黒田原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒田原駅
JR Tohoku Line Kurodahara Station building.jpg
駅舎(2021年10月)
くろだはら
Kurodahara
高久 (4.2 km)
(5.2 km) 豊原
所在地 栃木県那須郡那須町大字寺子丙2
北緯37度1分22.21秒 東経140度7分10.47秒 / 北緯37.0228361度 東経140.1195750度 / 37.0228361; 140.1195750座標: 北緯37度1分22.21秒 東経140度7分10.47秒 / 北緯37.0228361度 東経140.1195750度 / 37.0228361; 140.1195750
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線
キロ程 171.5 km(東京起点)
電報略号 ロハ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
361人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1891年明治24年)9月1日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

黒田原駅(くろだはらえき)は、栃木県那須郡那須町大字寺子丙にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

大宮支社管内の有人駅としては最も北に位置する。単式ホーム2面2線のホームを持つ地上駅で、改札口と2面のホームは跨線橋で連絡している。

黒磯駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)[3]乗車駅証明書発行機自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東北本線 上り 黒磯宇都宮上野方面
2 下り 白河郡山福島方面

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況[編集]

JR東日本によると、2021年度(令和3年度)の1日平均乗車人員は361人である[利用客数 1]

2000年度(平成12年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 699 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 660 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 579 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 569 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 561 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 586 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 559 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 548 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 536 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 523 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 490 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 480 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 528 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 546 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 509 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 523 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 508 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 497 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 462 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 440 [利用客数 21]
2020年(令和02年) 348 [利用客数 22]
2021年(令和03年) 361 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

その他[編集]

  • 鉄道省製作の記録映画「鉄輪」に当駅が単線区間の駅と通票閉塞取り扱いの例として登場しており、映像上でも通票閉塞機に右書きで「高久」と「下野豊原」(現:豊原)の文字が確認できる。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
東北本線
高久駅 - 黒田原駅 - 豊原駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、397-398頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ 「高鉄10年のあゆみ」1961年10月 高崎鉄道管理局発行、p659。
  3. ^ https://www.je-ss.co.jp/pdf/jess_service_area.pdf

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月5日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月10日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月6日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月10日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]