^ a b 新幹線駅別乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月9日閲覧。
  2. ^ 新幹線駅別乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  3. ^ 新幹線駅別乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  4. ^ 新幹線駅別乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  5. ^ 新幹線駅別乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  6. ^ 新幹線駅別乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  7. ^ 新幹線駅別乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月12日閲覧。

阿武隈急行[編集]

  1. ^ a b c d e f 10 運輸・通信 (PDF)”. 福島市統計書. 福島市. p. 263 (2017年). 2019年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e 10 運輸・通信 (PDF)”. 福島市統計書. 福島市. p. 267 (2007年). 2019年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e 10 運輸・通信 (PDF)”. 福島市統計書. 福島市. p. 267 (2012年). 2019年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月12日閲覧。

福島交通[編集]

  1. ^ 福島市公共交通活性化基本計画 (PDF) - 福島市、2012年、22頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]