折渡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
折渡駅
Oriwatari Station 20200328.jpg
駅舎(2020年3月)
おりわたり
Oriwatari
羽後岩谷 (4.7 km)
(3.0 km) 羽後亀田
秋田県由利本荘市岩城上黒川字泉田101
北緯39度28分35秒 東経140度5分28.15秒 / 北緯39.47639度 東経140.0911528度 / 39.47639; 140.0911528座標: 北緯39度28分35秒 東経140度5分28.15秒 / 北緯39.47639度 東経140.0911528度 / 39.47639; 140.0911528
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 羽越本線
キロ程 240.7 km(新津起点)
電報略号 オリ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1987年昭和62年)4月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示
プラットホーム

折渡駅(おりわたりえき)は、秋田県由利本荘市岩城上黒川字泉田101にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線である。

羽越本線内では女鹿駅桂根駅とともに、JR移管と同時に信号場から昇格した駅のひとつである。

大半の普通列車が通過し、停車本数が非常に少ない。2021年令和3年)3月13日ダイヤ改正時点で、下り秋田方面が5本、上り酒田方面が3本のみが停車する。[1]

歴史[編集]

当時の岩城町広報によると、信号場としての開業時から地元民の乗降を取り扱っていた。駅となった後も役目は信号場時代と大きな変化はなく、普通列車の多くが通過する。この模様は2013年平成25年)10月28日放映の『人情たっぷり 東北ローカル鉄道をゆく「後編」』(NHK BSプレミアム)で紹介された。[出典無効]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホーム有効長が短いため、4両編成以上の列車の場合は、3両分のみ開閉可能(ドアカット)となる。跨線橋はなく、上りホーム(2番線)へは構内踏切で連絡している[3]。駅の羽後岩谷方には折渡トンネルがある。

羽後本荘駅管理の無人駅である。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 羽越本線 下り 秋田方面
2 上り 酒田方面

(出典:JR東日本:駅構内図

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
羽越本線(一部列車は通過)
羽後岩谷駅 - 折渡駅 - 羽後亀田駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 折渡駅 時刻表”. 東日本旅客鉄道. 2021年4月25日閲覧。
  2. ^ “羽越線折渡信号場駅 駅長さんは一日交代 乗降客の安全守る 地元住民無人化に、三年前から” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p3. (1975年5月7日 夕刊)
  3. ^ 折渡駅 構内図”. 東日本旅客鉄道. 2021年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]