天童駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天童駅
東口(2011年5月)
てんどう
Tendō
地図
所在地 山形県天童市本町一丁目1-1
北緯38度21分35.89秒 東経140度22分10.21秒 / 北緯38.3599694度 東経140.3695028度 / 38.3599694; 140.3695028座標: 北緯38度21分35.89秒 東経140度22分10.21秒 / 北緯38.3599694度 東経140.3695028度 / 38.3599694; 140.3695028
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 テン
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,139人/日(降車客含まず)
-2022年-
開業年月日 1901年明治34年)8月23日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 山形新幹線
キロ程 100.4 km(福島起点)
東京から373.2 km
山形 (13.3 km)
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 100.4 km(福島起点)
天童南 (2.1 km)
(3.0 km) 乱川
備考
テンプレートを表示
西口(2005年10月)

天童駅(てんどうえき)は、山形県天童市本町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線山形線)のである。

山形新幹線停車駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

改札口(2019年2月)
ホーム(2019年8月)

単式ホーム1面1線(1番線)と島式ホーム1面2線(2・3番線)、計2面3線を有する地上駅橋上駅舎を備え、ターミナルビルPALTEと東口で連絡している。駅舎には天童市将棋資料館及び将棋交流室がある。また、各ホームにはエレベーターが、2・3番線に上りエスカレータが設置されている。

有人改札であり、新幹線用ICカード専用自動改札機が設置されている。

山形駅管理の業務委託駅で、自動券売機話せる指定席券売機[2]・待合室が設置されている。直営駅時代は管理駅として、高擶駅 - 袖崎駅間の各駅を管理していた。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 山形新幹線
山形線
上り 山形東京方面[7]
2 下り 村山新庄方面[7]
3 山形線 上り 山形方面[7]
下り 村山・新庄方面[7]
  • 当駅始発は3番線を使用する。また、山形方面からの終電は当駅止まりとなっている。

利用状況[編集]

JR東日本および「天童市の統計」によると、2022年度(令和4年度)の1日平均乗車人員1,139人である[利用客数 1]

1986年度(昭和61年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
1986年(昭和61年) 1,819 [利用客数 2]
1987年(昭和62年) 1,821
1988年(昭和63年) 1,892
1989年(平成元年) 非公表
1990年(平成02年) 非公表
1991年(平成03年) 1,932
1992年(平成04年) 1,983
1993年(平成05年) 2,012
1994年(平成06年) 2,065
1995年(平成07年) 2,099
1996年(平成08年) 2,159
1997年(平成09年) 2,061
1998年(平成10年) 1,970
1999年(平成11年) 1,666
2000年(平成12年) 1,938 [利用客数 3]
2001年(平成13年) 1,996 [利用客数 4]
2002年(平成14年) 1,968 [利用客数 5]
2003年(平成15年) 1,915 [利用客数 6]
2004年(平成16年) 1,855 [利用客数 7]
2005年(平成17年) 1,828 [利用客数 8]
2006年(平成18年) 1,804 [利用客数 9]
2007年(平成19年) 1,814 [利用客数 10]
2008年(平成20年) 1,755 [利用客数 11]
2009年(平成21年) 1,689 [利用客数 12]
2010年(平成22年) 1,701 [利用客数 13]
2011年(平成23年) 1,714 [利用客数 14]
2012年(平成24年) 1,729 [利用客数 15]
2013年(平成25年) 1,799 [利用客数 16]
2014年(平成26年) 1,745 [利用客数 17]
2015年(平成27年) 1,588 [利用客数 18]
2016年(平成28年) 1,517 [利用客数 19]
2017年(平成29年) 1,516 [利用客数 20]
2018年(平成30年) 1,463 [利用客数 21]
2019年(令和元年) 1,393 [利用客数 22]
2020年(令和02年) 981 [利用客数 23]
2021年(令和03年) 1,034 [利用客数 24]
2022年(令和04年) 1,139 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

東口に設置されている王将型の郵便ポスト(2022年1月)

東口には昔からの商店街、住宅地があるが、最近ではマンション建設が進んでおり、駅周辺の人口が増加しつつある。また、西口は新興住宅が立ち並んでいる。

バス路線[編集]

天童バスターミナル(2006年8月)

ターミナルビルPALTE内に天童駅前バス停が[8]、駅東口ロータリーに天童駅東口バス停が設置されている。

天童駅前
天童駅東口

その他[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
山形新幹線
山形駅 - 天童駅 - さくらんぼ東根駅
山形線(奥羽本線)
天童南駅 - 天童駅 - 乱川駅

脚注[編集]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 石野哲 編『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、530頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ a b c d 駅の情報(天童駅):JR東日本”. 東日本旅客鉄道. 2024年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月1日閲覧。
  3. ^ 逓信省告示第三百三十四号. 官報. 1901年08月21日』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ 鉄道院告示第五十四号. 官報. 1909年10月12日』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  5. ^ 逓信省告示第169号. 官報. 1914年03月20日』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  6. ^ 営業職場の施策の提案と説明について” (PDF). 東日本旅客鉄道労働組合 (2018年5月25日).[リンク切れ]
  7. ^ a b c d 駅構内図(天童駅)”. 東日本旅客鉄道. 2020年2月2日閲覧。
  8. ^ 4月1日 (水)~ 市営バスの運行時刻・停留所名が変わります」『市報てんどう』(PDF)1576号、天童市総務部市長公室、2020年4月1日、15頁https://www.city.tendo.yamagata.jp/cityreport/shiho/tendo_public_relations_20200401.pdf 

報道発表資料[編集]

  1. ^ 山形新幹線「つばさ」の新庄開業等について』(プレスリリース)東日本旅客鉄道、1999年7月30日。 オリジナルの2020年11月13日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20201113023405/https://www.jreast.co.jp/press/1999_1/19990801/index.html2020年11月13日閲覧 
  2. ^ 「新幹線eチケットサービス」が始まります!』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道、北海道旅客鉄道西日本旅客鉄道、2020年2月4日。 オリジナルの2020年2月26日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200226110513/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200204_ho01.pdf2020年5月25日閲覧 
  3. ^ タッチでGo!新幹線 サービスエリア拡大について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道、2020年11月12日。 オリジナルの2020年11月13日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20201113025314/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho01.pdf2020年11月13日閲覧 
  4. ^ 山形県のSuica利用がますます便利になります!』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道東北本部、2023年12月15日。 オリジナルの2023年12月15日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20231215111902/https://www.jreast.co.jp/press/2023/sendai/20231215_s03.pdf2023年12月15日閲覧 
  5. ^ 山形県におけるSuicaご利用駅の拡大について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道仙台支社、2022年7月22日。 オリジナルの2022年7月22日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20220722082230/https://www.jreast.co.jp/press/2022/sendai/20220722_s01.pdf2022年7月22日閲覧 

新聞記事[編集]

  1. ^ 「オレンジカードOK 券売機きょう稼働 山形など3駅で」『読売新聞読売新聞社、1986年12月20日、やまがた第二県版朝刊、19面。
  2. ^ 「天童の新駅舎完成 自由通路も」『読売新聞』読売新聞社、1992年2月9日、山形読売庄内・最上朝刊、22面。
  3. ^ 「天童ターミナルビル落成 ”観光玄関口” 23日オープン」『読売新聞』読売新聞社、1992年4月21日、山形2朝刊、23面。
  4. ^ 「JR天童駅周辺施設整備 建築物すべて完成」『読売新聞』読売新聞社、1992年8月25日、山形読売庄内・最上朝刊、22面。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2022年度)”. 東日本旅客鉄道. 2023年7月13日閲覧。
  2. ^ 天童市の統計” (PDF). 天童市. p. 80 (2011年). 2019年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月9日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月16日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月12日閲覧。
  23. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。
  24. ^ 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]