荘内日報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荘内日報
The Shonai Nippo Press Co., Ltd 1.jpg
荘内日報本社
種類 日刊紙
サイズ B3判

事業者 荘内日報社
本社 鶴岡市
代表者 代表取締役社長 橋本政之
創刊 1946年1月14日
前身 荘内自由新聞
言語 日本語
価格 1部 80円
月極 2,000円
発行数 16,900部
(2016年4月1日現在)
ウェブサイト http://www.shonai-nippo.co.jp/
株式会社 荘内日報社
The Shonai Nippo Press Co., Ltd.
本社所在地 日本の旗 日本
〒997-0035
山形県鶴岡市馬場町8-29
事業内容 日刊紙発行
設立 1946年
業種 情報・通信業
資本金 4,800万円(払込資本金)
決算期 3月
テンプレートを表示

荘内日報(しょうないにっぽう)は、株式会社荘内日報社が発行している山形県庄内地方を対象地域とする日刊新聞1946年1月14日に「荘内自由新聞」(当時は週刊)として創刊。1949年10月に「荘内日報」に改題[1]。発行体の荘内日報社は全国郷土紙連合加盟社。

概要[編集]

庄内地方では戦前まで数多くの新聞が発行され、県内でも新聞が盛んなところといわれていた時期もあったが、戦時下の新聞統制によって、山形新聞に統合されたため、地元紙はすべて廃刊となった[2]

戦後1946年1月、荘内日報の前身である荘内自由新聞が創刊され、1949年に同紙は荘内日報に改題。さらに新聞発行を個人から法人の発行に移行した[2]。当初はタブロイド版による週刊での発行であったが、その後、ブランケット判による日刊での発行となる。

荘内日報の特色として翌日付けの朝刊を前日の夕方に配達するシステムが挙げられる。これは「その日のニュースを夕飯の食卓へ」をモットーとしているためで、発行部数の7割が夕方に配られている[2]

事業所[編集]

  • 本社:山形県鶴岡市馬場町8-29
  • 酒田支社:山形県酒田市二番町6-2
  • 山形支局:山形県山形市桜田東一丁目13-7
  • 東京支局:千葉県松戸市新松戸7-222

番組表[編集]

最終面[編集]

中面[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 社史荘内日報社公式webページ(2009年1月15日閲覧)
  2. ^ a b c 『新版山形県大百科事典』p.345

参考文献[編集]

  • 山形放送株式会社新版山形県大百科事典発行本部事務局編 『新版山形県大百科事典』 山形放送、1993年。

外部リンク[編集]