研究ニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

研究ニュース(けんきゅうニュース)とは、日本中央競馬専門の競馬新聞である。発行元は株式会社松井総業(ケイバブック系列)。

2012年より関西地区中心に発刊の競馬ニュースと統合され、同年1月4日発行分以降は「研究ニュース」として発行されている[1]が、それまでは「競馬研究(けいばけんきゅう)」の名称で発行していた。統合を機に西日本でも発行されるようになった。

過去には南関東競馬版「競馬研究」も発行していた。また、現在も高知競馬場の専門紙に「競馬研究」が存在する[2]が、直接の関係はない。

中央版[編集]

1933年週刊予想雑誌として創刊。戦時中に一度廃刊になったが、1946年に復刊し、同時に日刊の予想紙も発行するようになった。後に競馬ブック傘下となり、現在に至る。

日本競馬新聞協会加盟紙。全国エリアにおいて主場版と従場(ローカル)版の2種類を発行。

450円で8ページ建て、馬柱は縦組み、一般新聞サイズ。2色刷でイメージカラーは青。キャッチコピーは「オーシャンブルーの二重丸」「CHALLENGE IS MY LIFE」。

本紙予想は馬齢やレースの条件で担当を変えて行われている。なお、関西版(2012年創刊)は、競馬ニュースのオリジナルメンバー(重久大明ら)に、2010年で休刊となった競馬ダービー(関東のダービーニュースとは異なる)記者だった人物も紙面統合により参加している。

メディア出演しているトラックマン[編集]

関東
関西
  • 小宮邦裕(グリーンチャンネル解説者、ラジオNIKKEI土曜解説者)
  • 竹中昇(同上)
  • 日比野正吾(『BSイレブン競馬中継』日曜パドック解説者)
  • 永山弘樹(同上)
  • 船津裕司(同上)

南関東版[編集]

大井、川崎、船橋、浦和競馬版を発行してきたが、2008年4月7日より競馬ブックの南関東版として紙面が大幅に刷新され、競馬研究の南関東版としては終了した。

500円(南関東版は各社同価格)で4〜6ページ建て、馬柱は縦組み、一般新聞サイズ。中央版同様2色刷であった。

看板評論家は竹内康光(小説現代新人賞次点)、大木尚文TOKYO MX解説者、上山競馬ニュース社から移籍)。

なお、南関東競馬版でも重賞およびダートグレード競走開催(場外含む)の場合は中央版の池田の予想も掲載されていた。

コマーシャル[編集]

関連項目[編集]

以下は同社に所属していた人物。全員かつて『中央競馬ワイド中継』にレギュラー出演していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 競馬ブック ネット新聞購入” (日本語). ケイバブック. 2012年1月2日閲覧。 “研究ニュースに生まれ変わります 2012.1.1”
  2. ^ 全国公営競馬専門紙協会公式サイト
  3. ^ 宮路一昭 (2010年6月10日). “『キャプテン翼』” (日本語). オフィスワイズスタッフブログ. 株式会社オフィスワイズ. 2010年12月15日閲覧。
  4. ^ 及川勉さんのこと”. 美浦村通信「管理人のひとりごと」 (2012年2月21日). 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月11日閲覧。