田沢湖駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田沢湖駅
Tazawako Station 20130924-1.jpg
駅舎(2013年9月)
たざわこ
Tazawako
所在地 秋田県仙北市田沢湖生保内字男坂68
北緯39度42分1秒 東経140度43分20.7秒 / 北緯39.70028度 東経140.722417度 / 39.70028; 140.722417座標: 北緯39度42分1秒 東経140度43分20.7秒 / 北緯39.70028度 東経140.722417度 / 39.70028; 140.722417
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 ワコ
ナイ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
195人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1923年大正12年)8月31日
乗入路線 2 路線
所属路線 秋田新幹線
キロ程 40.1km(盛岡起点)
東京から575.4 km
雫石 (24.1 km)
(18.7 km) 角館
所属路線 田沢湖線
キロ程 35.5 km(大曲起点)
**赤渕 (18.1 km)
(4.3 km) 刺巻
備考 業務委託駅[1]
みどりの窓口
* 1966年に生保内駅から改称[新聞 1]
** この間に志度内信号場(当駅から5.7km先)と大地沢信号場(当駅から11.5km先)有り。
** この間に秋田支社盛岡支社境界あり(当駅から刺巻寄りは秋田支社管内)
テンプレートを表示

田沢湖駅(たざわこえき)は、秋田県仙北市田沢湖生保内(おぼない)字男坂(おさか)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線である。事務管コードは▲220201[2]

当駅は田沢湖線上を走る秋田新幹線ミニ新幹線)の停車駅となっており、下り最終と上り始発の1往復を除く全ての「こまち」が停車する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

JR東日本東北総合サービスが駅業務を受託している大曲駅管理の業務委託駅[1]。直営駅時代は、管理駅として刺巻駅神代駅を管理していた。みどりの窓口(営業時間:6:00 - 20:30)、近距離自動券売機指定席券売機新幹線eチケットサービス専用簡易改札機が設置されている。1階には駅事務室、観光センター「フォレイク」、キオスク兼待合室、羽後交通田沢湖乗車券販売所、駅レンタカー田沢湖営業所、2階には田沢湖の玉川ダムを紹介したパネルが展示されている部屋、IRIS-アイリス-ロケ地紹介部屋、展望室などがある。

2016年10月20日より、田沢湖線全線開通50周年記念として、列車到着時におもてなしメロディー「生保内節」が使用されている[報道 3]

駅舎[編集]

田沢湖観光情報センターを併設した現駅舎は、秋田新幹線の開通に合わせて1997年に坂茂の設計によって建てられた。列車から駅の中や広場側の賑わいが見え、また逆に駅のどこにいても列車が入ってくるのが見え、さらに広場から駅の背景の山とが透けて見えるような空間として構想された[4]。地盤が弱く、工期が短かったことから杭を埋める代わりに列柱状に多数使用する工法が採用された[5]。JR側の要請で木造が不可となったため(坂は木や紙を多用する新建築で知られている)、鉄板の梁が使用されているが、一般的な吹きつけ耐火被覆の代わりに、集成材が耐火被覆と仕上げ(美観)を兼ねる工夫がなされている[5][6]。完成した新駅舎はグッドデザイン賞などを受賞したが、坂はのちに建築雑誌の中で「田沢湖駅のオープニングセレモニーにも招待されず悔しい思い」をしたと吐露している[7]

「ガラスと木を上手に組み合わせたモダンな駅」であるという理由により、東北の駅百選に選定された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 秋田新幹線 下り 大曲秋田方面[8]
田沢湖線 大曲方面[8]
2 秋田新幹線 上り 盛岡東京方面[8]
田沢湖線 盛岡方面[8]
3 田沢湖線 上り 盛岡方面[8]
下り 大曲方面[8]

駅弁[編集]

かつて販売されていた主な駅弁は下記の通り[9]

  • 秋田日本海たこびより

利用状況[編集]

JR東日本によると、2021年度(令和3年度)の1日平均乗車人員は195人である[利用客数 1]

2000年度(平成12年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 465 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 499 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 489 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 528 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 490 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 480 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 459 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 467 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 417 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 394 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 380 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 328 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 346 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 388 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 342 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 336 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 305 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 304 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 303 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 289 [利用客数 21]
2020年(令和02年) 185 [利用客数 22]
2021年(令和03年) 195 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

仙北市田沢湖地区の中心駅である。また、 田沢湖および乳頭温泉郷玉川温泉などへの路線バスが発着している。

観光
公共施設など
  • 仙北市役所(旧田沢湖町役場)
  • 仙北市民会館
  • 生保内公園 : 野球場などがある。
  • 仙北市生保内市民体育館
  • 仙北市立田沢湖図書館
  • 市立田沢湖病院
  • 仙北市民浴場 東風の湯
  • 仙北警察署田沢湖交番
金融機関
主な商業施設
主な道路

バス路線[編集]

今後の予定[編集]

当駅と赤渕駅の間は約15 km離れているが、当区間に新たに新仙岩トンネルを建設することが検討されている[報道 7]。秋田県とJR東日本は、2021年7月26日に新仙岩トンネルを含む新ルートの整備計画に関する覚書を締結した[報道 7]。事業費は約700億円で、工期は着工より約11年を予定している[報道 7]。新ルートが完成すると、東京駅 - 秋田駅間で現行より約7分程度の時間短縮が見込まれている[報道 7]

隣の駅[編集]

秋田新幹線の隣の駅の停車駅は列車記事を参照のこと。

東日本旅客鉄道(JR東日本)
田沢湖線
  • 秋田新幹線「こまち」停車駅(1往復は通過)
普通
赤渕駅 - (大地沢信号場) - (志度内信号場) - 田沢湖駅 - 刺巻駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 盛岡駅 - 秋田駅間で、特定特急券扱いを使って空いている普通車指定席を利用する場合に限る[報道 6]
  2. ^ 2021年度は運休中。羽後交通と共同運行の扱い。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「グループ会社と一体となった駅業務委託の拡大」について団体交渉! (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道労働組合秋田地方本部 (2020年9月3日). 2020年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月6日閲覧。
  2. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  3. ^ a b c d 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、496頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  4. ^ TAZAWAKO STATION - Tazawako, Akita, Japan, 1997 JR田沢湖駅 / 田沢湖観光情報センター坂茂建築設計
  5. ^ a b 作品づくりと社会貢献の両立をめざして坂茂、東西アスファルト事業協同組合講演会、2002
  6. ^ JR Tazawako Station & Tazawako Visitor Information CenterSHELTER CO,LTD[リンク切れ]
  7. ^ 新建築』2010年7月号「ポンピドー・センター・メス=坂茂」
  8. ^ a b c d e f 駅構内図(田沢湖駅)”. 東日本旅客鉄道. 2020年3月13日閲覧。
  9. ^ 『JR時刻表』2017年3月号、交通新聞社、2017年、 661頁。

報道発表資料[編集]

  1. ^ “田沢湖駅エスカレーター新設について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2015年2月20日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150425125559/http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20150220-1.pdf 2020年5月17日閲覧。 
  2. ^ “田沢湖駅エスカレーターの使用を開始します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2016年3月18日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517102505/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20160318-8.pdf 2020年5月17日閲覧。 
  3. ^ a b “田沢湖駅と角館駅の「おもてなしメロディー」の曲名が決定しました” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2016年10月18日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517102354/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20161018.pdf 2020年5月17日閲覧。 
  4. ^ “田沢湖駅に駅名看板を新設します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2016年10月26日), オリジナルの2020年5月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200517102531/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20161026.pdf 2020年5月17日閲覧。 
  5. ^ “「新幹線eチケットサービス」が始まります!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道/北海道旅客鉄道/西日本旅客鉄道, (2020年2月4日), オリジナルの2020年2月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200226110513/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200204_ho01.pdf 2020年5月25日閲覧。 
  6. ^ a b “タッチでGo!新幹線 サービスエリア拡大について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年11月12日), オリジナルの2020年11月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201113025314/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho01.pdf 2020年11月13日閲覧。 
  7. ^ a b c d “秋田新幹線新仙岩トンネル整備計画の推進に関する覚書の締結について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 秋田県/東日本旅客鉄道, (2021年7月26日), オリジナルの2021年7月28日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210728203223/https://www.jreast.co.jp/press/2021/20210726_ho01.pdf 2021年8月7日閲覧。 

新聞記事[編集]

  1. ^ a b c “駅名「田沢湖」に 来月から生保内駅” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p7. (1966年9月25日 朝刊)
  2. ^ “生保内駅前でまた大火” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p3. (1956年10月10日 夕刊)
  3. ^ a b “新駅舎で業務始む 生保内駅の新築完成近し” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p2. (1957年4月3日 夕刊)
  4. ^ “秋田鉄道管理局、みどりの窓口増設”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 2. (1986年12月17日) 
  5. ^ “大曲駅パイプオルガン風の正面 田沢湖駅列柱で森、木立イメージ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1996年6月27日) 
  6. ^ “田沢湖線2駅で工事安全祈願祭”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1996年8月12日) 
  7. ^ “地域のランドマークに 「こまち」停車にふさわしく 秋田新幹線4駅を一新”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1997年4月7日) 
  8. ^ “JR秋田支社 田沢湖駅に新駅名看板”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年11月8日) 

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月14日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月9日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月18日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]