エスモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エスモール
S-MALL
S-Mall Main.JPG
エスモール
店舗概要
所在地 997-0031
山形県鶴岡市錦町2番21号
開業日 1978年11月
正式名称 S-MALL(エスモール)[1]
施設管理者 株式会社庄交コーポレーション
敷地面積 17,256.67 m²
延床面積 18,774.0 m² 
商業施設面積 13,334 m²
中核店舗 マルホンプラスエスモール店
店舗数 50
営業時間 10:00 - 20:00
前身 庄交モール(ダイエー鶴岡店)
最寄駅 鶴岡駅
外部リンク https://happy-s-mall.com/
テンプレートを表示

エスモールS-MALL)は、山形県鶴岡市にある株式会社庄交コーポレーションが運営するショッピングセンター。「S-MALL」とも表記される。庄内交通のエスモールバスターミナルを併設、東京第一ホテル鶴岡にも直結し、50店舗のテナントで構成。

地元では、若者の間ではエスモの愛称で親しまれている。また、旧称である庄交モール(しょうこうモール)と呼ぶ人も少なくない。

概要[編集]

1978年(昭和53年)11月、庄内交通グループの運営するバスターミナルショッピングセンター(SC)の併設施設「庄交モール」として出発。 開業時にはキーテナントとしてダイエー鶴岡店が入り、ピーク時には同店の年間売り上げが約54億円を超え[2]、山王町商店街や銀座通りなど、鶴岡の商業界に大きな影響を与えていた。

しかし、2001年(平成13年)8月に東田川郡三川町国道7号三川バイパス沿いにイオン三川SC(現:イオンモール三川)が開業すると、ダイエー鶴岡店は売り上げ低迷に陥り、ダイエーは経営再建策の一環に沿って、翌年8月31日をもって鶴岡店を閉店した[2]。その後、庄交モールは改装によってファッション性の高いテナントを導入し、商業施設名をエスモールと改めて、10月26日にリニューアルオープンした[3]

ダイエーの撤退や施設の老朽化のほか、郊外型量販店の攻勢もあり、一時存続が危ぶまれたが、リニューアルを積極的に行い、人の流れを取り戻しつつある。

営業時間は、通常は10:00から20:00まで。

年表[編集]

  • 1978年昭和53年)11月 - 庄交モールとしてオープン。
  • 1979年(昭和54年)12月2日 - 庄交モールなどの事業を行う庄交コーポレーションを設立。
  • 2002年平成14年)
    • 8月31日 - ダイエー鶴岡店が撤退し、専門店も閉鎖。
    • 10月26日 - S-MALL(エスモール)として、専門店の営業を再開。
  • 2003年(平成15年)5月15日 - 株式会社東京第一ホテル鶴岡(存続会社)に吸収され、株式会社庄交コーポレーションとなった。この際に不動産関連会社やプラスワン、庄交トラベル等も合併した。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - エスモールバスターミナルの全面改修工事が完了。
  • 2019年(平成31年/令和元年)9月26日 - 1階の核テナントとして本間物産が運営するマルホンプラスエスモール店が新たに出店。
  • 2021年(令和3年)6月 - 2階のまなびの広場に「クッキングスタジオ」とコワーキングスペース「S-MALLワークスペース」を開設[4]

テナント[編集]

スーパーマーケット[編集]

  • マルホンプラスエスモール店

生活関連[編集]

ファッション/カルチャー[編集]

飲食店[編集]

サービス[編集]

ATM[編集]

エスモールバスターミナル[編集]

旧バスターミナル

庄内交通の主要ターミナルであり、鶴岡地域のほとんどのバスはエスモール発着となっている。

2017年(平成29年)4月1日、待合スペースを拡充し、庄交トラベル事業部のチケットカウンターやコーヒーショップを整備したバスターミナル全面改修工事が完了し、オープンした[5][6]

高速バス路線[編集]

すべての高速バス路線は、4番乗り場から発車する。

空港アクセス[編集]

  • 空港リムジンバス:庄内空港へ飛行機の発着に合わせて運行(1日4往復)。

路線バス[編集]

庄内交通が運行。どの路線も本数があまり多くないため、時刻表を確認する必要がある。

※1番のりばは現在欠番となっている。

  • 2番のりば(平日のみ運行の路線が発車)
    • <鶴岡市内廻り1・2コース> エスモール - 鶴岡駅前 - 鶴岡東高校 - 伊勢原町 - 荘内病院 - 鶴岡駅前 - エスモール
    • <鶴岡市内廻り3・4コース> エスモール - 鶴岡駅前 - 主婦の店新斎町店前 - 庄内観光物産館 - 荘内病院 - 鶴岡駅前 - エスモール
    • 机 … 小真木原運動公園前経由とサウスモールみ〜な・三中前経由あり。
    • 清川駅 … 藤島駅前、三ヶ沢経由
  • 3番のりば
  • 4番のりば
  • 5番のりば
    • 降車専用
    • 中央高校(平日のみ、土日祝祭日と同校休校期間中は運休)
    • 南センター(外内島) … 日吉町、山王町、銀座通り経由
    • 南センター(外内島) … 荘内病院、市役所前経由 ※平日のみ

その他[編集]

周辺[編集]

徒歩でJR羽越本線の線路沿いに行くと、バスターミナル側に着くことができる。周辺は若干の店舗があるものの、にぎわいをみせるまでに至っていない。近隣には、長らく大きな建造物は建てられなかったが、2005年サンシティのマンションが建設された。

  • 鶴岡駅 … 徒歩5分。路線バスで1区間。
  • プラスワン … スポーツクラブ。同じく庄交コーポレーションが運営し、道路を挟んだ向いにある。
  • 東京第一ホテル鶴岡 … 直結しているホテル。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 大規模小売店舗立地法に基づく届出における、大規模小売店舗名。
  2. ^ a b 「ダイエー鶴岡店が閉店 三川SCの開店が響く 来月31日 『朝日新聞』山形版 2002年7月2日
  3. ^ 「専門店など34店、エスモール開店 鶴岡」 『朝日新聞』山形版 2002年10月27日
  4. ^ “鶴岡・エスモールにクッキングスタジオ 庄内の食文化体験の場に”. 山形新聞. (2021年6月17日). https://www.yamagata-np.jp/news/202106/17/kj_2021061700493.php 2021年6月20日閲覧。 
  5. ^ “新たな庄内観光、創造 庄交グループ旅行商品開発へ”. 山形新聞. (2016年11月30日). http://www.yamagata-np.jp/news/201611/30/kj_2016113000655.php 2017年5月15日閲覧。 
  6. ^ “エスモールのバスターミナルリニューアルオープン”. 荘内日報. (2017年4月2日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2017:04:02:7809 2017年5月15日閲覧。 

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度44分20.4秒 東経139度49分55.2秒