三川バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

Japanese National Route Sign 0007.svg

三川バイパス
国道7号バイパス
路線延長 8.8 km
制定年 1989年
開通年 1996年 - 2003年
起点 山形県鶴岡市本田
終点 山形県酒田市広野
山形県道333号鶴岡広野線交点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0112.svg国道112号
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道50号標識
山形県道50号藤島由良線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道341号標識
山形県道341号東沼長沼余目線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道43号標識
山形県道43号余目加茂線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道33号標識
山形県道33号庄内空港立川線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道356号標識
山形県道356号小浜猪子線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道333号標識
山形県道333号鶴岡広野線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

三川バイパス(みかわバイパス)は、山形県鶴岡市から酒田市に至る国道7号バイパス道路

概要[編集]

鶴岡市本田から酒田市広野に至る、全長8.8kmのバイパス道路。一部連続立体交差方式で全線暫定2車線。上下線各1箇所にゆずり車線が設けられている。

赤川の右岸側を経由する国道7号の旧ルート(山形県道333号鶴岡広野線-国道112号)よりも約2km短縮された。

路線データ[編集]

出典による路線データは以下の通り[1]

  • 総延長 : 8.8 km
  • 起点 : 山形県鶴岡市本田
  • 終点 : 山形県酒田市広野

歴史[編集]

  • 1989年(平成元年)1月:三川バイパスの整備計画が都市計画決定(標準幅員28m)。1990年度に用地取得着手。
  • 1991年(平成3年):着工。
  • 1996年(平成8年)10月:三川町猪子・県道庄内空港線交差点 - 酒田市広野間 (2.6km)、暫定2車線で供用開始。
  • 1999年(平成11年)6月:鶴岡市本田 - 猪子間の建設工事着工。
  • 2003年(平成15年)9月28日:本田 - 猪子間 (6.2km)、暫定2車線で供用開始し、全線開通。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般国道7号 三川バイパス全線開通による整備効果(第2報) (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所 (2003年9月28日). 2013年10月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]