鶴岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶴岡駅
駅舎
駅舎
つるおか
Tsuruoka
*羽前大山 (6.0km)
(6.6km) 藤島**
所在地 山形県鶴岡市末広町1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 羽越本線
キロ程 139.4km(新津起点)
電報略号 ツル
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,203人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1919年大正8年)7月6日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* この間に西鶴岡信号場有り(当駅から2.8km先)。
** この間に幕ノ内信号場有り(当駅から3.2km先)。
テンプレートを表示
鶴岡駅
つるおか
Tsuruoka
(2.2km) 京田
所属事業者 庄内交通
所属路線 湯野浜線
キロ程 0.0km(鶴岡起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1929年昭和4年)12月8日
廃止年月日 1975年(昭和50年)4月1日
テンプレートを表示

鶴岡駅(つるおかえき)は、山形県鶴岡市末広町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線である。

概要[編集]

山形県庄内地方にある鶴岡市の中心駅。羽越本線を走る全ての旅客列車(「いなほ」、「臨時快速きらきらうえつ」など)が停車する。庄内地方を代表する駅であるが、両隣の駅間は共に単線で、信号場(西鶴岡信号場幕ノ内信号場)に挟まれた駅である。

酒田駅新津駅と共に、列車接近時には接近メロディが流れる。メロディは、かつて首都圏で広く使われていたユニペックスの「清流」が使われている。

かつては庄内交通湯野浜線が乗り入れており、現在の跨線橋の2・3番線側の先に湯野浜線ホームへの跨線橋が延び、駅東側(酒田・秋田側)には電車庫があった。現在ホーム跡には庄内丸と書かれた建物が建っている。また秋田営林局専用線、日本通運専用線、昭和石油専用線、庄内経済連共同石油の共用専用線、さらに住友セメント専用線も敷設されていた。

鶴岡および出羽三山への玄関口であるとして、2002年(平成14年)、東北の駅百選に選定された。

歴史[編集]

2014年のリニューアル工事完成前の駅舎
  • 1918年大正7年)9月21日:陸羽西線余目 - 当駅間開通の際に、赤川を挟んだ藤島町大半田に仮駅を開設。
  • 1919年(大正8年)
    • 7月6日:同・仮駅から1.8km延伸開通した際、現在地に移転。
    • 12月5日:当駅 - 羽前大山間が延伸開通。
  • 1924年(大正13年)7月31日:羽越線の駅となる。
  • 1925年(大正14年)11月20日:支線となる赤谷線の開業に伴い、羽越本線の駅となる。
  • 1929年昭和4年)12月8日:庄内電気鉄道湯野浜線・当駅 - 湯野浜温泉(仮)間が開通。
  • 1970年(昭和45年)
  • 1975年(昭和50年)4月1日:庄内交通湯野浜線が全線廃止。
  • 1977年(昭和52年):荷物フロント業務を外部委託。
  • 1978年(昭和53年)12月:新駅舎(現駅舎)落成、6日に竣工式。
  • 1986年(昭和61年)
    • 10月20日:貨物の取扱を廃止、旅客駅となる。
    • 11月1日:荷物の取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道の駅となる。
  • 2005年平成17年)12月8日:自動改札機導入。
  • 2006年(平成18年)2月28日:エレベータ設置[1]
  • 2008年(平成20年)12月21日:指定券券売機導入[2]
  • 2012年(平成24年)6月24日:鶴岡市藤島庁舎保管の忠犬ハチ公試作石膏像が展示開始。毎年4月15日から翌年2月15日まで公開[3]
  • 2014年(平成26年)2月28日:内外装の張り替えなどをしたリニューアル駅舎完成(山形ディスティネーション(DC)に向けて)[4]
  • 2018年(平成30年)3月30日:びゅうプラザが閉店。

鶴岡駅前再開発事業[編集]

鶴岡市では駅前地区と中心市街地において商店街が形成されてきたが、大型店の進出によって既存商店街との競合が激化し、商業活動に様々な影響を及ぼしていた。市ではそうして状況を踏まえ広域商業診断を実施し、その提言をもとに駅前地区の再開発を目的に、1974年度に「鶴岡駅前地区市街地再開発基本計画」を策定した[5]

鶴岡駅前再開発事業は、駅前地区の区域約2.8ヘクタールを3つの施行地区・4つの街区に分け、市施行・民間施行の地区別事業施行とし[6]1983年2月に都市計画の決定が告示され、翌年5月には事業計画も告示された。

市施行である都市計画道路、鶴岡駅前広場および施設建設物であるマリカ東館、西館の整備には事業費約102億円が費やされ、マリカの管理運営にあたっては、市が50%を出資した第三セクターである鶴岡再開発ビルが担う手法が執られた[5]

個人施行である鶴岡駅前A街区第一種市街地再開発事業(棟名:鶴岡末広ビル)は事業費31億78百万円(うち補助金3億24百万円)を投じ地下1階、地上5階のテナントビルが建設。さらに同様に個人施行である鶴岡駅前B街区第一種市街地再開発事業(棟名:鶴岡パークビル)は事業費12億77百万円(うち補助金1億14百万円)を投じ、地上6階建のビルを建設し駐車場のほか店舗を設置するとした[5]

1985年3月、鶴岡末広ビルにジャスコ鶴岡店がキーテナントとしてオープンしたほか、鶴岡パークビルも開業した。次いで1987年7月には、鶴岡ワシントンホテル[注釈 1]、土産物店さらにオフィスや産業振興センターなど公共施設が入る地下1階、地上8階のマリカ西館が開業し、続いて同年9月にはジャスコ鶴岡店を中核に地元専門店など25店舗や、300台の収容が可能な駐車場を備えた地下1階、地上6階のマリカ東館が開業した。マリカ西館および東館は空中通路で結ばれた[5]

ジャスコ鶴岡店とマリカの全面開業によって、鶴岡駅前はすでに開業していた庄交モール(現:エスモール)とともに商業集積は高まり既存商店街との回遊性も高まった。しかし、1990年代後半に入ると市郊外に続々と大型店が出店。2001年8月3日には、隣接する三川町猪子地区の国道7号三川バイパス沿いにジャスコが当時としては県内最大級の商業施設面積を擁するイオン三川ショッピングセンター (現:イオンモール三川)を開業した[8]。多層階で駐車場も少ない駅前立地型のジャスコ鶴岡店からは徐々に客足が遠のき採算割れに陥り[9]、庄交モールのキーテナントであったダイエー鶴岡店は、イオン三川SCからの影響で売り上げ不振となり、2002年8月31日に撤退した。

2004年11月、イオンは採算割れが続くジャスコ鶴岡店に関し、入居先の鶴岡末広ビルとの20年間の賃貸借契約が切れる翌年3月末で、契約を更新せず撤退する旨を地権者に通告。2005年3月末で同店は撤退し、鶴岡末広ビルは解体された。こののち2006年6月に入り、市がビル跡地を市土地開発公社を通じて取得し、公園などを整備したいとの意向を表明したほか[10]2007年3月にはマリカの管理運営にあたっていた鶴岡再開発ビルも、ジャスコ鶴岡店の撤退によって経営難となり、鶴岡簡易裁判所会社清算に向けた民事調停を申し立てた[11]

商業施設部門を終了したマリカ東館1階に、2017年6月24日、市と地元のまちづくり会社「Fu-Do(ふうど)」が1階部分の1420平方メートルを改装し、「つるおか食文化市場FOODEVER」をプレオープンし、同年7月1日には市が設置した観光案内所の開業によって、グランドオープンした[12][13]

ジャスコ跡を土地売却で開発へ[編集]

2017年5月、市は長らく更地状態となっていたジャスコ跡地に関し、複合型中高層集合住宅の整備の可能性を探る調査を行う方針を明らかにし[14]2019年4月、民間事業者への条件付き公募型土地売却で開発を進める方針を固めた。早ければ5月にも公募に入り、今秋までには事業者を決定する。市によると中高層マンションの事業化など民間開発業者からの引き合いがあるという[15]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

直営駅である。管理駅でもあるが、当駅は自駅のみの単駅管理となっている。(周辺の駅は酒田駅が管理)

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 羽越本線 上り 村上新津方面[16]
2 下り 酒田秋田方面[16] 当駅始発・待避列車
3

駅設備(改札口、窓口など)[編集]

  • 駅舎内にはみどりの窓口(営業時間は6:45 - 19:00 途中で営業を休止する時間帯あり)、指定席券売機1台、自動券売機2台が設置されている。
  • 自動改札機は3台設置されている。ただしSuicaはエリア外であるため利用できない。

駅舎施設[編集]

  • 駅舎内には、待合室NEWDAYSコインロッカーなどがあり、駅改札口付近に直結している。
    • 駅弁は、酒田駅で販売されている「鳥海釜めし」「ササニシキ弁当」があったが、現在取り扱われていない。
  • 「日本海庄や」(居酒屋:大庄グループ)、「神田川」(地魚料理、和食日本酒ラーメン等)、駐輪場、公衆トイレなどがあるが、駅舎入口を一旦出る必要がある。
  • 駅の北側は工場や物流施設が多く出口は設けられていないが、駅舎の東側に隣接する地下道が南北を結んでいる(トイレ付近)。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は1,203人である[JR 1]。また、「鶴岡市統計書」によると、2017年度(平成29年度)の年間乗車人員は447,490人である[鶴岡 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
年間
乗車人員
1965年(昭和40年) 6,732[新潟鉄道 1]  
1970年(昭和45年) 5,138[新潟鉄道 2]  
1975年(昭和50年) 5,028[新潟鉄道 3]  
1989年(平成0元年)   868,100[鶴岡 2]
1990年(平成02年)   884,200[鶴岡 2]
1991年(平成03年)   902,600[鶴岡 2]
1992年(平成04年)   864,200[鶴岡 2]
1993年(平成05年)   839,900[鶴岡 2]
1994年(平成06年)   818,500[鶴岡 2]
1995年(平成07年)   801,900[鶴岡 2]
1996年(平成08年)   783,600[鶴岡 2]
1997年(平成09年)   741,500[鶴岡 2]
1998年(平成10年)   735,000[鶴岡 2]
1999年(平成11年)   722,000[鶴岡 2]
2000年(平成12年) 1,815[JR 2] 662,500[鶴岡 2]
2001年(平成13年) 1,746[JR 3] 637,200[鶴岡 2]
2002年(平成14年) 1,663[JR 4] 606,900[鶴岡 2]
2003年(平成15年) 1,613[JR 5] 590,200[鶴岡 2]
2004年(平成16年) 1,482[JR 6] 540,900[鶴岡 2]
2005年(平成17年) 1,449[JR 7] 528,800[鶴岡 2]
2006年(平成18年) 1,437[JR 8] 524,600[鶴岡 2]
2007年(平成19年) 1,467[JR 9] 537,100[鶴岡 2]
2008年(平成20年) 1,415[JR 10] 516,800[鶴岡 2]
2009年(平成21年) 1,371[JR 11] 500,700[鶴岡 2]
2010年(平成22年) 1,379[JR 12] 503,300[鶴岡 2]
2011年(平成23年) 1,347[JR 13] 493,200[鶴岡 2]
2012年(平成24年) 1,361[JR 14] 496,800[鶴岡 2]
2013年(平成25年) 1,356[JR 15] 464,900[鶴岡 1]
2014年(平成26年) 1,275[JR 16] 465,400[鶴岡 1]
2015年(平成27年) 1,248[JR 17] 455,500[鶴岡 1]
2016年(平成28年) 1,226[JR 18] 447,500[鶴岡 1]
2017年(平成29年) 1,187[JR 19] 447,490[鶴岡 1]
2018年(平成30年) 1,203[JR 1]  


駅周辺[編集]

駅前のロータリーにはバス停留所、タクシープール、駅前駐車場がある。


  • 以下は駅周辺とは言えないが、一応最寄駅であるという意味で記載する。


バス路線[編集]

庄内交通の運行する各路線が出ている。ほとんどの路線の始発は、1区間前である東京第一ホテル鶴岡の近くにあるエスモールから出ている。以前は、庄内交通等の長距離バスも駅前バス停を経由していたが、現在は全てエスモール発着(経由)となっている。路線バス扱いではないが、2008年ツアーバスキラキラ号が運行を開始し、鶴岡では当駅が集合場所になっている。また、オー・ティー・ビーオリオンツアー)も少し離れた場所だが、当駅西口が集合場所である。以前はWILLER EXPRESSも山形経由で運行していた。

空港アクセス[編集]

最寄りの空港は、庄内空港である。バスか車を利用する。

  • 空港リムジンバス…庄内空港行(東京第一ホテル鶴岡前、イオン三川経由)国道7号バイパスを経由して快速運行(経由の2停留所のみ停車)するようになり、リムジンバスと呼ぶようになった。速達性は向上し、車両も高速バス用4列シートが運用されている。

他に乗り合いタクシーも運行しており、通常のタクシーよりも格安で利用できる(要予約)。

路線バス[編集]

全便が庄内交通の運行。

  • 2番のりば
    • 湯田川温泉、坂の下、越沢 …七日町、国立高専前、湯田川温泉経由
    • 机 …小真木経由または三中前、サウスモールみ~な経由 ※土・日・祝祭日と年末年始は運休
    • 羽黒山頂(夏期は月山八合目) …ゆぽか、羽黒センター、十文字、休暇村経由
    • 田麦俣(春~秋は湯殿山)(冬期間、土日祝祭日のスキー滑走可能日は湯殿山スキー場) …サウスモールみ~な、東橋、山添、かたくり温泉ぼんぼ経由
    • 上田沢・大鳥 …サウスモールみ~な、山添、かたくり温泉ぼんぼ、朝日庁舎経由
    • 朝日庁舎・松根 …サウスモールみ~な、くしびき温泉ゆ~TOWN、勝福寺経由 ※土・日・祝祭日と年末年始は運休
    • こころの医療センター…エスモール、道形経由
  • 3番のりば
    • 庄内空港行リムジンバス
    • エスモール
    • 中央高校(平日のみ、土・日・祝祭日と高校休業期間中はエスモールまで)
  • 4番のりば
    • 南センター(外内島) …日吉町、山王町、銀座通り経由
    • 南センター(外内島) …荘内病院、市役所前経由 ※土・日・祝祭日と年末年始は運休
    • 鶴岡観光ぐるっとバス(庄内交通観光バス事業部運行のため、運賃が異なる。庄内交通回数券は利用不可)
      • (市内コース)般若寺・龍覚寺、丙申堂、藩校致道館、致道博物館、山王神社・富樫蝋燭店方面 ※4月~5月、10月下旬~11月の金・土・日・月・祝祭日の運行。
      • (加茂コース)般若寺・龍覚寺、丙申堂、藩校致道館、致道博物館、庄内観光物産館、羽前大山駅、加茂水族館(クラゲドリーム館)、湯野浜温泉方面 ※6月~10月の金・土・日・月・祝祭日運行。

その他[編集]

隣の駅[編集]

・特急「いなほ」、臨時快速「きらきらうえつ」停車駅

東日本旅客鉄道(JR東日本)
羽越本線
羽前大山駅 - (西鶴岡信号場) - 鶴岡駅 - (幕ノ内信号場) - 藤島駅

かつて存在した路線[編集]

庄内交通
湯野浜線
鶴岡駅 - 京田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2016年8月、アパグループが鶴岡ワシントンホテルの営業権を取得。同ホテルはアパホテル山形鶴岡駅前となる[7]

出典[編集]

  1. ^ “身障者、高齢者に優しく 酒田、鶴岡両駅にエレベーター設置”. 荘内日報. (2006年3月4日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2006:03:04:601 2018年8月28日閲覧。 
  2. ^ “指定も取れる券売機登場 !  酒田で稼働、鶴岡21日から JR”. 荘内日報. (2008年12月9日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2008:12:19:2451 2018年8月28日閲覧。 
  3. ^ “「鶴岡のハチ公像」鶴岡駅に”. 荘内日報. (2012年5月25日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2012:05:25:4710 2018年8月28日閲覧。 
  4. ^ “DCに向けて駅が新しく生まれ変わりました!” (pdf) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2014年2月26日), http://www.jrniigata.co.jp/press/20140226ekisyarinyuaru.pdf 2014年10月25日閲覧。 
  5. ^ a b c d 「再開発情報 鶴岡駅前地区」『再開発コーディネーター (12) 』1988年3月号
  6. ^ 「新しいまち"つるおかマリカ"鶴岡駅前地区第一種市街地再開発事業完成」 『再開発コーディネーター (10) 』1987年11月号
  7. ^ “アパホテル県内2店目、今月末開業 鶴岡ワシントンホテル活用”. 山形新聞. (2016年8月3日). http://yamagata-np.jp/news/201608/03/kj_2016080300052.php 2016年2月21日閲覧。 
  8. ^ 「イオン三川SC、来月3日オープン ニューファミリー狙う 山形」『朝日新聞』山形版 2001年7月12日
  9. ^ 「イオン ジャスコ鶴岡店 閉鎖へ 来春、採算割れ状態続き 駅周辺の空洞化拍車」『日本経済新聞』2004年11月11日
  10. ^ 「鶴岡市 ジャスコ跡地を取得、駅前公園などを検討」『毎日新聞』山形版 2006年4月14日
  11. ^ 「マリカ東館 鶴岡の3セク 負債で経営困難に 民事調停申し立てへ」『毎日新聞』山形版 2007年2月28日
  12. ^ “鶴岡の味、求めにぎわう 食文化発信拠点がプレオープン”. 山形新聞. (2017年6月25日). http://www.yamagata-np.jp/news/201706/25/kj_2017062500579.php?keyword=%E9%B6%B4%E5%B2%A1%E9%A7%85%E5%89%8D 2017年6月27日閲覧。 
  13. ^ “つるおか食文化市場FOODEVER 鶴岡駅前に新風吹き込む”. 荘内日報. (2017年7月2日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2017:07:02:7969 2017年7月9日閲覧。 
  14. ^ “JR鶴岡駅前の旧ジャスコ跡地 複合型マンション検討”. 荘内日報. (2017年5月9日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2017:05:09:7871 2017年6月27日閲覧。 
  15. ^ “JR鶴岡駅前旧ジャスコ跡地 条件付き公募型土地売却で開発”. 荘内日報. (2019年4月11日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2019:04:11:9100 2019年4月20日閲覧。 
  16. ^ a b 時刻表 鶴岡駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月12日閲覧。

利用状況[編集]

JR東日本(1日平均乗車人員)
  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月21日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月26日閲覧。
新潟鉄道管理局(1日平均乗車人員)
  1. ^ 鉄道統計年報昭和40年版p102 新潟鉄道管理局
  2. ^ 鉄道統計年報昭和45年版p90-91 新潟鉄道管理局
  3. ^ 鉄道統計年報昭和50年版p64-65 新潟鉄道管理局
鶴岡市統計書(年間乗車人員)
  1. ^ a b c d e f 11.運輸・通信 (PDF)”. 平成29年版 鶴岡市の統計書. 鶴岡市. p. 104 (2018年2月). 2019年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 11.運輸・通信 (PDF)”. 平成24年版 鶴岡市の統計書. 鶴岡市. p. 107 (2014年1月). 2019年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]